fuyu-Kids さん プロフィール

  •  
fuyu-Kidsさん: '絵本100冊'と'辞書引き'で育てる活き活きキッズ
ハンドル名fuyu-Kids さん
ブログタイトル'絵本100冊'と'辞書引き'で育てる活き活きキッズ
ブログURLhttps://fuyu-kids.jimdo.com/
サイト紹介文「できたっ!」の喜びを味わい成長する子ども達のブログ。計画力、多読、奈良など活き活きキッズの毎日です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/07/03 21:17

fuyu-Kids さんのブログ記事

  • でもたのしい
  • いつもニコニコ笑顔でムードメーカーのAくん、小学3年生。 元気に1時間のレッスンが終えた後も、リズムにのって替え歌を歌っています。 ♪つかれた 肩が痛い でも、たのしい〜♪ ♪つかれた 肩が痛い でも、たのしい〜♪ つかれたという言葉と裏腹に声と表情は活き活きしています(*^^)v You always make us smile. [続きを読む]
  • 充実のBD
  • ♪Happy birthday to ME♪と歌うFutoshi先生に、 戸惑いの表情を見せる6年生に、 冷たい視線を送る中学生(*´▽`*) かと思えば、可愛い手紙を書いてきてくれた4年生。 今日は朝から充実しています。 小6向け中学準備講座 計画力UP講座の親子セッション 中学生向け中間テスト対策(英語→数学→国・理・社) 子ども達と一緒に過ごせる誕生日は [続きを読む]
  • 意欲的になってきた
  • 4年生になってから、毎週の様子に成長を感じるAくんに 「書く練習もしてるし Closingのコメントも一番に持ってくるし、 CDを聞いてるのも分かるよ」 と話していたら、 お母さんからのコメントにも 「ようやく、意欲的に英語に取り組むようになってきました」との一文が! お母さんも感じてもらってて良かった。 親としての”ようやく”という、もどかしい [続きを読む]
  • 子育て支援センターとみお
  • Halloweenの本を携えて、子育て支援センターとみおでの読み聞かせに行ってきました。 お母さんの膝に座っていた男の子の表情に感動。まだ、6か月を超えたぐらいかな?絵本のほうを見て笑顔を見せてくれたり、体を動かしたり。絵本ってやっぱり伝わるんですね。 私達の場所からしか見えなかった、あの表情、お母さんに伝えたかったのにタイミングを逃してしまい残念です。 [続きを読む]
  • be動詞
  • ♪be動詞、am, is, are♪ 廊下で自分のレッスンが始まるのを待っている小学校3年生のAくんが歌っています。 BくんとCちゃんが来たので、Aくんが 「この子ら(1年生)、♪be動詞♪やってるで」 3人とも、おれら、もうこんなの昔やったから知ってるでーと得意そうな表情(*^^)v ”中学になったら文法で英語が嫌いになった”と言うのを聞いたことありませんか? [続きを読む]
  • ABCって
  • ♪Clean up, clean up, everybody clean ・・・♪ と口ずさみながら片づけていた幼稚園年少のAちゃんが 「あっというま ABCって、いつもすぐおわるわ」 半年前の4月には緊張の面持ちだったのが、笑顔で毎週通ってくれる。嬉しいです!!! 英語のレッスンを”ABC”って呼ぶ様子が、可愛いです!!! ※ 写真は辞書の付箋が増えて嬉しい1年生達 [続きを読む]
  • そういえば
  • 「gladは、なんか、あの魔法の本ので覚えてんねんな」とAくん 小学校の時に使ったMagic Adventureという漫画のセリフ「I'm glad you can come」が頭に残っているらしい。 「ancestors、どういう意味でしたっけ? 1年の教科書で出てきた。あの、大文字のとこ」とBちゃん 英語は、同じ単語や言い回しに何度も出会い、”そういえば”と思い出すことで、記憶に残り自分のも [続きを読む]
  • 頭の中が見えた
  • 「子供の頭の中がみえて、気が楽になりました」 計画ノートを始めて1週間の小4・Aちゃんのお母さんのコメントです。 あーその言葉が聞きたかった!!! 計画力UP講座は、子ども達の”自分で”という意識を育て、自ら動けるようにするのが目的ですが、もうひとつの目的は親の気持ちに余裕がでることです。 Aちゃんのお母さんがおっしゃるには、「今までは、勉 [続きを読む]
