GOL・D・NEWGATE さん プロフィール

  •  
GOL・D・NEWGATEさん: 北海道の鉄道情報局
ハンドル名GOL・D・NEWGATE さん
ブログタイトル北海道の鉄道情報局
ブログURLhttp://fortysonseason.blog.fc2.com/
サイト紹介文主にJR北海道で活躍している車両を取り上げます。
自由文旧JR北海道大学 鉄道学部 車両学科

JR北海道の内容を中心に自分の知識も含めながらブログをやっています。通学途中のものを題材にするので主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

写真も添付していますが、どれも綺麗なに撮れているものではありません。見づらいものもありますが、ご了承ください。

身近なことから珍しいことまでJR北海道のことについてのあらゆる分野を取り上げます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供297回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2012/06/20 00:05

GOL・D・NEWGATE さんのブログ記事

  • 2018年度も厳冬期到来
  • 一度11月下旬に雪が降り積もったのもつかの間、12月に入ると積雪が確認されなくなり、12月らしくない12月に入った道央圏ですが、ようやく気温も日中も氷点下になり、積雪も確認されて今年度も長い長〜い厳冬期がやってきました。雪が降り積もったら、やはりこうした雪煙を巻き上げて走行する特急列車の走行シーンは圧巻です。今回は789系0番台による「ライラック」を撮影してみました。他の特急列車の写真も掲載したかったところで [続きを読む]
  • 来年度以降、H100形電気式気動車を40両投入へ
  • 一時、資金調達が困難で量産化が見送られていたH100形電気式気動車ですが、ようやく量産化にGOサインが出たようです。12月5日付の交通新聞によると、来年度から5年間でH100形を40両投入し、老朽化した車両を置き換えるとしています。改めて、H100形電気式気動車について紹介したいと思います。同車は今年の2月に本州から甲種輸送で北海道入りした新型一般気動車の試作車です。愛称名は「DECMO」です。込められた意味は、「Diesel E [続きを読む]
  • 【コラム】警告文書発表から1年、北海道の鉄道は何が変わった?
  • 久々のコラム記事です。管理者は日頃から写真をパシャパシャ撮影してその様子をお伝えしているわけですが、そのようなことをやっているだけでは、やはり北海道の鉄道において一番重要なことを忘れてしまいます。いわゆる一道民としての危機意識ですが、改めて振り返ってみたいと思います。1年前の12月6日は、何の日か覚えていますか?以下の資料がJR北海道のニュースリリースより発表された日です。「声明」と題したこれら4ページ [続きを読む]
  • 3代目苗穂駅舎
  • 11月17日(土)から使用を開始した3代目苗穂駅舎の紹介をしていなかったので、紹介したいと思います。尚、今回の記事は日中撮影した写真と夜間撮影した写真が混合しております。新しい苗穂駅は、札幌市が進める苗穂駅周辺の再開発事業の一環として進められています。北口側、南口側ともに高層マンションの建設が予定されています。北口側も商業施設や病院が駅前に移転することでコンパクトシティ化が図られる計画です。2代目駅舎は苗 [続きを読む]
  • 今冬も長い冬眠に入ったクリスタルエクスプレス
  • 北海道も厳冬期が近づき、冬期の多客臨の設定の予定がないクリスタルエクスプレスは、それを前に苗穂運転所(札ナホ)の旧扇形庫付近で冬眠に入りました。近年は毎冬留置される恒例の場所ですね。しかし、この写真おかしいと思いませんか?1枚目の写真は12月に入ってから撮影したものです。今年の札幌は12月上旬にも関わらず、雪が積もっていません。記事作成中の現在は雪ではなく、雨が降っています。このようなことがあるんです [続きを読む]
  • 2018年度に特急気動車17両と721系24両の老朽取替を実施
  • 今年の新製車両は、快速「エアポート」の将来的な増発に伴う、733系3000番台の6両編成×4本とキハ261系の増備も19両でした。後者については、キハ281系による「スーパー北斗」や、札幌と釧路を結ぶ「スーパーおおぞら」など、これらの列車を置き換えるにしては両数が足りず、次年度以降も増備することで両数を次第に揃え、本格的に置き換えていくものだと思っていますが、先日発表及び更新された「安全投資と修繕に関する5年間の計 [続きを読む]
  • 苗穂工場で解体中の「マヤ34-2008」
