雨好き さん プロフィール

  •  
雨好きさん: まさか日本でカルチャーショックを!
ハンドル名雨好き さん
ブログタイトルまさか日本でカルチャーショックを!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/amezuk-mk
サイト紹介文旧タイトル:まさか私が日本語教師に!(NO.3) 中国広東省で生活経験有り 元技術者 元日本語教師
自由文中華圏、中国語、韓国語、その他外国語、日本語教育、その他教育、中国での生活、日本での生活、積極的思考、健康などなど自由に記しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2012/06/17 02:24

雨好き さんのブログ記事

  • 経験も段階を経ていることが良くわかる
  • 人生というものはある意味計算されているのかもしれない。日本語教師を含むいくつかの仕事の経験。教師時代はあまり嫌だと思ったことはない。あるとすれば、急きょ崩壊寸前のクラスや他の教師に洗脳されているクラスを受け持ったときぐらいであろうか。いや急に予定が変わっても、当日の朝まで何も知らされなかったり、異変を感じて質問してやっと情報を得られたという経験もそうとう腹立たしい。まあ、それはともかくとして・・・ [続きを読む]
  • ストレス発散方法を考えて外国へ
  • 人間である以上、感情を完全にコントロールすることはできないと思う。どんなに人当たりが良い方でも時には苛立っていることを感じることがない訳では無い。教師の仕事。自分の身や大切な方(家族や恋人、友人)に何かあるときでも平静に授業しなければならない。そんなことには触れずに授業する。もちろん体調不良は隠せない。顔色の悪さや腰痛などは…。それでも精神的な動揺は表さないように心がけている。しかし学習者も良く教師 [続きを読む]
  • 海外での日本語教育の一例
  • 教師たる者何かを参考にしたければ、それを疑ってかかることが大切だと思っている。ネットの世界で自己研修している方も多いとは思うのだが、条件が違えばまったく同じテクニックでは通じない。それに疑ってかからないと、間違った解釈をしてしまうことも多い。そんな教師もけっこういるもの・・・。さて今晩帰りの電車の中で教師時代のある学校のことを思い出した。教科書を使って教えているとする。その場合、「教科書に載ってい [続きを読む]
  • 50代悩めるお年頃・・・???
  • 前回の記事で記した学生。今年も元学生の美女と日本で会うのです!この週末に再開した。お話はいつまでも尽きなかったが、早めに切りあげた。昨日の経路で新幹線のぞみ号を使うことはないのだが、それでも遅くひかりやこだまに乗ったのならば、昨晩の東海道新幹線のぞみ号で発生した事件により、帰宅がさらに遅くなったであろう。新幹線という密室内の事件。「せめて中国のようにX線装置に荷物を通してもらうなどの措置がとれない [続きを読む]
  • 今年も元学生の美女と日本で会うのです!
  • 私はけっこう落ち込みやすい人間。さらにはけっこうストレスが溜まるタイプ。実は今もけっこう落ち込んでいる。(それに気づかない方のほうが多い。)だが今月は楽しみもある。そのクラスを受け持ったのは中国に赴任して1か月後のことであり、そこで初めて教えたクラスではない。だがそのクラスがなければ、以後9年弱も中国で教えられるぐらいの力を持つことなどできなかったであろう。高校生ぐらいの年齢の2つのクラス。そこか [続きを読む]
  • いつも支えてくださる友人たち
  • 今年に入ってから、いや昨年末から今年2018年は「変化の入り口の年」だと感じることが多い。ただしすべてが順調かとえいば、やはりそうではない。かなり落ち込むこともある。しかしそんなとき必ず助けてくれるのが、友人。それも絶妙のタイミングで。そんなことがこの十数年・・・。日本語教育関係者であることがまたすごい縁だと思う・・・。 [続きを読む]
  • 夕陽に誓う私「やっぱり中国だけは捨てられない!」
  • 本日6月1日は数か月前から休みを取るつもりでいた。ただそれを職場に申請した後になってその予定が変わってしまった。その予定がいつになるかわからないし、その日に休める保証もないので、ちゃっかりと病院行きの予定に切り替えてあった。月に一度の両親の定期通院はともかく、同じく概ね月に一度は通うようにしている自分の内科行きは(検査をしなければ)それほど時間がかからない。つまりそれは土曜日の午前でも可能。極端な [続きを読む]
  • 思考中の落書き・・・
