弁護士吉村実(よしむらまこと) さん プロフィール

  •  
弁護士吉村実(よしむらまこと)さん: 弁護士吉村実の日常
ハンドル名弁護士吉村実(よしむらまこと) さん
ブログタイトル弁護士吉村実の日常
ブログURLhttp://www.lawyer-yoshimura.net/
サイト紹介文弁護士吉村実(よしむらまこと)の日常をノンジャンルで綴ります。
自由文フランチャイズ問題を多く扱っておりますが、いわゆる一般民事と呼ばれる分野(離婚・不倫の慰謝料請求、相続・遺産分割問題、交通事故、その他法律問題等)や事業者のご相談・ご依頼も多くいただいております。

フランチャイズ問題や弁護士に関する情報をもっとお知りになりたい方は、下のHP(弁護士吉村実のウェブサイト)もご参考になさってみてください。
http://www.lawyer-yoshimura.net/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 284日(平均1.2回/週) - 参加 2012/06/07 23:23

弁護士吉村実(よしむらまこと) さんのブログ記事

  • 裁判を見るにはこうすればいい。②
  • 裁判所の中に入ってからの、つづきです。 例の「ゲート」をくぐり抜けて裁判所に入りますと、「本日の開廷表」が置いてあります。これは何かと申しますと、「●●号法廷で●●時から●●事件の口頭弁論があります。」といったことが記載されている資料なのですが、裁判を見たい(傍聴したい)方は、この資料を見て興味のある裁判を見ることができるのです。 ここで、ん?っと思った方もいらっしゃるか [続きを読む]
  • 宇宙法研究部会で得られること。
  • 本日は、「第一東京弁護士会 総合法律研究所 宇宙法研究部会」に出席してきました。 まず最初に、宇宙法の分野では水島淳弁護士と並んで業界のトップを走っていらっしゃる(と私は認識している)部会員の先生が、ご自身のご経験に基づくお話をされました。 先生は、宇宙産業にかかわる企業はもとより、JAXAや内閣府、経産省等からの依頼も受けて、宇宙法・宇宙ビジネスに関わる最先端の分野で活躍 [続きを読む]
  • 裁判を見るにはこうすればいい。
  • すっかりご無沙汰してしまいました。。。 ブログは仕事が楽になった時に書こうと思っていたのですが、それだと永久に書けなさそうなので、気合いを入れてPCに向かいました(笑) さて、今回のブログのタイトルですが、以前ある読者の方からリクエストをいただいたテーマでして、大分時間が経ってしまいましたがちょっと触れてみたいと思います。 まず、裁判を見る=傍聴するための第一関門で [続きを読む]
  • 興信所(探偵)選びのポイントとは?
  • 配偶者が不倫(不貞行為)をしている場合に、法律上考えられる請求として、不倫相手に対する慰謝料請求(損害賠償請求)があります。 ただ、「法律上考えられる」ということと、現実に慰謝料を受け取れるということとは次元が異なり、両者は必ずしもイコールではありません。 例えば、妻が、夫の不倫を確信しているとしても、「不貞行為」を裏づけるだけの「証拠」がない場合、慰謝料請求を裁判官に認 [続きを読む]
  • 不倫を許すケースとは?
  • 私どもの事務所では、事業者の方が遭遇するビジネス上のトラブルにも対応しておりますが、それと同時に、一般市民の方が巻き込まれやすい問題も多く取り扱っております。 相続・遺産分割の問題、交通事故の問題、借金の問題、不動産の問題・・・ といったところが代表的なものになりますが、その他にご相談やご依頼を多くいただく分野として、“男女問題”が挙げられます。 具体的には、離婚 [続きを読む]
  • 弁護士によって違うこととは?