  • TOEFLワークショップ
  • TOEFLのワークショップで、1日たっぷり久々の学生気分を味わってきました。4技能を重視した英語力のためにも、大学入試では民間試験を取り入れるという方向になっているので、気になるところ。 TOEFL iBTの特徴のひとつは、”リアル”な大学生活で必要とされる英語力を測ることです。 It helps students to be academically successful. 聞くだけ、とか、話すだけ、とか、書くだけ [続きを読む]
  • なんか嬉しかってん
  • 2学期始めの実力テストが返却されたAちゃん。 「点数はな、普通やってんけど なんか嬉しかってん これとここの問題が全問正解やったから」 点数は、伸びしろあるから、次につなげればOK。 英文を書く問題は、全問正解。素晴らしい! 点数だけじゃなくて、中身を見れるようになったAちゃんの成長。素晴らしい! 答案を見て嬉しいと思えるAちゃん。素 [続きを読む]
  • 計画力をUPしよう
  • 計画を立てる順番は、 したいことは何?(want) するべきことは何?(need) を考えて いつするかを決める(when) 1時間半の計画力UP講座の終わりに、Aちゃんが時計を見て 「あっという間だった」と言ってくれました。 計画って、難しいのではと最初は不安そうだった表情も、「やってみよう」という表情に変わっていました。 さあ、これか [続きを読む]
  • ぽろっと話してくれること
  • レッスンが終わって、帰りがけにポロッと出てくる子ども達からの話が大好きです。 昨日は6年生のAちゃんが 「今日、学校でがんばってん!(^^)!」 何がんばったん? 「社会の発表をするってなって、みんなシーンって感じやったけど、 (私が)一番に手あげてん!(^^)!」 おー、いいねぇ。 Aちゃん、そういうの向いてると思うよ。 み [続きを読む]
  • じしんをもって
  • ある日の小学3年生Aくんの感想。 「もうちょっとじしんをもって、がんばろう」 小学生はレッスンの終わりに、楽しかったことや出来たことの感想をひと言、書きます。 Aくんは、元気に英語を言えるけれど、読む&書くはまだまだ練習中。自分で出来ないと思ってしまうと、目に見えてテンションが下がります。とっても素直な子で、「Aくん、これは出来てるから、こっちも出 [続きを読む]
  • 何するか分かっているとラク
  • あと2週間ほどで、今年の「計画力UP講座」です。今年は、どんな成長が見れるのか楽しみ!(^^)!スケジュールを立てること以上に、自分は何をしたいのか何をするべきか考えるキッカケになります。 小学校4年以上の希望者が受講する英語とは直接、関係のないコースですが、英語力の向上にも大きく影響します。 特に中学生になると、計画ノートに自分の予定を書けると大きな差にな [続きを読む]
  • English Village
  • 大阪にあるアメリカ キッザニアの英語版 エキスポシティにあるEnglish villageに行ってきました。 5名で募集したら、倍の申込みがあったので、中学生男子の回と小学生女子の回に分けて2回。 中学生男子ばかりの車内は、かさ高いけど、おとなしい男子達がイベントに参加してくれるっていうのが嬉しい。インストラクターのテンションの高さに圧倒されたようです。「テンシ [続きを読む]
  • また多読行きたい
  • 夏休み特別イベント第2弾は、「多読チャレンジ」 普段から多読をしている子も、初めての子も、夏休みに英語の本を読む時間です。広い部屋に変更するほど申込があって、多読への関心の高さを感じます。 みんなで読むと楽しい、カードゲームも楽しい、タブレットの本も楽しい、 それ以上に、 「英語の本が読めた!!!」っていう満足感が、子ども達には嬉しい [続きを読む]
  • 朝からおやつ
  • 通常レッスンはお休みして、特別イベントです。 (中高生は、積み重ねが必要なので、通常の形式での追加レッスンで頑張ってもらいます) 昨日と今日は、おやつを食べながら動画を見たりゲームを見たりするMovie day 動画を見て、「分かることも分からんとこもあった」 白熱したゲームに、「楽しかった」 朝から元気に溢れた子ども達。Thank you for joining. [続きを読む]
