サーフィン初心者 さん プロフィール

  •  
サーフィン初心者さん: サーフィン初心者上達の秘訣
ハンドル名サーフィン初心者 さん
ブログタイトルサーフィン初心者上達の秘訣
ブログURLhttp://kisakihama.miyachan.cc/c3953.html
サイト紹介文サーフィン天国、宮崎からお届けするサーフィン初心者のためのスクールブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/06/08 21:57

サーフィン初心者 さんのブログ記事

  • ヘザーブラウン風のマグカップ当選者
  • YOUTUBE視聴者プレゼントは締め切らせていただきました。たくさんのご応募、誠にありがとうございました。先着順で決めさせていただき、Mさんからは以下の感想をいただきました。はら様お世話になります。Yourubeいつも楽しみに拝見しております。サーフキャンプの動画でいいねをつけさせていただきました。楽器チャンネル含め、他の動画も楽しませていただいてます。特製マグカップ、ぜひ使わせていただければと思います。サーフ [続きを読む]
  • 初心者脱出のカギはポップアップのテイクオフにある
  • まず、波を横に走れない原因の第一がボードに立ったときにはウネリはすでにスープ(白波)になっているからです。スープになってしまった波ではレールを入れることができないので進路変更(ターン)ができないわけです。あと、パーリングもそうです。立つのが遅いので波に巻かれてしまいます。掘れた波であっても巻かれる前に立ってしまえばサイズのある波でもそう怖くはないものです。というわけで、サーフィン初心者や初級者の方 [続きを読む]
  • サーフィンライフに希望が湧いてきました!
  • このところ数回、座り待ちの練習をしていたのですが、それも思い込みで巻き足を間違えた方法で行っていました。波に追いつけず、すごく残念な思いをしていましたが、一昨日両足とも同じ方向に回してみたら、少し早く岸に向けるようになって、波が穏やかだったのでとてもその感覚がよくわかりました。それにしても、こんなに早くノーズダイビング(またはパーリング)しなくなるとは! 波が綺麗な感じの波だったからかも知れません [続きを読む]
  • 昔、宮崎空港周辺はサーフパラダイスだった
  • 今はテトラが投入され、景観がとても悪くなっているものの、それゆえの恩恵もあるのです。テトラとテトラの間(約300mの区間)は風の影響をあまり受けず、サンドバーも形成されているので、ここはまるで人工波のような雰囲気があります。県外からサーフトリップにこられる方は地元のサーフガイドに案内してもらってください。けっして自分らだけで行くことのないようにお願い申し上げます。     ポチッと押してもらえると [続きを読む]
  • 私が使ってきたショートボード差し上げます
  • ムラ〇キスポーツさんでは中古サーフボード買取りキャンペーンをやっているので、さっそく私も「とりあえず査定してもらお」感覚でお店に出向いてみました。しかし、とっても意外な結末に唖然としてしまったのであります。ならば...と。これらのショートボードは視聴者の方々に無料で差し上げることにいたしました。動画で紹介したものの他に数本ありまして、下記条件を満たす方が優先となります。宮崎に来ていただける方で、動 [続きを読む]
  • ノーズライディングは練習あるのみ
  • ミスターテイクオフのロングボード版を作りました。長さは1メートル50センチなので、実際のサーフボードだと短めのショートボードに相当しますが、バランスボードとしては長めです。小股で4ステップ、大股で2ステップで足の指がノーズにかかるかんじでして、クロスステップのウォーキング練習には合格ラインにあります。可能ならもっと板を長くしたかったのですが、部屋の邪魔にならないとか、あとは送料の問題でこのサイズに [続きを読む]
  • カットバック理論の核心とは
  • カットバックができるようになるとサーフィンが(ウソではなくて)10倍も20倍も楽しくなるのですが、そこまで上達できる人はほんの一握りというのが実際のところでしょう。それはどうしてかといえば、カットバックのやり方(理論)を解説したノウハウが世の中にないからです。たしかに、それらしいものはたくさんあるのですが...肝心なところが抜けているのです。というか、誰も本当のところがわかっていないのだと思います [続きを読む]
  • 「生きてる波」に乗るべし!
