飯野佳孝 さん プロフィール

  •  
飯野佳孝さん: バドミントン飯野佳孝イズム
ハンドル名飯野佳孝 さん
ブログタイトルバドミントン飯野佳孝イズム
ブログURLhttp://iinoism.blog.fc2.com/
サイト紹介文バドミントンの主観的な情報を発信すると共に質問を受け解決しようとするブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/06/03 22:04

飯野佳孝 さんのブログ記事

  • 試合で通常のパフォーマンスを発揮したい!【質問と回答】
  • <質問>私が指導しているK選手(高校生男子)は、先日県内トップレベルのS高校A選手と練習試合を行いました。K選手は、技術があり体力レベルも高い選手です。しかし、A選手に過去一度も勝ったことがありません。K選手は、今度こそA選手に勝とうと練習に励み試合に臨みました。試合は3ゲームで1時間を超す大接戦です。しかし、残念ながら惜敗してしまいました。17点オールから気合を入れ過ぎて興奮しているのが明らかで、平常心で [続きを読む]
  • フォア奥からクロスカットでスタミナ向上
  • ノックのスタミナを向上する練習で、試合中のラリーと直結していない球出しをよく見かけます。例えば、ただ単にコートの四隅へ球を出して大きく動かせばよしと考えているノックなどです。選手にとっては、具体的な狙いが明確でないため苦しいだけの練習に感じられます。試合で使う技術や戦法などと結び付けてノック練習を行えば、選手の意欲は向上するはずです。さて、今回は、フォア奥からクロスカットを打つスタミナ向上のノック [続きを読む]
  • シングルスのレシーブを強化したい!【質問と回答】
  • <質問>高校生を指導しているKです。指導している選手は、シングルスで攻撃はいいショットを打てるのですが、レシーブが苦手なようです。レシーブの技術は比較的ありますが、速く動くことができません。レシーブを強化するいい練習はないでしょうか? <回答>レシーブ力を向上するための方法は、大きく分けて3つあります。◎レシーブの技術を向上するスマッシュ、カット、ドロップなどのレシーブの技術練習を行います。ネット [続きを読む]
  • 山梨県で開催のセミナーカリキュラム公開
  • 11月25日(土)&11月26日(日)山梨県で開催する2つのセミナーのカリキュラムを公開します。参加される方は、事前に内容を確認しイメージしておいてください。カリキュラムは当日事務局が印刷してお渡しします。セミナーは、情報量が非常に多いのでメモをとるようにしてください。また、参加される皆さん一人一人がどんなことに疑問に思っているのかは、私には分かりません。その疑問に対して触れない可能性もあります。その場合 [続きを読む]
  • 器具なしで筋力をつけたい【質問と回答】
  • <質問>大学生のM(選手)と申します。パワーを向上するために筋力の維持向上が必要だとういことを先日のブログで再認識しました。そこで、筋力を向上するためのトレーニング例と考え方を教えて下さい。ちなみに筋力トレーニング用のマシンやバーバルはありません。<回答>コート内を速く動く、方向転換を素早く行う、ジャンプする、速いスマッシュを打つなどバドミントン特有の動きは筋肉がダイナミックに活動することによって [続きを読む]
  • 小・中学生のためのレベルアップキャンプ@九州 募集開始
  • 九州の皆さんに朗報です。大牟田市の羽々Jr.バドミントンクラブ主催で九州地区の小・中学生を対象とした講習会を開催します。今回は初回でもあることから、基本的な技術の習得、基盤となるフットワーク練習、手投げでできるノック練習を中心に行います。参加される方は、情報量が非常に多いのでしっかりとメモを取るようにしてください。日時 2018年2月17日(土)9時00分〜17時00分 2018年2月18日(日)9時00分〜17時00分会場  [続きを読む]
  • ジャンプ力を向上する【質問と回答】
  • <質問>高校生を指導しているKです。8月16日公開記事で腕のパワーアップを目的にプッシュアップジャンプの動画と解説がありました。大変参考になりました。今度は、ジャンプ力を高めるトレーニングを教えて下さい。ちなみに学校に器具などないため、簡単にできるものが助かります。<回答>バドミントンのプレーにおいて高くジャンプする、サイドに跳びつくなどジャンプ系の高い能力は男女を問わず必要不可欠です。今回紹介するジ [続きを読む]
  • 山梨県で2つのセミナー開催
  • 過去開催して大好評であった「初心者を上手く指導するためのセミナー」と「フィーダースキルアップセミナー」を以下のとおり開催します。今回は、会場を山梨県笛吹市に移しての開催です。山梨県の皆さま、近県の皆さま、是非この機会にセミナーに参加して頂き、翌日からの指導にお役立てください。◆開催日    2017年11月25日(土)第2回初心者を上手く指導するためのセミナー    2017年11月26日(日)第5回フィーダースキ [続きを読む]
