弁護士菊地正登 さん プロフィール

  •  
弁護士菊地正登さん: 英文契約書・国際企業法務の弁護士
ハンドル名弁護士菊地正登 さん
ブログタイトル英文契約書・国際企業法務の弁護士
ブログURLhttp://www.mkikuchi-law.com/
サイト紹介文英文契約書(全国対応)・国際企業法務を扱う弁護士です。初回無料相談を実施しています。
自由文東京都港区赤坂の法律事務所(弁護士16名)に所属する弁護士菊地正登(10年目)です。約3年間の英国留学・英国法律事務所での勤務研修経験を活かし,企業向けにリーズナブルな価格設定で英文契約書の作成,海外展開サポート,無料法律相談を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2012/07/03 10:33

弁護士菊地正登 さんのブログ記事

  • Directly(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Directlyがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「直接的に」という意味で使用されます。  例えば,独占販売店契約書(Exclusive Distribution/Distributorship Agreement)においてよこう登場します。  この独占販売店契約書(Exclusive Distribution/Distributorship Agreement)では,通 [続きを読む]
  • Term Sheet(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英語・英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Term Sheet(タームシート)があります。  これは,通常,「条件概要書」などと訳されています。  英文契約書で使われる用語というより,英文契約書に至る前の交渉過程でよく使われる用語です。 契約交渉をする際の方法にはいろいろな方法があります。  Letter of Intent(LOI)やMemorandum of Und [続きを読む]
  • Proceedings(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Proceedingsがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「訴訟/訴訟手続」を意味します。  他にもactionやlitigationなども訴訟を表す英文契約書用語として使用されることがあります。  Proceedingsを,単に「手続き」というような意味で,英文契約書の内容を理解してしまうと,重大な誤りとな [続きを読む]
  • Ultra vires(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Ultra viresがあります。  「ウルトラ・ヴィレス」と発音するのが一般で,これは,英国法由来の概念になります。  特に英文契約書で記載したりすることがある用語ということではないのですが,聞いたことがあるかもしれません。  簡単にいうと,法人の定款の目的に記載された行為を,当該法人が行っても, [続きを読む]
  • Indemnification/Indemnify/Indemnity(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Indemnification/Indemnify/Indemnityがあります。  これらは,英文契約書で使用された場合,「補償」「補償する」という意味です。 これも英文契約書に頻繁に登場する条項です。 日本では,相手方に責めに帰すべき事由に基づく債務不履行があれば,救済措置として損害賠償請求や契約の解除が認められていま [続きを読む]
  • Term/terms/terminate(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語の一つに,Term, Terms, Terminateがあります。 英文契約書で使用される場合,通常,termは「期間」を指し,termsは「条件」を指します。  したがって,例えばterms and conditionsという場合は,契約の内容・条件という意味です。  Termの方は,Term and terminationというタイトルでよく登場します。「契約期 [続きを読む]
  • 英文契約書の条項の修正例2(Jurisdiction)(裁判管轄条項)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際によく見るJurisdiction(裁判管轄条項)について,検討の仕方,修正のポイントなどに触れたいと思います。  英文契約書でよく見られる裁判管轄の条項としては,いわゆる専属的合意管轄を特定の国の特定の裁判所に与えるという内容のものです。  例えば,「The partieshereby consent to and confer exclusive jurisdiction upon Tokyo Di [続きを読む]
  • Shall, will(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語の一つに,Shall, willがあります。  Shall, willは,日常用語とは意味を異にし,英文契約書で使用された場合には,当事者が行わなければならない義務を表します。  したがって,shallまたはwillの後に記載された内容を履行しなかった場合には,breach of the contractとして,契約違反,債務不履行責任を負うこ [続きを読む]
  • 英文契約書 Service Agreement(業務委託契約)
  •  英文契約書のうち,Service Agreement(業務委託契約)の英文契約書を作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正する際のポイントについて解説致します。  Service Agreementとは,委託者が一定の業務(調査業務,コンサルティング業務,顧問業務など様々な形態が考えられます)を受託者に委託し,受託者がこれを遂行することを約束する契約を指します。  サービスの範囲  サービスは,目に見えるものではない [続きを読む]
