maco さん プロフィール

  •  
macoさん: 脳から変える!ブレインジム&BBA
ハンドル名maco さん
ブログタイトル脳から変える!ブレインジム&BBA
ブログURLhttps://ameblo.jp/patya-mama777/
サイト紹介文治らないと思われてきた多動や、自閉性、発達障害の1次要因の改善を促すための情報サイト
自由文ブレインジムで脳のバランスを整えて、姿勢を改善し、ストレスに強い基盤を作ります。そして効果的な訓練や環境調整など。今、可能な対応方法を具体的に伝えさせていただいています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供258回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2012/06/12 17:19

maco さんのブログ記事

  • 発音を治す時期〜さしすせそ
  • こんばんは。 発音の相談で、一番、誤りが多いのは、「かきくけこ」が「たちつてと」になってしまっているということと 「さしすせそ」や「らりるれろ」が上手に言えないというご相談 発音には完成時期があります。 つまり。先ほどの話題の 「かきくけこ」は4歳代で完成します。 だから、5歳で、まだ、間違っていたら、訓練をしてもよい時期。 そして、サ行は、5歳が完成時期。 だから、6歳以上ならば、訓練をしたら簡単に治せ [続きを読む]
  • 緊張した声
  • おはようございます?? 最近、お口の発達の講座を開催しています 喋ること。 俳優さんをみていて この発声はしんどいなー、って思うと、やはり、歌は苦手。 喉頭が緊張してる つまり 声の高低がだせない つまり音域が狭いから、歌が下手 ぜひ、柔軟な喉頭運動をまなんでいただきたい 発声かえたら顔はイケメンだから顔にあったステキな声になるのたにね。 では、今日も笑顔の一日を 柔らかい喉頭にするブレインジムエクサ [続きを読む]
  • 舌の筋肉の名前を知っていることと、使えることは違うんだな。
  • おはようございます^^さてさて。私は、口蓋裂などの口腔内の異常のために生じる異常構音などの発音障害などを治療訓練するのは専門分野です。言語聴覚士になるきっかっけが「なんでこんな発音になるの?」というのがきっかけで治療方法を知りたくて言語聴覚士になりました。だから、聞き分けて、完治までもっていくこと。それが一番、私にとってはやりたい仕事です。しかし、最近、いろんな方に出会う中で、舌の筋肉の話題など [続きを読む]
  • お口の発達と食べること・話すこと講座(大人編) 〜ご感想
  • 3月31日に、ハートノートさん主催で 明石市大久保で「お口の発達と発音の講座〜大人編」を開催いたしました。 ハートノートさんの主催の勉強会に参加される方は、本当に熱心な方たちばかり、 私もいつも以上に「気合い」をいれた講座内容で、内容ぎっしりな上に、いつも以上に早口。そして専門用語もたくさん出てきた講座だったと思います。憧れの助産師さんが福岡からきてくださいましたみなさんにもグループに分かれて実習を [続きを読む]
  • 吃音
  • おはようございます^^ 今日は、吃音のお話しを。 私は、ブレインジムや原始反射の統合テクニック。さらにBBA。 そして、メンタルリハーサル法も使って吃音の相談、サポ―トを実施しています。 でも、いまだに、完全に治ったっていう人はいません。 だから、いろんなテクニックを使って、吃音をなせました!って聞くたびに、落ち込みます。 ただ、社会では、思春期以降に発症した吃音と、幼児期からの吃音を混同して扱っている [続きを読む]
  • 口や舌、筋肉だけ見ていませんか?
  • 私の業界ですが昔は。 臨床家(現場で働く言語聴覚士)と教師(養成校で働く言語聴覚士)に分かれていました この臨床家の中でも、とにかく臨床、実践を積み重ねたい人と、研究発表などを大切にする人に分かれます。 そして、1999年から国家資格化されたことで養成校の教師も、職業となりました。 そして、最近の傾向は、 さらに、セミナー講師業というものも広がってきています・ そうそう、面白いのは、言語聴覚士の就職の場 [続きを読む]
  • 魔法を信じる?信じたい?
  • 昨日は、橋本市の児童ディサービスに出張でのお仕事でした。 そんなときに。昭和育ちの大人同士で話すこと。 最近、魔法を信じてる人が多いね〜ってこと。 それこそ、自己啓発関係や、いろんな本であっても、 一瞬で!その場で! セミナーでも、「今日から〜〇〇」 その場で、すぐに変化が出ないとだめみたい。 いろんなテレビやアニメで育ってるからこそなんだと思いますが。 魔法が現実にも起こると信じる方が多くなってるよ [続きを読む]
  • ダウン症のお子さんの離乳食指導
