かっぽうぎ さん プロフィール

  •  
かっぽうぎさん: 50代の普段着物~母の着物から始まるハッピーライフ
ハンドル名かっぽうぎ さん
ブログタイトル50代の普段着物~母の着物から始まるハッピーライフ
ブログURLhttp://fufufu5963.blogspot.jp/
サイト紹介文普段の着物を自分流に楽に着る、その工夫やコツ、コ?デやリメイクを記録。日舞や楽器演奏の活動も記録中。
自由文憧れていた60代はもうすぐそこ♪ますます自分に還り自分を生きるのだ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2012/06/23 21:48

かっぽうぎ さんのブログ記事

  • 舞台衣装〜男女両用着物、なんちゃって男着物への加工と着方
  • 明日と明後日は2カ所の高齢者施設で舞踊ボランティアです。この袴との組み合わせ衣装は何度目?・・ということで着てる自分自身が飽きてしまいました。袴は1枚きりなので着物を替えることに。袴との色合わせから無難なこの白を選びました。男踊りにも女仕立ての着物とは・・?舞台衣装は男女両用着物が便利(曲にもよるが)白地にデフォルメされた鳥の柄、霞か雪か・・。重ね衿は赤でも八掛けが黒。重ね衿は取り替えも簡単だし、 [続きを読む]
  • 袋帯からのリメイク小袋帯で、ポリエステル着物に文庫結び
  • 今日はこの袋帯をリメイクした半巾帯を締めてみました。(娘時代の袋帯を半巾帯と角帯にリメイク)試そう試そうと思いながらも、1年以上も過ぎてしまいましたね。。ちなみに、これは袋帯の半巾版なので、言わば"小袋帯"ということですね。元が九寸の袋帯(芯はなし)で刺繍糸が裏に沢山渡っていることもありとっても地厚です。なので締めにくいのかもしれないなと、正直思ってはいました。が、このように文庫結びがラクに出来まし [続きを読む]
  • モノトーンな真綿紬は、こなれた雰囲気の普段着物、半巾帯に帯留
  • 今年はこれで3度目、昨日は"普段の着慣れた着物"というイメージがピッタリのモノトーンな真綿紬を着ました。身丈も裄も私には少し短め。踊りやお洒落着としては着ないので裄はこのままでも許容範囲。"紬"ということもあり、短めの方がいかにも普段着物らしい雰囲気です。身丈の短さは腰紐の位置を下げれば十分調節可能な範囲。「身長のマイナス5?までなら短くても十分に着られる身丈」とはよく言われますが、私はこの方法で10 [続きを読む]
  • 村山大島に縞々半巾帯、汗染みのこと、北海道地震
  • 孫の運動会が地震災害によって中止となったため、休む予定をしていた踊りの稽古に今日も出かけました。単衣でも、なるべく薄手の着物と思い選んだのがこの村山大島。糸が細いからでしょうね。薄〜い紙(例えれば)のよう。一度は洗い張りして仕立て直し。それだけ着込んでしなやかです。地味なイメージですけど、絣柄を近くで見ればチューリップのような柄も。意外に可愛いんですよね。今日も今日とて大汗かき。蒸し暑かったし、今 [続きを読む]
  • 化繊の縮緬着物、大人のピンク
  • 朝方の強風は通り過ぎ、雨にも降られることなく無事踊りの稽古にも行けました。雲は多くても晴れていて蒸し暑く・・なので今日はシャラシャラっとした薄手の縮緬を着ました。危うい天候でも化繊ならホント安心ですね。大人のピンク?オールド・ローズという色らしい。ピンクでもグレーの混ざったような渋いピンクだと全く抵抗もありません。何度着ても飽きないのはいいのだけれど、洋服のように簡単に手放せないのは和服の魅力?。 [続きを読む]
  • 初夏から初秋まで着る琉球絣柄の綿麻着物に麻の帯
  • なんだか蒸し暑いと思ったら、晴天に数分間の通り雨が。そんな9月の初日には、琉球絣柄(プリント)綿麻の単衣着物を選びました。この夏には半衿を省いて浴衣としても着ていて、初春から初秋までたっぷり着られる着物です。この、先日と同じ麻の帯を締めたかったので、イメージの合いそうな綿麻着物を選んだというわけ。エスニック感漂う麻帯との好きな組み合わせです(今年最後の麻帯)この綿麻着物は、麻が30%で木綿60%。 [続きを読む]
  • 孫にヅラ、踊りボランティア(活動日2018,8,26)と「夏の舞踊祭鑑賞」