  • 10月18日に苗穂工場に入場した「マヤ34-2008」ですが、ここ最近になって解体作業が実施されています。南北を結ぶ自由通路が新たに設けられたことで、またこうして廃車された車両の解体の様子をお伝えすることができそうです。1枚目から3枚目は11月30日に撮影したものです。この時点で既に車両の解体に向けた作業が進められていました。この時点ではまだ車内に残されていた機材の撤去が実施されていたと思います。そして、4枚目と5 [続きを読む]
  • 3代目苗穂駅前の夜景
  • 現在の苗穂駅は、それまで300?札幌駅寄りにあった人道橋とともに、11月17日に移転開業しました。新駅舎と一体となった自由通路と南口昇降棟や北口昇降棟はガラス張りで明るくなり、夜間も防犯対策という点で安心して南北を行き来することができるようになりました。まずは南口昇降棟前の様子です。Instagramに掲載するための画像なので加工してありますが、昇降棟内部の光が苗穂駅周辺の闇を明るく照らすことで、これまでの人道橋 [続きを読む]
  • 苗穂の旧人道橋の解体始まる
  • 今年の11月17日(土)に苗穂駅が移転開業及び、自由通路が完成するまで使用されてきた苗穂の南北を結ぶ旧人道橋の解体が始まっています。11月17日の自由通路の使用開始に伴い、旧人道橋は使用することがでなくなり、バリケードで旧人道橋までの連絡通路も通行することができなくなっています。まずは旧苗穂駅側の南口昇降棟前ですが、旧人道橋に昇り降りする際の階段部分が既に取り外されており、その一部分が廃材として南口昇降棟脇 [続きを読む]
  • 苗穂駅の新しい自由通路と復活した苗穂工場全景
  • 今回は新しくなった苗穂の南北を結ぶ新しい自由通路と改めて見渡すことができるようになった苗穂工場全景をお伝えします。まずは自由通路の写真から。1枚目が昼、2枚目が夜撮影したものになります。これまでの自由通路は、通路の幅が狭く、暗くて屋根がついておらず、万が一自由通路から落下してしまった場合、強い電気が流れている架線と接触してしまい、命の危険性がありました。風が強い日ともなれば、その危険性が一層増すこと [続きを読む]
  • 2018年の四季島の北海道乗り入れが終了
  • 昨年から週に1回冬期を除いて北海道に乗り入れるJR東日本の周遊型寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」(トランスイートしきしま)ですが、本日11月28日をもって2018年における北海道の乗り入れを終了しました。恵庭駅付近にあるいつもの撮影ポイントから本州方面へ向かう今年最後の回送列車を撮影しました。「TRAIN SUITE 四季島」は、本州から青函トンネルを通って北海道の登別駅まで乗客を乗せてやってきます。北海道に乗り入れる際 [続きを読む]
  • 【2018年11月運行分】キハ283系充当の臨時「北斗91号」レポート
  • 11月23日から25日にかけての3日間、キハ283系による臨時「北斗91号」が設定されました。今回も苫小牧駅からの撮影です。今シーズンの「一日散歩きっぷ」における最終週ということもあり、少し遠出してしまいました。編成は以下のとおりでした。<函館⇔札幌:キハ283系>キハ283-12キハ282-2004キハ282-2002キハ283-18上記の4両編成でした。日没が早くなったため、ヘッドマークとともに撮影しやすい時期になったと思いきや、残念な [続きを読む]
  • 2018年度に増備されたキハ261系1000番台7次車が営業運転開始
  • 今年度も引き続き、キハ261系1000番台が増備され続けていますが、ようやく今年度に新製された7次車が営業運転を開始しました。11月25日に新札幌駅で特急「スーパー北斗6号」を撮影しました。函館方に今年度増備されたST-1114編成(キロ261-1114+キハ260-1114)が連結されていました。当日の特急「スーパー北斗19号」にも連結されていたようで、明日26日は特急「スーパー北斗4号」からの運用に入ることでしょう。外観はそれまでの6 [続きを読む]
  • 車両不具合に伴う、特急「大雪1号」送り込み回送列車
  • 11月18日の午前中に旭川方面へ向けてキハ183系の回送列車が運行されました。当日は野幌駅で撮影しました。10時52分ごろ、同駅を通過していきました。「回送」のヘッドマークを掲げながら函館本線を旭川方面へ向けて北上するシーンは普段見ることができません。編成は以下のとおりでした。<旭川方面⇔札幌>キハ183-1506キロ182-505キハ182-510キハ183-1552写真のとおりですが、札幌・旭川〜網走間を走行する「オホーツク」・「大 [続きを読む]
  • 新苗穂駅前にキハ183系7両が留置
  • 新苗穂駅移転開業後に、キハ183系の一部車両が自由通路のほぼ真下から苗穂運転所(札ナホ)方面へ向かって7両が留置されるようになりました。夜間のため、新苗穂駅ホームからの撮影です。新苗穂駅4番線側から真向いにキハ183系が7両留置されています。画質は乱れていますが、1両ずつ見ていきましょう。新駅舎側及び自由通路側から「キハ182-404」「キハ182-413」「キハ183-405」「キハ183-406」「キハ182-405」「キハ182-406」と「 [続きを読む]
