まるちゃん さん プロフィール

  •  
まるちゃんさん: まるちゃんの めざせ!快適シンプルLife
ハンドル名まるちゃん さん
ブログタイトルまるちゃんの めざせ!快適シンプルLife
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/bakabonn1009
サイト紹介文お釈迦様の教えをもとに、読書、俳句、ガーデニング、ボケ、一人ツッコミ…と、「今」を気楽に生きてます。
自由文本当の幸せを求めて早期退職後、家庭菜園、読書、映画DVD鑑賞、カメラ、ボケツッコミ…と、「今やりたいこと」「今できること」と、「今」を充実させて生きるまるちゃんの徒然日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供209回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2012/06/11 09:59

まるちゃん さんのブログ記事

  • 楽しく生きる
  • 嫌なことはしない方がいい。嫌だと思うなら、やらない方がいい。無理をするとよくない。だからワタシは頼まれたら、”できる”ことは何でもする。”嫌だと思わず”する。嫌だと思うのが嫌だから。嫌だと思うことほど嫌なことはない。だから、嫌だと思わない。基準は、人(自分も)の為になるかならないか。可能か不可能か。(だから依頼を断るときは、”嫌”ではなく”できない理由”)”できる”って気持ちがいい。できる=自由 [続きを読む]
  • 「崩れゆく絆」アチェベ著 粟飯原文子 訳
  • 読みたい本が次々と出てくる。「ホモデウス」も読むぞ・・・(デッサンも俳句もちょっとお休み)【古くからの呪術や習慣が根づく大地で、黙々と畑を耕し、獰猛に戦い、一代で名声と財産を築いた男オコンクウォ。しかし彼の誇りと、村の人々の生活を蝕み始めたのは、凶作でも戦争でもなく、新しい宗教の形で忍び寄る欧州の植民地支配だった。全世界で1000万部のベストセラー、「アフリカ文学の父」アチェベの記念碑的傑作待望の新訳 [続きを読む]
  • 「女子中学生の小さな大発見」清邦彦 編著
  • よく降りますねえ〜。ちょっと息抜きにと読んでみました。【正しい答を求めるばかりが「理科」だろうか?鳥肌は顔と足首にはできない。醤油は凍らない。卵は塩水にも砂糖水にも浮く。昇りのエレベーターの中でジャンプすると体が少し浮く。タンポポの綿毛は233本ある。温泉を煮詰めたら塩が残った…。そんな身の周りのできごとへの疑問と感動から「理科」は始まる―。現役女子中学生が見つけた「不思議」をぎっしり詰め込んだ仰天レ [続きを読む]
  • この世は不公平 理性と優しさを
  • この世の中、この社会は不公平です。すべての命は平等ですが、この世は平等ではありません。残念ですが、それが現実。いくら”文句”を言ったってただ”気分”が悪くなるくらいなもんで、そうそう簡単に平等にはなりません(文句言っても逆効果、損、過信は不幸の元)。現実は現実。善因善果、悪因悪果とはいえ、この世では(輪廻の中のどこかでは必ず”見合った果”を受けますが)非道いことをした人が楽に生きてたりします。この [続きを読む]
  • 「日の名残り」カズオ・イシグロ 著 土屋政雄 訳
  • 【品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々―過ぎ去りし思い出は、輝きを増して胸のなかで生き続ける。失われつつある伝統的な英国を描いて世界中で大きな感動を呼んだ英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。】ノーベル [続きを読む]
  • 応援したい
