GOL・D・NEWGATE さん プロフィール

  •  
GOL・D・NEWGATEさん: 北海道の鉄道情報局
ハンドル名GOL・D・NEWGATE さん
ブログタイトル北海道の鉄道情報局
ブログURLhttp://fortysonseason.blog.fc2.com/
サイト紹介文主にJR北海道で活躍している車両を取り上げます。
自由文旧JR北海道大学 鉄道学部 車両学科

JR北海道の内容を中心に自分の知識も含めながらブログをやっています。通学途中のものを題材にするので主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

写真も添付していますが、どれも綺麗なに撮れているものではありません。見づらいものもありますが、ご了承ください。

身近なことから珍しいことまでJR北海道のことについてのあらゆる分野を取り上げます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供392回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2012/06/20 00:05

GOL・D・NEWGATE さんのブログ記事

  • 2017年苗穂工場公開レポートその2:「DE10-1742」号機の展示
  • 引き続き、今年の苗穂工場の一般公開の様子です。今年は「DE10-1742」号機が展示されていました。どのような理由で苗穂車両所に入場したのかについては不明でした。エンジンなどの主要機器が取り外された状態でしょうか。普段は絶対に確認できない光景です。2017年4月現在、JR北海道に在籍しているのは10両です。内訳は旭川運転所(旭)に4両、釧路運輸車両所(釧)に3両、函館運輸所(函)に3両です。ここ数年間で在籍数に変化は [続きを読む]
  • 札幌圏では大変珍しい存在になったキハ261系0番台
  • 今年のダイヤ改正から半年が既に経過しています。昨年に引き続き、今年のダイヤ改正も北海道は激アツでした。一方で、運行再編で札幌圏では確認することが難しくなった車両もあるのが事実です。旭川駅で特急列車の乗り換えも生じるようになり、不便になったダイヤ改正でもあります。今年3月のダイヤ改正で札幌圏では大変珍しい存在になった、あるいは確認することが難しくなった車両としてキハ261系0番台が挙げられます。いずれも [続きを読む]
  • 2017年苗穂工場公開レポートその1:「HD300-503」号機の展示
  • ぼちぼち今年の苗穂工場の一般公開の様子を紹介していきたいと思います。今年は例年に比べて紹介する内容が少なめです。というのも、公式ホームページから事前の一般公開のアナウンスがなく、展示車両も少なかったりと、少し寂しい一般公開でした。今年の1発目は「HD300-503」号機の展示です。毎年同じ場所に同じ機体が展示されています。実は、HD300形機関車は3か月ごとに交番検査が実施されており、毎年9月の苗穂工場一般公開の [続きを読む]
  • 函館からの札幌方面行き最終列車!特急「スーパー北斗23号」
  • 今回は特急「スーパー北斗23号」について取り上げます。札幌在住だとなかなか目にする機会がない列車です。写真は全て新札幌駅で撮影していますが、新札幌駅発車の時点で23時30分です。札幌駅到着は23時40分となり、手稲方面を除いて乗り換えは最終列車しか残されていません。札幌駅に到着する特急列車で一番遅い列車でもあります。この日は札幌方にST-1207編成(キハ261-1207+キハ260-1207)が連結されていました。立ち入り禁止ゾ [続きを読む]
  • 苗穂跨線橋から撮影した思い出フォト
  • 前回の記事で紹介しましたが、JR苗穂駅が橋上駅舎化に伴う移転工事を実施しています。新駅舎は平成30年度から使用が開始され、現在の位置から札幌駅方向へ約300?移動します。その場所とは、ちょうど苗穂地区の南北を結んでいる跨線橋(自由通路)が立地している場所です。自由通路も建替えられることで、名撮影地でもあった跨線橋から苗穂工場方向の様子を確認することができなくなりました。そこで今回は、過去に管理者が撮影し [続きを読む]
