Kazu さん プロフィール

  •  
Kazuさん: タイから男を磨け!
ハンドル名Kazu さん
ブログタイトルタイから男を磨け!
ブログURLhttp://kazuyateikoku.blogspot.com/
サイト紹介文タイからアジアを駆ける、チンギスハーンのような男になりたいと思ながら、タイで暮らす男の日記です。
自由文タイ情報。徒然なるままに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2012/06/25 16:51

Kazu さんのブログ記事

  • バンナの県泰豊のエビチャーハンが劣化??
  • 休日のランチでセントラルバンナに。ここにあの台湾の有名店、県泰豊が出来てるのだ。12時前だったので席は空いていたが、13時頃には満席だった。タイ人にも有名なようだ。せっかく台湾料理のお店なので、これは外せないぜ。小籠包。県泰豊の看板メニューだ。でも、小さい。そう、俺はここの小籠包はそこまで高評価してないのだ。有名なだけ。実際に台湾の友人も、地元民は行かないよ〜。人多いし、高いし、小さいし。おっと、勘違 [続きを読む]
  • ラムカムヘンにラーメン屋の味彩が出来るも…
  • ラムカムヘンのスタジアム付近のお気に入りのベトナム料理でも食べようかと思っていたが、この看板が飛び込んできたぜ。「味彩」アソークに出来たときは好きな味だった。味が落ちたんじゃね?って噂を聞いていたが、アソークの味彩は美味しくて健在だ!って思った御気に入りの店。まさかラムカムヘンに進出してるとはね。この辺ね。じゃあ、今日はラーメン食うべ。中に入ると畳席が。でも、畳席はタイ人には人気無いのか、みんな普 [続きを読む]
  • パタヤのフーターズ女子は、本場の巻き舌英語でいらっしゃる。
  • パタヤで初のフーターズに。鳴り物入りでタイにできたフーターズ。しかし、パタヤでセクシーレディーって言われても、フーターズの制服など霞むほどのセクシー嬢たちが渦巻く魔都。という事で、今まで行く機会がなかった。が、今回初のフーターズ潜入だ。まずはビールを注文。ウエイトレスの女性が来てくれる。テーブル担当者で名を名乗る。アメリカスタイルだね。でも、彼女の英語…聞き取りにくい。タイ人のしゃべるタイ人英語じ [続きを読む]
  • パタヤの絶景を見ながらステーキやらハンバーガーで漫喫。
  • パタヤにやってきた。セントラルデパートで昼飯にしよう。今日はジャンキーなものが食べたい気分。そういえば、6Fにステーキ屋さんがあったような…6Fのビーチ側のお店。 hippopotamusオーストラリア系??まぁよくわからんが入ってみよう。ステーキとかハンバーガーとか、いかにも白人様御愛用のメニューだ。とりあえず、ごっついハンバーガー食べてみようかと。ブルーチーズハンバーガーを頼もう。すると店員さん。ソースを? [続きを読む]
  • メガバンナに出来た大阪王将は、あの頃の中華料理屋さんか?
  • メガバンナに大阪王将ができてるって噂を聞いた。トンローだのタニヤ?などにあるようだが、遠すぎるぜ。メガバンナだと行くしかない。で、どこだ?レストランゾーンにはない。インフォーメーションで聞いていみると…まさかこんな感じ。しかし、箱だけ大きな店よりこれくらいん方がいいんじゃないか?本当は、京都王将の方が好きだ。ファミレスっぽい大阪王将より、下町の中華料理屋さん風の京都王将の方が…なに!大阪王将にして [続きを読む]
  • こんな洒落たラーメン屋なんて所詮…ってうまかったMISOYA
  • プロンポンのエムクオーティエ。今回のランチはここで。吹き抜けのオシャレなデパート。こんなところでランチだが、どうしてもラーメンが食いたくなった。たしかここにMISOYAがあったが…しかし、こんな洒落たところのあるラーメン屋なんて所詮、期待なんかしない。辛みそラーメン。札幌系なのか、ポテトが入ってる。辛さは中からなので、ちょっと赤い。まぁでも所詮デパートのラーメン屋。じゃさっさと食おうかな。どれ。うむ?? [続きを読む]
  • 今年もパタヤのビキニランに参加!もちろん下心はない…
