弁護士菊地正登 さん プロフィール

  •  
弁護士菊地正登さん: 英文契約書・国際企業法務の弁護士
ハンドル名弁護士菊地正登 さん
ブログタイトル英文契約書・国際企業法務の弁護士
ブログURLhttp://www.mkikuchi-law.com/
サイト紹介文英文契約書(全国対応)・国際企業法務を扱う弁護士です。初回無料相談を実施しています。
自由文東京都港区赤坂の法律事務所(弁護士16名)に所属する弁護士菊地正登(10年目)です。約3年間の英国留学・英国法律事務所での勤務研修経験を活かし,企業向けにリーズナブルな価格設定で英文契約書の作成,海外展開サポート,無料法律相談を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/07/03 10:33

弁護士菊地正登 さんのブログ記事

  • Cease(英文契約書の弁護士による用語解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳)する際に登場する英文契約書用語に,Ceaseがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「止める」という意味で使用されます。  特に,英文契約書に特有な用語というわけではないですが,よく登場します。  例えば,英文販売店契約書(Distribution Agreement)などで,契約が終了した場合,販売店(Distributor)は,直ちに商品の販売を中止し [続きを読む]
  • Non-Compliant(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック,翻訳(英訳/和訳),修正する際に登場する英文契約書用語に,Non-Compliantがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「(契約書の条項などを)守っていない」という意味で使用されます。  英文契約書で,契約違反などを表す用語としては,他にもbreachやviolateという用語があります。  違反当事者などは,breaching partyなどと表現されることがあります。  このnon-co [続きを読む]
  • Accept(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を,作成,チェック,翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Acceptがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,「承諾する」という意味で通常使用されます。  特別な英文契約書用語ということではなく,一般的な用語ではありますが,重要な単語です。  当たり前ですが,契約は,当事者双方が合意してはじめて効力を生じるものです。  通常,どちらかの当事者が,契約の申 [続きを読む]
  • Along with...(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック,修正,翻訳(英訳/和訳)する際,登場する英文契約書用語に,Along with...があります。  これは,英文契約書特有の用語ということではありませんが,「…と一緒に」という意味で使用されます。  何らかの行動をすることを義務付けた場合に,その行動をするときは,…も一緒に提出するように要求する場合などに使われる表現です。  例えば,英文売買契約書などで,商品に瑕疵が [続きを読む]
  • Change of Control(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック,修正,翻訳(英訳/和訳)などする際によく見かける英文契約書用語に,Change of Controlがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「支配権の変更」という意味で使用されます。  例えば,販売店契約(Distributorship Agreement)を,日本企業がサプライヤーとして,海外の販売店と契約したとします。  契約前に,相手の与信審査や,Due Diligenceなどを行い,信頼できるパ [続きを読む]
  • 英文契約書質問集22 製造物責任というのは何でしょうか。
  •  英文契約書の翻訳(英訳/和訳)・作成・チェックに関する基礎的な質問に,「製造物責任というのは何でしょうか。」というものがあります。 製造物責任とは,簡単にいうと,商品に欠陥があった場合に,その欠陥が原因で,人が怪我をしたり亡くなったり,別のものが壊れた要な場合にメーカー等が負う責任のことです。  製品の瑕疵担保責任や,製品保証と違い,あくまで,製品に欠陥があるから使えないなどという製品そのもの [続きを読む]
  • 英文契約書質問集21 域外適用というのは何でしょうか。
  •  英文契約書の翻訳(英訳/和訳)・作成・チェックに関する基礎的な質問に,「域外適用というのは何でしょうか。」というものがあります。 これは,一般的に,ある国(州なども含む議会などの単位)がある法律を制定した場合,通常は,その国のみに適用されるものが,その国を超えて,別の国や地域にも適用されることを指します。 代表的なものは,米国のAntitrust Law(反トラスト法)や,EUのCompetition Law(競争法),米 [続きを読む]
  • 英文契約書質問集20 裁判管轄はどこの国にすれば良いのでしょうか。
  •  英文契約書の翻訳(英訳/和訳)・作成・チェックに関する基礎的な質問に,「裁判管轄はどこの国にすれば良いのでしょうか。」というものがあります。   これは,かなり難しい質問です。そもそも紛争解決手段は,裁判にするのが良いのかということも考えなければなりません。 国際取引や英文契約書で定める紛争解決手段としては,Arbitration(仲裁)の方が一般的かもしれません。 仲裁と裁判の違いについて記載すると膨大 [続きを読む]