  • 【2017年10月現在】JR苗穂駅移転工事進ちょく状況
  • 平成30年度にJR苗穂駅が橋上駅舎化したうえで移転する予定となっています。苗穂駅はJR札幌駅から江別・千歳方面に向かって1つ隣の駅です。普通列車のみが停車し、特急列車や快速列車、区間快速列車はいずれも通過します。苗穂駅北側には大型商業施設「アリオ札幌」があり、周辺の再開発が著しくなってきました。平成30年度に使用する新・苗穂駅は現在の位置から札幌駅方向へおよそ300?移転します。現在の南北を結ぶ跨線橋(自由通 [続きを読む]
  • 【祝】キハ261系1000番台営業運転開始から10年!
  • 今年の10月1日をもって、789系1000番台と同様、キハ261系1000番台も営業運転開始から10年を迎えました!ほぼ石勝線の話題になりそうですが、写真を交えて少し紹介していきたいと思います。1枚目と2枚目の写真は釧路支社管内限定で発売された今はなき「オレンジカード」です。ダイヤ改正に合わせてオリジナルのものが数量限定で発売されました。どちらも好きな車両だけに、いまだに使わずに大事に保管してあります。当時はこうした [続きを読む]
  • かつての稚内行き特急列車の共演
  • 今回は今年の3月ダイヤ改正から札幌駅深夜23時ごろに見られるワンシーンを紹介したいと思います。いずれも札幌駅に到着した特急列車です。右側が特急「オホーツク4号」の回送列車、左側が特急「宗谷」の回送列車です。両列車は札幌駅到着時刻が4分差であり、前者は2番線、後者は3番線で仲良く停車します。桑園方から撮影しなければ、今回の記事の題名の内容に当てはまりません。というのも、車両繰りによる例外も稀にありますが、 [続きを読む]
  • 【祝】営業運転開始から10年!789系1000番台
  • 789系1000番台が営業運転を開始したのが2007年10月1日のダイヤ改正からです。今年の10月1日で営業運転開始から10年を迎えました!まだまだ新車だと思っていた車両ですが、10年も経過すればもはやベテランの域です。それでも10年の古さを感じさせないエクステリアはさすが北海道の車両です。1枚目の写真は2015年3月に岩見沢駅で撮影したものです。減速・減便ダイヤ施行からしばらくの間は一部時間帯を除いて岩見沢駅では上下の「ス [続きを読む]
  • L特急「ライラック」廃止から10年
  • 2007年9月30日、これが何の日か皆さんはご存じでしょうか?少し日数が経過していしまいましたが、ちょうど10年前です。2007年10月1日といえば、北海道の鉄道においても、特に大規模なダイヤ改正が実施された日です。その一方で、その前日となる9月30日は消えていった車両や列車が存在します。今回は撮影データを持っていないので、プリントした写真越しの写真で紹介したいと思います。2007年10月ダイヤ改正は道内の鉄道網が大きく [続きを読む]
  • 【2017年10月設定分】臨時「北斗84号」・臨時「北斗91号」運行概要
  • 10月に設定される臨時「北斗84号」・臨時「北斗91号」について紹介します。詳細は以下の通りです。【臨時「北斗84号」・臨時「北斗91号」】<運転日>10月7日(土)〜10月9日(月・祝) 計3日間<運行時刻>・・臨時「北斗84号」・・臨時「北斗91号」札幌7:44函館12:45 新札幌7:53五稜郭12:51 南千歳8:20新函館北斗13:08 苫小牧8:38大沼公園13:20 登別9:06森13:39 東室蘭9:22八雲14:02 伊達紋別9:40長万部14:24 洞爺9:51洞爺14:51 長 [続きを読む]
  • 石北本線の臨時快速列車が来年2月まで運行期間を延長
  • 石北本線で週末を中心に設定されていた旭川から北見を結ぶ臨時快速列車が来年の2月まで運行期間が延長されることが、JR北海道のプレスリリースから発表されています。当初は9月30日までの設定でしたが、10月以降も週末を中心に2月まで運行期間が延長されることになりました。新しい運行日は以下の通りです。【運転日】10月1・6〜8・13〜15・20〜22・27〜29日11月3〜5・10〜12・17〜19・24〜26日12月1〜3・8〜10・15〜17・22〜24・2 [続きを読む]
