falconHY さん プロフィール

  •  
falconHYさん: やっさんの鳥撮りワールド
ハンドル名falconHY さん
ブログタイトルやっさんの鳥撮りワールド
ブログURLhttp://falconworld.blog.fc2.com/
サイト紹介文野鳥を中心に自然を相手に色々なものを撮影しております。猛禽類、フクロウ好き。特にハヤブサが大好き。
自由文写真撮影以外にデジタル画像処理についておいおい載せていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/07/04 07:18

falconHY さんのブログ記事

  • ヒメシジミ
  • The Silver-studded Blue ♂この高原では、野鳥たちは子育て真っ最中のようであまりさえずりが聞こえません。湿原に行ってみるとヒメシジミが飛び回っていました。西日本ではここでしか見られない貴重なシジミチョウです。見ると、オスばかりです。メスは、少し遅れて羽化するようです。オスたちは先に羽化し、縄張りを確保しメスの羽化を待ちます。撮影中、羽化して間もないヒメシジミに出会いました。まだ翅は開ききっていませ [続きを読む]
  • アマサギ
  • 先日、たまたま通りかかったところでトラクターで代掻き作業されている光景を目にしました。そこには、十数羽のサギがそのトラクターの後ろをついて歩いていました。その大半はアマサギでした。今年は到着が遅れていたようで、お目にかかるのは今季初です。早速、その場所から通り過ぎカメラとレンズをセットし折り返します。トラクターの人には全く警戒しないのに、車から降りるとすべてのサギが飛んでしまいます。トラクターに載 [続きを読む]
  • 朝の散歩
  • 隣接する空き地では高原に生息するホオアカが見られます遠征でよく利用するのが道の駅。そんな中でも、山口県の”道の駅きららあじす”は周りが草原性の鳥たちが見られるところです。初夏ともなれば、子育てに奮闘する草原性の小鳥たちに出会えます。お散歩で使う機材はSony α7Ⅲ+MC-11+EF100-400F4.5-5.6軽い装備のカメラ片手にいいお散歩になります。CanonのEOSでは、このような散歩で持ち歩くことはなかったですが、さすが [続きを読む]
  • ゲンジボタル撮影
  • 山里の小川にホタル飛ぶプチ遠征で、昼は飛行機、夜はホタル撮影と精力的に撮影して来ました。今回のホタルはゲンジボタル。中にはヘイケボタルも居たかもしれません。今まで、ホタル撮影では行ったことのない初めての場所です。山里のホタルは、ものすごい数が飛んでくれました。2枚目の写真は星とのコラボもあり、合成するとホタルがすごいことになるので一発撮りで仕上げました。青い水の光景は山奥の撮影で、神秘的な場所でし [続きを読む]
  • 防府航空祭2018 ブルーインパルス編
  • ブルーの演技が始まる頃青空になってきました過去、ブルーインパルスは岩国フレンドシップ2016では急遽中止になり見ることができませんでした。よってその前年、2015年の防府基地祭、同年新田原航空祭以来の3年ぶりの撮影になります。ブルーの予行に合わせ、航空祭前日の2日に現地入りしました。その予行日は、雲一つない晴天に恵まれ、ブルーインパルス撮影には絶好の日和になりました。ブルー一行は、築城基地からの飛来で開 [続きを読む]
  • 防府航空祭2018 F-16編 
  • 三沢基地から飛来した米空軍第35戦闘航空団所属F-16防府航空祭当日の3日は、あいにく雲が多くF-15、F-2が飛行する時は最悪の曇天。一応撮影はしたものの、これといったカットがありませんでした。しかし、三沢基地から飛来した米国空軍F-16が飛行する時は、雲が切れ時折陽が射し青空がのぞく中の演技となりました。さすがのF-16です。お腹にまで響き渡るエンジン音とともに、迫力ある演技を見せてくれました。少し湿度が高かったこ [続きを読む]
  • 防府航空祭2018
  • 山口県にある防府基地航空祭に3年ぶりに行って来ました。現地の友人たちと、予行を含め2日間久しぶりの航空祭撮影でした。6月1日にも晴天の空にF-15、F-2、そしてF-16の予行があったそうですが、残念ながらそれには参加できませんでした。しかしながら、6月2日のブルーインパルスの予行は雲一つない青空で撮影できました。予行飛行を含め防府航空祭で撮影した写真をご覧ください。航空祭当日の3日は少し雲がありましたが3万人もの [続きを読む]
  • ハヤブサ
