エイトマン さん プロフィール

  •  
エイトマンさん: ミャンマー歳時記
ハンドル名エイトマン さん
ブログタイトルミャンマー歳時記
ブログURLhttp://myanmar-yangon.net
サイト紹介文民主化が進む最新ミャンマー情報ブログ
自由文ミャンマーに関わり15年、ヤンゴン在住の70代おやじの見たまま、聞いたまま、感じたまま、のミャンマー情報です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供378回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2012/07/06 09:46

エイトマン さんのブログ記事

  • 生活は苦しい縫製工場の女工さん
  • 今年から最低賃金が4800ks/日に値上げされたが、 物価の値上げに追い着かない給与の値上げに女工さんたちは、働けど働けど我が暮らしらくにならざるの状況です。 秘書の友人は縫製工場で10年以上働くベテラン、額面給与は残業代込みでおよそ30万ks。 しかしこれほど稼ぎのある人は少なく十数万ks程度の人が多いと聞く。 生活費は家賃3.5万ks、食事8万ks、携帯電話(ローン支払いも含む)1.5万ks、小遣い1万ks、 仕送 [続きを読む]
  • これで良いのか 国家公務員の懲罰転勤
  • カヤー州ロイコーの下院議員であるKhin Sithu博士は、腐敗や業績不振による公務員の懲罰転勤は、民族地域の発展に悪影響を及ぼしていると指摘している。 懲戒処分として辺境地域に転勤させることは非公式だが長年にわたる慣行であるとして批判している。 このように罰せられた公務員は、仕事に対する熱意を失い受け入れた地域の発展も阻害すると批判されている。 懲罰転勤は全く逆の発想でこの様な人物は目の届くところに置きしっ [続きを読む]
  • 情報の入手方法
  • 昨日は友人二人を招き鍋を囲んだ。 数時間とりとめのない話をしたが貴重な情報もチラホラ。 ミャンマーについての情報が豊富だとよく言われるが、政府高官にコネが有るわけでも無し直接情報を得ることは殆ど無い。 しかし、噂話でも発表されたニュースを丹念に読み噂話の裏をとればニュースソースが誰であれ情報となる。 CIAやイスラエルのモサドでも情報の90%は発表されたもので、それを丹念につなぎ合わせて真の情報にするそ [続きを読む]
  • ミャンマー投資 今がチャンスかor控えるべきか
  • ks安でインフレ進行中のミャンマー、国内景気は停滞気味。 政府の経済対策も子供だましの様な施策しか打ち出せない。 頼るは外資なのだが、これも減少気味。 一見良い所は見当たらないが、そうでもないセクターも有る。 中国の人権費高騰と&米中貿易摩擦で労働集約型の工場進出が顕著に増えている。 貿易摩擦対策でミャンマーでの稼働を急ぐため既存の工場を少々高くても買い取り即稼働する強者もいる。 しかし、このようなやり [続きを読む]
  • 介護実習生 ミャンマー人は本当に適しているか
  • 介護実習生制度が日緬両国の法整備が整いいよいよスタートする。 実習生制度自体に問題ありと思っている小生の危惧は大きくなるばかりです。 実習生制度の主旨は「発展途上国の労働者が来日して技能を磨き祖国に帰り、祖国の発展に寄与する」と主旨は高尚で反対の余地はない。 しかし、現実は全く違い人手不足の解消に安い労働力として使われている。 採用条件に同様な(介護士)仕事をしている証明が必要だが、ミャンマーに何千何 [続きを読む]
  • ウイグル問題とベンガル人(ロヒンギャ)問題は同列で語れない
  • 昨日の虎の門ニュースに日本ウイグル連盟会長のトゥール・モハメット氏が出演してウイグルの現状を語っていた。 トゥール・モハメット氏が語った言葉が全てではないと思うが、一部でも本当だとしたら中国共産党の残虐性を思い知らされる。 100万とも300万人ともいわれる人々を強制収容所に入れ虐待している事、 ウイグル人臓器を速やかに運ぶためにカシュガル空港には臓器専用通路が設けられている。 イスラム教の改宗は勿論 [続きを読む]
  • 花が欲しければ自分で育てれば
  • 我が家の道沿いにカンナプロジェクトで植えたカンナの株が十数株ある。 球根の大きさが区々だった性か一斉に咲かず三月から今までポツポツと咲いた。 最近四株ほどは花が見頃になると突然消えてなくなる。 茎をよく見るとハサミで切った後がある。 団地内では見ないカンナの花が珍しく切ってゆくのであろうが、 最近は見ごろになると切られていて、ガッカリする。 百合ちゃんと団地内を散歩するとき綺麗な花に出会うが、 百合ちゃ [続きを読む]
