栗ようかん さん プロフィール

  •  
栗ようかんさん: いなかのねずみ
ハンドル名栗ようかん さん
ブログタイトルいなかのねずみ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/joy_spring2010
サイト紹介文日本の片田舎で「考える専業主婦」が綴る、子育て、暮らし、音楽、映画、ボランティアなどについて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/06/22 16:16

栗ようかん さんのブログ記事

  • 酷暑
  • ものすごい暑さですね。わたしの住んでいる町も、連日お日様がギラギラしています。最後に雨が降ったのはいつのことか…。近所の畑の作物は元気を失ってしおれ始めています。昨日の夕焼け。散歩の途中で撮りました。夕焼けの翌日は晴れ。今日も朝からお日様が照り付け、クラクラするほどの暑さになりました。降ったら降ったで天の水がめの底が抜けたような降り方、晴れたら晴れたで焼き尽くそうとするかのような照り方。一体どうな [続きを読む]
  • 20年後の日本を見届けてください
  • 夫とは政治の話を時々していても、ブログではあまり触れないようにしてきたのですが。どうしても言いたいことがあります。日本のかじ取りは、20年後も生きていられる人たちにお願いしたいのです。一時しのぎ、大票田(=高齢者)の人気取り、場当たり的な政策で20年後、30年後の日本をめちゃくちゃにすることが目に見えていても、自分たちの地位や既得権益と日本の未来とを天秤にかけて自分たちを取るような人たち、愚かしい政策に [続きを読む]
  • 告白
  • 大学に通っている娘から、驚くような内容のメールが来た。幼なじみのAちゃん(女性)から、大真面目かつ熱烈に告白されたのだと言う。「あたし…恋愛対象は異性だけなんだけどなあ…」困惑した娘からわたしに相談があった。時代だなあ、と思う。映画や小説などで同性愛を取り上げたものを見たり読んだりしたことはもちろんあった。でも、自分の子供がその対象として見られたり、よく知っている相手から告白されたりする日が来ると [続きを読む]
  • 解約
  • 某証券会社に連絡して、わたし名義の金融商品をすべて解約し、口座を閉鎖してもらえるように頼みました。5年ほど前に1、2度連絡しただけの証券会社。「ただいま、お預け当初に比べまして損益金がございまして…」電話口の女性の声。「いいんです、分かっていますから。30年経っても取り戻せなかったんですから、もういいんです」「かしこまりました。では、ご解約の上、お口座を閉鎖する手続きを取らせていただきます」もっと複 [続きを読む]
  • ヨガ教室で
  • 平成もラスト1年を切った。「平らかに成る」はずだったこの30年は、災害やら未曾有の大事件やらで内も外もちっとも平らかではなかったなあ、とつくづく思う。わたしがまだ母親になる前のことだから、もう四半世紀以上前のことになる。わたしは、その頃住んでいた小さな町の「健康センター」でヨガを習うことにした。新聞の折り込み広告に書いてあった、「体の硬い人ほど効果が表れます」の殺し文句にやられたのだ。先生は、「東京 [続きを読む]
  • 「ガタカ」について、ネタバレ大いにあり、の感想
  • (タイトルにもある通り、この記事は映画「ガタカ」の内容や結末に触れています。未見の方はご注意ください。)「優れた人類を作り出す」なんて大それたことを人間が考えるようになったのって、一体いつの頃からなのだろう。もっともっと昔からあったのかも知れないけれど、浅学なわたしはナチスドイツの優生思想から後くらいしか思い浮かばない。我が国でも「優生保護法」に基づいて「劣った人々」のレッテルを貼られ、子孫を残せ [続きを読む]
  • 今更ながら「ガタカ」をみた
  • ちょっと前、「しあわせの絵の具」という映画を映画館で観てきました。「アール・ブリュット」(正式な美術教育を受けていない人が作り出す芸術作品のこと。よく知られている例では「裸の大将」山下清など)を扱っている作品で、芸術関係の勉強をしている子供を持つ身としては、ちょっと微妙な気持ちにさせられる作品だったのですが。その作品で、非常に久しぶりにイーサン・ホークを見ました。「いまを生きる」に出てたちょっと気 [続きを読む]
  • 娘の片思い
