まるちゃん さん プロフィール

  •  
まるちゃんさん: まるちゃんの めざせ!快適シンプルLife
ハンドル名まるちゃん さん
ブログタイトルまるちゃんの めざせ!快適シンプルLife
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/bakabonn1009
サイト紹介文お釈迦様の教えをもとに、読書、俳句、ガーデニング、ボケ、一人ツッコミ…と、「今」を気楽に生きてます。
自由文本当の幸せを求めて早期退職後、家庭菜園、読書、映画DVD鑑賞、カメラ、ボケツッコミ…と、「今やりたいこと」「今できること」と、「今」を充実させて生きるまるちゃんの徒然日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2012/06/11 09:59

まるちゃん さんのブログ記事

  • 西日本豪雨災害(無事です!)&岡大病院
  • 2週間ぶりの投稿ですが、色々ありましたね。「晴れの国岡山」ですが、西日本豪雨災害に遭い大きな被害がでました。県西部(県境)にある我が家ですが、我が家とここ周辺は無事でしたが、市内のあちこちで土砂崩れや浸水があったようです。市内には小田川が流れてますが、下流の真備は大変なことになってしまいました。うちの隣のカーショップの支店が真備にあって、天井まで浸かって大被害だそうです。真備方面行きの県道も笠岡へ [続きを読む]
  • 「忙しい」は勘違い 慌てない慌てない^^
  • ノートに毎日の予定を書き込んでいます。最近、だんだんと書き込みが増えてきました。書き込むときに気をつけるのは、二つのことが重ならないこと。当たり前ですが。一人の人間ですから、同時に二つのことは出来ません。右手と左手を同時に動かしていても、実は”意識”は右手と左手を行ったり来たりしているわけです(無意識にでも)。テレビ見ながら勉強する時もそうですよね。行ったり来たり。(集中度が下がって理解も作業の精 [続きを読む]
  • 流れる
  • 1週間(以上)更新してませんが、元気です。生きているので色々な思いは浮かんできますが、それもこれもすべて流れていきます。流れてはいるけど、勉強にはなっているんだろうと思います。流れにまかせているのも、気持ちのよいものです。物事を、よい悪いと決めることは出来ません。ただの人間ですからね。賛否は必ずあるものです。ただ、主体は誰か、誰の人生かと考えると、自分の考えを人に言うのをためらわれます。まあ、み [続きを読む]
  • 「ぎんさんの娘4姉妹 気づいたら100歳、だがね」
  • 【ボケない! 介護いらず! お金では買えない元気の秘密がここに1週間のご長寿レシピ、風呂上がり体操、肩こり・関節痛対策、快眠術、年金生活の極意、整理・整頓法など、誰にでもいますぐできるやさしい“約束”で、あなたも健康なまま、気づいたら100歳に! 】「きんは百歳百歳、ぎんも百歳百歳」で有名になったぎんさん(享年108歳)ぎんさんの娘さんたちもご長寿です。元気の秘訣は、姉妹で集まって(ご近所)ぺちゃくちゃお [続きを読む]
  • 観音マルシェ
  • 「嫁いらず観音」と言われる、大江町樋之尻山の観音様で月に1度「観音マルシェ」という催しがあります。父の調子がよさそうだったので気分転換に誘ってみました。、、、が、「行かない」というので母と二人で行ってきました。父は調子を崩してから、”精神的”にも余計に歳をとってしまったようで、またしんどくなるかもと不安なのか?舟券を買いにも行かずベッドに寝転んでじっとテレビばかり見てます。悪循環だっつーの。テレビ [続きを読む]
  • 「100歳の精神科医が見つけた こころの匙加減」高橋幸枝
  • 【100年生きてきて、思うのは「匙加減」の大切さです。「生きていく」とは、この匙加減を見極めていく営みにほかなりません。――本文より精神科医として半世紀にわたり、患者と向き合ってきた著者だからこそ気づけた、「迷いすぎて苦しまないためのヒント」とは??人生とは、自分の「匙加減」を見つける旅?あらゆる不幸は人と比べることから始まる?誰かと話すだけで心は温かくなる?「ちょっと不便」なくらいが体にはちょうどい [続きを読む]