  • 中断されたMyitsoneダムプロジェクト再開に向け中国企業のロビー活動が活発
  • Myitsone水力発電ダムの背後にある国営の中国企業は 地元の住民や政府関係者に中断したプロジェクトを後押しするよう説得工作をを強化している。 中国の国家電力投資公社(SPIC)の関係者は、同プロジェクトが地元住民の生活を改善することを9月11日地元関係者に伝えた。 SPICの関係者は「私たちは、Myitsoneダムプロジェクトは完全に安全だ。マイナスの結果を心配する必要はありません」と語った。 2016年NLD政権が成立した後 [続きを読む]
  • 雨期の晴れ間に散歩したら
  • 日曜日は朝から陽が出て気持ちいい。 百合ちゃんと団地内を散歩する。 名前は分からないが綺麗な花が方々に咲いている。 6年前に比べると団地内はレストラン・ビューテサロン・コンビニ・携帯電話屋・マッサージ屋等々お店が沢山出来た。 酒専門店も有ったが輸入品(密輸品)を当たり前のように陳列しているのには驚く。 体育館のプールはなぜ故か緑色、でもそこで泳いでいる人もいる。 緑多い団地内を歩くのも気持ちが良い。 ご拝 [続きを読む]
  • YBS(ヤンゴンバスサービス)年間36億ksの赤字を出す
  • ヤンゴン・バス・パブリック・カンパニー(YBPC)とヤンゴン・アーバン・トランスポーテーション・カンパニー(YUPT)の両社への700億ks(4500万ドル)の投資について今年5月国会議員が監査人が政府の支出を調べるよう要請した。 監査役のDaw Khin Than Hla氏は、2017年度は総額36億キヤットの損失が計上されたと述べた。YBPCは約30億ksの損失を出したが、YUPTは6億3000万ksの損失を出した。 YBSはピョウミンテイ ヤンゴン管 [続きを読む]
  • 需要が多い綿花
  • マンダレーの産業作物開発関係者の話によると 中国からの引き合いが強く綿花の価格も高くなっているため農家は綿花の栽培面積を増やし2017年はマンダレー管区だけで19万エーカーとなった。 価格は1.6kg当たり1200ksから1500ksに上がり農家の収入も増えた。 価格上昇は中国の高い需要に依るもので、中国は長期的にミャンマーから綿花を輸入し続けるかもしれないと、産業作物開発関係者は語った。 「 中国は長期的に [続きを読む]
  • 深刻なデルタ地帯の侵食
  • エヤワデー地方の河岸侵食は、この地域の自然災害管理センターによると、今年は昨年の4倍になり、前年よりも悪化しています。 2016〜17年度に57件の河岸侵食が記録され、2017年から18年には266件に増加したと同センターの代表は述べた。 河岸浸食は耕作地の消失だけではなく最近は家屋や仏塔まで崩壊している。 河岸浸食により最も大きく被害が現れるのが洪水である。 浸食された土砂が下流に堆積して河床を上げる、すると河岸浸 [続きを読む]
  • ミャンマー着々と進む電力増強計画だが
  • 電気エネルギー省は、先週、Shan州北部のMoemeik町の近くにあるShweli川のShweli-3水力発電プロジェクトの進捗を報告した。 この報告はは、MOEEとフランスのÉlectricitéde France SA(EDF)、Marubeni Corporation、およびMyanmar Ayeyar Hinthar Companyの関係者との間で締結されました。 Shweli-3は約671メガワットの電力を生産する、また。Shweli-1 600メガワットShweli-2 520メガワットの将来計画も有る。 日本の関西電 [続きを読む]
  • 災害時の停電対策あれこれ
  • 21号台風、北海道地震と連続で日本を襲った自然災害(一部人災も有ると思う) 特に今回は広域停電で被災者は電気の無い日々を過ごした方も多数居られます。 ミャンマーに住んでいると電気の有難味は日々痛感しています。 また停電のために準備も怠りなく、予備電源として大型バッテリーや小型発電機を用意している。 照明も消費電力が少ないLEDライトを用意する、炊事用火力はLPG・携帯ボンベガス・炭等も用意する。 エヤコンを [続きを読む]
  • ミャンマーは急激なインフレだが、便乗値上げは無いか?
