弁護士菊地正登 さん プロフィール

  •  
弁護士菊地正登さん: 英文契約書・国際企業法務の弁護士
ハンドル名弁護士菊地正登 さん
ブログタイトル英文契約書・国際企業法務の弁護士
ブログURLhttp://www.mkikuchi-law.com/
サイト紹介文英文契約書(全国対応)・国際企業法務を扱う弁護士です。初回無料相談を実施しています。
自由文東京都港区赤坂の法律事務所(弁護士16名)に所属する弁護士菊地正登(10年目)です。約3年間の英国留学・英国法律事務所での勤務研修経験を活かし,企業向けにリーズナブルな価格設定で英文契約書の作成,海外展開サポート,無料法律相談を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2012/07/03 10:33

弁護士菊地正登 さんのブログ記事

  • Representations and Warranties(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Representations and Warrantiesがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「表明保証」と和訳されます。  Representations and Warranties(レプレゼンテンションズアンドワランティズ)を略して,「レプワラ」などと呼ばれることもあります。  この表明保証条項は,契約当事者がある内容が真 [続きを読む]
  • Threaten(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に登場する英文契約書用語に,Threatenがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,受け身で使用されることがあり,threatenedという形で見られます。  「おそれがある」という意味で使われることが多いです。  例えば,ある事由が生じた場合,契約を解除できるという条項があったとします。よくあるのは,当事者が破産手続きを [続きを読む]
  • Assure(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に登場する英文契約書用語に,Assureがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「保証する」という意味で使用されます。  それほど,頻出する英文契約書用語ではないのですが,いわゆる表明保証条項の保証内容を示すときにassureが使われることがあります。  Assureより使用頻度が高いのが,warrantです。表明保証は,Re [続きを読む]
  • Through a third party(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に登場する英文契約書用語に,Through a third partyがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「第三者を通じて」という意味で使用されます。  英文契約書では,何かを禁止する条項(英語ではCovenantと呼ばれます)で登場することが多いです。  例えば,競業禁止条項(Non-Competition Clause)などで,買主が売主の商 [続きを読む]
  • 英文契約書の相談・質問集81 清算条項(Release and Discharge)とは何ですか。
  •  英文契約書の作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正の依頼を受ける際によく受ける相談・質問に,「清算条項(Release and Discharge)とは何ですか。」というものがあります。  これは,当事者間で何らかの紛争が生じ,和解で解決するようなときに,和解書・合意書によく登場する条項です。  当事者間で,相手方に請求権があるかどうかなど何らかの争いが生じた場合に,その争いごとを解決するというときは [続きを読む]
  • 英文契約書の相談・質問集79 英文契約書の印刷はどちらがすべきでしょうか。
  •  英文契約書の作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正の依頼を受ける際によく受ける相談・質問に,「英文契約書の印刷はどちらがすべきでしょうか。」というものがあります。  もちろん,契約当事者のどちらが契約書の最終バージョンを印刷しても法的に問題はありません。  ただ,私のお客様には,基本的には自社で契約書を印刷するように勧めていることが多いです。  なぜなら,相手方に契約書を印刷させ [続きを読む]
  • Engagement Letter(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に登場する英文契約書用語に,Engagement Letterがあります。  これは,日本でいうところの委任契約書と考えれば良いと思います。  例えば,海外の弁護士に委任業務を行ってもらう際に,このEngagement Letterを委任契約書としてサインして提出します。  Engagement Letterには,受任者が行う業務の内容や,委託費用と支払い方法,契約期 [続きを読む]
  • Except as otherwise provided in this Agreement(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Except as otherwise provided in this Agreementがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「本契約に別段の定めがある場合を除き」という意味で使用されます。  この表現が前置きされる条項が例外的に適用されない場合について言及していることになります。  つまり,Except as otherwise pro [続きを読む]
  • Would reasonably be expected to...(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Would reasonably be expected to...があります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「…が合理的に発生しうる」という意味で使用されます。  類似の表現として,is likely to...という表現があります。  これらは,...の部分にくる事象が起こった際には,一定の効果が生じるという文脈で使用 [続きを読む]
  • 英文契約書の相談・質問集75 As is(現状有姿)での売買とは何ですか。
  •  英文契約書の作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正の依頼を受ける際によく受ける相談・質問に,「As is(現状有姿)での売買とは何ですか。」というものがあります。  As is(as is basisなどともいいます。)というのは,和訳すると「現状有姿」ということになります。  例えば,売買契約において,売主が買主に商品を売る場合,通常は品質保証や瑕疵担保責任などを売主が買主に対して負っていると思い [続きを読む]
  • 英文契約書の相談・質問集71 並行輸入に対抗する方法はありますか。
  •  英文契約書の作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正の依頼を受ける際によく受ける相談・質問に,「並行輸入に対抗する方法はありますか。」というものがあります。  並行輸入とは,例えば,海外のあるメーカーから日本企業が正規販売代理店として指名を受け,メーカーの商品を日本で独占的に販売展開できるという権利(Exclusive Distribution/Distributorship Agreement)を得たとします。 日本企業は,総 [続きを読む]