  • 今年もこの季節がやってきたぜ!パタヤのビキニランだ。ビキニでパタヤビーチを駆け巡るという夢の大会だぜ。しかし、スタートが16時…そう、灼熱だよ。しかし、暑さの中、汗いっぱいの女子と走ろうじゃないか!15時ころより、セントラルでイベント開催だ。今年は日本からレースクイーン?が来たようだぜ。彼女たち。MC「パタヤの海はきれいですか?」と、無茶振りだぜ。日本女子「とってもきれいです」しかし、そこは空気を読むこ [続きを読む]
  • シラチャで一番の餃子はこれだと確信。
  • ソンクラーンはシラチャ泊だった。仕事だよ、バカ野郎。シラチャにはソンクラーン中にも日本人はたくさんいるので、ある一定数の居酒屋はオープンしていた。年末年始も閉めずに、ソンクラーンももちろんオープンしていたので、よく通わせてもらった居酒屋が、「大吉」これといって何がって個性のある居酒屋ではなくて、なんでもまんべんなくメニューがある、古き良き時代の海外の居酒屋スタイルだ。そんな大吉に何回か通っていた最 [続きを読む]
  • 外国人にも何故か人気のウドムスック駅下の食堂
  • BTSウドムスックの駅下。どこにでもあるような食堂。イサーン系がメインのようだ。ウドムスック住まいなので、日本から友人が来るとここに来るのだ。なぜかって?これだよ。スクンビット脇のロケーション。排気ガス&騒音を横目にビールを飲むのがバンコクスタイルだろ?これにコームヤーンなんてつけると…うむうむ。これは完全におっさんの晩酌。そんなここだが、意外に外国人客も多い。ファランもいる。俺の隣は中国人の3人組。 [続きを読む]
  • タイの「吉野屋」と「すき家」の激辛牛丼の軍配は?
  • タイにも進出している日本の牛丼チェーン。タイでの店舗数も拡大しているので、タイ人にも受け入れられているのだろう。タイに出てきたチェーン系には、タイならではのカスタマイズ料理が誕生する。ラーメン系ならトムヤム化ってところ。牛丼の場合には、激辛化だ。では、早速2代チェーンの激辛丼を比べてみるぜ。まずは吉野家。見た目的にごくごく普通。おいおい、吉野家。タイ歴6年の俺に、この程度の唐辛子でスパイシーって言 [続きを読む]
  • 田舎の観光地のレストランでの注意事項!
  • タイの田舎に旅行したとき、そこがまぁまぁの観光地だったときのあるあるだ。そんな地方の食堂およびレストランで注意しないといけないのが、客の入り具合。お客さんがたくさんのお店をさがせってことか?違うぜ!逆だぜ!!!そんな客のテーブルを見てみな。な、ぜんぜん料理出てきていないだろ??地方の有名店とかは別だぜ。普段は何もないまぁまぁの観光地。週末ちょっと人が増える様な場所。こういうところでは客の待ち具合を [続きを読む]
  • タイの大戸屋のランチにハマると、コストがかさむ。
  • タイの大戸屋。俺の中では少しランクが上な日系チェーンだ。ランチで300バーツは超えてくるので、そうそう頻繁には行っていないのだが、久々に行くと、やっぱうまいぜ。タイの大戸屋を批判してるブログやツイッターをたまに見るが…正気ですか!俺は気に入ってるぜ。最近の新メニュー。豚のほほ肉だ。イサーン料理ですか?ってバカにしていたが、肉の香ばしさがあってうまい!そして野菜たっぷりのこれ。これは健康にもよかろう。 [続きを読む]
  • タイの丸亀の漆黒の「ぶっかけうどん」
  • 暑くなってきたタイ。こんな日はやっぱりうどんだよなぁ。四国出身なので、うどんと言ったら、ぶっかけ系なのだ。メガバンナ付近にいたので、今日は丸亀製麺でランチ。注文したのは、温玉ぶっかけ(冷)。これが俺の中で王道にして最強。そして待つ事、15分??15分???過去にも丸亀をディスってきたが、今日もうどん仕込んでいなかったのか、お昼時、客1名で15分待たされる接客。店員さんは目視できるだけで7人はスタんばってい [続きを読む]
  • ふらっと入ったラーメン屋「城」で、餃子革命がおきる。
  • シラチャで昼飯を。つけ麺の「城」に。バンコクのエカマイにあるので、たまに行くお店。つけ麺が美味しくて好きなのだ。この日は週末だったので、ビールを。98バーツ?だったかな。これ。おっとこれはいけない。まず、グラスが小さい。中ジョッキでこんかい!そして、せめてチンチンに冷やしてこんかい!オーダーはもちろんつけ麺。と、餃子。厨房は、どうみてもアルバイトっぽい兄ちゃんお嬢ちゃんたちなので、大丈夫かなと心配 [続きを読む]
