ぴーちゃん さん プロフィール

  •  
ぴーちゃんさん: ぴーRoom〜映画・宇宙・おもしろテレビ〜
ハンドル名ぴーちゃん さん
ブログタイトルぴーRoom〜映画・宇宙・おもしろテレビ〜
ブログURLhttp://blog.waka-e.com/
サイト紹介文映画・テレビ番組・宇宙の話題を中心に、日々の生活を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/06/16 11:23

ぴーちゃん さんのブログ記事

  • 映画『スリー・ビルボード』
  • 各映画祭で高い評価を得た作品『スリー・ビルボード』の鑑賞です。暑さと相まって重い空気が漂ってきそうですが、どんな展開となるのでしょうか。 <あらすじ> 米ミズーリ州の片田舎の町で、何者かに娘を殺された主婦のミルドレッドが、犯人を逮捕できない警察に業を煮やし、解決しない事件への抗議のために町はずれに巨大な3枚の広告看板を設置する。それを快く思わない警察や住民とミルドレッドの間には埋まらない溝が生まれ [続きを読む]
  • 映画『人生はシネマティック!』
  • 第二次世界大戦下のロンドンで映画製作に奔走する女性脚本家を描いたイギリス映画『人生はシネマティック!』を鑑賞しました。 タイトルに期待です。 <あらすじ> 1940年、第二次世界大戦下のロンドン。コピーライターの秘書として働いていたカトリン(ジェマ・アータートン)は、人手不足のため代わりにコピーを書いたところ、情報省映画局特別顧問のバックリーの目に留まる。そして、フランス・ダンケルクでドイツ軍の包囲網 [続きを読む]
  • 映画『ユージュアル・ネイバー』
  • DVDのジャケットがミステリアスな感じだったので借りてみました。映画『ユージュアル・ネイバー』の鑑賞です。 <あらすじ> 両親を亡くし、祖父母の家に引き取られた少女メリアン。転校先の学校に馴染めず孤独な日々を送っていた彼女は、近所の家に住む車椅子の少年アンディと親しくなる。しかし医者であるアンディの母キャサリンは、なぜかメリアンの存在を快く思っていない様子。やがてメリアンは、彼らに関する驚きの事実に [続きを読む]
  • 映画『7WISH セブン・ウィッシュ』
  • 「死霊館」シリーズの関係者でお贈りする映画『7WISH セブン・ウィッシュ』の鑑賞です。 不思議なオルゴールがもたらす悲劇とは.... <あらすじ> 母親の自殺がトラウマになっているクレアは、同じクラスの人気者ダーシーにいじめられる日々を送っていた。そんなある日、クレアの父親が「7つの願い」と書かれた古いオルゴールを見つけてくる。ダーシーがSNSにクレアやクレアの父親の悪口を投稿していることを知った彼女は、怒り [続きを読む]
  • 映画『アナベル 死霊人形の誕生』
  • ホラー作品の死霊館シリーズ『アナベル 死霊人形の誕生』の鑑賞です。 ジェームズ・ワン製作のホラーはいくつか見ましたが、今回はどのような出来でしょうか。 <あらすじ> 12年前に幼い娘を亡くした人形師とその妻が暮らす館に、閉鎖された孤児院から6人の少女とシスターがやって来る。新生活に期待を膨らませる少女たちだったが、館内には不気味な雰囲気が漂っており、不可解な現象が次々と彼女たちを襲いはじめる。脚の不自 [続きを読む]
  • 映画『シークレット・デイ』
  • ローラ・リップマンのベストセラー小説「あの日、少女たちは赤ん坊を殺した」を映画化した『シークレット・デイ』の鑑賞です。 小説がベストセラーでも期待はずれは結構ありますが、この作品はいかがでしょうか..... <あらすじ> 少女ロニーとアリスは乳母車に置き去りにされた赤ん坊を保護しようとするが、その後赤ん坊は遺体となって発見され、彼女たちは少年院に送られる。 7年後、二人が出所した後に再び幼児が何者かに連れ [続きを読む]
  • 映画『ゲット・アウト』
  • アメリカでスマッシュヒットを記録し、第90回アカデミー賞では脚本賞を受賞した作品『ゲット・アウト』の鑑賞です。 <あらすじ> ニューヨークに暮らす黒人青年のカメラマン、クリス・ワシントン。白人の恋人ローズ・アーミテージから実家に招待されるが、彼女の両親は娘の恋人が黒人であることをまだ知らず不安を隠せない。しかし、いざアーミテージ家に着いてみると、まったく心配ないというローズの言葉通り、家族みんなク [続きを読む]