  • eブックが気になる
  • 高校生のAちゃんが、となりでeブックを読んでいる中学生のBちゃんの様子を見て Aちゃん「それって、どんなん?」 タブレットで簡単なレベルからアメリカの小学高学年までのレベルの本が読めること、ネイティブの英語が聞けること等を説明。 Aちゃん「どんな本が読めるん?」 1冊、サンプルで見せてみる。 Aちゃん「どうやって、するん?」 ひとりひとりの [続きを読む]
  • 英語ならってんのに
  • 多読の感想文を書く時に Aくん「英語で書かなあかん?」 fuyu 「1文は英語にしよう」 Aくん「えー」 それを聞いていた Bくん「おれ、ぜんぶ英語で書こう     なんで英語ならってんのに、英語で書かへんの?」 Aくん「やっぱ、おれも英語で書こう」 ( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`) 大人がうるさく言わなくても、子ども [続きを読む]
  • 実感、じっかん
  • fuyu 「おー、良く書けてるね」 中学生のAちゃん 「うん、CDちゃんと聞いたら、すっと出来たわ」 英語を得意になるスタートは”聴く” CDを聞くって簡単なんだけど、続けるのは簡単じゃない。でも、続けると英語が聞ける、発音良く話せる、書けると一石三鳥の効果なんです。 それを少しずつ実感してくれるのが嬉しい! [続きを読む]
  • とにかく全力、とにかく元気
  • 小学校低学年がいるクラスは、とにかく元気です。 「It's summer. I see flowers. It's fall. I see leaves. (英語を言うというより叫んでる?!) It's winter. ウィンナー?アハハハハ(大爆笑) I see snowflakes. (大きな笑顔で叫び続けてます)」 fuyu-Kidsに初めてきた時、恥ずかしそうにうつむいていた子や一言も話さなかった子はどこへやら。 とにかく全 [続きを読む]
  • 他にいなくてもいいんじゃないかな
  • 年少さんAくんのお母さんが途方にくれた様子で 「上がってこようとしません。 3か月以上も経って、泣き続ける子っていますか?」 Aくん、お母さんと別れる時は毎回「ママ〜。ママがいい〜。かえりたい〜。」と涙です。fuyu-Kidsに行くというと泣きだしてしまうらしい( ;∀;)でも、帰ったらfuyu-Kids楽しかったと言って、本を広げたりCDを聞いたりしてくれているらしい\(^o^ [続きを読む]
  • 尊重して強みを活かす
  • AさんとTEDの"magical houses made of bamboo"を使って、Aさんと大人プライベートレッスン。 竹について新しい知識が増えて、新しい発見がいっぱいです。 その中に、こんなフレーズが 「 No two poles alike, no straight lines, no two-by-fours here. We ask the bamboo what it's good at, what it wants to become, and what it says is: respect it, design for its s [続きを読む]
  • いつから、どうやって
  • 今月の ”子育て支援センターとみお” での読み聞かせは番外編。 入試制度も変わってきて、情報も溢れる時代のお母さん・お父さんの焦りを少しでも解消できたらと、 「英語って、いつから、どうやって始めたらいいの」というタイトルでお話させていただきました。それぞれチャートにこたえて、自分の家族にとってのピッタリも探ってもらいました。 英語が得意になるために [続きを読む]
  • わたしのノート
  • 小5のAちゃんは毎週、自分のノートに英文を練習して見せてくれます。 ノートを用意して、とも ライティングの紙以外に練習してきてとも言っていなのに(;^ω^) やり方は3回書いて(input)から、1回チェック(output)と、伝えた方法でバッチリです。 「教えてもらったことは素直に受け入れる」+「自分で工夫をしてプラスαのことをやってみる」Aちゃんってスゴイ! [続きを読む]