  • 日本は選挙に向けて熱くなってますねえ。政治家や候補者は、負けるわけにはいかない、とか、勝ちたいとか、、、。まあ、選挙は戦いなのでしょう。誰のための?誰に勝つ?何に勝つ?豊田議員も、がんばってもらいたいな。豊田議員自身の成長のためにも。大きな目標があるなら、みんなのために頑張りたいなら、一度や二度の失敗で投げ出す必要はないし、誰がなんと言おうと自分の人生。・・・結果はどうあれ。・・・個人的にはね。み [続きを読む]
  • 「火星年代記」レイ・ブラッドベリ
  • 【人類は火星へ火星へと寄せ波のように押し寄せ、やがて地球人の村ができ、町ができ、哀れな火星人たちは、その廃墟からしだいに姿を消していった……。火星への最初の探検隊は一人も帰還しなかった。火星人が探検隊を、彼らなりのやりかたでもてなしたからだ。つづく二度の探検隊も同じ運命をたどる。それでも人類は怒涛のように火星へと押し寄せた。やがて火星には地球人の町がつぎつぎに建設され、いっぽう火星人は…抒情と幻想 [続きを読む]
  • 「痴人の愛」谷崎潤一郎
  • 【きまじめなサラリーマンの河合譲治は、カフェでみそめて育てあげた美少女ナオミを妻にした。河合が独占していたナオミの周辺に、いつしか不良学生たちが群がる。成熟するにつれて妖艶さを増すナオミの肉体に河合は悩まされ、ついには愛欲地獄の底へと落ちていく。性の倫理も恥じらいもない大胆な小悪魔が、生きるために身につけた超ショッキングなエロチシズムの世界。】男はバカで、女はコワイ、、、というだけの話ではない。数 [続きを読む]
  • 「タイタンの妖女」カート・ヴォネガット・ジュニア著 浅倉久志訳
  • 【時空を超えたあらゆる時と場所に波動現象として存在する、ウィンストン・ナイルズ・ラムファードは、神のような力を使って、さまざまな計画を実行し、人類を導いていた。その計画で操られる最大の受難者が、全米一の大富豪マラカイ・コンスタントだった。富も記憶も奪われ、地球から火星、水星へと太陽系を流浪させられるコンスタントの行く末と、人類の究極の運命とは? 巨匠がシニカルかつユーモラスに描いた感動作。】久しぶ [続きを読む]
  • 準備完了!
  • デッサンの練習をちゃんと始めることにしました。(「右脳で描け」を読みながらいくつかはやってみた)そのまえに〜道具。鉛筆と消しゴムと紙があれば、まあ、いいんですが、モチベーションをさらにアップさせるために、、、「ハイユニ アートセット 全22硬度」ひゃあ、かっこいい! (いつも形から入るまるちゃん)つや消しのケースも高級感? 10B〜10Hまで揃ってます。金のラインがかっこいい〜。(10Hとか使わない [続きを読む]
  • 「決定版 脳の右側で描け」ベティ・エドワーズ著 野中邦子訳
  • 俳句は充電中、「ホモデウス」は少しずつ・・・^^;【17カ国語以上に翻訳された本書は、世界で最も広く用いられているデッサン技法書です。絵を描く才能など自分にはないと思っている人、いまさら教えてもらってもむりだという人。あるいはプロの画家、画学生、日曜画家として日常的にデッサンに親しんでいる人たちにとって、この本は自分の能力に大きな自信を与え、芸術への考えを深め、この世界への新しい見方を提示してくれる [続きを読む]
  • 口は災いの元 口の四善業 
  • 口は災いの元。口は慎み、言葉をよく選んで使いたいものです。仏教には口の四つの善業(口の四善業くのしぜんごう)の教えがあります。人間関係をよくするために大切なことです。①不妄語(ふもうご)・・・嘘や偽りを言わない。正直に、真実を語る。②不両舌(ふりょうぜつ)・・・人の仲を裂いてしまうような言葉は使わない。仲たがいしている人たち(自分と相手の関係も含む)が仲直りするような言葉を語る。③不悪口(ふあっく) [続きを読む]
  • おどし合戦?
