山内俊哉 さん プロフィール

  •  
山内俊哉さん: つれづれなるままに!上田ハ-ロ-FX
ハンドル名山内俊哉 さん
ブログタイトルつれづれなるままに!上田ハ-ロ-FX
ブログURLhttp://blog.uedaharlowfx.jp/yamauchi/
サイト紹介文上田ハーローアナリスト山内俊哉が為替の情報をお届けします。
自由文ファンダメンタルズ、テクニカル分析などを交えた為替相場の見方やアウトルックを提供しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/07/06 20:33

山内俊哉 さんのブログ記事

  • 4/21 IMM(4/17現在):豪ドルのショートが3週連続の増加
  • おはようございます。昨日に続き、本日も熱くなりそうなので、朝方の涼しい時にジョギングをしてきました。天気とは裏腹に、ドル円相場は膠着、市場参加者もボラティリティがないことに慣れてきたのではないでしょうか。それに比べて、ポンドや豪ドルがよく動いていますので、ボラティリティを求めて通貨をシフトしてみるのも良いと思います。20日に公表された17日現在のシカゴIMMの非商業(投機)ポジションでは、ドルが283億ドルの [続きを読む]
  • 4/19 前日のサマリー:ドル円動かず、ポンド、加ドルが下落
  • おはようございます。日米首脳会談は、懸念されていた日米通商関連では、米国は2国間交渉を望んでいるものの、強硬姿勢でもないことから、市場の反応は限定的となっています。日本側がテーマを北朝鮮にうまく誘導した可能性があります。ただ、今後も通商関係では米側が交渉を持ち出してくると思われますので、引き続きドルの上値が重い展開となると思われます。そういう意味では、ドル円の107円台ミドルから上は売り場ではないかと [続きを読む]
  • 4/16 前日のサマリー:リスク心理改善でも、ドル円は「往って来い」
  • おはようございます。米財務省が公表した半期為替報告書では、日本は引き続き監視対象とされました。新たにインドが監視対象に加えられて、対象は中国、スイス、ドイツ、韓国の6か国に拡大されました。今週は日米首脳会談が予想されています。通商交渉では譲歩の姿勢を見せないトランプ政権ですが、日本は2国間交渉を受け入れるというよりも、ペンス副大統領と麻生副首相兼財務相による日米経済対話の継続を主張すると思われます。 [続きを読む]
  • 4/15 今週の見通し−日米首脳会談、米財務省半期報告を警戒−
  • こんにちは。本日はかすみがうらマラソン大会へ参加してきました。10マイル(約16Km)でした。スタート時にほぼ雨は上がり、残り5Kmくらいからは向かい風に苦しめられましたが完走は果たせました。 トランプ政権はシリアでアサド政権が使用したとされる化学兵器をサリンと塩素系ガスと断定した模様です。本日に追加の攻撃はなかったようです。日本では加計問題で衆議院の集中審議と柳瀬元首相秘書官の国会招致に与党が応じる考えを示 [続きを読む]
  • 4/13 IMM(4/10現在):円は2週連続ロングながら、ほぼフラット状態
  • おはようございます。今週も低気圧が通過で荒れ模様の天候となりそうです。島根や北海道で揺れの大きい地震が発生、本日は熊本地震から2年目です。復興もままならないまま、次々と災害が発生、国や自治体も財政難で支援は行き届かずにNPOやボランティアに頼りっぱなしで、国民が疲弊するだけになってしまいそうです。明治維新から150年、行政や国会(議会)の質の低下とほころびが出てきているのではないかと強く感じます。13日に公 [続きを読む]
  • 4/13 前日のサマリー:リスク心理改善での円売り、ポンドが強い
  • おはようございます。トランプ米大統領のツイートでシリアへの軍事行動に対する懸念が和らいだことでリスク心理が改善、円が主要通貨に対して下落しています。トランプ米大統領がTPPへの復帰の検討を指示したことで、円売りの流れは継続すると予想していますが、ストキャスティクス(スロー)からは多くのクロス円で買われすぎとなる80を超えていることから、シリアへの軍事行動に対する懸念は残りますので週末の調整に注意です。ド [続きを読む]
  • 4/12 前日のサマリー:対シリアへの軍事行動懸念で円が買われる
  • おはようございます。米英仏によるシリアへの攻撃の懸念が高まったことでリスクオフの動きから円が主要通貨に対して上昇しました。ただ、米ドルに対しての各通貨の動きは鈍くユーロドル、ポンドドル、豪ドル米ドル、NZドル米ドルでNR7が出ています。実査にシリアに対して軍事行動を行ったとしても、巡航ミサイルなどの短期攻撃とみられることから、ドル売りは一過性ではないかと予想しています。米FOMC議事要旨や米消費者物価指数( [続きを読む]
  • 4/9 前日のサマリー:米雇用冴えず、貿易懸念再開でドル下落