  • ks安になり輸入品の値上げは分かるのだが、国産の食料品の値上げが急激すぎる、これは便乗値上げと疑われても仕方無かろう。 キャベツ一つ700ksがどうして1100ksになるのだ、産地の不作からか?でもその様なニュースは聞かない。 キャベツ一つの運送費はせいぜい250ks、そのうち燃料代は100ksとして、燃料が50%値上がりしても50ks、諸々経費値上がり分を入れても6〜70ksの値上げで済むはずだ。 因みに5年前のガソリン代は102 [続きを読む]
  • 非現実的なプロジェクトを放棄せよ!!
  • 9月4日(火曜日)、国会議員のU Ye Htutは、国家計画法案と2018年から1919年の連邦予算に関する議論の中で、計画された地下鉄、高架道路、およびヤンゴン地域の新都市プロジェクトを挙げて、政府に非現実的なプロジェクトを放棄するよう要請した。 ヤンゴン管区には非現実的なプロジェクトが多いと思う。 11Tspに工業団地、西部方面の新都市開発や空港&港湾建設。 1年間で幾つのプロジェクトをぶち上げたのだろうか、ピョウミン [続きを読む]
  • 子供なりに気を遣う誕生日プレゼント
  • 今日は百合ちゃんのお友達の誕生日。 誕生パーティーに招待されているのでプレゼントをあれやこれや考えていたようだ。 おじさん:百合ちゃん、誕生パーティーにおじさんの作ったパンを持ってゆく? 百合ちゃん:ハイ持ってゆく。 5分後、百合ちゃん:でも、やはり止めます。 おじさん:どうして、作るの簡単だよ。 百合ちゃん:友達の家で出す食べ物がおいしくないと思い持ってきたと思われるからダメ。 子供なりにそこまで考え [続きを読む]
  • 危険なダムが沢山 ミャンマー政府発表
  • Magwe地域のAunglan郡にあるBwat Gyi Damの一部が崩壊して下流の住民は避難している。 長さ100フィート、幅40フィートの土砂崩壊が日曜日に起こったため、ダム下流の住民はダムの土砂崩れが起こったという警告(村長が出した模様)が出された後、火曜日に避難することになった。 なお、この警告は政府の公式な警告ではなかった。 農業灌漑省・畜水産省の関係者が現地を訪れて、土砂崩れは低密度土壌と豪雨によるものだが、まだ決定 [続きを読む]
  • ヤンゴン〜マンダレー高速道路 事故減少
  • 高速道路交通警察によると、Yangon-Mandalay高速道路では、今年8ヶ月間に297件の交通事故が発生し60人が死亡し、570人負傷したと発表。 1年間の推定事故数は386件、死亡90人、負傷者855人となる。 下表の様にこの3年間事故は減少しつつある。 高速道路交通警察のUSoe Winは事故の主な原因はスピード超過によるもので、 2016年9月から始めたスピード違反取り締まりから事故は減少し始めた。 スピード違反は5万 [続きを読む]
  • ミャンマー風 トバを食す
  • 台所に袋に入れたまま放たらかしのミャンマー風トバ 聞けば塩辛くて食べられないとの事。 魚に疎い小生は何の魚か分からないが、海魚らしいことは分かる。 2時間ほど塩抜きをして簡単に炙り食す。 飛びぬけて美味しい訳では無いが食感は良く味は普通に食べられる。 ビールや日本酒のおつまみには最適かも。 もう少し脂が乗った魚ならなお美味しいだろうな〜。 これを食べていると青森の鮭トバを思い出す。 ご拝読ありがとう御座 [続きを読む]
  • 決壊したスワー・クリーク・ダムを適正な維持管理をしていたか?
  • 国会議員のU Tin Tun Naingは、月曜日の連邦議会議で、先週Bago Regionで決壊したスワー・クリーク・ダムの維持管理が正しく行われていかった可能性があると農業灌漑省・畜水産省を指摘した。 同議員は全国のダムの維持管理費は年間700億ksの予算が割り当てれれていると主張。 ミャンマーは全国でダムや貯水池が350か所あると言われているが、多くのダムは今回壊れたスワー・クリーク・ダムと同形式のアースダムだ。 以前 [続きを読む]
  • デカ過ぎか パテイン傘
  • 1ヶ月かかるとの事だったが、急がない時に限って早く出来上がったパテイン傘。 家の中で6フィートの傘を開けててみたが大きい。 8フィート、10フィートの傘は室内での開傘はあきらめた。 工房はパテインなのでパテインからは荷造りしてラインタヤのバスセンターまで送ってくれる。 1本1万円前後するが手間暇かけた工芸品としてみればそれほど高い物ではない。 ただ、日本の工芸品の様に精巧に出来ているわけではない。 お客 [続きを読む]