伊東佳美 さん プロフィール

  •  
伊東佳美さん: ピアニストのためのアレクサンダーテクニーク
ハンドル名伊東佳美 さん
ブログタイトルピアニストのためのアレクサンダーテクニーク
ブログURLhttps://ameblo.jp/piano-tonica/
サイト紹介文身体の構造に基づいた無理のないピアノ奏法を紹介しています。目からウロコ!な記事満載!
自由文ピアニスト、アレクサンダーテクニーク教師の伊東佳美です。身体の構造とピアノの構造を学び、考え、実験して より良い奏法、楽にやりたい音楽ができるような奏法を提案しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/06/04 20:48

伊東佳美 さんのブログ記事

  • 脳トレの意義?!
  • 今日は、質疑応答はちょっとお休みして… 「ピアノに効く!脳トレ」というセミナーを今年から始めました。(講師は私ではなく、脳のことを勉強した有資格者です) そこで得られる最大のことは 「他人に対して寛容になれる」 ということです。 優位脳を知ることにより、左脳だから○○っていう考え方になるんだよね〜右脳だから○○は苦手なんだよね〜という考えになります。 また、利き目、利き耳、利き手、利き脚を知り、脳との [続きを読む]
  • 親指が痛い
  • 今回は「親指を痛めることが多い」というお悩みについて考えていきましょう。これは30代以上、40代〜50代の方などに多い症状のように思います。 まず、何も力を入れない、手を形作らない、自然な手を見てみましょう。 親指は、人差し指よりも下に垂れ下がります。これが自然な手です。 例えば ド、レ、ミ、ファ、ソが弾けるように、一つの鍵盤に順番に指を置く形を基本とすると、親指は人差し指の横に張り出して、少し持ち上 [続きを読む]
  • 和音が続くと疲れる?!
  • 今回は「ラフマニノフのコンチェルトのような一度におさえる和音の数が多く、音域も広く指を広げている時間が長い曲を弾くと腕が固まってきて、クライマックスがとてもしんどくなります。脱力がうまくいっていないのは感じるのですが、どうずれば楽になるのか知りたいです。」というお悩みを考えてみたいと思います。 ラフマニノフのような曲は、そもそも楽に手が広がらないと辛いですね。まずは手の広げ方を練習してみてください [続きを読む]
  • 連打はどうやる?
  • 今回は「連打が苦手 力が入ってうまく弾けません」というお悩みを考えていきたいと思います。 これ、よくありますよね〜 連打といっても、単音連打か?和音、オクターブの連打か?によって、身体の使い方は違います。 まず、単音の連打を考えてみましょう。 同じ指で連打すると、音色を揃えるのに都合がいいですが、速いとどうしても力が入ってきます。速く弾く場合には、3、2、1とか4、3、2、1などのように指を変えましょ [続きを読む]
  • 手の開き方知ってますか?
  • 先月は倉敷、長野、福岡、大阪でセミナーやレッスンをさせていただきました! どこの会場でも、とても楽しくご一緒していただき、ありがとうございました(^-^)積極的にご参加くださったみなさん、感謝いたします〜〜 さて、まだ答えられていないアンケートがありますので、続き行きま〜す♪ 「指がかたい、広がらない」というお悩みです。 指がかたいというのは、どういうことなのでしょうか??関節が硬くて曲がりにくいというこ [続きを読む]
  • 音色のつくりかた
  • 今回は「ドビュッシーなどの近現代の音色作りに苦戦している」というお悩みを考えていきたいと思います。 音色 どこまでいってもゴールがないような世界です(^^;; 絵の具でピンク色をつくろうとして、赤と白を混ぜます。 赤絵の具の量と白絵の具の量のバランスで、色のグラデーションができますね。 そこにほんのちょっぴりオレンジを足すとサーモンピンクになったり! 限りがありません(--;;;; そしてみなさんの指先の太さ、厚み [続きを読む]
  • 指先を固めないでいい音を出す方法
  • 今回のご質問は「16分音符が続くところで押し込んで弾いてしまうので、粒がハッキリせず困っています。」「指先を固めると肩まで固まってしまう子もどうしたらよいでしょう…」というお悩みを考えていきたいと思います。 脱力すると、手まで力が抜けてしまうから、どうしたらいいの?って昔は悩んだ時もありましたっけ… このこと、今は解決していますよーーー!解決の鍵は「骨」と「バランス」です。 指は骨が4つ(親指は3つ [続きを読む]
  • 腕が疲れてしまいます
  • 「ハノン1番〜を弾き進めていくと、すぐに腕が疲れてしまうのですが、どこに気をつけて練習をしたらよいでしょうか?」「生徒が疲れる、力が入るというときに説明できない。力の抜き方を教えられない」 という質問、お悩みを考えてみたいと思います。 2つめの「疲れる」のは、生徒さんはどこが疲れるのか?わからないのですが・・・ 一般的にピアノを弾いて「疲れる」のは、腕(特に前腕の肘の近く)だと思います。 指をよく上げ [続きを読む]
  • 苦手な箇所にくると…
  • まだまだお答えできていないアンケートがたくさんあります。(汗)お待ちいただき、ありがとうございます! では今回は「苦手な箇所にくると、身体が力んで、良い音も出ないし、はずしたりする」というお悩みについて考えていきたいと思います。 ピアニストあるあるですよね〜(ピアノに限らないかもしれませんが…) これはまず1. 苦手な箇所を無くしておくこと2. きたー!って思わないこと この2点が解決のポイントになると思い [続きを読む]
  • 脱力できないのはなぜ?
