pray for your spirit さん プロフィール

  •  
pray for your spiritさん: スピリチュアルな世界
ハンドル名pray for your spirit さん
ブログタイトルスピリチュアルな世界
ブログURLhttps://prayforyou.exblog.jp/
サイト紹介文このブログではスピリチュアルな世界について私の感性の趣くままに書いております。
自由文スピリチュアルな世界が身近なものとしてご理解いただけるように心がけております。
このブログが少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2012/07/04 10:15

pray for your spirit さんのブログ記事

  • 信じるか信じないか
  • 以前にも何度かブログに書かせていただきましたが、人は死んだらどうなるのか?という素朴な疑問については、人によってその考えはまちまちです。死んだら何も残らず、前世や来世なんてものは無いと思われている方もおられるでしょうし、また漠然ではありますが、死んだらあの世に行くと考えておられる方もおります。何が本当なのかは、その時が来ればご自身で分かることかもしれませんが、中には私のように生きてい... [続きを読む]
  • お化けの季節?
  • 夏になるとテレビなどでは毎年のように心霊物の番組が増えます。まさに季節物の番組ですが、霊は夏にしか存在しないものではありませんので、テレビの企画でしかありません。ただし、お盆の時期は、霊界と人間が近づくために霊的な現象が起きやすいと言うことはあります。普段は全く感じない人でも、この時期になると見えない世界から何かを感じる人もいます。霊的な現象を体験するのは人それぞれですし、全... [続きを読む]
  • 死がわからない
  • 不慮の事故や突然の死で自らの死がわからないままの人もいます。死後も生前と同じような行動を取るのですが、肉体のない存在ですから誰も気が付かないままです。また、自分が亡くなった事はわかってもどうしらいいのか?分からずにこの世に留まってしまう場合もあります。それでも時間を掛けて悟っていけば最後には納得するのでしょうし、家族などの供養の気持ちが通じれば死を受け入れることもできます。ま... [続きを読む]
  • 魔物
  • 昔から霊的な現象の一つにキツネ憑きと言うものがあります。いわゆる低級霊の類いなのですが、霊魂は内面意識に憑くため、表面的には普通の人に見えても言動がおかしかったりするこも多く、時には表面意識と内面意識が逆転して取り憑いた霊が表面に出て、人格や表情さえも変わってしまう事もあります。何故、そのような魔物が憑いてしまうのかですが、一概には言えませんが、おおよそ人の意識や感情に影響することが... [続きを読む]
  • パワースポット
  • 以前からパワースポットが注目され、神社、仏閣のみならず自然の中などテレビなどで紹介されています。心願成就の場として代表的なパワースポットは神社になると思いますが、特定の神社だけに神が宿っていると勘違いしてしまうかのような紹介の仕方も如何なものかと思います。神社でも仏閣でもそうなのですが、その場所で目に見えるものは物質的な建物であったり、ご神体の鏡や仏像です。神仏は物質的な存在では... [続きを読む]
  • 先祖供養
  • どこの家でもご先祖をお祀りしている仏壇があるかと思いますが、お祀りの仕方が悪いと先祖の霊が訴えくる場合もあります。決して高価な仏壇や仏具でなければいけないという事はないのですが、亡くなれて何年も経つのに白木の位牌のままであったり、仏壇内が雑然としていると霊として住みにくい場所になってしまう場合もあります。とある家庭では、亡くなれたお婆さんの霊が、お嫁さんに直接訴えきたということがあり... [続きを読む]
  • 私が訴えたいこと
  • このブログを通して今まで能力者の在り方を訴えきました。自称霊能者と言われる者が、能力もないのに相談者を騙して金銭を取ったり、能力はあっても人間的な欲にまみれているがために低級霊に支配されているが故にまともな解決も出来ずにいる者など、おそよプロとは言えない存在です。特にインチキな能力者は、正義もなければ能力もなく、あるのは如何にして客や信者を集め、どれだけ金を稼ぐのかと言うことだけあり... [続きを読む]
  • 祈り