  • ハヤブサ♀今回の話題は、私がこよなく愛してやまないハヤブサです。今年は半ばあきらめていたハヤブサ撮影です。この場所は、私が1990年代に撮影していた場所と同じような断崖絶壁があるところでした。ここも、見晴しは決していいとは言えません。針葉樹や照葉樹林の隙間から垣間見る感じの撮影です。したがって、飛びものの撮影はあまりできません。ここは枯れ松が多く残っており、ハヤブサの止まれそうな枯れ木がいっぱいありま [続きを読む]
  • 赤い鳥
  • 新緑の森に先日、天の川撮影した後、帰っても早朝朝帰りとなるためこのまま車中泊です。朝、5時に友人に起こされ山に現地に向かいます。まだ太陽も出ていない薄暗い森の中、彼女の存在がありました。今年の逢うことができました。今季初の出会いです。早朝の柔らかな光の中、彼女は美しかったです。また逢いたいですね。アカショウビン♀アカショウビン♀ [続きを読む]
  • 宇宙も過密
  • 立ち上がる天の川(AM3:30頃)先日、我がフールドで車中泊しました。21時頃、眠くなったので早めに就寝となりました。目が覚め、時計と見るとAM2;30過ぎでした。今日は雲が多いと聞いていたが、トイレに行くついでに夜空を見上げると、なんと満天の星が輝いているではありませんか。また寝るのはもったいないぐらいの星空です。まだ、ブルーアワーまで一時間半ぐらいあります。そこで、ちょっと天の川撮影です。撮影した画像を [続きを読む]
  • 初夏のフィールドにて
  • レンゲツツジ先日、今年初めて我がフィールドの山の上まで行って来ました。裾野には天の川撮影や湿原の様子を見には来ておりましたが山に上がるのは初めてです。この日は、いいお天気になりましたが放射冷却もあり明け方の気温は3℃。薄着ではとても我慢できないぐらいの気温でした。陽が昇って来ると、気温も上がり鳥たちのさえずりも徐々に聞こえ出しました。今年は、クロツグミやマミジロの姿もなくさえずりも聞けなかったです [続きを読む]
  • 5月の天の川
  • 霧が谷湿原に立ち上がる天の川5月に入ってもすっきりしないお天気が続きます。この日は新月。しかも、今日はお天気も上々。夕方、家に帰る予定でしたが急遽予定変更です。ちょうど試したい撮影もあり、友人と天の川出現まで車で待機です。しかし、今宵は何故か南側の空が異常に明るく感じます。南の空に雲があるようです。その為、天の川が肉眼で見え出したのはAM1:00前でした。その後、”長沢桜と天の川”に行こうとなりました。 [続きを読む]
  • フジの花
  • フジの花と錦鯉ちょっと間が空きましたが、花のフジの話題です。我がフィールドの山間のフジは、今年は綺麗な花をいっぱいつけて綺麗に咲いています。そんな山間のフジは、自然の物なのでなかなか写真にはなりません。そこで、一度は行きたいと思っていたフジの名所に行って来ました。ここも、自然に自生しているフジですが池とのコラボが出来画になる光景が広がります。木が折れ、ずいぶん様子が変わったようですが、以前を知らな [続きを読む]
  • 春のムツゴロウ
  • ムツゴロウの戦い大授搦のもう一つの目的はこのムツゴロウです。ガタスキーのムツゴロウ漁のシーンも生で見たかったですが、残念ながら滞在中は見ることができませんでした。昨年11月バルーン撮影の折、我が人生で初のムツゴロウとの出会いがありました。それは感動ものでした。現地の方に聞くと、春には繁殖行動のためもっと激しく戦いがありジャンプも見れるという。そう聞くと、『見たい、撮りたいと』好奇心旺盛な私の血が騒ぎ [続きを読む]
  • 夏羽のシギたち
  • サルハマシギ(翼を跳ね上げている個体です)長年、鳥の撮影してますがシギチの識別には全くの素人の私です。初心に戻って、図鑑片手にじっくり調べればいいのはわかっていますが、あまり興味がないシギチです。間違っていたら指摘してください。飛翔が一段落すると、赤く綺麗な夏羽のシギが目に留まります。山口県在住の折、結構シギチを撮影しましたがこんな綺麗な個体はあまりお目にかかっていなかったので新鮮です。やはり繁殖 [続きを読む]
  • 春のシギチの渡り
  • 飛び立つハマシギの群れ今回の大授搦への目的の一つである”シギチの群れ”撮影です。(*シギチとはシギとチドリをくっつけた鳥屋さん達の俗語です)この日は大潮。じわじわ潮が高くなるにつれ、じわじわ海岸に寄って来るシギたち。水が嫌いなシギや小さなチドリはいち早くあがって来る。数千羽のハマシギ、飛ぶと背中は茶色、翼付近は白く輝く、それにトウネンたちが加わり綺麗な輝きが見られる。すごい数の群れの飛行が、ここで [続きを読む]
  • ミヤコドリ