  • 英文契約書質問集19 販売店と代理店の違いは何でしょうか。
  •  英文契約書の翻訳(英訳/和訳)・作成・チェックに関する基礎的な質問に,「販売店と代理店の違いは何でしょうか。」というものがあります。 一言でいうと,販売店は,商品を自ら仕入れて買主となりますが,代理店は,商品を自ら仕入れず買主にはならないという点が最も顕著な相違点です。 販売店は英語ではDistributorと呼ばれ,代理店はAgentと呼ばれています。 日本では,例えば,総代理店などという表現に代表されるよ [続きを読む]
  • 資格等
  • 弁護士第二東京弁護士会国際委員会委員中小企業経営力強化支援法に基づく経営革新等支援機関 中小企業基盤整備機構による認定支援機関向け「海外展開支援研修」修了      国際取引業務検定協会(IBAT)実施の「国際取引業務研修」修了 日本弁護士連合会指定の中小企業の海外展開支援弁護士 [続きを読む]
  • 英文契約書質問集18 準拠法を定めておけば他の法律は適用されないですよね。
  •  英文契約書の翻訳(英訳/和訳)・作成・チェックに関する基礎的な質問に,「準拠法を定めておけば他の法律は適用されないですよね。」というものがあります。 確かに,多くの国で,当事者の合意を尊重するとされていますので,当事者がある国の法律をその契約について適用すると合意すれば,そのとおりになる可能性が高いといえます。 しかしながら,当事者が適用される法律を選択したからといって,当事者が合意した準拠法 [続きを読む]
  • 英文契約書の質問集17 販売店・代理店に独占販売権を与えるべきでしょうか。
  •  英文契約書の翻訳(英訳/和訳)・作成・チェックに関する基礎的な質問に,「販売店・代理店に独占販売権を与えるべきでしょうか。」というものがあります。  貴社が,海外の事業者を販売店や代理店として指名し,販売店を通じて自社商品を海外で販売展開するということがあったとします。  その場合,販売店としては,貴社の商品を独占的に販売し,他社を販売店に指名したり,貴社が直接現地の顧客に商品を販売できないよ [続きを読む]
  • 保有資格等
  • 弁護士第二東京弁護士会国際委員会委員中小企業経営力強化支援法に基づく経営革新等支援機関 中小企業基盤整備機構による認定支援機関向け「海外展開支援研修」修了      国際取引業務検定協会(IBAT)実施の「国際取引業務研修」修了 日本弁護士連合会指定の中小企業の海外展開支援弁護士 [続きを読む]
  • 英文契約書質問集15 英文契約書はネットにある雛形を変更して作れますよね。
  •  英文契約書の翻訳(英訳/和訳)・作成・チェックに関する基礎的な質問に「英文契約書はネットにある雛形を変更して作れますよね。」というものがあります。  弁護士の中には,ネットの雛形を利用するのは危険だという人も多いと思います。  もちろん,ネットにある雛形の出来がどうなのかという根本問題はありますが,中にはきちんとしているものもあるのも事実です。  反対に,まったく何もない状態から,英文契約書を [続きを読む]
  • 英文契約書の重要性と翻訳だけでは危険な理由
  • なぜ英文・英語契約書を作成・リーガルチェックしなければならないのか  企業間取引における英文・英語契約書は,当事者がそれぞれ相手方に求めること(権利)と,反対に自分がしなければならないこと(義務)を定めるものです。  国内の取引で信頼できる当事者であれば,このような権利と義務をわざわざ書面で定めずともビジネスは円滑に進むかもしれません。  しかし,突如,今まで信用していた海外取引先の営業パフォ [続きを読む]
  • Arise from/arise out of...(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文・英語契約書を翻訳,作成,チェックする際に登場するArise from/Arise out of...について解説します。  これは,英文・英語契約書で使用される場合,通常,「…から生じる」という意味で使用されます。  もっともよく使われると思われるのは,損害賠償(補償条項)(Indemnity/Indemnification)条項において,紛争などが…から生じた場合という表現です。 …arising from any act or omission i [続きを読む]
  • 英文契約書質問集9 契約書のドラフトは売主・買主のどちらが作るのでしょうか。
  •  英文・英語契約書に関して,よくある基礎的な質問に,「契約書のドラフトは売主・買主のどちらが作るのでしょうか。」というものがあります。  もちろん,どちらが作っても問題はありません。しかしながら,やはり自社で作成したほうが有利な内容を作れるので,極力自社で作成したほうが良いでしょう。  ただ,バーゲニングポジション(どちらの当事者が有利な立場にいるか)の関係や,例えば,ライセンス契約など,基本的 [続きを読む]
  • 2017年10月12日(「生涯投資家」村上世彰)
  •  最近読んだ本で特に面白かったのは,かつて「村上ファンド」を率いた村上世彰さんの「生涯投資家」です。 生涯投資家  「村上ファンド」が世間を騒がせていた当時,著者の村上さんがどのような目的と考えで,「敵対的買収」を行っていたのかが詳しく書かれています。  株主との対話によりコーポレート・ガバナンスを効かせ,企業が,設備投資,自己株式の取得,M&A,配当などを積極的に行うことにより企業のROEを高めること [続きを読む]
  • 2017年10月11日(個人の価値)
  • こんにちは。 最近,実感としても,本を読んだ感想としても,どんどん個人の力,個人の価値,個人の信用力がより一層重視されるようになってきていると感じます。 企業や組織が個人の寿命より短くなっている,そもそも個人の平均寿命がどんどん長くなっている時代背景もありますし,SNSなどで個人が簡単に情報を発信することができるようになったということも影響しているでしょう。 また,個人で利用できるネット上のプラッ [続きを読む]