  • 両端スラント編成の特急「ニセコ号」をほしみ駅と小樽駅で
  • ちょうど1ヶ月前は連日のように特急「ニセコ号」が運行されていました。遅くなりましたが、ほしみ駅と小樽駅で撮影した写真を紹介します。ほしみ駅は過去に1度しか撮影場所として活用したことがありません。ほしみ駅は函館本線の星置駅と銭函駅の間にあります。住所はここまでが札幌市で次の小樽方面にある銭函駅から小樽市になります。札幌市にある西側の末端の駅です。2面2線構造ですが、一部の普通列車は同駅発着となっています [続きを読む]
  • 新たにキハ261系1000番台ST-1104編成が新塗色化されて営業運転開始
  • 新たにキハ261系1000番台ST-1104編成(キロ261-1104+キハ260-1104)が新塗色化されて営業運転を開始しています。9月29日に札幌駅で撮影した特急「スーパーとかち10号」の回送列車です。帯広方のユニットが新塗色化されたST-1104編成でした。情報を探していると、9月25日の試1192レで苗穂工場から所属先の札幌運転所(札サウ)に輸送され、2日後の27日の特急「スーパーとかち1号」から営業運転を開始しているようです。同ユニット [続きを読む]
  • キハ261系0番台で自動幌システムの撤去改造を実施
  • キハ261系0番台において、今後順次実施される重要機器取替工事施行とともに、自動幌システムの撤去改造についても併せて実施されているようです。写真は9月9日の苗穂工場一般公開の際に撮影しました。苗穂工場の9月の重点実施目標の中に記載されていました。「261系0代・自動幌システムの撤去改造」とあります。同車に装備している自動幌システムは、老朽化が進み、使用頻度も少なかったことから、重要機器取替工事に併せて731系と [続きを読む]
  • 無事に運行を終えた特急「ニセコ号」
  • 記事にするタイミングが遅くなりましたが、9月12日を最後に札幌と函館を函館本線山線経由(倶知安・ニセコ経由)で結んだ特急「ニセコ号」が今夏の営業運転を終えました。今回は主に札幌駅で撮影した写真を紹介します。札幌駅に入線する特急「ニセコ号」です。時刻は7時52分ごろ、同駅2番線に入線します。写真は以前掲載した9月9日(特急「ニセコ号」運行期間中)に苗穂運転所(札ナホ)裏手に留置されていたニセコエクスプレスの [続きを読む]
  • 外妻部分損傷の「キハ260-1308」は事故から半年経過も復帰できず・・・
  • 3月中旬ごろに札幌運転所(札サウ)構内で外妻部分の損傷が確認された「キハ260-1308」ですが、当該車両は現在、苗穂運転所(札ナホ)の裏手に留置されています。当ブログでは4月中旬にも取り上げた内容ですが、引き続き、苗穂運転所の裏手に留置されています。写真は9月9日に確認した際の様子です。損傷したと思われる今年の3月から半年が経過しましたが、復帰の兆候は見られませんでした。「キハ260-1308」は、札幌運転所に所属 [続きを読む]
  • 「キロ261-1104」(ST-1104編成)が新塗色化!Tiltロゴは消滅へ・・・
  • 9月に実施された苗穂工場の一般公開の際、「キロ261-1104」も展示されていました。1枚目の写真はプライバシー保護のため、加工してあります。作業車の名前を忘れてしまいましたが、上下に動くリフトに乗って車両を見物する際に「キロ261-1104」が使用されていました。今回は当該車両しか確認できませんでしたが、同車両とユニットを組む「キハ260-1104」も同時に新塗色化が実施されることでしょう。「キロ261-1104」といえば・・・ [続きを読む]
  • 【コラム】『人口減少』に危機感を持て!!
  • 久々のコラム記事です。またダラダラと記載するので、最後までお付き合いください。今回は「人口減少」について取り上げていきたいと思います。北海道も過疎化が進み、この問題と真剣に向き合わなければいけません。今から危機感を持っているようでは非常に遅いです。人口が減少してよくなることってありましたっけ??管理者としてはあまり思いつきません。待機児童の減少ぐらいでしょうか?逆に悪くなる点を挙げれば、同じ年代の [続きを読む]