  • 娘の衝撃の恋のお話、もうそろそろ時効だと思うので…。数年前、当時高校生だった娘は「恋」を経験しました。でも、片思いのお相手は意外過ぎるほど意外な人だったのです。学校の長期休みを使って、娘は2週間ニュージーランドへ短期留学しました。ホストファミリーのお宅に滞在しながら、現地の高校に通って授業を受けるプログラムでした。学校へ通ったのは実質10日前後でしたが、美術の授業で先生から「Amazing ! 」と褒めちぎら [続きを読む]
  • ささやかな楽しみ
  • 毎朝、わたしが楽しみにしていることがあります。それは、これでご飯を食べること。このご飯茶碗は、昨年の春、自治体の職員になった息子が初めてのお給料で買ってくれたものなのです。「初めて給料もらったら、お母さんたちに何か買ってあげたいんだけど、何が欲しい?」そう息子に聞かれた時、わたしは30年近く前のことを思い出しました。小学校の講師になってもらった初めてのお給料。わたしは、それで素敵なカップを5客買いま [続きを読む]
  • 「やけ弁」が非常に楽しみです。
  • NHK総合で放送中の「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」(略して「やけ弁」)が色々な意味で非常に面白いです。…いや、「面白い」と言う言い方はどうかなー。現在第2回まで放送が終わっているのですが、毎回放送を見ながら、わたしは「ああ、これ、分かる、分かる、分かる!」と言う気持ちで心の中がザワザワしてしまい、お茶が冷めるのにも気付かずに祈るような気持ちになるのを止められないのです。このドラマは、学校の中で [続きを読む]
  • うちの女房にゃ「○○」がある
  • 長らくご無沙汰しておりました。ちょっとPCが使えなくなったり、仕事が一時的に忙しくなったりして、更新出来なかったのです。ようやく一段落しましたので、またぼちぼち更新して行きたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。今日は初めてスマホで投稿します。…ううう、打ちにくーい‼さてさて、いつまで経っても「身体は大人 心は子供」みたいなわたしですが、現実は厳しくてしばらく前に生物学的に言うところの [続きを読む]
  • 「コトセン」と「イッパヒトカラゲ」
  • わたしの上司は権威に弱い。彼女は人をどこの大学を出ているかでランク付けする。NPO関係の勉強会などに出掛けて熱心に勉強するのはいいけれど、そこで習い覚えて来た言葉(例えば「アドボカシー」とか「ダイバーシティ」とか「コンセンサス」とか「アセスメント」とか)を機会あるごとに誰に対しても連発する。そして、相手が理解できなかったりすると、「あんなの常識、知っておくべきよ!あの人勉強してないのね、大したことな [続きを読む]
  • 自動雪かきロボットって不可能なのかなあ
  • いやはや、今年の冬はすごい寒さと大雪です。わたしが住んでいる町は比較的マシですが、それでも例年よりかなり積雪が多くなっていて、道路はずーっとツルツル状態のままです。県内ニュースの話題も雪、雪、雪。特に高齢者が雪かき中や屋根の雪下ろし中に怪我をしたり亡くなったりする事故の報道が多くなっています。現に今の時点で昨シーズンの雪関連の死傷者数を超えてしまったそうです…まだまだ雪が降りそうなのに。「雪かきロ [続きを読む]
  • 遂に「コリーナ・コリーナ」DVDを手に入れました!
  • ずーっとずーっと欲しくて仕方がなかった、映画「コリーナ・コリーナ」のDVDを手に入れました!この映画は、私が今までに見た無数の映画の中でも、個人的にベスト5に入ると思っている映画です。大切な人を亡くした悲しみから人がどうやって立ち直っていくか、傷付いた心を癒すものとは何なのか、乗り越えるのが困難な「違い」を越えて人は愛し合えるようになれるのか…。そう言ったテーマがたった2時間の映画の中で描かれます [続きを読む]
  • 東北本線に乗って
  • 仕事の出張の関係で、久しぶりに上り「東北本線」に乗った。一体何年ぶりか思い出せないくらいだ。祖父母の家に行くために「仙石線」は数えきれないくらい乗ったけど、「東北本線」は旅行に行くときしか乗ったことがなかった。「はつかり」に乗って、食堂車でサンドイッチとコーンスープを頼むのが本当に楽しみだった…。「はつかり」も「食堂車」も今は昔のこと、東北新幹線が開業し、特急も急行もなくなって久しい。「ワンマンカ [続きを読む]
  • ドライブレコーダー
  • 夫が今朝、「来月お給料もらったらドライブレコーダー付けたい」と言ってきました。昨年カーナビを後付けした時、ドライブレコーダーをどうするか相談して「付けない」と決めたのに、急にどうしたのかなあ、と思ったら…。夫が昨夜飲み会で仕入れて来た話です。知り合いの知り合いが「警察の偉い人」から聞いた話(何だか怪しそう…)で、「最近弁護士からの交通事故についての照会が急に増えた」のだとか。数が増えすぎてしまい、 [続きを読む]