  • スマッシュ・ハイバック打点を高く?【質問と回答】
  • <質問>中学生の指導者K氏から以下の質問がありましたので、回答します。「前回のブログで、インパクト時に上半身を左側に傾斜して打つことで、腕・ラケットを最大スピードでスウィングすることが出来ます。と記載されてありましたが、背景を教えて下さい」<回答>下の図を見てください。生理学者A・ハックスレーが1966年に発表した「筋の長さと張力発揮」です。この内容は現在も支持されています。図の縦軸は筋肉の張力発揮の [続きを読む]
  • バックサイドへの跳びつき手投げノック【動画と解説】
  • ダブルスでは、対戦相手が打った低いロビングに対して、サイドヘ跳びついて攻撃する場面が多くみられます。跳びつけないと守備的なラリーに終始してしまいます。今回は、バックサイドヘ跳びついてスマッシュなどで攻撃するノック練習を動画を交えて解説します。サイドへ移動する距離によってフットワークが変わります。(右利き選手の場合)1.フットワーク◎短い距離の移動バックサイドへの短い距離で移動する場合は、左足を一歩 [続きを読む]
  • ドライブを正確に速く打つ【動画と解説】
  • ダブルスの試合では、ドライブを頻繁に打ちます。選手は、正確で速いドライブを打ちたいと考えています。どのように考えて打ったらいいのでしょうか?今回もサマーキャンプ参加選手2名の動画を交えて解説します。<どうしてドライブを打つのか?>後衛でドライブを打ってもなかなか決まらない。だったら後衛からネット際に返球して上がっていた球をスマッシュで決めたいと考えることがあると思います。しかし、後衛からいつもネッ [続きを読む]
  • ドロップを効果的に打つ【動画と解説】
  • 「より速く、より高く、より強く」は、オリンピックのモットーです。バドミントンでも「より速く、より高く、より前で」と唱える指導者が多くいます。選手も、その言葉が頭から離れないようです。しかし、このような固定観念にとらわれてプレーすると、技術のレパートリーが限られるし、対戦相手の足を止めて動き出しを遅らせることが出来なくなる、などの弊害が生じます。その代表的なものが「ドロップ」の技術です。「高い打点で [続きを読む]
  • 2017サマーキャンプ終了
  • 8月18日(金)〜20日(日)に開催したサマーキャンプが盛況のうちに終了しました。参加者は、13都県から3日間で延べ総勢275名です。<廣田講師担当内容>今回は、コート内移動スピードとスタミナを測定し評価するために、椅子タッチする回数を設定しタイム測定を行いました。翌日、コート内移動スピードとスタミナを向上する背景とトレーニング方法を講義し、タイム測定結果の見方を説明しました。コート内移動スピードとスタミナ [続きを読む]
  • 腕のパワーアップ【質問と回答】
  • <質問>高校生を指導しているMです。器具など特に使わなくともよい腕のパワーアップの方法を教えて下さい。<回答>まず最初にパワーの意味を再確認しましょう。スポーツでは、パワー=力×スピードです。力(筋力)にスピードの要素を加えたものです。バドミントンにおいて筋力を向上することは怪我の予防や、長時間練習できるようになるためにも必要です。しかし、パフォーマンスを向上させるためには、スピードの要素も向上す [続きを読む]
  • サマーキャンプカリキュラム公開
  • 8月18日(金)〜20日(日)開催のサマーキャンプカリキュラムを公開します。◆2017年サマーキャンプカリキュラム ← すると見ることができます。参加者の皆さまへ、以下のとおりご連絡いたします。・カリキュラム内容を事前に把握していただき効率のよい進行を心掛けてください。・暑い日となると思いますので、水分は各自準備をお願いします。・決して無理はしないようお願いします。体力に応じて休憩することは可能です [続きを読む]
  • ダブルス4点アタックのノック練習【動画と解説】
  • 今回は、ダブルスのアタック力を高める4点アタックを動画で紹介し解説します。<練習の目的>ダブルスで必要な動きは、① 前衛がサイドでプッシュしたら、ネット前の逆サイドへ返球されてノータッチしな  いように素早く逆サイドへ移動する。② ネット前にプッシュし、少し後ろに返球された球を攻撃する。③ サイドでスマッシュを打ち、次に逆面に低く上がってきた球を飛びついて攻撃する。④ 中盤でスマッシュやドライブを打っ [続きを読む]
  • フォア奥からクロス方向へ打てない【質問と回答】