  • 災害や事故、事件などで尊い命が失われる度に心を痛め祈らざるを得ません。祈り相手を知っていても知らなくても祈る心には変わりはありません。未だ見つからない不明者が早く見つかることを、亡くなられた方々の御霊が安らかであることを心よりお祈り申し上げます。合掌 [続きを読む]
  • 本物の霊能者
  • 世の中には多くの霊能者と言われる人がいます。テレビに出てくる有名な人からそうでない人まで全国にいますが、その中で本物と言われる人は少ないのが現実です。ただ、テレビに出ている有名な人だから本物であるとか、無名だからインチキであるという事はありません。如何に霊的な問題に対して解決することができるかが判断の基準ではないでしょうか?霊能者になった経緯は人それぞれですが、多くは生まれつ... [続きを読む]
  • 宗教団体の怖さ
  • 宗教団体に属していると、教祖を神格化してしまい、教祖の言うことは絶対であるとか、教祖を生き神様かのように扱ってしまうことがあります。教祖と言えども人間ですから、生きながら神になることはありません。教祖が持つ能力については、それぞれでしょうが、中にはその能力が疑わしい者もいます。様々な人の守護霊を呼び寄せては自分に乗り移させることができるという教祖もいますが、どう見ても茶番にすぎま... [続きを読む]
  • 麻原死刑囚の死
  • オウム真理教の麻原死刑囚の死刑が執行されました。死刑判決が確定してから12年の時を経ての執行でした。彼が行ったのは宗教の名を借りた犯罪であり、カルト教団で行われた異常な儀式や教えでした。高学歴の若者も多くいた信者は、教祖を崇拝し、間違った宗教観で犯罪を犯してしまいました。教祖であった麻原は、解脱者とは正反対の欲にまみれた低レベルの人間であり、霊的に見ても次元の低い霊魂に取り憑... [続きを読む]
  • 波長が合う
  • 霊を見たり、心霊写真やビデオを撮ってしまう場合、撮った相手と波長が合ってしまうからだと言われます。波長が合うとは、よく言われるのがラジオのチューニングの様なものですが、霊的な感性が強い方の場合は、顕著に出ることもあります。ただ、多くの方の場合は、見ようと意識して見ているわけでもなく、写真やビデオにしても偶然に撮れてしまったというケースがほとんどですから、不思議な現象として捉えることに... [続きを読む]
  • 脳と意識
  • 人の意識を科学的に解明そうとすると脳(細胞レベルを含めて)を調べようとします。しかし、脳はあくまでも肉体の一部であり、細胞も生物の範囲であるのですが、意識は生物や細胞と言った物質ではないので、いくら脳を調べたところで意識を解明することはできないはずです。臨死体験をした人の経験は、脳が作り出している幻影かの如く科学的に立証しようとする試みもありますが、果たしてそれで本当に解明できる... [続きを読む]
  • 生き抜く
  • 生きる事は大変な事だと思いますが、生まれて来た以上は生き抜く事が重要です。人が生きると言うことは、人それぞれに生まれながらに役目があり、人は人同士、影響し合って行くものですから、自分を卑下してくよくよすることはありません。くよくよしても同じ時間が過ぎます。それならば前に進むしか有りませんし、悔やんだり反省していても前に進むことを止めてしまえば人生がつまらなくなってしまいます。... [続きを読む]
  • 霊的な世界
  • この世にあふれる霊に関する情報は多くあります。ネットやテレビなどで見られるのはおどろおどろしい物が多く、恐怖だけがクローズアップされています。確かに目に見えない存在を突然見せられれば怖いと思うでしょうし、その姿が異様であればあるほど恐怖を感じるものです。魔物と言われている者は確かに存在しますし、低級霊の類いもいます。しかし、霊的な世界はそのような者たちだけのものではありません... [続きを読む]
  • 霊障と事件
  • 世の中で起きる事件や事故が全て霊的な影響とは言いませんが、それでもそうではないかと思われることもあります。悪霊や低級霊に憑依されたり、影響を受けている場合、人間に様々な現象が現れます。よく聞くのが、頭の中の声が自分に命令してきたからやったとか、神のお告げを聞いてやったとかと言う類いのものです。神や守護霊は声で自らを名乗ることはありませんし、まして人に命令などをして振り回すことなどあ... [続きを読む]
  • 理解できなくて批判する人
