britishcookery さん プロフィール

  •  
britishcookeryさん: 英国の食べ物と暮らし
ハンドル名britishcookery さん
ブログタイトル英国の食べ物と暮らし
ブログURLhttp://momoyamaguchi.blog.fc2.com/
サイト紹介文英国在住のフードライター山口もも が、イギリスのお菓子・食材のこと。旅行・生活情報をご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/06/18 02:27

britishcookery さんのブログ記事

  • ドーセットのスティームフェア
  • 丘の上のほうでは、蒸気エンジンで走る車が次々とパレード。二酸化炭素いっぱい。空気が少し曇ってます。スティームエンジンの愛好者が当時の格好をして丘の上で車を走らせています。こんなに動くスティームエンジンの車を見たのは初めてです。暗くなるとライトアップ!キャラバンで泊まる人も多いので、夜になっても大賑わいです。昔のゲームセンター。結局、夜の9時ぐらいまで遊んで、帰ってきました。楽しかったです! [続きを読む]
  • ドーセットのスティームフェア
  • スティームフェアの続き。大人が楽しめるスティームエンジンの展示のほかに子供用の野外遊園地とフードストール、雑貨のストールの通りと家族連れで一日楽しめるように工夫されています。射的。真ん中に水に浮いたアヒルの人形が浮いているので、それを竿で引っ掛けて吊り上げるゲーム。ビクトリア時代の空中ブランコ。(と、聞いて怖くなって乗りませんでした。)イギリスのファンフェアは、ちょっと古めかしくて、懐かしい感じが [続きを読む]
  • スティームフェア
  • 8月の終わりごろにドーセットのスティームフェアに行きました。ビクトリア時代の産業革命のときに大活躍しました。会場は、広大な丘陵地の一角。木曜日から日曜日まで4日間のイベントで、キャンプもできます。駐車場のほかに、キャラバンの駐車場がずらり。(夜に帰るときに真っ暗でよく見えず、車を見つけるのに1時間近くかかりました!)ここから見えるのはほんの一角。農業マシーン。ビクトリア時代には、あらゆる作業の機械化 [続きを読む]
  • 夏の終わり。秋のはじまり。
  • 9月になりました。今日はぽかぽか陽気で、お庭で日光浴がちょうどいいくらいの気温。今週末は、近くの丘にブラックベリーを摘みに行く人も多いんじゃないかな。きのう。8月最後の日にお庭に育つルバーブを収穫しました。小さな株2つが3年目にしてかなりの大きさに成長して春から夏の間に数回収穫できます。水やりもほとんどせずに放っておいてもどんどん育つたくましい植物です!葉っぱは切り落として茎の部分だけを使います。洗っ [続きを読む]
  • イギリス涼しい!
  • 夏休みも後半。イギリスに戻ってきたら、クーラーがきいた部屋にいるみたいに涼しい。暑いと感じる夏は過ぎ去り、すでに秋の気配かも。ファームショップへ。イギリス風?な大きなパン。スライスして食べます。近くで採れるウォータークレスはまだ健在。ラズベリーも。初夏のイメージだけど、8月も穫れるんですね。近くで採れた新鮮野菜と豚肉を買って、とんかつにしました。にほんブログ村 イギリス情報 [続きを読む]
  • 金沢、テイスト&セントでのイベント報告!
  • 先日、金沢まで行ってきました!イングランド南西部のお話とデモンストレーションには、ジェーンオースティンの料理読本より固いシラバブ。シラバブは、大好きなイギリスのデザートの一つであちこちのイベントにてデモンストレーションしております。今回は、ジェーン・オースティンとその家族の友人でチョートン村では一緒に住んでいたマーサ・ロイドのレシピブックより。作り方はいたってシンプル。当時のレシピのそのままで再現 [続きを読む]
  • モーニングトンクレセントでのセミナー報告!
  • こんにちは!先日、東京西麻布にあるモーニングトンクレセントさんで一日イベントを開催しました。中世のパイにちなんで、型を使わずに作るイギリスのポークパイ。ステイシーさんの手作りで、こちらはお土産にお持ち帰りいただきました。この時代、すでにアーモンドミルクがあったそうです!手作りのアーモンドミルク、ほんのりと甘みがあってアーモンドの香りがほんのりとします。砂糖が入っていなくても自然の甘味でおいしくいた [続きを読む]
  • 【英国のキッチン 中世から現代まで】 小冊子を作りました!