  • Without Prejudice(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Without Prejudiceがあります。  これは,英文契約書だけでなく,弁護士間の電子メールなどのコレスポンデンス(通信)にもよく登場します。 一般に,和訳する際は「他の権利に影響を及ぼすことなく」と訳されています。  わかりにくい和訳ですが,例えば,当事者に契約違反があった場合,相手方が損害賠償請求が [続きを読む]
  • Remit(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際によく登場する英文契約書用語に,Remitがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「送金する」という意味で使用されます。Payment(支払い)に関する条項でよく見られます。  T T Remittanceなどの用語もよく耳にすると思います。これは「電信為替送金」という意味で,実務的には,一般に銀行振込みによる送金をいいます [続きを読む]
  • Subject to...(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語の一つに,Subject to...があります。  このSubject to...は,英文契約書では非常によく使われ,幾つか意味がありますが,主として「…を条件として」という意味で使用されます。  つまり,subject to 以下が実現することが条件であり,その条件が成就しない限り,本文中の内容は効力を生じないというような意味 [続きを読む]
  • Then, then-current(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,ThenやThen-currentがあります。  これは,英文・英語契約書で使用される場合,通常,「当時の」という意味をもちます。  例えば,The Seller may, from time to time, review the price list under the then-current circumstances...(売主は,当時の環境下において,適宜価格表を改訂することができる… [続きを読む]
  • Whereas(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に登場する英文契約書用語にWhereasがあります。 あまり日常用語としては使わないでしょうが,英文契約書で使用されるときは,whereas以下で理由を述べるときに使います。  翻訳(和訳)する際にはWhereasという単語自体は特に訳していないことが多いです。  英文契約書の前文(recital)として,契約締結に至った背景・理由などを述べ [続きを読む]
  • In-warranty(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,In-warrantyがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「保証が付された,保証期間中の」という意味で使用されます。  販売店契約(Distribution/Distributorship Agreement)や,商品の売買契約で,商品の品質や性能を一定期間保証する(Warranty)ことが一般的だと思います。  このような保証 [続きを読む]
  • Owed by...(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Owed by...があります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「…により支払われるべき,…が負っている」という意味で使用されます。  Byの後に置かれる者がownedの前に置かれるもの(負債など)を負っているという意味でよく使われます。  例えば,any debts owned by Debtorなどとされ [続きを読む]
  • Fitness for a particular purpose(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Fitness for a particular purposeがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,「特定目的適合性」などと和訳されます。  英米法の考え方が背景にあるために,登場する英文契約書用語といって良いでしょう。  例えば,日本のメーカーが取り扱っている紙以外のものに印刷ができる特殊なプリンターがあっ [続きを読む]
  • Revise(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に登場する英文契約書用語に,reviseがあります。  これは,英文契約書で使われる場合,通常,「改定する/修正する」という意味で使用されます。  英文契約書は,ドラフトを一度作って終わりということはなく,修正する作業が不可欠です。  最初にドラフトを作成して相手方にドラフトを提出した場合,相手方が修正をすることがあります [続きを読む]
  • Estimate(英文契約用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に登場する英文契約書用語に,Estimateがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,もちろん,「見積もり」という意味でも使用されます。 ただ,英文契約書の中では,「目安」というニュアンスで使われることがあり,その場合はより重要な意味を持っています。  例えば,売買契約において,売主が買主に対して商品を引き渡す際に [続きを読む]
  • Where...(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Where...があります。  これは,plain English(平易な英語)を英文契約書でも用いるべきという見解からは,使用しない方が良いという部類に入る用語になるかもしれません。  他にも,here...やthere...という表現があり,これらも使用は避けるべきという人もいます。  Where...という用語が使われた場合,基本 [続きを読む]