  • 映画『ジェーン・ドウの解剖』
  • DVDのジャケットとタイトルに惹かれて観てみました『ジェーン・ドウの解剖』の鑑賞です。ジェーン・ドウとは身元不明の女性のことだそうです。 どんな恐怖が待ち受けているのでしょうか..... <あらすじ> とある一家が無残にも殺害された家の地下で身元不明の女性の変死体が見つかり、検死することになったトミー(ブライアン・コックス)と息子オースティン(エミール・ハーシュ)。 死因を調べるため解剖を進めるにつれ、驚く [続きを読む]
  • 映画『ブラック・バタフライ』
  • 今回は二本立ての鑑賞です。 中年おじさん真っ盛りのアントニオ・バンデラス主演のサスペンス・スリラー、映画『ブラック・バタフライ』と、もう一本はカナダ製のサスペンス映画『サイレント・パートナー』(1978年製作 カナダ映画)です。(「サイレント・パートナー」は微妙なので、おおちゃくして、感想は1本だけです。) <あらすじ> 愛する妻が4年前に自分のもとを去って以来、すっかりスランプに陥っていた作家のポール [続きを読む]
  • 映画『トラッシュ!この街が輝く日まで』
  • ブラジルを舞台にしたサスペンス・ヒューマン映画『トラッシュ!この街が輝く日まで』の鑑賞です。 <あらすじ> ブラジルのリオデジャネイロ郊外。親からも世間からも見放された3人の少年たちがゴミ山でめぼしいものを見つけようとしていたところ、一つの財布を拾う。 その財布には世界を揺るがすような秘密が隠されており、警察は総力をあげ財布を捜索。少年たちは自分たちの信じる正しい道のために、警察の執拗な追跡をくぐり [続きを読む]
  • 映画『パッセンジャー』
  • 「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のモルテン・ティルドゥム監督作品、映画『パッセンジャー』を観てみました。どんな展開が待ち受けているのでしょうか。 <あらすじ> 近未来、5,000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、人々の移住地に向かうべく地球を出発。到着までの120年、冬眠装置で眠る乗客のうちエンジニアのジム(クリス・プラット)と作家のオーロラ(ジェニファー・ローレンス)だけが、予定 [続きを読む]
  • イギリス映画『切り裂き魔ゴーレム』
  • 19世紀のロンドンで起こった猟奇殺人事件を描いたイギリス映画『切り裂き魔ゴーレム』の鑑賞です。上質なミステリーに仕上がっているでしょうか。 <あらすじ> ロンドンで連続殺人事件が発生し、容疑者として4人の名前が挙がった。その中には日記に殺人の美学をつづっていた脚本家クリーもいたが、彼は既に別の事件で死亡しており、女優である妻がクリーを毒殺したとして逮捕されていた。 連続殺人事件を追う刑事キルデアは、 [続きを読む]
  • 映画『ラスト・ブレス』
  • B級映画の雰囲気が漂う映画『ラスト・ブレス』の鑑賞です。ラスト・ブレスとはどのような意味を持っているのでしょうか.... <あらすじ> 古代ローマ時代から言い伝えられてきた禁断の妙薬の秘密を描く。余命6ヵ月の不治の病に冒されていたスーザンは、自身が経営するアンティークショップにあった古い箱から見つけた薬により病気が完治する。だがそれ以来、幻覚を見るようになり....  2011年製作 アメリカ映画  監督  [続きを読む]
  • 映画『バック・イン・クライム 時空を超えた事件』
  • フランス発のサスペンス映画『バック・イン・クライム』を観ました。フランスのサスペンス映画、こけずに頑張ってるかな。 <あらすじ> ある朝、海辺に鼓膜を破られた変死体が上がる。現場に向かったケンプ警部の脳裏に浮かんだのは、20年前の連続猟奇殺人事件だった。 事件の捜査で、死体の発見者エレーヌと会った帰り道、ケンプ警部は何者かに橋から海へ突き落とされてしまう。そして20年前にタイムスリップしてしまったこ [続きを読む]