  • ミヤコドリ佐賀県の大授搦に行ってきました。シギやチドリの珍鳥を撮りたいという訳ではありません。ただ、鳥の群れを撮りたいと思い訪れた次第です。中には珍しいシギも見られ、綺麗に色ついたサルハマシギも見られ皆さんスコープで一生懸命探しておられました。この日の大授搦には、ミヤコドリが5羽+1羽の計6羽が見られました。ほとんどは、遠くの波打ち際に羽を休めたたずんでいましたが、潮が満ちてくると飛び出し近場を右往 [続きを読む]
  • 春の天の川撮影
  • 山口湾に立ち上がる天の川遠征中お天気がいいので、春の天の川撮影を行いました。昨年5月、この山口湾にかかる天の川を撮影しました。あの時は、天の川も高く立ち上がり干潮で右下には海岸線が露出していました。今回の撮影は、満潮の時間帯です。しかも、4月まではパノラマで天の川のアーチが撮影できる最後の月なのです。5月以降は、天の川が早い時間で高くあがってくるため、アーチ撮影は難しくなります。翌日、どこかいい場所 [続きを読む]
  • 日本の国鳥 ”キジ”
  • キジ(♂)レンゲ畑の鳥を求め隣県に遠征です。以前撮影した場所のレンゲは、残念ながら猫の額程度しかありません。少し離れた場所の田んぼに綺麗なレンゲが一面に咲いていました。最近はレンゲを植える農家さんが少なくなりました。その場所で観察するも鳥は一羽も見えません。近くにはコサギやチュウダイサギが居るのにレンゲ畑には入ろうとしません。早朝、そのレンゲ畑に行くと、少し離れた田んぼのあぜ道にたたずむ一羽のキジ [続きを読む]
  • コマドリ
  • コマドリ♂渡り途中のコマドリを撮影しに行きました。鳥の撮影をやめた?、カメラ撮影をやめた?、病気か?ブログ更新もなく、皆さんからいろいろ気に留めていただきましてありがとうございます。元気に桜や天の川、それに野鳥撮影にと少しですが出歩いてました。4月に入り、ADOBE-LightroomがVer7.3にバージョンアップ。それに、動画ソフトのEdiusPro9もVer9.20、DavinciRezolveもVer15と立て続けにバージョンアップされ、その確 [続きを読む]
  • カタクリ
  • 斜面に咲く満開のカタクリの花もうそろそろかなと、先週カタクリを撮影しに行ってきました。私は、いつも朝比較的早い時間に現地に行きます。この日も到着したのは朝8時。毎年、この時間ではまだ花弁は開いている花は少ないです。しかし、今年は違いました。到着しカメラを持たず様子を見に行くと、何とすべてのカタクリの花びらが開き、しかも反り返っているではありませんか。早朝から元気いっぱいです。ピーカンでコントラスト [続きを読む]
  • 春の天の川
  • ジュピター(木星)と天の川全国的にお天気になり、桜がいっぺんに開花し春らくなりました。今夜は晴れて天の川も拝めるだろうと、深夜北へと車を走らせました。道路には積雪もなく、山肌や歩道に若干残る残雪。現地に着くと車外は-2℃。昼間は20℃近くになると聞いて、薄着で出かけた私です。幸い風はなく、空には星がいっぱい輝いています。さすが自然に満ち溢れたフィールドです。寒さもあり、動物の鳴き声もしません。不気味な [続きを読む]
  • 写真好きの方におすすめ
  • 写真にかかわる法律とマナー本ここ広島でも桜の開花宣言が出ました。我が家近くも数本の桜の中に開花するつぼみが見られました。今朝、近くでツバメの姿も確認できました。先日、近くの本屋に行って写真関連の本を見ていたところ、こんなお堅い本を見つけました。カメラ雑誌売り場に何だこれは?中を見ると、文字ばかり。歳を追うごとに、小さな文字を読むのもおっくうになってきた昨今です。しかし、見出しを少し拾い読みすると写 [続きを読む]
  • ”春”
  • 花の開花を待ちわびていたのは人間だけではありませんこの数日、暖かい日が続きました。この頃になると、近くの川沿いにある2本の桜が開花します。その桜はセイヨウミザクラというあのサクランボの実がつく桜なのです。甘酸っぱいサクランボができるまでは、あと二か月ぐらいかかるのですが、その果実を実らせるために重要なことがこの時期行われます。それはミツバチ達による受粉です。小さなミツバチが桜の花が開くと、”待って [続きを読む]
  • ハチジョウツグミ
  • まん丸と体を膨らませエサを探す亜種ハチジョウツグミギンムクの近くには、このハチジョウツグミも居ました。ツグミの亜種であるハチジョウツグミ、日本では冬に時々見かることがあります。何故”ハチジョウ”とっ名前がついているかというと、八丈島で初めて捕獲されたことからこの名前が付いたようです。ツグミより若干大きく、赤褐色の綺麗なツグミです。ギンムクにスターの座を奪われ、一人さみしそうに生活していました。あま [続きを読む]