  • 私が、企画、編集、制作する小冊子シリーズの第一冊目が出来上がりました!一番最初の題材は、お菓子の食物史と同様にずっと興味のある、キッチンの歴史、変遷です。その中でも、コンロとオーブンという、焼き菓子を作るときに必要な加熱調理について。渡英してからいろいろなミュージアムやお屋敷に行きました。そこで一番気になるのが、キッチン!これなんだろう…。どうやって使うんだろう…・。という疑問。みなさんも、イギリ [続きを読む]
  • ジェーンオースティンとイングランド南西部
  • 8月6日の金沢イベント午前の部「イングランド南西部のお菓子と旅行案内」では、バースの近くに位置する美しいレイコック村を取り上げたいと思います。ここは、ナショナルトラストによって古い町並みが村ごと残されています。そのせいか、映画やドラマの舞台になることが多いみたい。ダウントンアビーの豚の品評会のシーン覚えてますか?メアリー嬢の豚が参加した・・。あのシーンも村のハイストリートを使って撮影してみたいです。 [続きを読む]
  • ロイヤルウェディング&エルダーフラワーのお話
  • 今日も夏日!お外で過ごすにはかなり暑いので、今日は日中は家の中で家事と雑務を。。写真 島田枝里さて、8月6日の金沢でのイベントの準備をしています。(東京は、別の内容で8月1日です。詳細はもうすぐお知らせしますね。)今回は、午前と午後の2部に分けました。午前は、去年に続きお菓子と旅案内。午後は、3種のお茶のマリアージュ。お茶のエキスパート、紅茶教室を主宰する島田枝里さんとオーガニックやハーブ、自然食品に詳 [続きを読む]
  • 【イベント告知】 南イングランド南西部の旅
  • こんにちは!イギリスは、ここ数日夏日が続いています。この暑さと太陽を満喫すべく、お気に入りのワンピースや夏服をきて、サンダルを履き、お外に出て楽しんでおります。イギリスの南部に住み始めてかれこれ17年ぐらい。最初のうちは、住んでいる村の遊歩道を探索し(たり迷って4,5時間彷徨ったり。。)、ロンドンへ買い物&美術館めぐり、住んでいる近くの町や村。と、数年はあちこちで歩いていました。イギリスに来たのは本場 [続きを読む]
  • レイコックで散歩
  • 有名なティールーム、キングジョン・ハンティング・ロッジ。その左手に大きな教会があります。教会の入り口。教会の向かい側には、レイコックポッタリー。むっくりとした大きな猫がお出迎え。ポッタリーの左手のほうに小さな散歩道。ブラウニーが売ってた。ハイストリートに戻って、映画の撮影に使われた建物を見物。という感じで、楽しいレイコック滞在が過ぎていきました。今年は8月に金沢で一日イベントを予定しています!テー [続きを読む]
  • レイコックのかわいい雑貨屋さん
  • 村をくるりと回っていた時に見つけたお店。手作りの石鹸がたくさん!良い香り〜。写真撮ってもいいですか?と聞いたら、快く承諾してくれました。しゅわしゅわっとお風呂に溶けるバスボム。だいすき。 お茶も!ハーブティーたくさん。手作りの石鹸。ほしい分だけカットしてくれます。このお店。古い町並みが素敵な界隈。にほんブログ村 イギリス情報 [続きを読む]
  • レイコックでクリームティー
  • レイコックで有名なティールームといえば、キングジョンズ・ハンティングロッジ。私の愛読書、「イングランド南西部 至福のクリームティーの旅」にも出てくる。この本によると、ここは800年も前の建物で、キングジョンが狩猟の折に立ち寄った館なのだそう。村の教会のすぐそば。すぐに見つかります。ものすごく楽しみにしていったのに、なんと定休日! (T_T)レイコックベーカリーの立ち寄り、気を取り直してベーカリーから少 [続きを読む]
  • レイコックで、秘密の花園風なガーデン探索。