  • 【2018年11月運行分】臨時「北斗91号」の設定について
  • 11月ももう下旬になりました。札幌では雪が降り積もり、本格的な冬に入ろうとしています。今週末は函館から札幌へ向けて臨時「北斗91号」が設定されます。詳細については以下のとおりです。【臨時「北斗91号」】<運転日>11月23日(金・祝)・24日・25日(日)<運行時刻>・・臨時「北斗91号」函館12:45五稜郭12:51新函館北斗13:08大沼公園13:20森13:39八雲14:02長万部14:24洞爺14:51伊達紋別15:02東室蘭15:21登別15:34苫小牧16:03南 [続きを読む]
  • 【祝】3代目苗穂駅舎使用開始!
  • 11月17日(土)の始発列車より、これまで83年にわたって使用してきた2代目苗穂駅舎に代わり、新たに3代目の苗穂駅舎が使用を開始しました。撮影した写真の枚数が多いため、何回かに分けて3代目苗穂駅の様子をお伝えしようと思います。先週撮影した際は、まだ南口昇降棟前はロータリーの工事中でした。工事用の柵が撤去され、タクシーの姿も見えます。これまで紹介してきた光景とは異なり、ようやく使用を開始した本来の日常の姿です [続きを読む]
  • 苗穂駅2代目駅舎の営業が終了〜83年の歴史に幕
  • いよいよ、明日11月17日(土)から苗穂駅が新しくなります。新しい駅舎の場所は、現在から約300?札幌駅寄りになり、それまで線路を挟んで苗穂周辺住民の生活を支えてきた南北を結ぶ人道橋とともに新駅舎へと生まれ変わります。これにより、現在使用している2代目の駅舎は83年の歴史に幕を閉じることになります。苗穂(なえぼ)は、北海道の鉄道の聖地であり、現在の駅舎に隣接して苗穂運転所(札ナホ)や苗穂工場といった大規模な [続きを読む]
  • 苗穂駅移転に伴う、一部普通列車の時刻変更
  • 苗穂駅の新駅移転開業が2日後に迫りました。駅舎が現在よりも札幌駅寄りに約300?移転することになりますが、これに伴い、苗穂駅に停車する一部の普通列車で時刻変更が実施されるようです。詳細は以下のとおりです。<<札幌方面>>列車番号・行き先現行11月17日(土)から1743M・札幌9:07?9:082745M・ほしみ9:22?9:231761M・手稲12:07?12:081771M・手稲14:07?14:081775M・ほしみ14:52?14:531779M・札幌15:28?15:292789M・ほ [続きを読む]
  • キハ183系スラントノーズ車の国鉄色復元車現る!!
  • 先日、苗穂工場敷地内でキハ183系スラントノーズ車の国鉄色復元車の姿が確認されました。これが実際の写真です。車番は「キハ183-220」でした。今年3月まで札幌・旭川〜網走間を走行する「オホーツク」や「大雪」で活躍し、3月30日付で廃車となりました。今回取り上げている国鉄色復元車は来年4月に安平町で保存される予定です。当ブログでも何度も紹介しましたが、1月1日から3カ月弱にわたって、北海道の安平町(あびらちょう)で [続きを読む]
  • 新札幌駅で信号機が倒れる〜重大インシデントに認定へ
  • 11月9日の午後0時40分ごろ、千歳線の新札幌駅構内において、下り線(札幌方面)の出発信号機がレール上に倒れる事故が発生しました。同時刻に新札幌駅に入線する苫小牧へ向かう普通列車の運転士が線路上に出発信号機が倒れているのを発見し、JRの指令センターに状況を報告。同列車は信号機手前で停止しました。信号機は札幌方面に向かう下り線の線路をふさぐように倒れ、この影響で撤去作業などのため、約3時間にわたり千歳線で列 [続きを読む]
  • 11月中旬現在、移転開業が目前に迫った新しい苗穂駅の工事進ちょく状況
  • 北海道の鉄道の聖地「苗穂」。その最寄りの苗穂駅の移転開業が11月17日(土)で1週間を切り、いよいよ移転開業に向けての駅周辺の工事もラストスパートをかけていました。移転開業が直前に迫った工事の進ちょく状況をお伝えします。まずは北口昇降棟から。北口は大型商業施設「アリオ札幌」へのアクセスに重宝されるようになります。新しい苗穂駅は橋上化されて自由通路と一体となります。これにより、苗穂駅周辺の南北の行き来がし [続きを読む]
  • 苗穂駅移転開業まであと1週間
  • 苗穂駅の移転開業は11月17日(土)です。来週の土曜日ということで1週間後に迫りました。管理者も非常に楽しみで今からワクワクしております。今回の記事は移転開業に伴うこれまでのおさらいと見納めとなる光景を中心に少し紹介していきたいと思います。新駅舎となる建物の写真は10月中旬に撮影したものです。南口昇降棟前の月極駐車場は、契約が新駅舎使用開始前までのはずで、車が駐車していないほぼ空き地と化しています。移転す [続きを読む]