  • 今月は、お休みがほとんどなくて 気持ちの余裕がなく(++) こちらも久しぶりの更新となりました。 まだまだアンケートのご質問に答えられていないのですが… とりあえず多いのが「脱力できません」というお悩みです。 出版記念セミナーの中では、脱力するとはどこの力を抜くことなのか?身体のしくみとピアノの構造から、論理的にご説明しました。 なので、「やることはわかったけれど、実際に力を抜くことができない」というお悩み [続きを読む]
  • 練習しすぎると指の関節が疲れる??
  • 「練習しすぎると、第1、2関節が疲れる」というお悩みをいただきました。 その部分には筋肉がないので、疲れるというのがどういった状態なのか?こわばった感じ?なのかわからないので、的確な答えにはならないかもしれませんが… もしかしたら、いつも手の形を丸くしていませんか? 丸く、やや握り込んだような手の形を続けているということは、屈筋(握る筋肉)を使い続けることになるので、疲れる、こわばるかもしれません。 [続きを読む]
  • レッスンでどのように指導されていらっしゃいますか?
  • 今回のご質問は「導入期や転入してきた子どもたちに、レッスンでどのように指導されていらっしゃいますか」についてです。 まずは、その子の特質を探ります。 例えば・「見ること」が得意か?そうではないか?・「聴くこと」が得意か?そうではないか?・「手の感覚」は優れているか?そうではないか?・「筋感覚」は発達しているか?そうではないか?・順番に積み上げるのか好きか?・いい加減でも(とばして)先へ進みたがるか? [続きを読む]
  • 音が抜ける、浮く場合には
  • 今回のお悩み?質問?は、音が抜けてしまうことについてです。 「手のフォームについて注意をされ、言われた通りのかたちで弾こうとすると速いパッセージがどうしてもうまく動かず(指の重みをかけられていない?)音が抜けてしまいます。ちゃんと弾こうとすると力が入ってしまうので、前のフォームに戻そうかと思ったのですが、いまいちうまくいきません。どのように考えていけばよいでしょうか?」 「タッチが弱い子がいます。重 [続きを読む]
  • 指が回る?回らない??
  • まだまだ毎日暑いですね。。私はようやく朝〜晩までのセミナーも落ち着いたので、アンケートの回答、続きを更新しますね! 「生徒さんによって、指が回る、回らないに大きく分かれます。水かきが分厚い子ほど指の動きがにぶいと思えるのですが・・・。」 ということを書いていただいてます。 指が回る or 回らない というのは、み〜〜〜んな違います。そもそも同じ人はいないので、顔がみんな違うように、同じ手の人もいないし、た [続きを読む]
  • 力を入れたまま弾く生徒の指導
  • 「指(1本だったり全部だったり)に力を入れたまま弾く生徒へのアプローチを教えてください」というお悩みをアンケートでいただきました。 今回も生徒さんのご指導に関することなので、的確な答えになるかどうか??ですが。。 まず、生徒さんがどう考えているのか?を探ってみましょう。 ・ピアノの鍵盤は重い(硬い) こう思っていると、鍵盤を下げるために力を入れないといけないので、力みますよね。「ピアノの鍵盤はたった50 [続きを読む]
  • かたく乱暴な生徒がいます
  • 更新が滞ってごめんなさい セミナーアンケートの回答編、続きです。 「かたく乱暴な生徒がいます。」・レガートができなくてガッガッガッとなる・スタッカートがたたくようになる ご指導のお悩みについては、想像でしか回答できないので、(実際に見ていないし、ご本人のお悩みでなく先生が感じられた範囲ですので)的確なことが言い当てられないこともあるのですが・・・ 小学生でしょうか?そのあたりもわからないのですが・・・ [続きを読む]
  • 思った通りに指を動かすことが改善されません
  • アンケートの回答、まだまだあります。 小学生の生徒さんのご指導についてのお悩みをいただきました。 「左手首がさがることと、力が入って思った通りに指を動かすことが、なかなか改善されません。もっと力を抜くための具体的な説明ができたらと思います。それから、体重を乗せて弾くことをうまく、分かりやすく伝えられたらと思います。」 実際に弾いているところを見てみないと、本当の解決策になるかはわからないのですが… こ [続きを読む]
  • 手のトラブル、ジストニア
  • アンケートでは、「ジストニアの症状が出る」「手根管症候群と診断された」などの、病気、トラブルを抱えた方も複数いらっしゃいました。 最近は、腱鞘炎とともにジストニアの名前もよくききます。 ジストニアの原因は未だ解明されていませんが、腱鞘炎、手根管症候群なども含めて、「ピアノを弾いたことで痛めたということは、たとえ治療しても、同じ弾き方(カラダの使い方)をしていると、また再発する可能性がある」ということ [続きを読む]
  • 弾く時に必要な力は?