  • ある家事調停事件のご依頼をお受けした時の話です。 その調停はすでに別の弁護士によって申し立てられ、調停期日も何度か開かれていたのですが、依頼者が担当弁護士を信頼できなかったということで、その弁護士を解任し、私どものところにご相談にいらしたという経緯がありました。 私は、依頼者が前任の弁護士についてどのような不満をもっていたのかを詮索することはせず、ご依頼を受けた場合にはこ [続きを読む]
  • 第一東京弁護士会
  • 弁護士として仕事をするためには、司法試験に合格した後、司法修習を終了する必要があります。 ただ、その過程を終えれば自由に弁護士業務を行えるというものではなく、弁護士は必ずどこかの「弁護士会」に所属しなければなりません(ちなみに、写真は霞が関にある弁護士会館です。)。 私は、現在、東京にある三つの弁護士会のうち、第一東京弁護士会に所属しているのですが(ほかには、東京弁護士会 [続きを読む]
  • 裁判の終わり方
  • 今日は、約1年半にわたって闘ってきましたある事件が和解によって終結しました。 裁判の終わり方といいますと、一般的には「判決」のイメージが強いかもしれませんが、裁判で判決が出されるケースは比較的少なく、実際には「和解」で終わることの方が多いといえます。 和解は、当事者双方がそれぞれ譲歩し合って折合いをつけ、事件(問題)を解決するものですから、お互いに「100%満足のいく解決 [続きを読む]
  • いきなりの大雨で…
  • このところ、熊谷の家庭裁判所で、離婚裁判や離婚調停などに対応することが多くなっています。 昨年まで所属していた川越の家庭裁判所よりも出頭(出席)する機会が多くなっており、かなりの頻度で熊谷に来ています。 そのような流れの中、今日も熊谷の裁判所で仕事があったのですが、裁判を終えて、いざ帰ろうとしたところ、結構な大雨が降っていました。 事務所を出た時点で雲行きは少し怪 [続きを読む]
  • 近時の川越事務所
  • 前回のブログ更新から、だいぶ時間が経ってしまいました。 その間、私は、日常業務に加えて、宇宙法の本(共著)の執筆を完成させ、あるいは、第一東京弁護士会の中小企業部会に参加したりと、日々様々なことに取り組んできました。 日々取り組むべき課題があるというのは、刺激的で、ほんとうに有難いことです。 しかも、今週は、川越→虎ノ門→熊谷→川越→虎ノ門と日替わりで行き先が違い [続きを読む]
  • 宇宙の地図(後編)
  • みなさん、宇宙はどこから始まるかご存知ですか? 突然ナンダ?って感じだと思いますが(笑)、実際、宇宙がどこから始まるのか、言い方を変えますと、地球と宇宙の境目はどこにあるのかということについて、私自身、学校で習った記憶がないんですよね(もちろん、授業でやっているはずですので、私がサボっていて記憶がないだけだと思いますが…苦笑)。 地表から約100キロメートル上空が“カーマ [続きを読む]
  • 宇宙の地図(前編)
  • 前回のブログから、大分時間が経ってしまいました。 このようなブログでも、継続的に読んでくださる方が何人かおられまして、中には「次の記事はまだか?」といった叱咤激励?のご連絡をくださる方もいらっしゃいます(笑) 本当にありがたいことです。 この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。 さて、それでは本題に入ります。 今回のブログは、前回の続きです。 [続きを読む]
  • 宇宙法に関わる弁護士
  • 今日は、「第一東京弁護士会 総合法律研究所 宇宙法研究部会」の会合に参加してきました。 平成30年度の第1回会合ということで、今日から新しく参加された先生方も複数いらっしゃり、改めて自己紹介を行うことになりました。 日々の仕事で行き詰ったときなどには、壮大な宇宙や青く美しい地球の写真を見て、自分の抱えている悩みなどいかにちっぽけなものかと感じて、元気を取り戻すという [続きを読む]
  • 最高裁判所 司法研修所
  • 埼玉県和光市に「最高裁判所 司法研修所」という教育機関があります。 我々弁護士と、裁判官、検察官の法曹三者は、司法試験に合格した後、この司法研修所で司法修習とよばれる研修を受けることになります。 正確に言いますと、我々が司法試験に合格した当時は、 ・前期修習(司法権研修所での座学)3か月 ・実務修習(弁護士、民事裁判官、刑事裁判官、検察官をそれぞれ3か月ずつ。) ・ [続きを読む]
  • 弁護士ならではの出来事
  • 先週の金曜日は、少し早めの夜9時前に虎ノ門の事務所(虎ノ門実業会館5階)を出ました。 エレベーターで1階まで降りたところ、中央大学の同窓生でもある、S弁護士とバッタリ会いました。 S弁護士とは年に2〜3回ほどバッタリ会いますので、なんだか不思議な縁を感じています。 彼は学生の頃から頭の回転が速くて面白いだけでなく、尋常でない体力の持ち主(睡眠時間も3〜4時間程度で大丈夫 [続きを読む]
  • 弁護士2名対応が基本です。
