雨好き さん プロフィール

  •  
雨好きさん: まさか日本でカルチャーショックを!
ハンドル名雨好き さん
ブログタイトルまさか日本でカルチャーショックを!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/amezuk-mk
サイト紹介文旧タイトル:まさか私が日本語教師に!(NO.3) 中国広東省で生活経験有り 元技術者 元日本語教師
自由文中華圏、中国語、韓国語、その他外国語、日本語教育、その他教育、中国での生活、日本での生活、積極的思考、健康などなど自由に記しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2012/06/17 02:24

雨好き さんのブログ記事

  • 久しぶりに聴くジェームス天願氏の中国語
  • ずっとこの方の中国語を聴きたかった。もちろんずっと日本語でも英語でも聴いていなかった。NHK華語視界。昨年の発表のとき、久しぶりに声を聴いたジェームス天願氏。今は存在しない名古屋のRADIO-iというFM局。大好きであった。その中でもジェームス天願氏の“Music metropolis”を日曜日のマイカーの中で聴くのが好きであった。先ほどWikiで調べたら、2000年から2007年まで放送されていたという。そのうち私は2005年晩秋に中国 [続きを読む]
  • 電話ボックスではなく、車の中で変身する私
  • 普段仕事にはドレスシャツを着て行く。だが、私の通勤スタイルはノーネクタイであるし、寒いこともあり上着もそれらしいものではない。そこで本日の朝、月に一度の内科行きの後、証明写真を撮ることにした。病院の近くのドラッグストアにも証明写真のマシンはある。だが、そこは駐車場の近くではなく、道路側に設置してある。おまけに店舗の入り口からも離れていた。まだ開店前であるし、いくら駐車場への入口が開いていたとしても [続きを読む]
  • 常に100%で物事を処理することは不可能
  • 同じ職種の同僚が休むとき、その同僚が毎日行っている仕事の一部を行うことになる。以前私ひとりですべてを行っていたときは、それらを行っていたのであるが。ところが人間というものは楽なほうに転がるもの。もちろん普段の私が遊んでいるわけではなく、忙しい。だが以前ほどの目が回るほどの状態ではなく、缶コーヒーを味わって飲むぐらいの余裕はある。そうなると、自分の仕事もけっこう楽に進めることができる。以前はのんびり [続きを読む]
  • 試験合格と実際の能力とどちらが大切か
  • 今年も何かしらの試験を受けるつもりでいる。そのうちひとつは既に申し込んである。言語とは関係ないが、外国人関係であったりする。実際1年に受ける試験は3つまでにしたほうが良いと思っている。もちろんこれは自分の経験上のものであり、人によって違う。(できればひとつ、ふたつまでのほうがもっと良いのだが。)それではあと2つを何にしたらよいのか。中検2級を受けるべきか、HSK6級にすべきか。現在HSK5級までは手に入 [続きを読む]
  • 回頭,回頭,回頭...回頭是岸!
  • 変革期なのであろうか。12月下旬になってから、例のことだけでなく、続けて幾つかの心の痛みが発生している。まあそれはそれで変革期の症状だと感じるので「ま、いいや」とも思える。気分転換というわけでもないのだが、以前から気になってはいたが放っておいたことやまったく新しいことにも目を向け始めている。気になることやまったく新しいことをどのように発見するか。これをとても簡単に記せば、「突然耳に入って来たり、偶然 [続きを読む]
  • 2019年 いきなり取捨選択から始まる物語
  • 正月の2泊3日の一人旅の途中。一人旅は実家の用事と自分が空く日、友人の都合というタイミングが合わないためでもある。とはいえ、一人ならば好きなように身動きが取れるので、計画通りにも、思いつき通りにもなるのが素敵。いや、無理にそう思うようにしている。当たり前だが、一人ぼっちはつまらないし、成長しない。さて細かくは記せないのだが、今回の一人旅の前半は海外に目を置いたときに現れる日本の大きな出来事に照準をお [続きを読む]
  • 2018年最後のブログ記事として
