小川一成 さん プロフィール

  •  
小川一成さん: 小川 一成のブログ
ハンドル名小川一成 さん
ブログタイトル小川 一成のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/issei1064/
サイト紹介文「守谷がもっと好きになった。」と感じてもらえるよう、情報発信をしていきます。
自由文ホームページは、 
http://www.ogawa-issei.jp/  
です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2012/06/15 11:28

小川一成 さんのブログ記事

  • 青山ゼミ卒業を祝う会
  • 明治大学公共政策大学院ガバナンス研究家の13.5期生「青山ゼミ」の卒業を祝う会に参加しました。 私は6.5期の卒業生なのであれから7年も経ったのかと感慨ひとしおです。 現役の時は本当に授業が楽しかった。青山ゼミに巡り会えたのも幸運でした。 最後に締めの挨拶をさせていただきました。 9/17 [続きを読む]
  • 国家国民のために
  • 「上月りょうすけ躍進の集い」に参加しました。 この6年間本当に東奔西走、こんなに仕事をする議員はいません。 これからも国家国民のために働いて下さい。 今日のために神戸から駆けつけたお母さんと話をさせていただきました。 いくつになっても母親は子供が心配なんです。 上月先生、親孝行もしてくださいね。  9/9 [続きを読む]
  • 絵手紙コンクール
  • 「交通安全 絵てがみコンクール」の審査を取手警察署で行いました。 取手警察署管内の小学3年生が書いた絵てがみ、1621枚から選ばれた252枚が床一面に並べられました。 ここから最優秀を選び佳作までの30点を厳選致します。 いずれ劣らぬ力作に選定は難航いたしました。 9/6 [続きを読む]
  • アーカスプロジェクト
  • 「アーカスプロジェクト」のオープニングレセプションが行われました。 今年で25年目になるこの事業は世界中で高い評価を得ています。 今回は、世界中の芸術家665件の応募者の中から選ばれた、トルコ、アメリカ、オランダの芸術家3名が守谷市で約3ヶ月の創作活動にはいります。 その間、地元住民との交流やオープンスタジオの開設など、芸術家との交流の場が数多く設けられております。 [続きを読む]
  • ハネローレ副市長
  • ドイツの姉妹都市「マインブルグ市」から16名の高校生を引率してハネローレが来ています。 ハネローレは20年の間に8回も守谷市に来ています。 今回は彼女のお孫さん2人も参加し「さよならパーティ」は大いに盛り上がりました。 明日の午後ドイツに帰国いたします。 追伸ハネローレに無心したホップのリースは我が家の一等地に飾ってあります。 [続きを読む]
  • 茨城県総合計画
  • 「新しい茨城づくり調査特別委員会」がひらかれました。 この特別委員会は県が策定中の県政運営の指針となる「茨城県総合計画」に議会として提言すべく議論を尽くしてきました。 今回は若者の意見を聞くために、筑波大学生三人から参考人として意見聴取をいたしました。 三人共、茨城県の現状と課題について的確な意見を述べていました。 [続きを読む]
  • ホップのリース
  • ドイツの姉妹都市、マインブルグ市から16名の高校生を引率してHanneloreさんが来市しています。 この時期、マインブルグ市ではビールの原料となるホップの収穫の最盛期です。 この地域は世界一良質なホップを生産する地域です。 ハネローレが私へのお土産に採れたてのホップで作ったリースを届けてくれました。 [続きを読む]
  • 灼熱の雪合戦
  • 「第五回守谷灼熱の雪合戦」がTX守谷駅西口広場で行われました。 守谷市商工会青年部が真夏に雪合戦をやろうと、とんでもないことを始めたのが5年前。 今ではすっかり定着し、真夏の守谷の風物詩になっています。 [続きを読む]
  • 山口武平先生ありがとうございました
  • 故山口武平先生の「お別れの会」が坂東市主催の市葬としてしめやかに営まれました。 私が水海道一高に入学した昭和38年に、山口会長は県議3期目で同窓会の会長でした。 時いたって私が水海道一高のPTA会長の時にも大変お世話になりました。 その後、私が平成6年の県議会議員選挙に初当選した時には、実に県議11期目で県政の重鎮でした。 先生は、そんな素振りは少しも見せず、与野党を問わず多くの方から慕われていました。 私も [続きを読む]
  • 内示会
  • 8月31日から始まる第3回定例会の「内示会」があり知事から説明を受けました。 主な事業は「県有施設におけるブロック塀の安全対策」や「県立高校へのエアコン設置」など134億円余の補正予算です。 [続きを読む]
  • 全ての県立高校にエアコン整備
  • 大井川知事から9月補正予算案133億円の説明をうけました。 新規事業の主なものは「県立高校へのエアコン設置」10億8200万円です。 県立高校96校のうちエアコンが未設置の25校の普通教室全てにエアコンが設置されます。 「県有施設におけるブロック塀の安全対策」としては16億2000万円が計上されました。 知事の素早い対応を評価したいと思います。 [続きを読む]
  • ラオス大使に洪水義援金を届ける
  • 「ラオス洪水災害募金」をラオス大使館を訪問してヴィロード駐日特命全権大使に届けました。 この義援金は過日「ラオス day in 守谷」を行った時に急遽集めたものです。 わずか2時間で105000円程の浄財が集まりました。 区切りの良い金額にしてお届け致しました。 [続きを読む]
  • スイカの差し入れ
  • 夕方事務所から電話があり、行ってみると国際交流協会の徐さんと林さんが、大きなスイカを持って来ていました。 野菜を作るのが趣味で去年も協会のバーベキューに、大きな台湾のスイカを持って来てくれました。 今日は私がスイカ大好きなのを知って届けてくれたのです。 [続きを読む]
  • 佐々木先生 ありがとうございます
  • 佐々木先生 今日は本当にありがとうございました。 こんな形でお会いするとは夢にも思っていませんでした。 茨城県議会で参考人として意見陳述させていただきました。茨城県は小学3年生から大学卒業までを過ごした僕の地元。初めての特急ひたちで水戸に向かいました。10人の県議で構成される保健福祉医療委員会は「安心できる地域医療の充実」をテーマに、地域医療連携の推進、在宅色湯の充実、医療人材の確保対策などに取り組ま [続きを読む]
  • 議会で参考人意見聴取
  • 茨城県議会 保健福祉医療委員会で参考人意見聴取をおこないました。 参考人は医療法人社団悠翔会 理事長 佐々木 淳氏です。 佐々木先生には「在宅医療の充実について」のテーマのもと、これからの日本の医療の在り方について示唆に富んだお話をいただきました。 まさに目からウロコです。 佐々木先生は守谷市出身で28年前に「青少年海外派遣事業」の守谷市代表としてアメリカに派遣された第1期生です。 当時団長として引率した私 [続きを読む]
  • ほろ苦い青春の想いで
  • 別れはいつも辛いものです。 ホームステイに入り家族の一員として過ごした短い時間を、彼らは生涯忘れないだろう。 今日の涙の味とともにほろ苦い青春の思い出として、今年の夏はしっかりと刻み込まれたことだろう。 明日の朝早くラオスに向け帰国の途につきます。 [続きを読む]