杉本とらを さん プロフィール

  •  
杉本とらをさん: 杉本とらをの『写メ句るる!』
ハンドル名杉本とらを さん
ブログタイトル杉本とらをの『写メ句るる!』
ブログURLhttps://ameblo.jp/tanka31/
サイト紹介文写メに俳句や川柳、たまに短歌を載せています。基本的に、一日置きに記事をアップしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2012/06/08 10:48

杉本とらを さんのブログ記事

  • '17-11/25『俳句界-12月号』
  • 俳句トーナメントの佐久間慧子さんに選んで貰った佳作から■手の平にひと口貰ふ新豆腐人が食べていると、どうしても欲しくなる俺です。次は雑詠のページ、有馬朗人さんと大牧広さんに選んで貰った佳作。■明日の朝仕舞ふと決めし秋風鈴仕舞い時に迷う風鈴……。雑詠にもう一句、山田佳乃さんに選んで貰った佳作です。■秋暑し掲揚台の錆ぶる島日本なのに、日本じゃない島。そこに立つ掲揚台は潮に晒されて、赤錆だらけ……掲揚台 [続きを読む]
  • '17-11/2『夏井いつき一句一遊』南海ラジオ
  • 兼題は『横這』でした。火曜日の残りで木曜日に読まれた一句。・・・・・ ■横這や逃れ逃れて東京へ そこまで逃れますか〜?みたいなねえ…… ・・・・・まーなんと、久方ぶりに読んで頂きました。ありがとうございます。横這とは、横に這うように逃げて葉っぱ裏に隠れる、柿の種くらいの黄色い虫です。通称バナナ虫って呼ばれているぞい! [続きを読む]
  • '17-10/25『俳句界-11月号』
  • 兼題のページ、お題は「無」でした。大高霧海さんに選んで貰った佳作です。■黴臭き三途の川を渡り切れ梅雨時は何処もかしこも黴臭い……。あとは雑詠のページに二句ありました。まずは、大串章さんと角川春樹さんの男性お二人に選んで貰った佳作。■木登りの上手な少女夏の月夏の月を木の上から眺めて居る少女。そして仕舞いは、古賀雪江さんと原和子さんの女性お二人に選んで貰った佳作。■渋滞のインターチェンジ雲の峰車はの [続きを読む]
  • '17-9/25『俳句界-10月号』
  • 俳句トーナメントの五島高資さんに選んで貰った入選から、■温厚な花屋の店主神輿振る五島さんのコメントがあります。『よく見る光景だが、その一瞬をうまく捉えた。』ありがとうございます。お祭りの時は、かなり男前になる店主。もう一句、俳句トーナメントの石井いさおさんに選んで貰った佳作。■前を行く蟻の影踏む蟻の列一押しの一句でした。次は雑詠のページの大牧広さんに選んで貰った佳作です。■思ふほど食へぬ齢や土用 [続きを読む]
  • '17-8/25『俳句界-9月号』
  • 兼題のページお題は「角」でした。田島和生さんと大高霧海さんと能村研三さんに選んで貰った『佳作』です。■角刈りの似合ふ青年夏来る姿勢が良くて、爽やかな青年です。兼題にもう一句。中西夕紀さんに選んで貰った『佳作』です。■角樽を提げて叔父来る端午の日めでたい角樽。だいたい、五千円から一万円。叔父さんは、それを自分で飲んで上機嫌。次は雑詠のページ。岸本マチコさんに選んで貰った『佳作』です。■リコーダー吹 [続きを読む]
  • '17-8/3『俳句ポスト365……夏越』
  • 俳人の夏井いつきさんが月に2回、天、地、人、並を選んで発表しています。今回のお題は『夏越』でした。並に選んで貰った一句。■ 巫女ひとり遅れ慌てず夏越の儀 アルバイトの一人が遅れて来ても、誰一人慌てず、厳かに儀式は行われます。半年間の穢れを祓うのが、夏越しの祓いです。ボケボケの古い写真しか無くて、それを更に白くぼかして誤魔化した俺です。 [続きを読む]
  • '17-8/2『夏井いつき一句一遊』南海ラジオ
  • 兼題は『三伏』でした。水曜日に読まれた一句。・・・・・ 杉本とらをはモツを食べてます。■三伏や煙に歪むモツ焼き屋「歪む」がいいですね。 ・・・・・はーい、食べるぞい!三伏(さんぷく)調べてみると、何だか難しくて何度読んでも頭に入って来ない。初伏が7/12中伏7/22末伏8/11これを合わせて三伏と呼ぶ。早い話がとても暑い頃。冷たいものばかり食べて体を壊さぬように。みたいなイメージから、出来た一句でした。 [続きを読む]
  • '17-7/25『俳句界-8月号』
  • 兼題のページお題は「牛」でした。田島和生さんと大高霧海さんと高橋将夫さんに選んで貰った佳作です。■種牛の豊かな臀部うららけしスマホで種牛の画像を検索すると、すげえ筋肉もりもりの牛がぞろぞろ出て来てビックリします。次は雑詠のページ。稲畑廣太郎さんに選んで貰った佳作です。■淋しくてわざと風船放す兄弟ばかりをかまっているママの気をひくため……。もう一句雑詠。岸本マチ子さんに選んで貰った佳作です。■迷ひ [続きを読む]