  • 昨日(3月20日)は、一日熊谷で仕事をしていました。 日中は家庭裁判所で離婚調停に出頭し、夜には栃木県のある企業様がご相談にいらっしゃいましたので、熊谷オフィスの所長小林弁護士とともにお話をお聴きしました。 当事務所は、「弁護士法人」として複数の弁護士が所属しておりますから、2名以上の弁護士でご相談や代理人業務の対応をすることが可能となっています。 昨日の離婚調停 [続きを読む]
  • 宇宙法を書く。
  • 今日は、宇宙法研究部会の会合に参加してきました。 “宇宙法”という名前は、まだまだ馴染みが薄いかもしれませんが、来るべき宇宙時代を合理的に生き抜くためには、宇宙法の“整備”とその“理解”が不可欠です。 もっとも、“整備”の方につきましては基本的に国に任せることとしますので(笑)、私は、まず、その“理解”の方に注力していきたいと考えております。 ただ、宇宙法という分 [続きを読む]
  • 弁護士の写真撮影会
  • 先日、プロのカメラマンの方にお越しいただきまして、弁護士法人ポート所属弁護士の写真撮影が行われました。 このブログのインデックスに貼ってあります写真も、その時に撮っていただいたものの一つになります。 近時は、法律事務所もホームページに弁護士の写真を載せるのが当然という時代になっており、大して良くない見栄えを、少しでも良く写してもらうため、プロのカメラマンの方に撮影を依頼す [続きを読む]
  • 子供たちの声と損害賠償請求
  • 私の自宅はマンション(6階)なのですが、1年ほど前、隣りに建物がたち、そこに保育園が入りました。自宅の玄関を出ますと、すぐ下に保育園の中庭が見渡せる状態になっています。 園児たちは朝から活発で、その中庭で力いっぱい遊んでいますから、出勤の時に玄関の扉を開けますと、子供たちの元気な声が飛び込んできます。 保育園に限らず、幼稚園や学校など、子供たちが集まる施設からは、当然、大 [続きを読む]
  • オリンピックの裏話
  • 弁護士という仕事は、裁判や交渉のために事務所を離れて活動している時間が多いのですが、それと同じくらいか、それ以上に、書面を作るため机に向かっている時間が必要となります。 集中して仕事をしていますと5〜6時間くらいはあっという間に過ぎてしまいますが、見方を変えますと、その時間は座り続けて同じ姿勢をとっていることになります。 そういう生活が続きますと、当然、身体のどこかが不調 [続きを読む]
  • 「法律事務所密集地域」の利用の仕方
  • 今日は、熊谷オフィスで執務をし、途中、裁判所に行って裁判の期日に出席してから、また事務所に戻って仕事をしていました。 私どもの熊谷市役所前法律事務所とさいたま地家裁熊谷支部とでは、わずか数百メートルの距離だと思いますので(正確に測っていないので大体です。)、4〜5分歩けばすぐに着いてしまいます。 ですので、普段は何気なく歩いているとすぐに裁判所に到着しますから、道中に存在 [続きを読む]
  • 依頼者からの評価
  • 先日、川越のある方からご連絡をいただきました。 その方からは数年前にご依頼をいただき、その事件も無事に解決しておりますので、お電話でお話をしたのも久しぶりのことでした。 弁護士と依頼者との関係は、基本的には、事件の終了とともに終わってしまいます。 ですが、この方のように、また別の問題や不安なことが起こってしまった場合に、改めてご連絡をいただくということもしばしば [続きを読む]
  • 離婚相談はこんな感じで行っています。
  • 私は、もともと離婚事件をほとんど担当しておらず、知り合いなどから頼まれた場合にだけ、特別に引き受けるというスタンスで弁護士をしていました。 しかし、川越で仕事をするようになってからは“離婚弁護士”になり、今では、担当案件の半分近くが離婚事件と不貞慰謝料事件(いわゆる男女問題)になっています。 離婚事件の相談者は、経済的な問題の相談者とは異なり、感情的な部分の悩みが最 [続きを読む]
  • 宇宙法も成り行きか。
  • 本日は、今年初めての宇宙法研究部会(第一東京弁護士会の総合法律研究所内に設置されています。)に出席してきました。 部会の定例報告等が終わったあと、東京大学大学院工学系研究科教授(工学博士)の中須賀真一先生から、超小型衛星の現状や宇宙データの利活用等について、国際動向なども踏まえたお話をお聴きすることができました。 中須賀先生は、日本の宇宙工学分野における第一人者ですが、今 [続きを読む]
  • 弁護士の得意分野はどうやって決まるのか?
  • インターネットで弁護士を検索してみますと、「〜に強い弁護士」というような広告がよくでてきます。 本当にその弁護士が「〜に強い」かどうかは分かりませんが、弁護士には、それぞれ“得意分野”と呼べる特定の仕事があることは事実です。 ただ、その“得意分野”は、多くの場合、自分の意思で決められるものではなく、いわば“成り行き”で決まることがほとんどではないかと感じています。 [続きを読む]