シカフ さん プロフィール

  •  
シカフさん: シカフ衛星C
ハンドル名シカフ さん
ブログタイトルシカフ衛星C
ブログURLhttp://shikafu.blog.fc2.com/
サイト紹介文ミステリ・ホラー:マニアック=7:3 地味に更新しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2012/06/08 22:57

シカフ さんのブログ記事

  • 伽藍堂の殺人.周木律
  • Banach-Tarski Paradox2000.07藤衛主催のリーマン予想の講演会に招待された百合子。場所は沼四郎設計の伽藍島と聞いた宮司は無理矢理同行し、只野や善知鳥神と再会する。その夜行われた講演会の伽堂と藍堂で講演した二人の演者が、移動不可能な状況で伽堂で上下串刺しにされた状態で発見された。それぞれの思いを秘め、事件の謎を解く。もはや数学の話は理解しようとは思っていません。妄想していた方向とは角度をかなり変えてきた [続きを読む]
  • 誰も僕を裁けない.早坂吝
  • 職業娼婦、趣味探偵。上木らいちの元にメイド服一式と訪問依頼が届いた。差出人は逆井東蔵、全く面識がなかったが指定の日時に訪ねると四泊五日30万円でメイドをすることにな理、翌日、東蔵の子供が連続で殺害される。一方、高校生の公平は埼を深夜に訪ね、条例違反で逮捕される。らいちは犯人を明らかに、公平は裁きを跳ね除けられるのか。軽めの流れについ惑わされますが、裏表紙にある社会派は間違いではないのかもです。残念な [続きを読む]
  • 犬神の杜.内藤了
  • よろず建物因縁帳嘉見帰来山風切トンネル建設工事現場の事務員が立て続けに死亡した。橘高組の依頼で現場事務所に出向となった春菜は、森の奥に長い被毛が風に煽られた一抱えもある大きな黒い犬を見る。現場の禁忌はイヌガミが憑くからだと言われ、民俗学者の小林に教えを乞い、犬神を祀る者の末路を知る。やがて、春菜の周りに迫る黒い影。仙龍は山曳きに挑む。全体的にとても哀しく重いものがありますが、シリーズ中で一番好きな [続きを読む]
  • クジラの彼.有川浩
  • クジラの彼/ロールアウト/国防レンアイ/有能な彼女/脱柵エレジー/ファイターパイロットの君裏表紙には制服ラブコメシリーズ第一弾とありましたが、解説によると筆者が最初に提案した題名は国防ラブコメとだったと。個人的には国防ラブコメの方がしっくりきます。六篇のうち三篇が自衛隊三部作関連です。「海の底」の前日譚は「クジラの彼」。あまり書かれていなかった冬原の心情が察せられます。同作の後日譚は「有能な彼女」 [続きを読む]
  • 虹の歯ブラシ.早坂吝
  • 上木らいち発散上木らいち、職業娼婦、趣味探偵、高級マンションレインボーツリー707号室在住。その部屋の洗面所には虹色の歯ブラシが常備されている。ライチと平日の決められた曜日に部屋を訪れる男達用だった。月曜日の固定客・村崎の経営する会社で秘書が殺害された。村崎は707号室を訪れていたのでアリバイがある。刑事の藍川は事件を解決したらいちに魅了され、火曜日の固定客となった。エロい事件をエロい探偵が解決します。 [続きを読む]
  • 僕が殺しました×7
  • 藤宮亮は恋人であるリエを殺害してしまった。その後に入ったホテルで目を覚ますと、6人の男女の待つ会議室のような場所に連れて行かれた。その全員が自分がリエを殺害したと言い、何故リエを殺害したかを告白し始める。誰がリエを殺害したのか。誰がこの会場を準備したのか。謎が深まる中、閉じられた会場で次々とリエの姿が明らかになっていく。藤宮亮が見ていたリエは本当に一面だけだったことが、次から次への自白大会で明らか [続きを読む]
  • ハイエナの微睡.椙本孝思
  • 刑事部特別捜査係深石市は地元企業と信仰が絡む。マンションの一室で県警警務部所属の警察官のバラバラ死体が発見された。捜査一課特捜係の佐築は現場に残された深石建設の社章に地元企業の関与を疑うが、捜査は強行犯係に引き継がれた。翌日、バラバラ死体の被害者所有のマンションの一室で冷蔵庫の下敷きになった警察官の死体が発見され、同様に深石建設の社章が残されていた。事件の継続捜査を訴えるも警察官の連続殺人事件は佐 [続きを読む]
  • 理系大学生活ハンドブック.原田淳
  • まずはスタートが肝心/早く大学になじもう/理系学部ではパソコンが不可欠/大学の授業に慣れよう/サポートの仕組み/学業以外にも大切:クラブやアルバイト/将来への布石/いざ研究者の世界へ/4年後への準備理系に進学する人のために、理系生活のアドバイスが丁寧に書かれています。小学生対象に書かれた本なのか、近頃の若いもんはこれくらい砕かないと理解困難なのか、何れにしても参考になりました。こんな感じの未来ある [続きを読む]