  • 明日で2018年が終わる。あっという間に過ぎた1年であったのだが、2、3年以上過ぎたような感覚である。私の人生けっこうあれこれ発生する。だが、何かに守られているようであり、無事に生きながらえている。そういう点では文句など何もない。常に感謝して生きている。ただ、今年は実に様々なことがあった。(最近記した某試験の結果などたいしたことではないぐらい。)しかし、話をぶり返すと「私はけっこうラッキーボーイ」であ [続きを読む]
  • 無駄なことは何一つない
  • 私がやってきたことはどれ一つ無駄ではないのだと感じた寒い夜のウォーキング。合格しない試験を何度も受けたことも無駄ではなかったのだと思える日が来るのであろう。中国で日本語教師をしていた頃、(ある一校を除き)12月はそれほど忙しくなかった。日本に帰国して4年が過ぎているのだが、一昨年と昨年と今年の師走はとても忙しかった。(一昨々年は11月が一番忙しかった。)やはり人生はうまくバランスが取れているものだと思う [続きを読む]
  • 何が幸せなのかしらね・・・
  • 3年前に現場(外)を離れることを決意したのは体のある部分の問題が出たので。その3年前の12月、私は新しい財布を買った。そしてオフィス仕事を得た私ではあったのだが、金銭上そこから離れることを決意した。そんな2年前は、長財布、それも嵩張るものを買った。さらにカバンを買い替えた。それは財布をカバンに入れるという行為で、金銭面という問題があったとしても、二度と現場には戻らないという意思というかおまじないとい [続きを読む]
  • 月明かり と ウォーキング と 得点の意味
  • 雨で始まった冬至の土曜出勤。昼過ぎに雨は止んだ。帰りは(やはり)駅まで歩いた。中国かぶれの私にとって旧暦は身近な存在。きれいな月明かりの下を歩いた。道というものは不思議である。大通りから1本離れているだけで、違った世界が広がる。様々なことを考えながらのウォーキングではあったが、心はとても落ち着いていた。いつもの土曜出勤よりは早めに家についた。その理由は買い物に時間をかけなかっただけでなく、18時前に [続きを読む]
  • お困りですか? それは良い経験ですね!
  • 17時過ぎにオフィスを出たのは、残業時間の調整もある。しかし、疲れや「(私がいなくなった後の)この職場の一部の方々の苦労を減らすためのささやかなボイコットの意味」もある。午後のこと。簡単に記すと・・・。A社にいるBという私はある仕事内容でC社のD氏とのやり取りがあった。しかし、C社の担当が急にE氏に変わった。それも急なことであり、D氏からの引継ぎが上手くいっていないような感じを受けた。当然A社のBとい [続きを読む]
  • わかりやすく教えるコツを考える前に
  • 20代の頃、当時働いていた会社の社長に何度か言われたこと。「自分が(すぐに)理解できるからといって、他の人がすぐに理解できるわけでもない」自分はけっこうどんくさいと思っている。「その人間がわかるのであれば、他の方はわかるであろう」「それなのに、なんでこんなことがわからないのであろうか・・・」しかし、そう思うこと自体が間違いなのである。これは教師をしているときにも念頭に置いていた。来春今の職場から離れ [続きを読む]
  • 冬の帰り道 と「曲がり角を曲がったさきに」
  • 「曲がり角を曲がったさきになにがあるかはわからないの。でも、きっといちばんよいものにちがいないと思うの」モンゴメリー著『赤毛のアン』より2014年夏のある金曜日の晩に帰国した。ホテルの部屋のテレビで見たNHKテレビ小説『花子とアン』の途中までのダイジェストに心を動かされ、翌週から見始めた。9月下旬に再就職したのだが、そのときは夜にNHKオンデマンドで100円払って最終話まで見た。中国では車を持っていなかった。公 [続きを読む]
  • デモにもいろいろあって・・・
  • 今年の夏から秋はかなりの無理をしたことを自覚している。そのせいか最近とても疲れやすい。そんな12月13日の本日、残業の調整で15時台17時台にオフィスを出た。中国生活を思い出す1213・・・。中国的に南京大虐殺と記しておく。現在日本語等を使う仕事をしている(私が教えた)元学生の中にもそれに関連した内容をSNSでアップしている方も多い。もちろん中にはガチガチのナショナリストもいるし、仕事のため(お金のために)日本語を [続きを読む]
  • やっぱり私は雨男!