  • 指導者のN氏から以下の質問がありましたので、ブログでも回答します。<質問内容>指導している高校生S選手は、シングルスのラリー中フォア奥からクロスへドロップ、カット、スマッシュを打つことができません。全日本代表でも打てない選手がいますが、原因はどこにあるのでしょうか?<回答>S選手及び対戦相手が右利き選手として回答します。幾つか原因はあると思います。<戦法点な観点>1つは、打てないのではなく相手の弱点 [続きを読む]
  • 初心者を上手く指導するためのセミナー終了
  • 7月15日(土)千葉工業大学で標記のセミナーを開催し盛況のうち終了しました。参加者は、10都県の指導者&選手約110名です。◆参加された選手の皆さん◆参加された指導者の皆さん<匿名アンケート内容とコメント>・あっと言う間に終わってしまいました。たくさんのことを学べたので今後の練習に 活かして行きたいです。(高校生)・スピンネットは今までシャトルが全く回転しなかったけど、今日できた!この感覚 を忘れない [続きを読む]
  • ノックの目的【質問と回答】
  • 指導者のAさんから以下の質問がありましたので、ブログで回答します。<質問内容>ノック練習についての質問です。ノック練習はさまざまなパターンがありますが、この練習は選手にとってどのような問題解決になるのでしょうか? 決まりきったパターンをずっと練習することで、ラケットワークの向上とフットワークの向上につながることはわかるのですが、ほかにどのような問題解決の練習なのかイマイチわかりません。また、問題を [続きを読む]
  • テイクバックを考える【コメントに対する回答】
  • You Tubeにスマッシュを打っている動画を何点か挙げていますが、その動画を見て幾つかコメントがありました。●女性で利き腕の肘を下げてスウィングしているのでよくない。●肘を下げてストロークを開始して打っているので、そのまま飛びつてスマッシュを打つと振り遅れてしまう。などです。いろいろな意見があることは悪いことではないのですが、誤解したまま考え方が引き継がれることは決してよくないと考えます。そこで、スマ [続きを読む]
  • 初心者を上手くするためのセミナーカリキュラム
  • 7月15日に「初心者を上手くするためのセミナー」を開催しますが、そのカリキュラムを公開します。参加される方は、事前に内容をイメージしておくことで、当日質問や確認がしやすくなると考え公開するものです。◆初心者セミナーカリキュラムカリキュラム内容は、指導者及び選手の理解度や疲労度合によって若干変更になる場合がありますので、ご了承をお願いします。なお、カリキュラムは、当日参加される方々に印刷したものを配布 [続きを読む]
  • ダブルスネット前サイドプッシュのスピード練習【動画と解説】
  • ダブルスの代表的な戦法として、ネット前サイド寄りから打たれた球を逆サイドのネット前へ返球してノータッチを狙う方法があります。前衛をネット前両サイドへ揺さぶる戦法です。後衛をコート後方の両サイドへ揺さぶってもシャトルの滞空時間が長いため、追いついて返球することが容易になります。但し、スマッシュを低空のカウンタードライブで逆サイドへレシーブされた場合は別です。そこで、ネット前サイド寄りで前衛が打った球 [続きを読む]
  • ダブルス中盤&前衛バックハンドの技術練習【動画と解説】
  • レベルの高いダブルスの試合では、ラリーのテンポが非常に速くなってきています。日々の練習でテンポの速いラリーに慣れておかないと試合でアッという間に終わってしまいます。そこでダブルスでテンポの速いショットがバック側に打たれたことを想定し、バックハンドで打ち分ける技術練習を動画で公開します。特にバック側の頭部の高さ付近にきた球に対して、フォアハンドで打つと浮いた球になったり、ネットに引っ掛ける可能性が高 [続きを読む]
  • 2017年8月サマーキャンプ募集開始
  • 毎年恒例のサマーキャンプを下記のとおり実施します。練習内容は、ダブルスの技術練習、戦法説明、練習方法、ノックを中心に行います。参加希望の方は、至急宿泊ホテルを予約してください。遅くなりますと、夏休み期間中でもありホテル確保が難しくなります。<開催日> 8月18日(金)13時30分〜20時00分 8月19日(土)9時30分〜20時00分 8月20日(日)8時45分〜17時00分<会場>千葉工業大学 新習志野キャンパス<内容> ・ [続きを読む]
  • 【New】初心者を上手く指導するためのセミナー募集開始
  • 初心者と中級レベル以上の選手を一緒のコートで同じ練習を行うことはできません。今まで開催したセミナーも同様で、2つの違うレベルのグループに対して同一カリキュラムで行うことができませんでした。そこで、今回は初心者を指導する指導者とバドミントン開始2年未満の選手を対象とした講習会を開催します。適切でないフォームやフットワークが身に付かないようにするためには、最初が肝心です。開催日:7月15日(土)9時30分〜 [続きを読む]