  • 今日の衣装、和の男装この6月からボランティアではずっとこの衣装です。ボランティアの場合は1年間に1曲。年内に同じ施設が重ならない限りは同じ曲で通しています。いろいろと変えるより楽だからですが、同年内で同じ施設に2度の訪問では曲を変えるので衣装も変わるわけです。袴がこれ1枚しかないので、今やってる踊りにはこの組み合わせくらいしかありません。白黒の、縞の袴が1着欲しいところ。ボブからアップヘア髪をボブ調に [続きを読む]
  • 綿絽の浴衣は木綿の夏着物としてもOK|稽古の風景
  • 綿絽の浴衣を木綿の夏着物として着る今日は綿絽の浴衣で稽古。これで夏の普段着は全て一通り袖を通すことが出来ました。稽古が増えたおかげかな。綿絽の「浴衣」ではありますけども、半衿有りで「木綿の夏着物」として着ました。名古屋帯で着てもバッチリな柄、蕗(フキ)の葉柄がとっても気に入っていますよ。うそつき好き(付け衿)の私にしては珍しく今日は襦袢着用でした。長襦袢ではなく、上下に分かれた二部式のです。ポリ麻 [続きを読む]
  • 縦絽の着物☆大島調、夏のポリエステル着物
  • 疲れ気味?・・のかっぽうぎです。目がくぼんでるよ。とか、又痩せたんじゃない?頬がこけてるよ。とか、今日はみんなに言われました??ゴツゴツと骨ばった顔だから、余計にそう見えるんですよねきっと。毛染めもしばらくしていないので顔回りに白髪が見え放題。結構そんなことも印象に影響しますよね?今晩こそは染めなくちゃ。また急に暑くなり体調も変化。全身のむくみが汗になって全て出切った感じです。帰ってきて、もうヨレ [続きを読む]
  • 紗の小紋に娘時代の半巾帯、文庫系の変わり結び
  • このお盆期間は涼しいの通り越して寒く、今日は数日ぶりの暖かい陽射し。それでも浴衣の気分ではなくて、踊りの稽古には普通に夏着物を着て出掛けました。青緑を薄くしたような色に、いつもなら白っぽい又は黄色っぽい色の帯をしていますが、どうかな?と思いながらオレンジの帯を締めました。これ中学生頃のものですよ。この帯の色ひとつで、顔映りがパーッと変わりますね。ウロコの地模様に鮮やかなオレンジ、可愛い波々線の柄。 [続きを読む]
  • 組み織り帯(組み帯、組み紐帯)の、未仕立て帯地をゲットする
  • 組み織り帯(組帯、組紐帯)ゲット!お盆帰省で、姉から未仕立ての帯地をもらって来ました。これは組み織り帯というものだと思います。組み帯とか組み紐帯とか言われている、帯の反物です。かなり前に姉が親戚から譲られたものだということですが、仕立てることもなく今に至り、箪笥の整理と称し私に回ってきました。私にとっては、超ラッキー!長さ的には名古屋帯。未仕立てではありますがタグもシールも何も証するものは付いてい [続きを読む]
  • 名古屋帯の「本角だし」結び方、正統派バージョンと簡単バージョン
  • 一口に「角だし」と言ってもいろいろですよね。私自身、着物始めの頃はネットで見てもホント色々あり過ぎて迷いに迷ったものです。分からないゆえに「正しさ」を求めていた?みたいなね?? よくあるパターン。ですけど、そもそもお太鼓系結びの原型「本角だし」が、帯揚げ帯締めなどの小物を必要としない、粋で楽なお太鼓結びだと納得。これこそワタシ向きだと思ったものです。小物が要らない分、半巾帯感覚ですからラフな装い向 [続きを読む]
  • 初の音楽スタジオと今感じたことの記録
  • 今度、地域の集まりで演奏するため、昨夜は貸し「音楽スタジオ」で2時間ほど演奏の練習をしてきました。「音楽スタジオ」初体験です。普段は曲決めなどの打ち合わせや演奏の練習といえば、ウクレレ仲間のお宅や自宅、公民館などでしていますが、初スタジオの雰囲気にはちょっとワクワクでした。地域集会ではお楽しみコーナーのひと枠として3曲予定しています。同じ地域に住む壮年の方一人と私と息子の3人で演奏です。その壮年の [続きを読む]
  • 娘時代を思い出す〜500円のロウケツ染浴衣に紗半巾
  • フリマでワンコインの浴衣 を、早速着ました。身丈の足りなさは腰紐を低く締めれば解決しました。単純に、前幅後ろ幅はこのサイズが丁度いい?で、肝心の裄丈は私には寸足らずでしたが、ありがたいことに肩幅と袖幅の両方ともたっぷりの縫い代があったおかげで、余裕で直しが出来ました。袖幅のみ2?出して34,5?の袖幅に。肩幅からも出せば完璧なところ・・今回は省略。浴衣は着物ほど裄は長くしなくていいし〜・・って、ホ [続きを読む]