弁護士菊地正登 さん プロフィール

  •  
弁護士菊地正登さん: 英文契約書・国際企業法務の弁護士
ハンドル名弁護士菊地正登 さん
ブログタイトル英文契約書・国際企業法務の弁護士
ブログURLhttp://www.mkikuchi-law.com/
サイト紹介文英文契約書(全国対応)・国際企業法務を扱う弁護士です。初回無料相談を実施しています。
自由文東京都港区赤坂の法律事務所(弁護士16名)に所属する弁護士菊地正登(10年目)です。約3年間の英国留学・英国法律事務所での勤務研修経験を活かし,企業向けにリーズナブルな価格設定で英文契約書の作成,海外展開サポート,無料法律相談を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2012/07/03 10:33

弁護士菊地正登 さんのブログ記事

  • Compensation(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に登場する英文契約書用語に,Copmpensationがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「補償・賠償」という意味で使用されます。  何らかの価値が減った,つまり,損害となったものを穴埋めして補填するというような意味合いでこのcompensationは使われます。  動詞はcompensateです。これは,「補償する・賠償する」と [続きを読む]
  • Condition subsequent(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Condition subsequentがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「解除条件」という意味で使用されます。  対義語としては,condition precedent(停止条件)があります。  Condition subsequentのconditionは,「条件」を意味していて,subsequentは「その後」などという意味です。   [続きを読む]
  • Condition precedent(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Condition precedentがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「停止条件」という意味で使用されます。  反対に,解除条件は,condition subsequentといいます。  Condition precedentのconditionは,「条件」を意味し,precedentは,「先行する」というような意味です。  つまり,先 [続きを読む]
  • Competent(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Competentがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,「権限ある」という意味で使用されることが多いです。  英文契約書でよく見かけるフレーズは,competent jurisdicitionやcompetent courtというものだと思います。  これは,「正当な権限ある裁判管轄,裁判所」というような意味です。  英 [続きを読む]
  • Discontinue(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Discontinueがあります。  これは,色々な意味がありますが,英文契約書でよく使用される意味は,「(商品)を廃止する」です。  販売店契約(Distribution/Distributorship Agreement)などの継続的な売買契約では,商品の売買が中長期的に繰り返されます。  そうすると,時間の経過とともに,商品がライ [続きを読む]
  • Audit(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書の作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正の依頼を受ける際によく受ける相談・質問に,Auditがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「監査する」という意味で使用されます。  このauditは,英文契約書で頻出する用語の一つです。  当事者や,会計士などの専門家が,何かを調査したり,監査したりするということを規定するときにこのauditという用語がよく登場します。 [続きを読む]
  • Apply(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Applyがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「適用する」という意味で使用されます。  英文契約書の各条項は,基本的に,その内容に合意した者,つまり,契約書の当事者としてその契約書にサインした者に適用されます。  ただ,契約書を作成,審査・チェックすする際に,原則,サイン [続きを読む]
  • Bind(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に登場する英文契約書用語に,Bindがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「拘束する」という意味で使用されます。  英文契約書で使用されるときは,特に,「法的に」拘束するという意味で使用されることが多いです。  契約書は,その契約書にサインする当事者が合意した内容を記載するものですので,契約書を締結す [続きを読む]
  • At any time(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に登場する英文契約書用語に,At any timeがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「いつでも」という意味で使用されます。  よく見かけるのは,販売店契約(Distribution/Distributorship Agreement)のような,ある程度の期間継続する契約の中途解約条項の中です。  中途解約とは,契約期間中に,相手方に契約期間 [続きを読む]
  • Collectively(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Collectivelyがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「総称して」という意味で使用されます。  英文契約書では,定義条項(Definition Clause)が設けられることが多いです。  このcollectivelyは,英文契約書の定義の条項でよく登場します。  なぜ,契約書において用語を定義するか [続きを読む]
  • Become immediately due and payable(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Become immediately due and payableがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「直ちに期限が到来し弁済しなけばならない」という意味で使用されます。  日本語でいうところの「期限の利益の喪失」条項で登場する文言です。英語では,accelaration clauseといいます。  これは,債務者が [続きを読む]
