kinoie さん プロフィール

  •  
kinoieさん: 鈴木貴雄Blog
ハンドル名kinoie さん
ブログタイトル鈴木貴雄Blog
ブログURLhttp://kinoiediary.blogspot.jp/
サイト紹介文木の家の設計をする建築士です。実際の設計例をブログで紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2012/06/22 11:18

kinoie さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • (無題)
  • 久しぶりの投稿です。新しい提案設計例です。http://www.kinoie.info/planbook/C09047.htmlリンク先のパース下にあるiボタンを押すと間取りや価格の目安もご覧いただけます。弊社では、ひとつの建物が建つまでに最低でも二つの提案設計がなされており、お客様によっては7つも8つも提案させていただくこともあります。最近の傾向として平屋を望まれる方が増えてきたな、と感じています。年配のご夫婦が平屋を選択されるのは容易に [続きを読む]
  • (無題)
  • 写真はガルバリウム鋼板と木板の壁を使った家です。元のガルバリウム鋼板の形は平たい板です。コイルといって巻いた状態で売ってます。それを板金屋さんに加工をお願いして写真のような凸凹の形にします。木は製材屋さんにお願いして壁に同じ厚さと幅の板材にしてもらいます。取り付けるのは大工さんですね。ということは、10年後も20年後も同じ形のガルバリウム鋼板や板壁が作れるということ。これは施主さんにとって大変な長 [続きを読む]
  • 冬の暮らしやすさの基準は「外皮平均熱貫流率」です
  • 夏の家の暮らしやすさは「日射取得率」がポイントであることは前に書きました。「日射取得率」とは建物に当たった太陽の日射熱をどの程度建物内に取り込むか?という割合です。この割合が低いほど夏に暮らしやすい家ということです。では冬の暮らしやすさの条件は?それは「外皮平均熱貫流率」です。この言葉を分割すると「外皮」から「熱が貫流」する「割合」で、なんとなくイメージできますね。つまり、「外皮」=屋根や壁や窓な [続きを読む]
  • 夏に暮らしやすい家を作るなら「日射取得率」に注目を!
  • 東海地方も昨日梅雨明けして夏本番になりました。昨日は夫婦3組でサイクリングしましたが、妻が熱中症気味になりまして途中木陰で休ませました。皆様も気をつけてください。さて、今日は完了業務のため日間賀島のお客様に会ってきました。このお客様は住み始めて10日目です。家に入ってみるとエアコンを運転させず窓を開け放してありました。外は30度越えのけっして涼しい気温じゃありません、冷房しなければ室内も外気温と同 [続きを読む]
  • (無題)
  • どこへ行くにもリビングを経由するような廊下を作らない設計をすることもあるのだけれど、どうかすると動線がぐちゃぐちゃになって廊下があったほうが良い場合もあります。そんな時は廊下だって雰囲気を大切にしたいです。http://www.kinoie.jp [続きを読む]
  • (無題)
  • 家を楽しい場所にしましょうよ。25年前に作った我が家にはいまだに私と家族を楽しませてくれます。この日間賀島の家も室内の風景、窓の外の風景、それぞれ楽しめるように作ってあります。職人たちも施主様が喜んでくれるのが嬉しくて楽しみつつ作りましたよ。これぞ注文住宅の醍醐味です。http://www.kinoie.jp/ [続きを読む]
  • (無題)
  • 三角屋根の2階はちょっと遊び心を入れます。この家の2階は子供室のみですからなおさらに!実のところ私も楽しんで設計しています、出来上がりつつある時は子供のようにウキウキします。http://www.kinoie.jp [続きを読む]
  • (無題)
  • 今日は3組のお客様と日間賀島の家へ見学に行ってきました。お客様の建築計画の参考になれば嬉しいです。さて、この家は7/5から7/9までの間、お客様のご厚意によりご覧いただけます。見学ご希望の方は電話0120-030-010またはホームページよりお問い合わせください。http://www.kinoie.jp/information/contact.html私(鈴木)または川部がご案内します。 [続きを読む]
  • (無題)
  • 日間賀島の家はちょうどクリーニングの最中でした。私は内と外が繋がる雰囲気が好きです。この家では妻壁をガラスにすることで天井板や梁が室内から屋外へ連続するのを見せているのです。大工も私の気持ちがわかっているので天井板の目地が内と外が揃うように施工しています。さて、この家は7/3から7/9までの間、お客様のご厚意によりご覧いただくことができます。見学ご希望の方は電話0120-030-010またはお問い合わせフォームより [続きを読む]
  • (無題)
  • 寝室内に書斎を作った施工例。寝室から1/2階だけ上がった位置に書斎を作ってあります。でも寝室から天井が続いているひとつの部屋です。寝室と書斎は床の高さを変えて区切ってあるわけです。スキップフロアと勾配天井の特徴を利用しました。http://www.kinoie.jp [続きを読む]
  • (無題)
  • 天井、床と続いたら次は壁が窓まで伸びていく施工例です。鏡の両側の明かり取り窓まで両サイドの壁が続いていきます。ここは透明ガラスのイメージでしたが脱衣室を兼用していることもあり、お客様に却下されました^^ [続きを読む]
  • (無題)
  • 前回に続いて今度は床近くに設けたはめ殺し窓。こちらは床板が窓まで伸びていきます。この窓があることで外の植栽が箱庭のように見え、気配もわかります。http://www.kinoie.jp/ [続きを読む]
  • (無題)
  • 無駄なモノをそぎ落として、シンプルにして緊張感あるデザインがcoolという意見もあり、実際のところ私も嫌いではありません。しかし、私が寝る部屋はこんな設計例がいいなと思います。夜は日中の緊張を解きたいです。http://www.kinoie.jp [続きを読む]
  • 過去の記事 …