小川一成 さん プロフィール

  •  
小川一成さん: 小川 一成のブログ
ハンドル名小川一成 さん
ブログタイトル小川 一成のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/issei1064/
サイト紹介文「守谷がもっと好きになった。」と感じてもらえるよう、情報発信をしていきます。
自由文ホームページは、 
http://www.ogawa-issei.jp/  
です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2012/06/15 11:28

小川一成 さんのブログ記事

  • もも カフェ
  • 『もも café 』が北守谷公民館近くの閑静な場所にオープンしました。 ゆったりとした空間とアットホームな雰囲気が気持ちを和ませてくれます。 名前の由来は本人名の「ももか」から取り、今日が誕生日なのでオープンを今日にしたという事です。 私はご両親を良く存じ上げており、ボーイスカウト活動も一緒にしておりました。 オススメは「おまかせケーキセット」です。 [続きを読む]
  • かわいい署長さん
  • 取手警察署で「一日警察署長委嘱式」を行いました。 新1年生が管内4地区から選ばれて、交通安全を呼びかける取手地区交通安全協会恒例の行事です。 委嘱されたかわいい署長さん達は、この後パトカーで取手市、守谷市、利根町の組長さんに交通安全を呼びかけます。 [続きを読む]
  • 守谷みつばち夢プロジェクト
  • 小川 一成さんが守谷みつばち夢プロジェクトさんの投稿をシェアしました。20時間前 ? +4守谷みつばち夢プロジェクトさんが写真7件を追加しました。22時間前 ? 今日はミツバチ点検&お花見!ミツバチ巣箱の側にある陽光桜の下でお花見。気温が最も上がった時には、この陽光桜の花粉と蜜を集めにミツバチもたくさん集まっていました。ミツバチの羽音を聞きながらのお花見です。暖かくなってきてハチの数も増えてきました。 [続きを読む]
  • 国家国民のために
  • 菊地副知事が3月末をもって総務省に戻ります。 茨城県での3年9ヶ月を、県政発展のために全力で取り組んでいただきました。 私が議長の時は頻繁に議長室を訪れ、難しい案件に先手先手と手を打ち、その仕事ぶりと切れ味の良さが印象的でした。 本省に戻っても健康に留意され、国家国民のためにご活躍ください。 [続きを読む]
  • 筑波大のインターン生
  • 筑波大の櫻井さんがインターン生として小川事務所に来て2ヶ月、今日で日程が終了しました。 その間とても積極的に学び、体験をしました。 櫻井さんにとって人生の一時期、全く別な世界を見る事はきっと何かの役に立つのではないかと思います。 期待しています。 [続きを読む]
  • 確かな手応え
  • ラオスのルアンパバンから日本政府の招聘でソンスリランが来日し東京と名古屋で研修を受けています。 その合間を縫って守谷に訪ねてきました。 彼は10年前に守谷市国際交流協会20周年の時に我々が招聘したメンバーの一人です。 その時、小薬さん宅にホームステイしたのを恩義に感じ、その後も交流を続けていました。 今回も、小薬さん宅で歓迎を受け私の事務所にも来てくれました。 我々がルアンパバンに行くたびに、現地で歓迎し [続きを読む]
  • 確かな手応え
  • ラオスのルアンパバンから日本政府の招聘でソンスリランが来日し東京と名古屋で研修を受けています。 その合間を縫って守谷に訪ねてきました。 彼は10年前に守谷市国際交流協会20周年の時に我々が招聘したメンバーの一人です。 その時、小薬さん宅にホームステイしたのを恩義に感じ、その後も交流を続けていました。 今回も、小薬さん宅で歓迎を受け私の事務所にも来てくれました。 我々がルアンパバンに行くたびに、現地で歓迎し [続きを読む]
  • 帰国ボランティア
  • JICA筑波で「ボランティア家族連絡会」に協力隊を育てる会として参加いたしました。 任国に派遣されている留守家族の方々に現地の支援体制や帰国後の支援体制について丁寧な説明がありました。 帰国ボランティアの体験談は、モンゴルに派遣された辻隊員が−30°の体験を交えた楽しい時間を提供してくれました。 私のインターン生も初めて聞く世界に興味津々でした。 [続きを読む]
  • 市民のレベル
  • 利根川クリーン作戦に参加いたしました。 多くの市民の参加を得て利根川の河川敷3ヶ所で同時に実施致しました。 市民の意識の高さがその町のレベルの高さだと考えております。 住み良さランキング日本一は市民のレベルの高さを物語っています。 [続きを読む]
  • ラオスの人材育成
  • ルアンパバンでのミッションが全て完了し、これから帰国します。 7月にCCCの生徒15名を守谷市、つくば市、結城市に招聘する件についても人選が済みました。 20年の間に2回、述べ30人を招聘した一期生、二期生は期待どうりの活躍をしています。 今回もラオスの人材育成につながる事を期待します。 2/19 [続きを読む]
  • 日本に行きたい
  • ルアンパバンのCCC(子供文化センター)に行き7月18日から31日まで日本に招聘する生徒の最終選考をいたしました。 20人を超す生徒が日本語と日本について一生懸命に学んでいますが13人しか招聘できません。 先生は青年海外協力隊の佐藤隊員です。 授業への出席率と日本語の試験の結果を重視しています。 日本に来て披露する、伝統舞踊と伝統人形劇(エポック)の演目も決めました。 2/18 [続きを読む]
  • JICAビエンチャンの事務所訪問
  • ラオスのビエンチャンに来ています。 ここでの目的は二件です。 一つはJICAビエンチャンの事務所を訪ね、米山所長さんにお会いすることです。 要件は7月にCCCの生徒15名を招聘するにあたり、そこで活動している佐藤青年海外協力隊員の随行をお願いすることです。 茨城県青年海外協力隊を育てる会 会長として公文書をお持ちし、ご理解をいただけるようお願いしました。 二件目は日本大使館の清田書記官に会って、7月にルアンパバン [続きを読む]
  • 大井川知事のスピード感を評価する
  • 大井川新知事による組織改正と予算編成が行われています。 昨年の12月議会で知事に提言した「霞ヶ浦の環境保全対策」は知事の本気度が感じられる明快な方向性がでた。 私は委員長として「浄化に対する専門部署を知事直轄にし知事を筆頭に強力に取り組むべし」と提言しました。 それに対して知事は「霞ヶ浦浄化対策監」(次長級)を設置しました。 このスピード感を評価したい。 [続きを読む]