  • 吉沢久子さんの本
  • 図書館で吉沢さんの本をもう2冊借りています。Amazonで見てみたら、とてもたくさんの本を出されているのですね。いろいろな所に書かれているコラムや連載などを毎年、編集して本にしてもらってるようですが、精力的に執筆のお仕事などされているのも、長生きの秘訣でしょうね。ちゃんとやることがある、ってことがいいんですね。80代の両親なんてまだまだ若い!!元気出さなきゃね。 「94歳。寄りかからず、前向きにおおらか [続きを読む]
  • 助かる・・・ワタシもね。
  • この間から高齢の父の調子が悪くて、身体中のあちこちが痛かったり、そのためか吐き気がしたり、眠れなかったり。で、いつもの内科定期健診以外にけっこう病院に通ったりしてます。内科、耳鼻咽喉科、整形外科。来週は神経内科。(原因がはっきりしない。ワタシの所見では「老化(筋肉量低下とか)」&急な身体の老化変化に心が追いつかず、不安によって痛みやこりに過敏になってる??)総合病院なのですが、科によって先生が週に [続きを読む]
  • 「今日を限りに生きる。人間、明日のことはわからない」吉沢久子
  • 【これが「生き切る」ということ。最後まで全開で!「これからは家が買いものになる」と、1960年頃にプレハブ住宅第1号を買い、以来ずっと住みつづけている、どこよりも心地いい住まい術。97歳のいま、どのように一日を過ごしているかの食事術・生活術。「ひとり」と「老い」の自覚をもって、どこまでも前向きに生きる心術。そして、自身のけっしてブレない生き方・死に方の根本にある思いをみずみずしく明かす。】さすが、97歳( [続きを読む]
  • 母の花たち
  • 花が好きな母(82歳)は、「世話が大変だからもう増やさない!!」と(毎年)言いながら、春や秋になると新しい苗を買ってきます。今年買った、お気に入りのあじさい。ダリヤ?名前が分からない。玄関には定番のパンジー。勝手口横。去年の母の日にもらったカーネーションを鉢植えに。父の植木の水やりや畑の世話もしてます。家の周り、ぐるりと何か植えている。水やりが大変!世話が大変!と言いながら、、、びわの種をプランタ [続きを読む]
  • ベランダの花たち
  • がんばって咲いてます。ゼフィランサスの球根の芽がなかなか出ないので、空いたところに古いミニあさがおの種をまいたらちゃんと出た。球根の芽も出て窮屈そう^^;花が咲くかな?以上、ベランダの花たちでした。 [続きを読む]
  • 今日のmomoちゃん 元気ですよ^^
  • 7枚目までは5月14日のmomo。8枚目から今日のお散歩のmomo。momo  2018年5月(6歳) ママたちは仕事や学校なので、時々まみおばがお散歩に行きます。昨日は油断した隙に、道ばたに転がってたカエルをパクっと食べてしまって(ミミズは間一髪でセーフ)、まみおばはあせりましたが、今日は大丈夫でしたよ。バッチイからカンベンしてね10mダッシュのあと(足速いねえ)、どんどん歩いて、ちっこして、建設工事のおじちゃんにちょ [続きを読む]
  • 「かぐや姫の物語」高畑勲監督作品 スタジオジブリ
  • 【「姫の犯した罪と罰。」 スタジオジブリが描く真実(ほんとう)のかぐや姫竹の中から生まれ、すぐに成長して美しい娘に育ち、求婚者たちを次々と振ったあげく、満月の夜、迎えにきた使者とともに月へと去ってしまう――かぐや姫はいったい何のために地球にやってきて、なぜ月へ帰ることになったのか。この地で何を思い生きていたのか。かぐや姫の罪とは、その罰とはいったい何だったのか。本作『かぐや姫の物語』は、誰もが知る“ [続きを読む]
  • 「大家さんと僕」矢部太郎
  • 【第22回手塚治虫文化賞短編賞受賞!芸人初の快挙! !行列のできる法律相談所、世界一受けたい授業、王様のブランチ、朝日・読売・毎日・東京新聞、ノンストップ、オリコンニュースなど各メディアで続々紹介!SNSでも話題沸騰!あっという間に30万部突破、大ヒット中!奇跡の実話漫画に、日本中がほっこり。】こういう人間関係って、いいねえ。お笑い芸人カラテカの矢部太郎さんと、高齢(87歳)の大家さんとのほのぼのした交流 [続きを読む]
  • 何のためにやっているのか 