  • おはようございます。米雇用統計は非農業部門雇用者数が市場予想を下回る+10.3万人にとどまったものの、賃金上昇は前月比+0.3%と緩やかな伸びを示したことで「適温」となりました。米中貿易戦争への懸念は、中国との交渉を継続したい米政府と、中国商務省との駆け引きが続いています。ただ、こじれた場合には双方にとってプラスにはならないため、妥協点を探っていくものと思います。むしろ、NAFTAや日本、EUが今後はリスクに晒さ [続きを読む]
  • 4/7 IMM(4/3現在):円は2016年11月以来のロングに転換
  • おはようございます。全国的に天気は荒れ模様、関東地方以外では寒戻りのようです。愚息の引っ越し、2週続けてのマラソン大会が終わり、今週末は少しのんびりできそうです。今年は桜の開花・満開があっという間で、近所の桜並木もすでに葉桜となっています。雉の鳴き声聞こえ、これからが春本番というところでしょうか。外国為替市場にも春が来てほしいですね。6日に公表された3日現在のシカゴIMMの非商業(投機)ポジションでは、ド [続きを読む]
  • 4/6 前日のサマリー:米中貿易に楽観、円は3日連続で下落
  • おはようございます。米株価3連騰、円は3日連続で主要通貨で最弱の中、本日は3月の米雇用統計です。注目は引き続き平均時給ですが、1月雇用統計と同様に天候不良の季節的な要因での時給が押し上げられている可能性があり、ヘッドラインには注意です。非農業部門雇用者数などは、堅調を維持し、大きな振れはないと思いますが、労働参加率はジワリと上昇傾向にありますので、失業率の悪化には注意でしょうか。パウエル米FRB議長の講 [続きを読む]
  • 4/5 前日のサマリー:米中貿易戦争懸念後退で円続落
  • おはようございます。過去2日間の主要通貨の動きを見ていますと、NZドル、豪ドルが強く、円が最も弱い通貨となっています。これまでのデータからは巻き戻し(円が上昇、NZドルが下落)となってもおかしくはないと思いますが、市場のセンチメントと明日の米雇用統計ということを考えますと、少なくともロンドン時間までは円売りの傾向が続くのではないかと予想しています。豪は2か月連続で小売りが好調だったことで、賃金の伸びは懸念 [続きを読む]
  • 4/3 前日のサマリー:米株価下落からリスクオフの円買い
  • おはようございます。今週のお客様限定のレポートを参照してください。 トランプ米大統領の貿易に関しての保護主義によるリスクとIT企業との「攻(口)撃」が世界景気に影響を及ぼしそうです。前者については、4月17-18日にフロリダで日米首脳会談が開かれますので、2国間交渉などの何らかの圧力がかかってくるものと思われます。また、円高に進んだ時のドル買い介入への釘が刺されるかもしれません。いずれにしても、イースター明け [続きを読む]
  • 4/2 前日のサマリー:イースター休暇前で小幅なレンジに終始
  • おはようございます。本日から本邦は新年度入りです。上田ハーローでもこれまで提供してきました戦略レポートの内容を見直し、更にお客様のお役に立てるよう、変更しました。ご要望などいただけますと幸いです。情報サイトFXMuseumでご確認ください(本日午後に変更予定です)。■三極通貨(ドル、ユーロ、円) ドル/円が106.41円、ユーロ/ドルが1.2297ドル、ユーロ/円は130.87円でオープン。オセアニア、アジア(香港、シンガポール [続きを読む]
  • 3/31 IMM(3/27現在):円ショートはほぼフラットに
  • おはようございます。プロ野球が昨日開幕しました。個人的にはあまり野球は観ませんが、桜の開花に続き、春になったなという感じがします。本日は愚息の大学進学で、引っ越しのため、神奈川県まで行ってきます。私の時は小雨の降る寒い日でしたが、本日は天気に恵まれて良いスタートになりそうです。これから4年間、しっかりと勉強をしてほしいものです。30日に公表された27日現在のシカゴIMMの非商業(投機)ポジションでは、ドルが [続きを読む]
  • 3/30 前日のサマリー:欧米休暇前でドル円、クロス円の利食い売り
  • おはようございます。本日はグッドフライデーで欧米の市場参加者がほとんどいなくなります。昨年もイースター前はほとんど動かなかった記憶がありますので、東京時間以降では、静かな週末、月末、期末を迎える可能性があります。朝鮮半島では南北首脳会談が4月27日で決定しましたので、米朝首脳会談は5月の中頃ににはなるのではないでしょうか。米・中・北朝鮮の思惑が入り混じって、4月以降は市場が振り回される可能性があります [続きを読む]
  • 3/29 前日のサマリー:地政学的リスク後退でドル買い、円売り
  • おはようございます。昨日は朝鮮半島の地政学的リスク後退を材料にドルが上昇、円売りも加わり、ドル円は21日移動平均線をしっかりと上抜け、107円にタッチしました。ただ、イースター休暇前というタイミングも重なったことで、調整の幅が大きくなたものと予想していますので、ここから先の円売りが進む(更なるショートカバーが出る)のは難しいと考えています。本日は米債券市場も半ドンですので、経済指標は相応に発表されますが [続きを読む]