  • 自分の大切なもの。それをすべて維持できるかといえば、そうでもない。時には何かを捨てなければ他のものを維持できない場合もある。捨てなければ新しい大切なものを手に入れられないことも多い。人間は常に取捨選択をしている。子どもの頃の夢や欲しいものはたくさんあったはず。だがすべてのものは同時に手に入らないことを覚えてゆく。今の私がもし何かを捨てなければいけないとする。その場合何を捨てるべきか。一時的にせよ、 [続きを読む]
  • ももクロの歌にはときどき泣かされる
  • 永遠に続くものはない。愛と希望と信仰以外には・・・。2017年1月〜3月に日本帰国後二度目の就職活動をした。(途中職種変更したが、同じ会社にいたので二度目としておく。)その就職活動の最初とラストから二度目に日本語教師に応募している。ある学校に採用されながら、断ったのは(就職活動直前の職種よりも)生活できるだけの給与ではなかったので。いや最初からわかっていた。ただ一番好きな仕事、一番私が輝くと思っている [続きを読む]
  • 日本での出勤途中に見る光景と中国での最後のビザ更新完了翌日
  • 帰国後は出国前よりも仕事をする場所が遠くなった。それに伴い出没範囲が広がった。今までは無縁であった地域との縁が生まれた。昨年4月から通っている都市。その出勤途中にある樹。昨年秋に剪定されてしまい、葉が少なくなった。そして寒さが増し、葉が無くなった。今年の3月末頃に葉が出始めた。しかし当然以前ほどではなかった。ところが土曜出勤の昨日、昨年の今頃のように葉が茂っていることに気がついた。出勤途中の朝にそ [続きを読む]
  • 断捨離と帰国前の大量処分は似ているのかも
  • 昨日の帰りの電車の中。うとうとしながらYahooを眺めていた。断舎利断捨離についてであった。一日ひとつ捨ててゆく。これで思い出した。約4年前に日本に戻って来た私。9年近くも住んでいれば、モノは増える。引っ越しのたびにあれこれ処分していたのだが、最後は4年間同じ部屋に住んでいたし。それでも何か思うところがあったのか、3月に4か月後の完全帰国を決める3か月も前の12月下旬の年末大掃除のときに、けっこう思い切 [続きを読む]
  • あい はぶ あ どりーむ ざっと・・・
  • 最近は起床の5時半よりも前にトイレ以外で目が覚めることが多くなった。それは夜明けが早くなったため。5時前、つまり4時台に明るくなり始める・・・。しかし本日日曜日は6時過ぎにトイレで起きたあと、7時半にiPhoneのアラームが鳴るまでぐっすりであった。6時半前でもいつもの5時前よりも暗く感じた。そんな雨の日曜日。(母の日)昨日は土曜出勤であったため、今朝3時まで個人的な勉強や音楽を聴いて起きていた。ゴール [続きを読む]
  • 国破れたときに頼れる人材もいないという未来がやって来るかも
  • 日本という国は日本人の人材に適正な給与を払わないのかもしれない。海外で活躍する日本人スポーツ選手。もちろん日本よりもその競技が盛んで技術が高いところでチャレンジしてみたいという欲求のほうが高いであろう。だがその年棒は日本にいるときよりも破格であったりする。これは海外での日本語教師も同じこと。もちろんその給与で日本に貯金を残すことは難しい場合も多いのだが、日本よりも平均収入が低い国々で高い給与をもら [続きを読む]
  • マイナス要素をプラス要素で補う
  • 一応日本語教師経験者であるので記したい。教師をしていても、違うことをしていても、常に人は観察している。「Aということはとても苦手であったとしても、Bについては人より数倍も優れている」それが我々人間なのである。できないからといって、ゴミ箱に捨てる前にまずはその方の長所を探すべき。その長所をもってしても、負の面がカバーできないのならば仕方がないけれども。 [続きを読む]
  • 教師が現場で数分考え込むことなどできはしない
  • 初めてのクラスに入った後はがたっと疲れた記憶ばかり。ただ1日に教えるクラスはそこだけではない・・・。さて大型連休明けの本日。(今私が就いている仕事は教師ではない。)私はかなりのお疲れモード。この仕事量は半端ではない・・・。それでもこなしてゆけるのは同時に複数の作業に手をつけられるからであると思う。もっとも文字通りまったく同じ時間帯にそれを行うことは無理である。ただ臨機応変に急に入り込んで来た仕事や [続きを読む]
  • 夢を叶えるにはある種の精算も必要
  • (例によって超常現象を信じない方は読まない方が良いかと思います。)GW最終日午前は親族のイベント(?)があった。数時間で終わったのが意外であったが、私はこれ幸いとお出かけした。まずは神様へ謝りに。この場合の神様は神社の神様。(日本神道の神でも一神教の最高神から、簡単にいえば天使級の方々、いわゆる我々の祖先で格が高い方などいろいろであると自分勝手に思っている。)昨日の午前は熱田神宮にいたのだが、ただ [続きを読む]
  • 「FM電波が跳ね返るとき」と「波長が合う授業」