  • In favor of...(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,In favor of...があります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「…の利益になるように」という意味で使用されます。  因みに,イギリス英語では,in favour of...と綴ります。  英文契約書で,イギリス英語なのかアメリカ英語なのかは,どちらのタイプを使用しても,正直実務的にはあま [続きを読む]
  • Successively(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Successivelyがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「継続的に/引き続いて」という意味で使用されます。  あまり見かけないですが,類義語としては,continuouslyが挙げられるかと思います。  契約書では,一定の行為が何回予定されているのかということを明確に記載することが大切 [続きを読む]
  • 海外取引によくある並行輸入を巡るトラブルとその解決法
  •  日本の㈱ABC販売は,フランスの㈱XYZ製造から「フォンセ」というブランドのアクセサリーを独占販売店として輸入し,日本国内で販売することになりました。  ㈱ABC販売の社長は,何度もフランスを訪れ,㈱XYZ製造の社長を口説き,ようやく勝ち取った独占販売権(Exclusive Sales Right)でした。  その後,㈱ABC販売は喜び勇んでオンラインと実店舗での商品販売を展開し,販促活動・マーケティング活動に勤しみました。   [続きを読む]
  • Subsequently(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Subsequentlyがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「その後」という意味で使用されます。  Subsequentlyが,英文契約書で使用される場合は,最初にこう,その後はこうというように,時系列が後になることにより取り扱いが変化するようなときに,よく登場します。  最も典型的と思わ [続きを読む]
  • At one's own account(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,At one's own accountがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「…の費用負担で」という意味で使用されます。  英文契約書で使用される類義語には,at one's own expenseがあります。  こちらも,「…の費用負担で」といういみになります。  これらは,あくまで,契約書 [続きを読む]
  • Arm's length(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Arm's lengthがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「独立した対等な関係」という意味で使用されます。  当事者が契約関係に入る場合,その当事者間の関係性がどういうものであるのかが問題になることがあります。  例えば,本人と代理人という関係性になるのか,使用者と非使用者という関 [続きを読む]
  • Not more than, not less than(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に登場する英文契約書用語に,Not more than, not less thanがあります。  これは,英文契約書では,数字を伴って登場することがほとんどです。  直訳で和訳すると,not more than five (5)で,「5を超えることはない」という意味になります。  これでは,ややこしく感じると思いますので,端的に表現すれば,5を超えないわけなので,「5 [続きを読む]
  • Over(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に登場する英文契約書用語に,Overがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,数字と組み合わせて使用されることが多く,「…を超えて」という意味で使用されます。  例えば,over thirty (30)という場合,「30超」という意味になります。  30超ですので,30は含みません。  同義語としては,more thanがあります。Mor [続きを読む]
  • Notify(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に登場する英文契約書用語に,Notifyがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「通知する」という意味で使用されます。  類義語としては,informが挙げられます。  海外企業と何らかの取引関係に入る場合,いろいろな場面で当事者間で書面やメールによって通知をするということになります。  通知の種類もいろいろと [続きを読む]
  • Is permitted to/allowed to...(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Is permitted to/allowed to...があります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,許可を意味し,和訳としては「…することが許される」という意味で使用されます。  同様の許可を表す表現として,英文契約書ではmayもよく使用されています。  ただ,mayは多義的な用語ですので,mayを使用 [続きを読む]
  • For the time being in force(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,For the time being in forceがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「その当時有効な」というような意味です。  例えば,英文契約書において,適用法を遵守するという条項を入れた場合に,法律は改廃されますので,契約書を締結した後に,英文契約書に記載した名称の法律がなくなったり [続きを読む]
  • Settle, settlement(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Settle, settlementがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,「(紛争の)解決/和解」または「精算」という意味で使用されることが多いです。  紛争を予防するために,予め契約書を作成するのですが,残念ながら,それでもトラブルや紛争というのは起こってしまうことがあります。  そうなっ [続きを読む]