  • まだまだ質問の回答、続きます。 「弾く時につかむ力が必要だと聞きますが、どうでしょうか」 弾く時につかみなさいと言われるのは、和音を弾く場合が多いと思います。 和音を弾く時に「つかむ」ことも、やってもいいし、やらなくてもいいと思います。 また、セミナーでお伝えしたように小指は「つかむ指」なので(つかむための筋肉が多い)、5の指をつかむようにして弾くこともできます。 つまり「つかんでもいいし」「つかまな [続きを読む]
  • 良い手の形?
  • アンケートの回答、今回は「手の形」について 「手の形や脱力を教えて5指をうごかしますが、なかなか力が抜けず、どのようにアプローチしたら良い手のかたち、ゆびの形になるか?」 「指の形(卵を抱くように)と(指を伸ばして)の違いを説明してください」 というご質問をいただいたので、手・指の形について書きたいと思います。 まず、「良い手のかたち」とはどういったものでしょう? 仮に「卵を抱くように=良い手のかたち [続きを読む]
  • 生徒が親指が痛いと訴える
  • アンケートの回答つづきます。 「親指の骨のはじまり辺りの部分が痛いのは、何が原因なのでしょうか?」 これは生徒さんの事例のようなので、あくまでも推測ですが・・・(大人の場合は、長年の親指を横に揃える形をやっていることが原因の場合もよくありますので、普段の手の形を見てみましょう) まず生徒さんに、聞いてみましょう。 何をしたら痛いのか?あるいは、何もしなくて痛いのか?ピアノを弾く場合のみ、痛いのか?カバ [続きを読む]
  • 薬指が上がりません
  • 引き続き、お寄せくださったアンケートの回答です。 「4→3、または5、4、3、4、と弾くときに4の指が上がりません」 「左の4、5の指の弱さ、弾きにくさ、分離がうまくいかない。薬指が上がらない、動きにくい。弱くて弾くと関節が引っ込んでしまう。」 4の指が上がらないことに対して、どうしたらいいか?のご質問のようです。 セミナーで詳しく説明したように、4の指だけを上げたり下げたりする専用?の筋肉は無いです。 [続きを読む]
  • 呼吸に関して
  • 出版記念セミナーのときに書いていただいたアンケートの回答、続きです! 今回は、まとめて2つ 「息を吐いた途中から弾くようにすると最初の音が柔らかい音が出るようになったので、吐いた途中から弾く方に心がけていますが、この解釈はあっていますでしょうか?」 「身体の使い方と呼吸のうまい連動はどうしたらいいか?」 という、ピアノ演奏と呼吸のことについての質問にお答えしたいと思います。 ズバリ、答えからいきましょ [続きを読む]
  • 出版記念セミナーありがとうございました!
  • 福岡を皮切りに、大阪、東京で開催しました「出版記念セミナー」は、お手伝いいただいた方々、参加してくださった方々、告知してくださった方々、支えてくださった方々など、多くのみなさまのおかげで、無事に終了いたしました 心より感謝いたしますm(_ _)m セミナーの感想をブログに書いてくださいました ♪ふるもりポポピアノ♪「心を育む音楽教室」 真美ぴあのRoom 大阪や東京では何度もセミナーを行っているので、さほど驚 [続きを読む]
  • セミナーの質疑応答4「肩が上がる」「まむし指」「強い音」など
  • 出版記念セミナーでのご質問アンケートの回答です。 「肩が上がる生徒が多い」については、以前このブログで書いていますので、こちらをご覧ください。「肩が上がるということは」 「まむし指になってしまう生徒さんへの対処法」についても、以前ブログに書いています。「親指が凹むのは」をご覧ください。 「強い音、弱い音の幅をもたせるための弾き方」についても、こちらに書いています。「強い音を出すためのレシピ」をご覧 [続きを読む]