  • 理解できないものはこの世にいくらでもあるのに霊能に関しては否定する人がいます。分からないのであれば分からないままでもいいのでしょうが、かと言って無理に分かる必要もありません。分かる為にどうするとかではなく、心がどこに向いているかによります。神仏に帰依することが近道かもしれませんが、一般的にはそうはいかないですね。でもそれでもいいと思います。この世に降ろされてきた時から始ま... [続きを読む]
  • 霊に振り回される人
  • 霊に振り回される人がいます。霊障でもあるのですが、性格や価値観、または生活の乱れなどなど原因は様々ですが、何かに異常に執着したり、取り憑かれたようになってしまう場合にもあります。人には理性がありますから欲望のままに生きていたのでは動物とかわることはありませんし、精神的には人間以下に成り下がってしまいます。そうなると低級霊の恰好の餌食となってしまい、欲望をさらに助長するかのように仕... [続きを読む]
  • 霊が入り込む
  • 人に霊が入り込むという現象があります。憑依と言う言い方もありますが、本人が知らない間に自分とは違う存在が入り込んできて様々な現象を起こします。意識レベルでは、自分とは違う意識が入り込んで感情が乱れて怒り出しだり、泣き出したりしてしまう場合や、体に異変が出たりすることもあります。自分の考えとは違う行動を取ってしまったり、時には食べ物などの嗜好が変わることもあります。そうなると憑... [続きを読む]
  • 年齢と霊界
  • 年歳を重ねると霊界とつながりやすくなる人が多くいます。その原因が頭脳の衰えだとは思いたくは無いのですが、肉体的には常に鍛えている人は衰えにくい人もいますが、脳はなかなか外見ではわかりませんし、頭の良い人でもいつおかしくなるかも知れないということがあります。それが年齢と共にひどくなり、記憶していたことが徐々に思い出せなくなったり、家族の事も分からず、しまいには自分の事すらもあいまいにな... [続きを読む]
  • 前世について
  • スピリチュアルな世界では前世という事がよく出て来ます。過去世とも言いますが、現実の世界に生きている私たちにはピンとくることは少ないはずです。ただ、興味があるとしたら、自分の前世が歴史上の有名人だったたり、今よりもいい地位や暮らしをしていたかもしれないという輝かしいものであったらいいなと思う程度かもしれません。よく、自分がクレオパトラや楊貴妃の生まれ変わりだと言う霊能者が何人もいま... [続きを読む]
  • 人の心
  • 人の心ほど複雑で分かりにくいものはないかもしれません。それ故か、自分の考えや思いを分かってもらえた時には感動したり、相手に傾倒してしまう事もあります。心は生まれた時からあるもので、言葉を話せない赤ちゃんでも表情で感情を伝えますが、それは心があるからです。それは誰に教えられたものでもなく、生まれながらに持つ人たる所以でもあります。動物にも人間ほどに豊かで複雑なものではなくある程... [続きを読む]
  • 彷徨う者
  • 人の死後、本来行くべきところへ行かずにこの世を彷徨っている者がいます。その理由は様々ですが、例えば自分が死んだことに気が付いていなかったり、この世に執着を残している場合など、生きていた時に抱えていた感情が浄化されずにとどまっている場合です。霊自身ではどうにもならずに生きている人間について助けを求める場合や、取り憑いてくることもあります。霊感があったり、感受性の強い方の場合、その存... [続きを読む]
  • 霊能者の学歴
  • 霊能者に学歴は必要か?と問われれば私は必要はないと思います。例えば、過去にオウム真理教の時にもマスコミなので騒いでいましたが、高学歴の若者がが教祖にいとも簡単に洗脳されたり、宗教の名の元にテロを起こしていたのを見えれば分かることでもあります。現在でも宗教団体の教祖の中には高学歴の方もいますが、必ずしも全てが優れた能力者とは言えません。宗教団体のような組織を作ると兎にも角にも最初は... [続きを読む]
  • 見える人見えない人
  • 霊が見える人がいます。一方では、全く見たことがなく見えない人がいます。大半の方はそうだと思います。ただ、見えるからと言って何か凄いという訳でもなく、偉い事でもありません。見える人の多くは、自分で見えるように努力したわけでもなく、生まれつきであったり、何かのきっかけでそうなった場合が多いからです。霊能者は見えることが当たり前かもしれませんが、見え方は千差万別です。テレビみ見... [続きを読む]