山内俊哉 さん プロフィール

  •  
山内俊哉さん: つれづれなるままに!上田ハ-ロ-FX
ハンドル名山内俊哉 さん
ブログタイトルつれづれなるままに!上田ハ-ロ-FX
ブログURLhttp://blog.uedaharlowfx.jp/yamauchi/
サイト紹介文上田ハーローアナリスト山内俊哉が為替の情報をお届けします。
自由文ファンダメンタルズ、テクニカル分析などを交えた為替相場の見方やアウトルックを提供しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/07/06 20:33

山内俊哉 さんのブログ記事

  • 9/24 前日のサマリー:合意なき離脱リスクでポンドが暴落
  • おはようございます。昨日は那須塩原で滝と吊り橋巡りをしてきました。高所恐怖症の私は吊り橋はかなり苦手で生きた心地はしないです。真ん中付近で写真を撮れる人たちにはいつも感心します。滝は水量も多くマイナスイオンをたくさん浴びてきましたので、ほどよりリフレッシュができました。写真は竜化の滝で、三段に落ちる滝は迫力がありました。 ■三極通貨(ドル、ユーロ、円) ドル/円が112.45円、ユーロ/円が132.41円、ユーロ/ [続きを読む]
  • 9/23 今週の見通し-米利上げペースがトレンドを決めるか?-
  • 昨日から那須塩原に来ています。鬼怒川温泉峡を通ってきましたので、ちょうどSLの走行にぶつかりましたのでカメラに収めました。まだまだ緑が多く、紅葉にはちょっと早いですが確実に秋は近づいているようですね。 ■今週の予想レンジCcyLow(下) 〜 High(上)ドル/円111 〜 113.4ユーロ/円130.8 〜 134.6ポンド/円144.8 〜 150.5豪ドル/円79.8 〜 83.1NZドル/円73.7 〜 76.3南アランド/円7.6 〜 8.1中国人民元/円16.2 〜 16.7香港ド [続きを読む]
  • 9/22 IMM(9/18現在):南アランドがショートに転換
  • おはようございます。秋雨前線の影響ですっきりしない天気が続き、24日の中秋の名月も怪しくなってきました。中秋の名月は芋名月ともいわれますので、天気が悪ければ収穫の秋を楽しみたいです。21日に公表された18日現在のシカゴIMMの非商業(投機)ポジションでは、ドルが240億ドルの買持に増加、円は7,969億円の売持(ドルでは71億ドルの買持)に増加、ユーロは2億ユーロの買持(ドルでは2億ドルの売持)に減少。、豪ドルは68億豪ドル [続きを読む]
  • 9/21 前日のサマリー:楽観的な見通しから円とドルが下落
  • おはようございます。13日以降、円とドルが主要通貨の中で弱い状態が続いています。一方で、NZドルが過去3日間は強い状態となっています。本日は週末、次週には米FOMCを控え、日米首脳会談や米欧の貿易協議などのイベントも予定されているようです。市場心理は楽観的と思われますので、円売り地合いは継続しそうですが、ドル円の113円は近くて遠い感じがします。週末のポジション調整があったとしてもドル円やクロス円の下落は限ら [続きを読む]
  • 9/20 前日のサマリー:離脱交渉巡りポンドが反落
  • おはようございます。合意に近づきつつある、英とEUの離脱交渉ですが、ここにきて雲行きが怪しくなってきました。ギリシャの時もそうでしたが、駆け引き中といったところでしょうか。日銀は賛成多数で現状維持を決定しました。当面フォワードガイダンスを変更する予定もなさそうですので、のらりくらりと金利に政策の軸足を移して、正常化に向けて進むものと思います。市場がどこかで気づけば、円買いの材料とされそうです。ドル円 [続きを読む]
  • 9/19 前日のサマリー:米中貿易戦争激化でもリスクオンの円売りに
  • おはようございます。今週のお客様限定のレポートを参照してください。 米中貿易紛争激化は米経済への影響は限定的との楽観的な見方で円売りとなり、主要通貨に対して円が最も下落しました。原油価格が堅調推移、豪ドル、カナダドルの資源国通貨が上昇しています。本日はユーロドルと、ポンドドルがNR7になっていますので、欧州通貨が動いてくる可能性があります。EUと英の離脱交渉は、依然としてアイルランドの国境問題が残ってお [続きを読む]
  • 9/18 前日のサマリー:米の対中制裁への警戒でドル最弱
  • おはようございます。今週から来週にかけては天体ショーが多い週になります。次週24日は中秋の名月です。トランプ米大統領は、米貿易赤字削減のため、中国製品2000億ドル相当の関税引き上げ(当初は10%、年末には25%)を発表しました。中国経済への懸念が今後も続きそうです。外貨準備などの動きを見ていかなければなりませんね。本日は、本邦が3連休明けになります。どこまでドル買い意欲が出るかでしょうが、日本も貿易協議(FFR)を [続きを読む]