  • 今日は、ダウン症のお子さんのディサービスで、離乳食とことばの発達相談。仁徳天皇陵を一瞬拝み、大阪の南方面へ。舌だしでたべていたお子さんも、ちょっとの工夫で、舌を出さないで上手に、 食べれたり モグモグも、介助の工夫で上手になったり。ついでに、膝を使わないで立ち上がるお子さんには、ブレインジム、BBAなどをつかって、膝が使えるようにサポートもして。 最低、月に一回くらいの頻度で会えると細かくサポートで [続きを読む]
  • ”食べることに意識を向けてみる”
  • 3月31日に大久保のハートノートさんで開催したお口の講座のレポートを書いてくださいました^^ これから、ママ向けの講座を児童発達支援施設や子育て広場でも、開催していきますね 頭でわかったつもりでも、身体で体験しないとわからないことがたくさんあります。 体験型のお口の講座。これから、もっとわかりやすく工夫していきますので楽しみにお待ちくださいね。いつもありがとうございます。 ポチっと応援をお願いいたします [続きを読む]
  • ごっくん期が、とても大事だという話。
  • こんばんは。 ブレインジムインストラクターの都築昌子です。 昨年から、ダウン症のお子さんの児童ディで、言語相談をしています。そちらには、0歳から通所されていらっしゃるので、 離乳食の開始時期から、ST介入をさせていただけてます。 「願えば叶う」と言いますが、 本当に、ベビータッチケアスペシャリストの宮井文美さんとの出会いから、 今まで、点だった知識が、ぐんぐんとつながりはじめて、 「ダウン症の赤ちゃんのお [続きを読む]
  • ”実りあった、お口の中の発達研修会へ”
  • 土曜日のお口の発達講座のご感想をびよままさんがアップしてくださいました。 いつも以上に、早口で、情報過多の講座でしたがご参加ありがとうございました。 今週末、土曜日に愛知県東郷町でも開催しますのでご興味のある方は、はじまりの家、ホームページ、お問いあわせから、お申し込みください^^こちら。 [続きを読む]
  • 噛むのが疲れる方向け、ブレインジム
  • おはようございます。 今朝は、噛むのが苦手な方向け、ブレインジムエクササイズのご紹介。 シンキングキャップエナジーヨーンアウルネックロール 肩凝りもきついならアームアクティベーション タッチフォーヘルスから頸の筋肉の調整 腰痛になりやすい方はグラビティグライダーやグランダーがおすすめ。フットフレックス BBAの足裏のばし 書きながらこれは講座をしないとならないときづきましたが。 ブレインジムエクササイズの [続きを読む]
  • 口腔機能の発達と発音の問題〜側音化構音
  • おはようございます。いよいよ明日は、ハートノートさんで、お口の発達と発音の講座(大人編)を開催します。 今回は、「大人編」ですを協調しています。そこの理由は、いろいろと今まで書いてきました。 そして、今回の講座を開催することになったきっかけは、 ちまたで 「お口の発達と発音は関係がある〜」って話題が多いのですが、さて、言語聴覚士的には、どのような発音の問題と関係があるのか?って考えました。 いろいろ分 [続きを読む]
  • お子さんのお口の発達を育てるために 〜  名古屋開催4月7日
  • お子さんが丸呑みしているな〜ちゃんと噛ませないとって子育てをしているとたくさん悩みますね。 私も、最近は、ダウン症のお子さんの離乳食の開始時期から介入をさせていただくことになりました。 そうして、いろいろと、ママたちと一緒に考えていたら、また、新しい発見がたくさんありました。 どうして、ダウン症のお子さんは、舌が先に出てきてしまうようになるんだろう。 どうして、ダウン症のお子さんは、噛むのが苦手なん [続きを読む]
  • 発音の問題と赤ちゃん時代の離乳食の与え方
  • 皆さんが悩むようで悩んでない。 でも、本当はとても大切な順序があります。 お子さんの口の動きをしっかりみながら、離乳食は進めたいものですね。 この本、メニューだけでなく、お口の動きについても丁寧に書かれてます。ご参考までに。 0-3歳 歯と体の発達に合わせた 赤ちゃんと幼児のごはん1,080円Amazon そしてこちらの本は、味覚の発達のこととかを世界的な調査、研究をもとにまとめられた、とても面白いほんです。 赤ち [続きを読む]
  • 明日からタッチフォーヘルス レベル3です^^
  • おはようございます。怒涛のような3月 やっと、確定申告も終了し、明日からTFH レベル3の開催となります ここ最近、体調を崩されてる方が多くて、みなさんに、もっと「自己メンテナンスしてほしい」 そんな気持ちでいます。 ご興味を持たれたらぜひお問合せくださいね 随時、予定をアップさせていただきます。 さてさて、 TFHが終わったら、今月は、 ダウン症児の児童ディサービスの堺市の「はるか」さんでの摂食や離乳食、こと [続きを読む]