  • 村の探索中に、木の柵の向こうにそれはそれは美しいガーデンを発見。わぁ、すごいねぇ。とか外から騒いでいたら、一緒に行った友人が、中でガーデニングしている人と仲良くなって個人宅のガーデンなのに中を見せてもらえることに!(普段は入れませんが、年に一度、オープンガーデンをして一般公開しているそうです。)個人宅とは思えない広さ。アーティストが作ったスカラプチャーが置いてある。小川も流れてる。どこまでつづくの [続きを読む]
  • レイコックのベーカリー 
  • レイコックベーカリー。ハイストリートから一つ通りを下ったところにあります。お店の外観が素敵。なかも、かわいい。お菓子は、手作りでイギリスの伝統菓子がいっぱい。イースタービスケット。(イースターの前の週に行ったので季節もの)ラーディーケーキ。ラードを使って焼き上げるお菓子パン。香りが濃厚!バターの代わりにラードをふんだんに生地に練りこんであります。お土産用にジャムやチャツネ。お店の入り口近くに、小さ [続きを読む]
  • レイコックへ行く 1
  • 南イングランド南西部にあるレイコック村。バースよりも少し東側に位置しています。村全体をナショナルトラストが管理して古い建物がそのまま残されています。数々の映画やドラマの撮影でも使われているんですよ。美しい外観の建物が多く並んでいます。中世の建物白い壁に黒の柱が特徴です。にほんブログ村 イギリス情報 [続きを読む]
  • アランデルの思い出
  • たびたびこのブログに登場のアランデル。数年前に撮影した写真を見つけたので、こちらでシェアします!ふらりと立ち寄ったカフェ。お肉屋さんの看板カフェの窓辺にあったミニュチュアの家ここ!ここが、古いティールームです。アーケードの中に並ぶお店。川沿いにあるレストラン。お天気が良くなったら、また行こう!にほんブログ村 イギリス情報 [続きを読む]
  • ハッピーイースター!
  • 毎年日付が変わるイースターの行事。今年のイースターサンデーは、4月1日。ここ数日、曇り小雨のイギリスらしいお天気でしたが、イースターサンデーは曇り。雨は降らないみたいです。イースターといえば、イースターチョコレートエッグ。子供たちが楽しみにしているイースターのお菓子。箱入りの大きなチョコレートを家族からもらいます。本物の卵と比べるとこんな感じ。このほかにもイースターエッグハントという卵探しゲームもあ [続きを読む]
  • ヨークの4大市門、ブーサムバー
  • 今回のヨーク滞在は、町から歩いて10分ぐらいにあるB&Bに泊まりました。ヨークにはアパートメントやB&Bがたくさん。電車で行くなら、駅から歩いて行けるところ。車なら、ちょっと町の外だけど歩いて中心部まで行ける宿が便利。町の外側にある通りも美しい昔の雰囲気。このホテル、素敵。次回は、ここいいかも!大通りにあって、町まで歩いて5分ぐらい。たぶん駅までは15分ぐらいかな。入り口の横にあるレストランかな。小さなカフ [続きを読む]
  • ベティーズで食べたもの。
  • 少し並んでから、中に入るとショーケースが見えます。まずは、紅茶。ハウスブレンドを頼みました。普通のポットティーなのに茶葉で、一人分で、このように丁寧に出してくれます。しかもおいしい。朝ごはんは、エッグベネディクト。ケーキは、レモンタルトとラズベリーのマカロン。(ひとりじゃないよ。)マカロンは、ひと箱8個入りに詰め合わせできます。ヨークシャーカードタルトもある!2004年に出版した英国お菓子めぐりには、 [続きを読む]
  • ベティーズへ行く
  • ベティーズとは、北イングランドのハロゲートやヨークにあるベティーズ・カフェ・ティールームのこと。ヨークに行くなら、ベティーズも!と、(たぶん)いわれるぐらい有名なティールーム。もう、ベティーズのことを考えただけでウキウキしちゃう(わたし)。ティールームの隣には、ショーケースに並んでいるお菓子もたくさんおいてあるショップも。紅茶もたくさん。まずは朝食へ。ティールームだけど、ブレックファーストメニュー [続きを読む]