  • 9/17 前日のサマリー:米鉱工業生産などが堅調でドルが強含み
  • おはようございます。本日は敬老の日です。関東では残暑が厳しい日となりそうですが、のんびり過ごしたいですね。 本日は米ではNY連銀製造業景気指数の発表がありますが、トランプ米大統領が中国制裁第3弾の2000億ドル相当の輸入非に対して関税引き上げを発動(実施は今月下旬か)とする可能性がありますので、織り込まれている材料ながら小幅な円高、ドル高になる可能性があります。ドル円の111円ミドル付近の押し目があれば拾いた [続きを読む]
  • 9/16 今週の見通し-欧米の景況感注意だが、方向感は出にくいか-
  • こんにちは。コスモスも咲き、少しずつ秋らしくなってきました。 北海道の震災から1週間、ライフラインなどは戻ってきているようですが、農業や観光への影響が大きくなってきているようです。北海道は命名150年の事業を展開中ですので早く日常に戻ってほしいものです。■今週の予想レンジCcyLow(下) 〜 High(上)ドル/円110.3 〜 113.4ユーロ/円128.1 〜 132.5ポンド/円144.3 〜 149.2豪ドル/円78.7 〜 81.8NZドル/円72.2 〜 74.5 [続きを読む]
  • 9/15 IMM(9/11現在):ポンド・ショートが8千枚の減少
  • こんにちは。10年前の本日はリーマン・ブラザーズが破綻した日でした。ちょうど敬老の日の祝日で、人数も少なく、朝から忙しかった記憶があります。10年は早いものです。だいたい10年サイクルで金融危機が起きていますので、今年から来年にかけては警戒とする市場関係者もいます。リーマン~ギリシャ・ショック、欧州債務危機へと進んでいきましたので、2019年から2021年ごろが怖いですね。写真はリーマンからもらったボールペンで [続きを読む]
  • 9/14 前日のサマリー:リスク心理後退で円安、ドル安
  • おはようございます。イベントが多い1日が終わり、トルコ中銀は市場予想を上回る利上げを実施、新興国リスクが後退しました。また、ドラギECB総裁は物価に対して自信を示し、見通しも据え置き枯れました。朝方の豪の雇用関連の予想まではよかったのですが、トルコおよびECBについては、予想が外れました。チャートが上向きかけていたことで、材料は後からついてくるという諺を思い出しました。しかし、トランプ米大統領の強気一辺 [続きを読む]
  • 9/13 前日のサマリー:米利上げペース鈍化観測でドルが最弱に
  • おはようございます。欧州がサマータイム廃止の提案をするようです。実施されると、サマータイムがなくなるので、時期によって経済指標の発表時間が同じとなり便利になります。できれば米国も廃止してくれると、システム的な設定は必要ですが、生活リズムとしては楽になりそうです。 英とイタリアで政局への不安が一時出たものの、どちらも長続きしませんでした(まだわかりませんが)。米の生産者物価指数が低下していたことで、本 [続きを読む]
  • 9/12 前日のサマリー:米株価堅調で、市場は楽観的に
  • おはようございます。英の雇用関連指標発表後の急落の原因はよくわかりませんでしたが、市場全体の雰囲気は通商交渉や英とEUの離脱交渉への楽観的な見通しが優勢となっているように思います。NAFTA交渉でも、米国産の乳製品を交渉に加える用意があるとの報道があり、カナダが譲歩する形で進みつつあるのでしょうか。今週末に交渉を再開との報道もあり、月内には米とカナダは合意に至りそうです。次は日本でしょうか。明日のトルコ [続きを読む]
  • 9/11 前日のサマリー:欧州の懸念が後退でポンド、ユーロ高
  • おはようございます。今週のお客様限定のレポートを参照してください。 イタリアのEU離脱への懸念はコンテ首相が「離脱を考えたことはない」と否定、英とEUの離脱交渉は11月末をめどに合意する工法で進んでいることをバルニエEU主席交渉官が表明したことから、欧州のリスクが後退しましたが、トランプ米大統領は「私が規則と減税で美しい経済エンジンをかけた」と自身の実績を強調する発言を行うなど、通商問題では圧力を継続する [続きを読む]
  • 9/10 前日のサマリー:ポンド確り、通商問題で資源国下落
  • おはようございます。本日から自民党総裁選挙が本格化するようです。党の国会議員の支持はほぼまとまっているため、再選はほぼ確実とみられますが、今年の西日本の水害や北海道の地震がどのような影響を与えるかは注目したいです。また、トランプ米大統領が中国への圧力を強化しようとしていることで、日本への影響も心配されるところです。以前のロン・ヤスや小泉・ブッシュのような関係はトランプ・安倍の中では望めないことで、 [続きを読む]