  • どんなスポーツでも芸術(音楽美術…)でも仕事でも、何でもいいんです。それを「何のために」するのかということが、とても大事。自分にも、他人にも、「欲」や「怒り」や「エゴ」を増すなら、やらないほうがいい。不幸への道です。自分や他人を、なぐさめ、元気にする。幸福への手助けとなるための、スポーツであり、芸術であり、仕事でありますように、、、。それは個性で、自分にできる役割分担なんだよね。(得意な事をすれば [続きを読む]
  • 心配しないと決める
  • 心配しない。心配なんかしても、意味がないんだよ。「未来は未だ来ぬもの」心配してないで、「今、ここ」で出来ることを精一杯することだよ。「今、ここ」での心や行為の結果が未来にやってくるんだよ。「今、ここ」に集中すること。心を清らかにすること。心は明るく清らかでないと、いい智慧は浮かんでこないよ。それは、自分のためでもあるし、自分と関わる人たちのためでもある。自分がやるべきことは何か。それは心を磨く [続きを読む]
  • momoちゃんと初めてのドライブ(病院だけど)& お昼寝
  • 昨日はmomoちゃんと病院に行きました。いつもはママと姪とで行くのですが、定期試験中の姪の代わりに、まみおばが初めてのお手伝いです。特に、土曜日に一年ぶりに病院に来て怖いこと(検査)されたばかりだから、車の中でも「どこどこ、この道、あそこでしょ。あそこ行くんでしょ。やだな、こわいな、行くの?あそこ」と、そわそわうろうろ全然落ち着かない。家族やよく知ってる人だと大丈夫なんですが、しらない人(特に子供)や [続きを読む]
  • 短いんだろうか
  • momoちゃんはまだ6歳。「長い」か「短い」かは何かと何かを比較したときに現れる概念。「時間」も概念でしかない。そんなものは考えない。現実をちゃんと観よう。私たちは一瞬一瞬を生きているだけなんだ。あるのは「今」という一瞬だけ。一瞬の積み重ね。今、今、今、今、、、、この世のすべての病気治療は寿命を延ばす「延命治療」でしかない。たとえ「完治」しても、また別の病気になったりして、寿命が尽きればみんなこの世 [続きを読む]
  • 「今」できること & 虹の橋の物語 
  • すべての現象は「苦」です。「愛別離苦」を乗り越えるのは、自分自身です。乗り越えるためには「苦」をありのまま観察すること。経験することと洞察すること。やるべきことは、「慈悲の実践」momoちゃんが、よりよい次元(人間界や天界)に生まれるように。動物に生まれても、いい人と出会えるように。「虹の橋」というお話があります。人間と暮らした動物は、亡くなると虹の橋というところにやって来て、幸せに過ごすのです。 [続きを読む]
  • 「大好きだよ」を伝えよう
  • 生老病死。すべての生命は生老病死を繰り返す。身体というものは、本当にどうしようもなくめんどくさいものだ。人間の寿命は短い。もっと短い生命もいる。愛別離苦。愛する者との別れを繰り返す。誰でも死んでいく。別れたくなくても別れなければならない日が、必ずやってくる。生きるということは、そういうものだ。どうしようもない。どうしようもないことは受け入れるしかない。でも、今、生きている。今、まだ元気だ。生きて [続きを読む]
  • 慈悲の瞑想
  • 今までスマナサーラ長老の本で教えてもらった言葉を使っていましたが、瞑想に使う言葉は色々バリエーションがあって、最近読んでるグナラタナ長老の本にあった言葉もいいなあと思います。スマナサーラ長老のはとてもシンプルで覚えやすい。グナラタナ長老のは具体的でわかりやすい。6パターンほど紹介してくださってますが、自分に合った言葉を使えばいいんだと思います。どれもいいです。いつでもどこでも(すべての生命が)「幸 [続きを読む]
  • 現象
  • ベランダで花のお世話を少しして、お日様のぬくもりとエネルギーをもらって、空を見上げる。昨日の風は少し冷たかったけど、今日は南風の予報。気持ちのいい暖かさです。空に雲が浮かんでいる。ひとつの雲を見つめる。そこに「雲」という確固たるものはない。あるのは、雲という「現象」だけ。実際はたくさんの水やちりなどの粒が流れているだけ。「人間」も同じ、「現象」なんだなあ。それは、ただ流れていく。形を変えながら、た [続きを読む]