  • シーチャン島の魅力に気が付いたのが今さらでごめんよ。
  • 先週末、シーチャン島に行ってきた。シーチャン島でトレイルランの大会があったので参加したのだ。タイ歴6年だが、シーチャン島には行ったことが無い。バンコクからすぐ近い海に魅力なんてないぜ!って思っていた。あの頃の俺はなんて無知なんだ…シーチャン島にはシラチャからボートで向かう。今はロイ島の桟橋が工事中の為、ロイ島からの情報ブログは、無視しときな。他の桟橋…まぁ行けばわかる。トゥクトゥクにシーチャン島に [続きを読む]
  • 人気のタイ料理屋で、久々にタイ料理のレベルの高さを知る。
  • メガバンナの新築ゾーン。ここで食事を。「KUB KAO KUB PLA」タイ料理だけど、オシャレな雰囲気のお店だ。タイ料理の真髄は食堂&屋台だぜ派の俺からは、こういうお店は縁が遠い。日本からお客さんをもてなす場合は、ソンブーンの半分中華のタイ料理になるケースが多い為、なかなか本格派のタイ料理のレストランにはいかないもんだ。今回はいい機会なので、ここで食べてみた。どうよ、このオシャレな感じ。食堂のガッパオとは住ん [続きを読む]
  • アゴダの口コミの無茶苦茶な失笑コメント
  • 旅する時にはアゴダなり、Booking.comなど便利だ。昔は飛び込みで宿を探したもんだが、ゲストハウスや安宿も多く載っているので、これは使いやすいのだ。ここでホテルを選ぶ基準の一つが、口コミの点数と、口コミの内容なのだ。ここでよく思うんだけど…ゲストハウスと、高級リゾートの点数を比較すると…ゲストハウス系の方が高得点たたき出すことが多い。「オーナーが親切だった」「スタッフがフレンドリーだった」高得点をたた [続きを読む]
  • ウドムスックの日本食屋は「佐助」の1強時代。
  • ウドムスックで日本食を食べよう。なんて発想すら無かった数年前。しかし、ここ数年続く日本食ブームで、このウドムスックエリアにすら日本食屋が出てきているのだ。しかし…短命である。タイ人の、しかもウドムスックの客層に合うのって難しいようだ。かつては回転寿司屋さんもあった。永禄寿司だ。ここもずっとガラガラで、ずっと赤字だっただろうなぁ。その跡地にはマッサージ屋が出来てすぐ潰れ、次はパン屋さんのようだ。しか [続きを読む]
  • 2週連続で、ワインコネクション行くとこうなる。
  • ちょっとメガバンナで買い物を。しかも2週連続で。週末は朝走っている。朝に10キロ走って、シャワー浴びて、さぁゆっくりランチだ。メガバンナには日系チェーンもたくさん入ってるが、週末ランチに日系チェーンも味気ない。なので、ワインコネクションだ。まずはドラフトビールを。ところがワインコネクションにドラフトビールなくなっている。しかもメニュー少なくなってない?ここだけなのかな?まぁいいや。とりあえず、ビール [続きを読む]
  • 丼物の枠組みにとらわれないタイのすき屋のカフェランチ
  • タイにも進出してきている「すき家」ご存じ、牛丼チェーンのお店だ。もちろん牛丼がメインだが、タイに進出してきたこういう専門食チェーンはよくぶれる。その国の客の好みに合わせてると言えなくもないが、何でも屋、定食屋化していくのが定番だ。そんな「すき屋」も例外じゃないぜ。牛丼、ラーメン、カレーの3軸攻めかな?でも、この王道感は嫌いじゃないぜ。今回もそんなすき屋でランチに。うむ??こんなメニュー発見。なんか [続きを読む]
  • 虫の盛り合わせ480バーツに問う。
  • 友達が来たのでパタヤに。お決まりの虫の屋台だ。この程度の虫なら問題なく食うのだが、やはり日本から来たので友人も興味があるのだろう。ちょっと食ってみようぜとの流れに。そうしてると、ロシア人の若者2名も面白そうに寄ってきたので、さぁサソリを食おうか?俺は別に何ともないのでぼりぼりと。前に食ったサソリは漢方みたいでまずかったが、今回は少し苦いが香ばしくOK。しかしサソリ食う日本人に大盛り上がりのロシアン。 [続きを読む]