と〜ちゃん さん プロフィール

  •  
と〜ちゃんさん: 教科書やマニアルにはない考え方
ハンドル名と〜ちゃん さん
ブログタイトル教科書やマニアルにはない考え方
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/nrb26280
サイト紹介文家族大好きな典型的な子煩悩とーちゃん。夢はいつか子供たちと妻と世界でいろいろな活動をすること。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供276回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2012/06/20 10:50

と〜ちゃん さんのブログ記事

  • ツーン
  • 「お風呂に入ると、お尻がツーンとするのはなんで?」そうだ!私にも記憶があります!えっ!なんで?でもそれを科学的な根拠で証明されるとあまり面白くないから物語や逸話、昔話みたいなものとして知っている人はいますか? [続きを読む]
  • グループ
  • ・・・・・こどもは家族という小さなグループよりも社会という大きなグループに交わる機会の方が多いことは、私たちも経験済みです。つまり、性格や考え方は大きなループの影響が大きいのです。家族はこの文化がそのようにあるという基本中の基本を仕組みますが、どこでも適応できるような秘策は仕組まれていません。祖父や祖母、父親や母親が語る経験は最高に適応できる秘策ではないということを私たちも社会に混じり十分に承知済 [続きを読む]
  • 悩み
  • ・・・・・私は若い頃の気持ちを忘れたわけではありません。ただ、少し我慢を覚え、開き直るタイミングと重宝さを学び、本気で悩む辛さからの逃げ道を整備してきたのです。だから、整備されていない抜け道で妄想や嘘をついてしまうのです・・・・・。あなたたちにそれを言わないのは、あなたたちの気持ちと同じだからです。曲がったり、意固地になっているのかも知れませんが、それは本気で悩む辛さを知っていて、あなたたちより少 [続きを読む]
  • 曲者
  • ・・・・・「あいつは曲者(くせもの)だよ」って、なにを根拠に言っているのでしょう?私には何が言いたいのか解りません?もし、そう言い切った彼に根拠があるとしたら、曲者の彼は、彼と同じような社会関係で学んだ必須となる情報を保持しているのでしょう。さらに、性格を明らかにしようと・・・・・。そして私は、曲者同士の(片方の)情報の探り合いに付き合わされるのです(^▽^;)それでも楽しい!(^^)!コントロールの主導権 [続きを読む]
  • 声・・・・・φ(..)メモメモ
  • ・・・・・声の高低は、学童期において男女別のグループが構成されて、その中で社会化を果たすことにより生じる影響のほうが大きいようです。男子校の生徒や女子集団とほとんど接点のない男子は共学校の男子よりも声が高いようです。さらに共学校の男子は学校では家庭で使う声よりも低い声を使うようです。 [続きを読む]
  • らしさ・・・・φ(..)メモメモ
  • ・・・・・愛国心はオリンピックやその他の大会や戦時中には集団に必須とされるが、平穏、平和時には選択的になります。そして、それは家庭でも学びはしますが、社会で学んだことを家庭に持ち込んだものであります。・・・・・家庭では学ぶことのできないものは、人前でふさわしい行動や自分がいかなる人間であるかということなどであります。これらは社会のグループや仲間集団で学ぶものであります。・・・・・そして、行動様式の [続きを読む]
  • ・・・・・φ(..)メモメモ
  • 文化を伝える担い手は血統や家族や親ではありません。こどもがその地域の集団から得られる情報、そして個人の資質、始まりの師である親や一般的情報から得ることのできる生活の一部と、可能な限り得られる情報のすべてを使い、共鳴できる遊びに基づいた行動により社会化し、文化となるのです。・・・・・でも、ほとんどすべてが模倣です。時代遅れとは、それを自分がしてきたことに気付かない古さのことです。・・・・・ですから探 [続きを読む]
  • φ(..)メモメモ・・・・・限られた資源
  • ・・・・・結論から言います。義理・人情は遺伝しません。今となっては「個々が交わる集団」の中で特殊な「限られた資源」を習得をするものか、「こども資源が限られ」過疎化が進んだ地域で、男として女としてのカテゴリー化の薄い集団であるかです。歳をとってしまったのか、「個々が交わる集団」での義理・人情にはいい話しは聞きません。ですが、本来の日本人をうかがえます。ですが、過疎化の進んだ地域にある義理・人情も同じ [続きを読む]
  • φ(..)メモメモ・・・・寝言は寝てから言え!
  • ・・・・・女性は、自分が受け入れたか弱い生命の保護を命懸けで引き受けたとき、母親となります。現在の一般的な男性は、女性の方の選択により遺伝子の半分を提供し父親になります。とりあえず強調しておきますが、男性がどんなに立派だろうが、かっこよかろうが、ロマンチストだろうが、サプライズ好きだろうが、強靭的な肉体を持っていようが、女性の選択なしに子孫はないはずです。例外でレイプや他の犯罪、道徳違反でこどもが [続きを読む]