  • 某所で記したので、どうしようか悩んだのだが、イントロとして使っておく・・・。気づいた方も多いと思う。本日この現象が現れ、遠方のFMラジオ局が入感した。スポラディックE層ちょうど名古屋のある局を信号の弱い地域で聴いていたときに、国内の遠方の局が混信したので気がついた。気がついたといっても、私もBCLや無線などから遠ざかっているため、多少時間がかかったのだが。カーナビに登録してある局のうち、エリアを外れてお [続きを読む]
  • 酒は飲み方次第で幸せにも不幸にもなる
  • 私は世間的一般的常識にはうるさい。ただそれよりも念頭に置いていることがある。それは私のその行動で仲間や同僚、関係者のご家族が路頭に迷わないようにするということ。企業などの場合、その会社と取引がある会社を考えればわかる。その取引先はさらに他との取引がある。ある日急に仕事がなくなったとしたら、働く方々だけでなくそのご家族も被害を受けることになる。自分の起こしたことで多くの方々の生活を壊すことは避けなけ [続きを読む]
  • 大切な2日間【その2】(少しだけ補足を)
  • 昨日記さなかった関西行きの中で記せることだけ抜き出そうと思う。当然部分的に重なっているところがあるのだが。今回の京都で一番行きたかったのは八坂神社。今から約四半世紀前のあるサスペンスドラマでのエンディングの映像の記憶による。そして最近になり、ある種の縁を感じたためでもあった。京都(や奈良)は美しい。だが日本を想うだけでなく、外国の文化も見え隠れしている。それが日本帰国後に京都にはまった理由のひとつ [続きを読む]
  • 大切な2日間(細かい内容を記せないけど)
  • このGWの連休。今日本に来ている私の元学生と会うチャンスであった。だがこの5月は諦めた。ただ急に私がフリーとなった4/30と5/1。バスの座席予約が空いていたのですぐにそれをネットで購入し、京都へ向かった。日本帰国後はそれまで以上に京都、奈良へ行くことが増えた。大好きな神戸よりも。それは古の日本を感じるだけでなく、中国を思い出し、さらには多くの外国からの方々と接することができるので。自然と耳に入ってくる外 [続きを読む]
  • どこでも入手可能なものは有り難い
  • 中国に行く前まではあまり聴かなかったNHKラジオ第一。(同じくあまり見なかったNHK総合テレビ。)ラジオ第二は頻繁に聴いていた(NHK教育テレビやNHK衛星テレビなどの語学や国際関係のものは良く見ていたのだ)が。それが帰国後は以前より聴いたり(見たり)するようになった。(けっこう意外な方々が登場している。)理由は以前の仕事よりは行動範囲が広がったことにより、日本各地で仕事をする方々と一緒に働く機会が増えたこと [続きを読む]
  • 適正価格(給料や待遇)
  • 時々思う。中学生の頃、いや小学6年生の頃、違う高校への進学を考えて、それなりに勉強したのならば、人生が変わっていたのかもしれない、と。それでも高等教育機関で勉強したい欲求が社会人になってもあったことにより、私の人生は変わったのである。そこから話が二転三転し、中国で日本語を教えることになったこと。それはある意味神の示した道であったのかもしれない。つまり自分に与えらえた道を歩むための下地が子供の頃の生 [続きを読む]
  • 適正価格(サービスと食)
  • 3月31日(土)にかかりつけの内科にてとある検査をしてあった。その結果は昨日4月21日(土)に訊くことになり、無理にスケジュールを調整している。これについては長くなるので記さないことにする。ただ検査結果は前回2017年9月よりも格段に良い数値となっており、精密検査を免れることができた。「半年あればなんとかできるかもしれない」という私の判断は正しかった。人間追い込まれれば何とかしてしまうものであるので。とは言っ [続きを読む]
  • 電車の本数が増えるのは良いが、危険も増えるのでは?
  • リニアが開通すると、東海道新幹線ののぞみ号が減り、ひかり号とこだま号が増えると言われている。では東海道本線はどうなの・・・と記してみた。普段は約15分ごとに新快速や区間快速、特別快速がやってくるのだが、今年3月のダイヤ改正後の19時台はそれが約10分ごとになった。いつもより残業してその時間帯に乗ることもある私にとっては助かる。しかし逆に怖くもある。例えば私が帰りに乗る駅の場合、線路は上りと下りでそれぞれ [続きを読む]
  • そーいえばこの方は外国人であったっけ・・・
  • 普段は忘れている。その方が外国からやって来た外国籍であることを。普段はまったく我々と変わらない日本語を話している。確かに顔は濃いものの、それぐらいの方は日本国籍の方にも多い。それはごくたまに現れる。ずっと日本に住んでいる日本語母語話者であれば、まず使わないような表現。例えばカタカナ語の単語ひとつでも通じるのに、まわりくどい表現をするとか。その方の母語が「日本語であるのか」「某西洋言語であるのか」ま [続きを読む]