  • 先週、福岡の竹川さん(仮名)が私の無料レッスンを受けに木崎浜まで来てくださいました。竹川さんは私と同じ世代でして、50歳を過ぎてからサーフィンを始めたそうです。さっそく海に入ってもらって様子を見ていましたが、竹川さんが乗っている波は全て終わってる波でした。つまり、スープ(白波)になってしまった波に乗っているのです。だから岸に向かってまっすぐにしか走れないわけです。テイクオフして横に走っていくために [続きを読む]
  • 東京の大井町でサーフィンできる!
  • 波ではなく、水流でサーフボードを浮かせるシステム。これって川とかの自然環境でもできることがあるんですよね。子供ですが上級者。カットバックもできるようです。けっこう本物のサーフィンに近いかもしれません。まずは料金はいくらか気になります。神戸の人工波プールはイマイチのようです。行った人の話によるとパワーがないのでボトムに下りたらそこで終了...とか。     ポチッと押してもらえると記事更新頻度が高く [続きを読む]
  • ロングライドはサーフィンの基本
  • 何とかアウトサイド(沖)からテイクオフできるようになったサーフィン初心者、または初級者の方々に次の目標として認識いただきたいのは、波をきっちりと最後まで乗り切るということです。そうすると、これができるようになるにはどうすればいいのかを考えるようになるし、努力するようになります。何の目標も持たずただ漫然と海に入っていると、サーフィンに対する情熱が冷めてしまい、ついには海に行かなくなってしまいます。波 [続きを読む]
  • 超速のテイクオフをマスターしよう!
  • 基本のテイクオフを細かく分解すると5ステップあるのですが、これを4ステップにすることでコンマ数秒は早く立つことができるようになります。波によってはそのコンマ数秒でテイクオフできるかどうかや、波をメイクできるかどうかの成否が決まりますので、これは大変なことだということをあらかじめ認識ください。まず、<基本のテイクオフ>を見てみますと、以下の5ステップで構成されています。パドリング波のキャッチホバリン [続きを読む]
  • サーフィン波情報の正しい利用方法
  • 昨年11月にサーフィン初心者脱出プログラムとMRテイクオフを購入した●●です。48歳でサーフィンを始めましたが、はら様の理論とMRテイクオフを使った陸トレの成果で、ゆっくりではありますが上達しております。パドリングも安定し、最近は1ラウンドに1回くらい横に行けるようになりました。今後はコンスタントに横に行けることを目指して精進します。本当にありがとうございました。近々に、撮影したビデオをお送りさせていただ [続きを読む]
  • サーフィン用語「セットの波」とは
  • サーフィン用語で「セット」という言葉をよくサーファーは使いますよね。このセットの波とは■ ショルダー(波のライン)が横に長い■ 数本、連続でやってくるですが、人によっては前者のみを指して言っているかもしれません。つまり、ロングライドができそうな長くてきれいな波です。言葉そのままなら数本連続する波のことになりますが、いくら連続していてもショルダーが短くて面がガタガタの波はセットとは言わないのは間違い [続きを読む]
  • 二刀流のプロサーファーが増えている
  • 今年の流行語大賞は「二刀流」できまりだと思いますが、サーフィンでもこの二刀流のプロ選手が次々と誕生しているんです。以前にもショートボードとロングボードの両方のプロ資格(日本プロサーフィン)を持っている人はいるにはいました。しかし、彼らはショートボードで全く勝てないのでロングボードに転向するといったパターンでした。でも近頃の二刀流プロサーファーはショートでもロングでも強い。それはまさに大谷翔平と同じ [続きを読む]
  • サーフィンもハッキングする時代になった
  • WCT第3戦はオーストラリア西海岸のマーガレットリバー。女子は相変わらず女王ステファニー・ギルモアが好調の滑り出しです。動画の開始10秒あたりから。実況で HACK OF THE TOP! と言っていますね。海外のサーフィン大会で最近よく耳にする、このハックという言葉ですが、パソコンを乗っ取る意味のハッキングと同じ単語です。ハックは「切り刻む」という意味ですので、サーフィンではこのようにスプレーを飛ばすようなトップ [続きを読む]
  • 波のサイズが上がったときのロングボード
  • JPSA(日本プロサーフィン)、2018シーズンの皮切りはバリ島クラマスでのロングボード第1戦です。決勝でダブルサイズまでサイズアップした波のバレルを抜ける堀井プロ。宮崎からは2名の選手が決勝に進み、みごと1−2フィッシュとなりました。優勝はもはやレジェンドになりつつあるベテランの秋本祥平プロ、そしてなんと準優勝は若干17歳のタカ(井上鷹)。これはタカがトリッキーなハングファイブでダウンザラインしてい [続きを読む]
  • テイクオフ可能なボード角度を認識しよう
  • サーフィンでテイクオフに入る瞬間のことをホバリングと呼んでいます。これはまさにホバリングからテイクオフしようとしているところですが、注目してほしいのはサーフボードの傾きです。水面に対してどれくらいの傾斜角度があるかといえば、10度前後ではないでしょうか。なお、この画像はやや高い位置から撮影されたものですので見た目にはもっと角度があるように思えるだけです。つまり、波がいくら急斜面になったからといって [続きを読む]
  • 波に乗る回数を10倍にするために
  • せっかく海に行ったのに波にちゃんと乗れたのは1回だけ...いやゼロってこともあるわけで、どうしてそんなことになってしまうのか自分なりに分析しているでしょうか。理由は概ね以下の2つに決まっていますが1.そもそもテイクオフできる波がなかった。2.サーファーが多すぎて波が回ってこなかった。それでも乗ってる人は乗っているわけで、じゃなんで自分は乗れなかったのかを考えてほしいのです。つまり、そのときの波に乗 [続きを読む]
  • ショートボードに乗ろう!