  • 9/10 今週の見通し-米の保護主義強化とトルコ中銀の政策リスク-
  • こんにちは。北海道胆振東部地震発生から初の日曜日、電力の復旧目処が立ったのは良いですが、節電などしばらくは不便な生活が続きそうでお見舞い申し上げます。落ち着いてきましたら、ふるさと納税などを通じて支援をしていきたいと思います。 関東地方は暑いが続きますが、少しずつ秋の足音も聞こえます。時期は少し早い気がしますし、赤でも白でもないので彼岸版なのかも不明ですが、それらしいピンクの花が咲いていました。 [続きを読む]
  • 9/8 IMM(9/4現在):ユーロはロングに転換へ
  • おはようございます。この土日は近隣のコメ農家は稲刈りのようです。天候にも恵まれて方策ではないかと思います。首を垂れている稲穂が多いようです。昨日の米雇用統計は非農業部門雇用者数、平均時給ともに堅調な内容で、ドル円は111円台へと上昇しましたが、トランプ米大統領が中国製品への2000億ドル相当の関税引き上げを実施する意向を再度示し、日本に対しても貿易赤字削減のため、農業分野での市場開放を強く求めるような報 [続きを読む]
  • 9/7 前日のサマリー:日米貿易協議へのリスクからの円上昇
  • おはようございます。北海道の震災で普段は何気なく使っている電気に関する新たな課題が見えてきたように思います。電気は簡単に自給できないですが、大規模発送電よりも小規模の地産地消のモデルの構築が必要と感じました。インターネットに依存した社会となっていますので、インターネットに接続できないリスクも考えておかなければならないこともその一つで、サービスを提供している側はもちろんですが、サービスを利用する側に [続きを読む]
  • 9/6 前日のサマリー:英とEUの交渉合意期待で欧州通貨高へ
  • おはようございます。朝一番のヘッドラインが北海道の地震でした。台風と地震のダブルパンチで言葉もありません。大きな被害が出ていないことを祈るのみですが、まずは心よりお見舞い申し上げます。今年は7月の西日本での豪雨、8月も山形での大雨、台風21号で近畿で大きな被害(北部の自信もありましたね)が立て続けに発生、不思議と関東だけが難を逃れているようです。 為替市場では、相も変わらずドル/円が小幅なレンジの動きを続 [続きを読む]
  • 9/5 前日のサマリー:米の好調なISM、新興国リスクで米ドル上昇
  • おはようございます。台風21号は近畿地方に大きな爪痕を残したようですね。Twitterを見ていましたら、映像とともに"怖い"というつぶやきが多く発せられていました。こころよりお見舞い申し上げます。今後も大型化、強い勢力の台風が来ることも予想されますので、備えだけはしておきたいですね。トレーダーの方も停電でPCが使えない(さすがにルーターやモデムの電源を確保している方は少ないでしょう)などがあったようですので、ス [続きを読む]
  • 9/4 前日のサマリー:ポンド以外は、米休場で小動き
  • おはようございます。今週のお客様限定のレポートを参照してください。 昨日は北米(米とカナダ)が休みだったことで、為替市場は小動き、複数の通貨ペアでNR7(過去7日間で最も動きの小さい通貨ペア)が多数出ています。ドル円、ユーロドル、ユーロ円、NZドル円、NZドル米ドル、カナダ円、ドルスイス、ユーロスイスなどです。3連休明けの北米市場ですが、NAFTA交渉、中国商品への米の関税引き上げなどが控える中で、積極的なポジショ [続きを読む]
  • 9/3 今週の見通し-雇用統計よりも米保護主義に警戒-
  • おはようございます。関東地方はすっきりしない天気です。台風21号も接近してきますので、予想される進路にある方はお気をつけてください。 さて、個人的な話で恐縮ですが、朝食はグラノーラを食べることが多いのですが、先日、甘くないグラノーラというのを見つけて食べてみました(写真のもの)。冷静スープ風でヴィシソワーズ風味です。確かにほのかな塩味で甘くはなかったですが、あまり食が進む味とも言い難く、普通のグラノ [続きを読む]
  • 9/1 IMM(8/28現在):豪ドル以外はわずかな増減にとどまる
  • おはようございます。本日は朝から雨、昼にはやみそうですので、雨の間隙をついてジョギングへと行ってこようと思います(スタート時点で降っていなければいいです)。写真は前回と違う猫です。我が家の飼い猫は人やお金を招かず、野良猫を招くようです。夜な夜な窓越しにやりやっていますが勝てないようです。 昨日の市場は米とカナダは貿易交渉で合意に至らず、ユーロ圏では消費者物価指数(HICP)が低下、米3連休前ということも [続きを読む]