  • 映画『ドリーム』
  • 人種差別が横行していた米国で、1962年の初めての有人宇宙飛行計画を影で支えた、NASAの3人の黒人系女性スタッフ、キャサリン・ジョンソン、ドロシー・ボーン、メアリー・ジャクソンの功績を描いた作品、映画『ドリーム』を期待を込めての鑑賞です。 <あらすじ> ソ連とアメリカの宇宙開発競争が繰り広げられていた61年、米バージニア州ハンプトンにあるNASAのラングレー研究所に、ロケットの打ち上げに必要不可欠な計算を行う [続きを読む]
  • 映画『セブン・シスターズ』
  • 映画「ミレニアム」シリーズのノオミ・ラパスが7つ子の姉妹を1人7役で演じた作品『セブン・シスターズ』を鑑賞しました。 <あらすじ> 2073年、繰り返される戦争や難民問題で主要国は滅び、「ヨーロッパ連邦」が新たな超大国として君臨していた。人口過多と食糧不足から政府は厳格な一人っ子政策を発令し、2人目以降の子どもは親元から引きはがされ冷凍保存されてしまう。 そんな世界で偶然生まれた7つ子は、週に1日ずつ外出 [続きを読む]
  • 映画『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』
  • 黒人メイドと白人女性との友情を描いたキャスリン・ストケットのベストセラー小説を映画化した『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』の鑑賞です。 <あらすじ> アメリカ・ミシシッピ州。1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は“ヘルプ”と呼ばれていた。 作家志望のスキーター(エマ・ストーン)はメイドの置かれた立場に疑問を抱き、彼女たちにインタビューをすることに。仕事を失うことを恐れて、皆が [続きを読む]
  • 映画『ラスト・ホリデイ』
  • 心温まるドラマが見たくなったこともあり、今回はヒューマンコメディ映画『ラスト・ホリデイ』を鑑賞しました。 <あらすじ> ニューオリンズのデパートで調理器具の販売員として働くジョージア。内気な彼女は、恋焦がれる同僚のショーンへその想いを伝えることも出来ず、控えめな日常を送っていた。 そんなある日、ひょんなことから受けた診断で、何と余命3週間と宣告されてしまう。はじめはショックで途方に暮れるも残りの人 [続きを読む]
  • イギリス映画『ギャザリング』
  • だいぶ怠けてしまいました。 久々の投稿です。 キリスト教を題材にしたサスペンス・ホラー映画『ギャザリング』を鑑賞です。 ギャザリング(集う者)とは一体どのような人達なのでしょうか。 <あらすじ> イギリス郊外の村、グラストンベリー。アメリカ人の旅行者キャシーは、この界隈を訪れた際、車に轢かれてしまう。運転していた女性マリオンは責任を感じ、軽い記憶喪失と診断されたキャシーを自分の家で安静させることに。 [続きを読む]
  • テレビ番組『要博士の異常な映画愛』
  • テレビ東京で月曜の深夜に放映している番組『要博士の異常な映画愛〜勝手にセリフ変えてみました〜』が結構面白いです。 要潤が支配人を務め、『異常な映画委員会』のメンバーである、お笑い芸人、放送作家など、様々なジャンルの人たちが名画のいちシーンにオリジナルのセリフとは違ったシュールなセリフをはめ込み、笑わせたり、うならせたり、楽しませてくれます。 この番組、新聞のテレビ欄で偶然見つけた掘り出し物です。 か [続きを読む]
  • 映画『機械じかけの小児病棟』
  • イギリスの小児病院が舞台のスペイン製ホラー映画『機械じかけの小児病棟』の鑑賞です。 監督は「REC/レック」シリーズでヒットを飛ばしたスペイン出身のジャウマ・バラゲロでお送り致します。 <あらすじ> エイミー(キャリスタ・フロックハート)は、イギリスのワイト島にある閉院間近の小児病院に夜勤看護師として雇われる。同僚のヘレン(エレナ・アラヤ)と交代し、彼女は勤務についたが、初日の夜に大きな物音を聞く。患 [続きを読む]