  • このところロングボードにばかり乗っていました。で、昨日ひさしぶりにショートボードで海に入ったのですが...最初の数本の波はテイクオフすらままならない状態でした。ホバリングはできるものの、いざ立とうとすると足が前に出てきません。足が出ない理由には2つあって、一つは両手をついたところ(ボード)が不安定に感じるとき。あとは単に筋力不足と柔軟性の不足です。私の場合は前者でした。ロングボードの安定性はほとん [続きを読む]
  • 100万円の波が売り出し中です
  • ケリースレーターの人工波プール、サーフランチの波に乗るチケットが売り出し中です。1時間、おひとり様につき9500ドル(約100万円)です。これは今年のWCTにサーフランチが組み込まれた記念ですので、あくまでも特別に...という企画なんですね。なんぼなんでも100万円は「ぼったくり」っぽいかんじもありますが、内容を見てみると波に乗れるだけでなく様々な接待(おもてなし)も含まれているのでかなり魅力的では [続きを読む]
  • いきなりショートボードから始めてもいいんです
  • はらさんご無沙汰しています。ロサンゼルスの●●です。サーフィンはじめて半年経ちますが、どっぷりハマってしまって海に入ってから出勤してたまに磯臭いと言われたりしています(笑)。素晴らしい教材のおかげで少しはサーフィンらしい事が出来るようになり楽しくなってきました。普段はショートボード、波が小さくて人が多い時はミッドレングスでやっているのですが、ホームポイントがメロウなポイントブレイクのいわゆるカット [続きを読む]
  • サーフィンは実は普遍性のないスポーツなんです
  • ケリー・スレーターの人工波プール、その名もサーフランチ(和訳:波の牧場)。宮崎にもかつて完璧な波を発生させる屋内プール(オーシャンドーム)がありましたが、あれとは規模がぜんぜん違うやつです。写真はこちらからでして、ただし記事によれば今のところ1日に出せる波の数が少ないという難点があるようです。なので、まだまだ改良していかないとサーフィン大会会場として世界に普及しないでしょう。これ以外にもヨーロッパ [続きを読む]
  • サーフィンブームはもう二度とこない?
  • 1978年、サーフィンブームの到来とともに創刊となったサーフィンワールド誌。その後、続々とサーフィン雑誌が発刊される口火をきりました(詳しくはこちら)。今の若い人たちは知らないと思いますが、この日本でかつて起こったサーフィンブームはそれはそれは盛大なものでした。とにかくサーファーでありさえすれば一目置かれる存在になれました。だから巷(ちまた)にはそれらじゅうにサーファーもどき、つまり丘サーファーが [続きを読む]
  • 今年もよろしくお願い申し上げます!
  • 新年のご挨拶が遅れて申し訳ありません。メルマガの方ではご挨拶していたのですが...ここ10年ほどずっとフリーの自営でなんとか食いつないでおりましたが、どうやら限界のようでして昨年末から会社勤めをしております。そういう事情により、これまでのように自由に海に行けなくなってしまいました。しかしまぁ、思い起こせばフリー時代にはサーフィンし放題だったなぁとつくづく感じます。海外の有名なサーフポイントにも、そ [続きを読む]