  • 聖女の毒杯.井上真偽
  • その可能性はすでに考えた「カズミ様」の伝説のある地方の町は、花嫁の結婚の意思が何より尊重される。フーリンはかつての部下を訪ね、「飛び石毒殺事件」に巻き込まれた。婚礼の場で、同じ盃を回し飲みした花婿や親族が、飛び石で毒殺される事件が発生したのだ。青髪の探偵・上苙丞は、「カズミ様」の奇蹟を存在を証明するため容疑者探しの場に現れる。奇蹟を目眩しに仕組まれた殺人事件。鉄板のネタですが、その中から真実をでは [続きを読む]
  • HELL.浦賀和宏
  • 女王暗殺武田誠は美しい母親と都心の超高層マンションの最上階で暮らしていた。父親の顔すら知らなかったが、現状を考えれば社会的地位のある人物なのは間違いなかった。高校卒業間近に母が刺殺され、死の間際に誠の本当の母親の名前と謎の数字を言い残した。二年後、心臓の再手術をした時に同室だった男が惨殺され、心臓を持ち去られる。一方、高校の同級生である久能正治は作家となったが挫折、元凶と考える母親を殺害してしまう [続きを読む]
  • アメリカ最後の実験.宮内悠介
  • 脩はグレッグ音楽院の受験のため一人渡米した。目的はグレッグ音楽院に合格したという連絡を最後に消息を絶った父親を捜して一発殴ること。そのためには合格した者しか敷地に足を踏み入れることが出来ないグレッグ音楽院に合格しなければならない。だが、二次事件の会場で「アメリカ最初の実験」のメッセージが残された殺人事件が発生。間も無く第二、第三と事件が発生し動画配信されたのを機に、全米に伝播して行く。父親を追う脩 [続きを読む]
  • ○○○○○○○○殺人事件.早坂吝
  • 小笠原諸島の再従兄弟島は黒沼夫婦だけが住むプライベート・アイランドだ。地方公務員の沖は、アウトドアのブログで知り合った同好の士と4度目のオフ会のため再従兄弟島を訪れた。だが、フリーライターの成瀬がらいちと名乗る赤い髪にフェロモンを過激に撒き散らす服装の18歳?の少女を連れて来ていた。翌日、黒沼の妻と医師の浅川が失踪し沖は駆け落ちを疑うが、次いで成瀬が殺害される。デビュー作であり第50回メフィスト賞受賞 [続きを読む]
  • HEAVEN.浦賀和宏
  • 萩原重化学工業連続殺人事件秋葉零は小説家・新理司を暗殺するために来たという祥子をナンパ、不死身だという彼女を絞殺してしまう。だが、警察が到着した時には死体は消えていた。それを機に隣家の家政婦・綾佳が零を干渉するようになり、対応していた双子の弟・一は彼女に惹かれていく。そして、祥子は頭頂部を切断され脳を持ち去られた無残な姿で発見され、以来、同様な殺人が連続する。全ての場所に萩原重化学工業を関連づかせ [続きを読む]
  • 水戸黄門 天下の副編集長.月村了衛
  • 天下の副編集長/謎の乙姫御殿/艶姿女編修揃踏/日本晴れの恋の旅立ち彰考館とは前水戸藩主徳川光圀公が「国史」編纂のために小石川の藩邸内に設置した支局である。だが、編纂は遅れに遅れ、もはや財政逼迫を理由に廃止の声まで上がっている。光圀公は彰考館総裁の安積澹泊覚兵衛、編修顧問の佐々介三郎宗淳、編修監督のお吟を伴い、催促をしても原稿を上げてこない執筆者の元に諸国原稿取り立ての旅に出る。これは見事に某水戸黄 [続きを読む]
  • 機龍警察 火宅.月村了衛
  • 火宅/焼相/輪廻/済度/雪娘/沙弥/勤行/化生特捜部管理官の宮近は、明日の娘のピアノ演奏会に出席するよう妻子からの圧が入っていた。13時42分沖津に呼ばれ、明日までに国会答弁の作成を指示される。国会は10時開会、娘の演奏会は16時。間に合う。城木と共に徹夜で仕上げ、警察庁の連絡室で待機するため国会へ向かう。だが、陪席者が倒れ、急遽、宮近が代理となる。刻一刻と演奏会の時間は近づく。諦めない宮近。彼はいつ解除 [続きを読む]
  • 逢魔が時に会いましょう.萩原浩
  • 座敷わらしの右手/河童沼の水底から/天狗の来た道/メーキング大学4年生の真矢は大学院へ進むことを考えている。その2年間を利用して映画研究会の機材を使い、撮った作品を自主作成映画のコンペに出すつもりなのだ。とにかく文学部の研究室に潜り込むため、主任教授が現地調査の手伝いを指示した民俗学准教授・布目を訪れ、座敷わらしの調査のため遠野に同行した。(座敷わらしの右手、より)大学院に進学をするため大学生が研究 [続きを読む]
  • 踊り子と探偵とパリを.小路幸也