  • 「・・・明るい未来はないと理解させなければならない」これは誰の言葉でしょうか?(キタのあの人ではありません)敵対視&えらい上から目線。言葉だけ見れば、どっちがどっちか分からない。信頼してない人や敵(ジャイアンの後ろに隠れてるスネ夫)からこう言われて、”明るい未来”のために、素直に謝って言うことを聞かなくっちゃって、思う??   秋風や模様の違ふ皿二つ   原石鼎「日本上空を」正しくは、「大気圏を [続きを読む]
  • ナツメがたくさん実をつけました
  • 朝晩、涼しくなりましたね〜。最近は日中も30℃そこそこ、今日は27℃予想。気持ちよく過ごせます。勝手口横の棗(ナツメ)が今年もたくさん実をつけました。ウォーキングから帰ってここを通る時に、3粒ずつ食べてます。さっぱりとした甘味で、りんごみたいに美味しい。飽きの来ない美味しさです。シャリシャリとした食感で小さなりんごのようですが、りんごより食べやすくて個人的にはナツメの方が好きです。ほんと美味しいの [続きを読む]
  • 「日本人だけが知らない戦争論」苫米地英人
  • 【■戦争はなぜ、地球上からなくならないのか?20世紀は戦争の世紀でした。全世界を巻き込んだ2度にわたる世界大戦をはじめ中東戦争、朝鮮戦争、ベトナム戦争、米ソ冷戦……。東西冷戦終結後は内戦が世界各地で勃発するようになり戦争はますます複雑化、多様化します。テロが急増し、テロに対する報復としてアフガン侵攻、イラク戦争、チェチェン紛争などが起きました。いったいなぜ、戦争やテロがこの世からなくならないのでしょ [続きを読む]
  • 「明治維新という名の洗脳」苫米地英人
  • 【明治維新以降、現代も続く日本人に行われている洗脳。明治維新は日本を開国に導き、時の志士が日本を考えて行った素晴らしいこと、偉業とされる裏側はまったく違うものだったことが本当の歴史を紐解くと浮かび上がってくる。そこには巧妙に仕掛けられた罠が!外国巨大資本の思惑と、薩長の利益を追求するという思惑が一致したときに、日本は売られ、現代までその明治維新の洗脳は続き、ほんの一部の日本の既得権益者だけの利益に [続きを読む]
  • 「出ない順 試験に出ない英単語 普及版」中山
  • 【笑える英文121連投!使えない英単語+くだらない例文×おもしろイラスト。】試験には出ないかも知れないけど、表紙にある「barbed wire(有刺鉄線)」は、今読んでる「Homo Deus」(「サピエンス全史」の続編)の初めにいきなり出てきた。役に立つじゃん。ちなみに、「Homo Deus」ですが、日本語版はまだ出てないのですが英語版だとkindleで650円で買えます。安いし英語の勉強にもなるし、一石二鳥です。少しずつ読んでますが、 [続きを読む]
  • 「無人島に生きる十六人」須川邦彦
  • 【大嵐で船が難破し、僕らは無人島に流れついた!明治31年、帆船・龍睡丸は太平洋上で座礁し、脱出した16人を乗せたボートは、珊瑚礁のちっちゃな島に漂着した。飲み水や火の確保、見張り櫓や海亀牧場作り、海鳥やあざらしとの交流など、助け合い、日々工夫する日本男児たちは、再び祖国の土を踏むことができるのだろうか?名作『十五少年漂流記』に勝る、感動の冒険実話。】>「・・・いまこの島にいる人たちは、それこそ、一つぶよ [続きを読む]
  • バランスボードで楽しく体幹トレーニング
  • 昨日はミニミニ同窓会、楽しかったです。そこでちょっと話したまるちゃんのシンプルライフのアイテム。(シンプルライフは身体が資本、てことで…)まるちゃんの上品なおみ足付き?「(グロング)バランスボード」これに乗る(乗って片足立ちしたりスクワットしたり使い方は自由)だけで、体幹が鍛えられてバランス良く筋力もアップするのです。しかも、置き場所もとらないし楽しいので息抜きにもなる。値段もAmazonで3480円 [続きを読む]
  • 明るく、希望を持って・・・
  • 生きている限り、私たちは肉体にしばられています。肉体は、苦の元です。生きることは、苦です。苦だけれど、だからといって”苦しむ”ことはないのです。苦とは、ただそこに”ある”ものなのです。感覚(痛み)があっても、苦しまなくていい。感覚(痛み)は変えられるし、なくすこともできます。まだ足りない、と思うことは執着です。執着から苦が生まれます。逆に、満足(足りてる)と思えるならば、楽です。もう充分、満足だ [続きを読む]
  • 「やっぱり、歯はみがいてはいけない 実践編」森昭 森光恵
  • 【・「食後すぐ歯みがき」は世界で韓国と日本だけ。・世界で一番口臭がひどい!? 日本人の男女。・3列歯ブラシの効果はわずか30%。・スウェーデンは80歳で歯が21本以上残り、寝たきりがほとんどいない。一方、日本は80歳で10本未満、寝たきり100万人以上日本は世界の予防歯科の常識に30年遅れ、虫歯予防ばかり気にしてきました。その結果、歯みがき剤で健康な歯を削り、「食べかすとり」ばかりして細菌の塊である歯垢(プラーク)を放 [続きを読む]