  • 「欲望の経済史」を見ています
  • 今年になってから、「こんな番組をやっていたのか!」と驚かされる番組を見つけて興奮しています。。見ると時折背筋がゾッとする思いをする瞬間があるけれど、それでも見ずには居られない…。1月9日の夜、何の気なしにBS1をつけたら、何だかとても興味深い番組をやっている最中でした。夢中になって見ていたため録画を思いつかず、途中短いニュースが入った時に「しまった、録画して夫や息子にも見せればよかった」とようやく [続きを読む]
  • 今年は「片づける1年」にしたいです
  • ブログの更新が滞りがちになっております。この記事が…今年の初更新記事!なんと、なんと。今年の初更新記事ということで、目標のようなものを綴っておきたいと思います。折々に自分自身で読み返して、初心に立ち返るためにも。この町に越して来て、早いものでもうすぐ9年になります。先日夫から「来年度はここに住めそうだけど、その次は確実に引っ越しだよ」と告げられました。引っ越して来る前に、相当整理して減らしたはずの [続きを読む]
  • 久しぶりにカウンセリングへ行って
  • 相当久しぶりにカウンセリングを受けに行って来ました。カウンセラーは還暦を少し過ぎたくらいの年齢の女性です。ちょっと厳しいことも言うけれど、いつも笑顔でパキッとした雰囲気の先生。先生のことがわたしは大好きなのです。「久しぶりね。今日はどうしたの?」ねえさんから突然連絡があったこと、腎臓の提供を断ったことなどを説明し、「でも、心のどこかで『わたしがねえさんに死刑宣告したことになったのでは?』という罪悪 [続きを読む]
  • ストレートネックになりました
  • 週に3日、朝9時から夕方5時まで事務系の作業が多い仕事をしているせいなのか、子供の頃から猫背で姿勢が悪いからなのか、元々非常に目が悪いのに加えて老眼が進んでいるからなのか。いつからなのか思い出せないくらい前から、首こり、肩こりが本当にひどくなっていたのです。お風呂に入る前など鏡に映った自分を見ると、右肩から首にかけてのラインが左側のそれと比べて明らかに突っ張ったような腫れあがったような感じになって [続きを読む]
  • ねえさんからの依頼を断りました
  • ねえさんから週末電話がありました。血液型が同じだから、わたしの腎臓をもらいたいと。頼まれた、という感じではありませんでした。電話1本で腎臓をもらいたいと言っている自分の主張がいかに正当性のあることか、を滔々と並べ立てられた感じ。やりたいことがあるから。自分は同じ病気の患者にとって「希望の星」だから。PTSDになるくらいわたしのことをいじめ続けたことへの謝罪なんか、もちろんひと言もありません。自分がかか [続きを読む]
  • 「小さいことは気にしない、大きいことも気にしない」
  • タイトルを見て、「じゃあ、何も気にしないってこと?」と思われたことでしょうね。「小さいことは気にしない、大きいことも気にしない。笑って笑って、元気で行こう!!!」これは、わたしたちボランティアグループが月に1度活動を行っている、老人ホームでの締めの言葉です。簡単な振りを付けながら、利用者さんもわたしたちも全員で唱和します。わたしたちの老人ホームでの活動も丸6年を過ぎました。6年前からいらっしゃる方 [続きを読む]
  • 迷惑メール
  • 設定が悪いのか、それとも他の理由なのかは分かりませんが、連日我が家のパソコンに100件前後の迷惑メールが届きます。一応「迷惑メールフォルダ」に振り分けられてはいるのですが、ちゃんとしたメールもそこに入っている場合があるため、一括して削除する訳にはいかず、取りあえず差出人名と件名をザっと見ながら本物の迷惑メールだけを削除していきます。以前はひと目でそれと分かるものが多かったけれど、最近は「これって本物 [続きを読む]
  • 自分を大切にしようと思います
  • ねえさんから来たメールについて、夫や子供たち、仕事の上司の女性に話しました。全員から「面倒見るのは止めるべき」と止められました。「せっかく『うつ病』も良くなったのに、みすみす再発するために面倒見るようなものだ」と。わたしがハッとしたのは、「第一どの面下げてあなたに『面倒見てくれ』なんて頼んで来るのか。非常識にも程がある」という夫の言葉。同じ意味のことを上司にも言われました。でも、二人から言われるま [続きを読む]