  • 裕福な家を飛び出してパリで作家を目指すユージン。呪われたダイヤを追ってパリに渡った探偵マーク。輝く金の薔薇と称されるサンク・ルージュの踊り子ブランシェ。サンク・ルージュの裏の顔は国際窃盗団だとマークは言う。アメリカで盗まれた呪われたダイヤは、ブランシェの命を脅かすとも。3人が出会い、ダイヤを巡る話は大きく動き出す。ブランシェの美しさに心を奪われたユージンは、彼女のためにマークに協力します。サンク・ [続きを読む]
  • 東京結合人間.白井智之
  • 人間が子孫を残すには生殖器を使って交尾するのではなく、互いの体を結合させなければならない。その際に脳機能が逆転してしまったために一切嘘がつけないオネストマン。ドキュメンタリー映画に参加するためオネストマン7人が孤島で共同生活を送るが、孤島の住人が殺害される。容疑者となるのはオネストマン7人。だが、全員が犯行を否定した。結合人間がいるという世界観がいるのかいらないのか。そこが問題です。結合すると目は4 [続きを読む]
  • 恩讐の鎮魂曲.中山七里
  • 御子柴の過去が暴かれ依頼は激減、事務所の移転を余儀なくされた。そんな折、御子柴の担当教官だった稲見が入所していた特別養護老人ホームで介護士を殺害したという記事を読む。御子柴は強引な手を使い恩師の弁護士となったが、稲見は犯した罪を逃れる気はないと言い、裁判で一番の障壁となっていく。弁護士を続けられるのかどうなるのかと気を揉みましたが、広域暴力団の顧問弁護士依頼でなんとか食い繋がそうです。今回、御子柴 [続きを読む]
  • えじきしょんを呼んではいけない.最東対地
  • フリーライターの京本は、連続失踪事件の関係者に取材することになった。二ヶ月ほどの間に疾走した複数の男女とはバイトで知り合い、共に岡山の離島に行った。そこで聞いた”えじきしょん”とは何か、宿で話している時にスマホの探索機能が起動し、「えじきしょん を 呼びだしました」と探索結果を告げた。そして島から帰った後に、それは来たのだという。数日後にくる呪い系です。かなり活動的なので、迫り来るものとは別路線で [続きを読む]
  • Kindle 新読書術.武井一巳
  • 私はKindleに出会って2万冊の蔵書を捨てました(著者)。キンドルって何?/キンドルで読書を楽しもう/キンドルが実現する新しい読書スタイル/キンドルに「読み物」を集めよう!/キンドル内の本を整理しよう!Kindle paper white を買いつつもなかなかシフト出来ず。モチベーションを上げようと読んでみました。ちょっとしたコツが沢山あり、切り替えへの気合いが入りました。2013年発行本ですが、上げるのが目的なので情報の新 [続きを読む]
  • COLOR+ 広島 宮島 厳島神社.旺文社
  • これはスゴく良いです。個人的ストライクです。食べ物とお土産がポイントを絞って紹介されているので、絶対食べたいものや隙あらばリピートしたいもの、お世話になった人へのお土産やばら撒き用のお土産、等々。行く前から基本路線を決めるのに役立ちます。これで出張も楽勝です。このシリーズ、他も読んでみたいですね。 [続きを読む]
  • 拝み屋怪談 怪談始末.郷内心瞳
  • 依頼主から持ち込まれる怪異の相談を拝んで始末する。その始末した怪異を怪談として仕立てる。本作はそんな前書きから始まります。依頼人が手放した話と自身が体験した話が織り交ぜて書かれています。書かれている法則性はわかりません。年代順に書かれているのかとも思いますが、そこまで考えて読んでいませんでした。。。連続物がありまして、いやーこれ我が身でなくて良かったと思う話の筆頭です。シリーズ情報:逆さ稲荷.禁忌 [続きを読む]
  • 天使の棲む部屋.大倉崇裕
  • 天使の棲む部屋/水の出る部屋/鳩の集まる部屋/終の部屋難病と闘う先代の遺児・雅弘を上司に奮闘する問題物件担当の恵美子。彼女の失敗は雅弘の失脚なのだ。驚異的な能力で物件の謎を解き明かす犬頭の力で危機を回避してきたが、ある日、雅弘の世話を長くしていたえみちゃんに危機が迫る。103号室から順に203号室、303号室と住人が続けて死亡し、次は彼女の住む403号室だと言う。犬頭はえみちゃんのため動き出す。(終の部屋、よ [続きを読む]
  • これからの「カッコよさ」の話をしよう.浅子佳英×宇野常寛×門脇耕三
  • デザインと思想/ファッション/住宅と建築/インテリア/ホビーとグッズ/プラットフォームと文化あるトークイベントの会場に居合わせた批評家・建築家・インテリアデザイナーの三人がある登壇者の言葉を機に、約一年をかけてモノを取り巻くカッコよさについて語り合った本作。三氏がそれぞれの専門分野における具体例、住宅であったり店舗であったりを事前に示して鼎談前に入る回もあり、それは特にわかりやすかったです。ユニク [続きを読む]