  • 会社勤めであるので、あまり詳しくは記せないのだが・・・。来春に今の職場からの異動が決まった。異動というだけで、配属先は未定である(?)諸事情により近場を望む。そうでなければ、またおじさんの職探し〜〜になってしまう・・・。しつこいようだが、2年または3年で移動があることは予測できた。もっとも私自身は2年でそれが起きると確信していたが。できれば今回の入管難民法改正により、異国生活や教師生活が活かせると [続きを読む]
  • わかっているようでわからない自分の未来
  • この一週間ちょっと。けっこう忙しかったこと、体調を崩したことから、バタンキュー状態で早く寝ていた。だが、親も体調を崩したことにより、そのヘルプなどもあり、良質の睡眠が確保できたかと問われれば、Yesとは言えない。だが、その中であれこれこれからの己の生き方を考えていた。本当に自分が欲しいものは何であろうか。例えば欲しいものがお金で買える場合、私はそれを手に入れるまでにけっこうぐずぐずしてしまうところが [続きを読む]
  • 私に与えられた使命は何かいな・・・
  • 花金。今かなり忙しいので、以降は春まで決まった土曜休みというものが1、2回有るか、無いか。そんな忙しかった金曜日ではあるが、45分ぐらい残業した時点で「これゃあ、いくら残業しても、本日自分に課した予定通りには届かない」ことを知り、後の15分で片付けや月曜朝の支度を整え、オフィスを後にした。私の仕事はまず(前日に組み立てる)計画通りには進まない。もちろんそれだけのことをしているのならば、消化できることは経 [続きを読む]
  • Only one
  • 12月1日は土曜出勤。本日12月3日(月)は11月23日の勤労感謝の日に出勤したための振替休日。本来は11月の祝日を出勤にし、本日は一昨日の土曜出勤の代休としたほうが私も会社も楽だし、読むみなさまも頭を悩ませなくて済むかと思う。だがそこには大人の事情もあり・・・。こんな細かいことを書かなくても、ブログネタはあるし、細かく記すと自分の正体もばれ易い。それでも記すのは古くからの読者様の期待を裏切らないためでもある [続きを読む]
  • 日本でサークルKが無くなる日に私に起きた変化
  • 2018年11月30日(金)日本からサークルKが消える日。私が社会に出たのは1986年であった。社会人1年生、それも高卒の19歳が夏に与えらえた仕事。それはいきなり独り立ちでの仕事であった。もちろん周りのサポートはあった。それでも(普段「頑張る」という言葉を避けている私ではあるが)「頑張る」しかなかった。仕事も忙しかったが、車での移動時間も長かった。忙し過ぎて昼ごはんをカロリーメイトで済ませることも多かった。だが [続きを読む]
  • 日本が大きく揺れている日に私自身にも少しだけ変化が
  • 地元の駅前にせよ、通っている都市の駅前にせよ、仕事や個人の用で出かける名古屋にせよ、自転車(に乗っている方)のマナーが気になる。隣に自転車道や分離された自転車の通行表示があるにもかかわらず、歩道にいる歩行者の横を猛スピードですり抜けて行く・・・。これはとても怖い!誤解を招きそうな大げさな表現をしてみると「この方々はいったいどういう教育をされているのであろうか」。しかし、どんな方であっても、何かしらの [続きを読む]
  • 変わりゆく地元を見て感じたこと
  • 日曜日。車で出かけていたのだが、夕方に自分が住む市に戻って来た。ある場所に買い物に行くために、以前自分が働いていた会社の前を通った。4か月ぶりであろうか。だが(事務所や倉庫、車両の配置などは懐かしいままであるものの)ある一部分がまったく違うものになっていた。そこに示されていたものの意味。それは従業員であった私には良くわかる。と同時に、歳月の流れを感じた。(会社が存続していることも知っているけれども [続きを読む]
  • 習慣は大切だが、習慣を壊すことも大切なのかな
  • どこのメーカーの何とは言わないが、2016年秋頃に発売された白髪染め。安くて、根元までしっかり染まり、持続効果も長かった。だがだんだんと入手困難となり、ネットでの購入に頼るようになった。そんな代物であるのだが、9月頃にネットで手に入れた2個を最後にした。昨晩違うものを使ったのだが、やはり上述の代物よりは格段に落ちる・・・。だが、いつまでも生産中止のものに執着しているのも良くない。執着は様々な発見やチャ [続きを読む]
  • とても落ち込んでいるときは
  • 車での通勤も1時間を超えると疲れるが、公共交通機関でもそれはいえる。どちらにしても1時間半〜2時間近くもかかるとなると、それは顕著。(3時間以上の方々が聴けば、羨ましがられる話だが。)電車やバスだとうとうとできるのだが、それでも疲れるのは年なのであろうか。おそらく寝不足も大きいかと思うのだが。昨日の土曜出勤はすべてマイカーを使用した。自分の計画通りに仕事が進んだのは、この1年半で初めてのことだと思 [続きを読む]
  • 外国で外国人として仕事をした経験があるからこそ
  • 本来今晩は社用車で駅前に行くつもりであった。だが諸事情により、社用車を他の方の用車ではなくバスで駅前に行くことになった。そこで思い切ってウォーキングに切り替えた。本来は明日の土曜出勤の帰りに歩くつもりであったのだが。一週間前に記した記事花金仕事帰りのウォーキングとアミーゴたちの青春その一部ルートを歩いてみた。だが悲しいかな私は方向音痴。特にうろ覚えの道の場合、太陽がないと間違えることがある。先日の [続きを読む]