ネムのろ あき さん プロフィール

  •  
ネムのろ あきさん: 小説ブログ−ネムのろ
ハンドル名ネムのろ あき さん
ブログタイトル小説ブログ−ネムのろ
ブログURLhttps://ameblo.jp/nemu-noro-aki/
サイト紹介文自由気ままな小説ブログ。短編長編、二次小説『ナルトと愉快な仲間達』ポエム日常。人生談小説
自由文今書いている小説は山ほどありますが、終わってるお話を読む場合は『俺の今日』や『短編集』が良いと思います。ポエムは人生の中で感じたこと、気ずいた事などを書き記してます。
気が向いたりしたら寄ってってくださいね。良かれば、読者登録や、ぺタ、コメントなどくれたりしたら、作者が大変喜びます。不束者ですが、どうぞ宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/07/06 22:43

ネムのろ あき さんのブログ記事

  • 幸せにするよ
  • 君の髪がキラリと反射して綺麗だと思った。告白を断る君は今も僕に笑顔をくれる 「好きだよ」「知ってるわ」「じゃあなんで」「盲目の私は貴方を不幸にする」 勝手に決めつけて 「ナメないで。僕を誰だと思ってるの」「だって」 目に涙を溜める君 「好き」 諦めて僕と幸せになって 「…私も好き」 140文字小説 [続きを読む]
  • 自己満足
  • 長ったらしいただの自己満足な何の役にもたたない文章なのでスルーOKです。 それでも読みたいお方はどうぞ↓ 昨日、懺悔をしてきました。いつもみたく簡単に済ませようと思ってた弱虫な自分と向き合って、はじめて『そんなんじゃいつまでたっても変われないだろ』と自分を叱咤激励して、今まで誰にも口から言わなかったことを告白してきました。 弱み、弱点…自分の心の傷。他人から受けた傷。 口は最初パクパク [続きを読む]
  • endroll
  • 繋ぎ留めたい絆が、切り裂かれて、ボロボロになったとしてキミは一体どこまで正気を保てるのだろう?そっと囁く優しい声が、どんどん遠くへ帰っていく。疲れた思考と心に導かれて、身体は重く引きずるように。頭がクラクラクラするから。フラフラフラしながら人生の波の中逆らいながらキラキラする光を取り戻すためにあの謎を解き明かして、手を取ってさぁ油断して浚われた思考と、託された『サヨナラ』もらったあの日の『ありが [続きを読む]
  • オパールを拾ったらダイアの原石でした
  • ツイッターで流行ってるなと素敵絵描きさんたちの漫画とか見てたらpixivでも小説、マンガがあったっていうね!なので流行ってるからとかじゃなくって、やってみたいと思ったので便乗wいやぁ〜書くの楽しいなぁ。もしかしたら、もっと書くかもしれませぬ。魔女のお話って良いよね… pixivとのマルチ投稿です。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 魔女…とは?一部の資料には神の使い、神の使徒とも悪魔の使徒とも呼ばれた。時に [続きを読む]
  • 雨の女神
  • ツイッターにて、気を引かれるタグ発見して書いてみました!フォローしている好きな絵描きさんの絵を見ながら何かを書く、というのだったので、絵を見ながら思いついたのを140文字で書ききりました…!いやぁ、むずかしかったけどあまり根詰めすぎずにできるからいいですよね140文字って(^ω^)!! ではお楽しみください…↓↓ *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 雨の女神 雨の女神と呼ばれる私は崇めたてられる。家族を失っ [続きを読む]
  • 久々に自己小説を紹介です♪
  • 皆様お久しぶりです!いかがお過ごしでしょうか?随分とお休みしていたネムのろですよ(´艸`*) 今回はカクヨムという場所でイベントに参加した二作品をここにご紹介です!コメントや感想などなど、お待ちしてます☆ 『健路くんの非日常〜囚われし巫女編〜』 このお話はここで連載し終わった「俺の今日」のお話を骨組みとして新たに色々改造して組み替えたお話となってます。 次に… 『シークゼロ(490)〜呪いのループ編〜』 こ [続きを読む]
  • 2018年の挨拶
  • どもども皆さま。物凄くお久しぶりですね。気が付けば六月。そしてもう2018年。年が過ぎるのは物凄く早くなってしまったなぁと思ってます。こっちがまったく更新できずに、申し訳ないです。ついつい、新しい話にのめり込んでしまって… コンクールへ向けたお話しが完成して一休みしたあと、一か月に一回くらいは更新しなければと思ってますまずは期限までに終わらせなくては(。-`ω-) よければ二次小説を書いて投稿しているpixiv [続きを読む]
  • 永遠の幻
  • 封印していた気持ちや夢解放してあげようか?いや、やめておこうきっとロクな事にはならないからそう言って寂しそうに歩くあなたは後ろの私に気づいてますか?言ってあげたい 私はあなたの味方だよと手を繋いで 暖かくしてあげたいけどあなたは、悲しく笑って目の前の花を愛でる石ころの私はただ、そんなあなたの幸せを願うだけ#幸せを願う #石ころ #愛でるブログをまとめてみる > [続きを読む]
  • してやったりのニヤリ顔
  • 度々、遠くを見つめる私そんな私を不思議そうに見つめるあなた。え?何が楽しいんだって?ふふ私はただ、景色を眺めてたんだよ一瞬、一瞬の過ぎ去る人生なんだもの変わりゆく世界を眺めたいのそう言ったら、あなたは笑った「変わったやつ」その一言が、その笑った笑顔が嬉しかった「やっと私を見てくれたね」携帯ばっかいじくってたから。してやったり#笑った #眺めたい #一瞬ブログをまとめてみる > [続きを読む]
  • 紺色の世界で会いましょう02
  • 皆様お久です!またしばらくたって帰ってきたら、機能が色々進展してて焦ってます、ネムのろです(;^ω^)今日は、K-shinsuke さんの絵を見て思いついた続編を書こうと思い立って書き始めて、今日やっと書き終わったお話を投稿です! K-shinsuke さん、絵を引用させてもらいました。断ってからの方がいいカナ…?とか思ったんですが…あの、迷惑だったら、絵を取り除かせていただきますんで、言ってくださいね(;´Д`) 引用させて [続きを読む]
  • 綱吉君が逆行しました10
  • 午後のティータイムにオレンジペコを飲む。コーヒーでもよかったが今日は紅茶に決め込んだ。そして、口に運ぶのはシナモンクッキーだ。一緒にチョコビスケットもあり、交互に食べながら優雅にくつろげるこの時間が結構好きだったりする。ん〜…あとはここにクウさえ居れば…クウと奈々とツナさえいればなぁ…完璧だったのにな…せめてクウだけでも「親方っ!!」「なんだ。どうしたよ」「ヴァリアーの…あっちょっ!」「おい、こ [続きを読む]
  • 綱吉君が逆行しました9
  • さて。気が済むまでプリーモと追いかけっこという名の殺り合いを俺の怒りが収まるまでし終わった後。プリーモはボッロボロの格好で、しかしいい笑顔で話し始めた。くっそー。今度は絶対勝ってやるからなっ! 『まぁそんな分けで“ソレ”は強力すぎるがために、所持者自ら世界が滅びても封印は解けないようにした。だが、今回は世界に不穏な動きをするものが居てな…適応者がちょうど存在したのでデーチm…クウショウに所持 [続きを読む]
  • 綱吉君が逆行しました8
  • さて、心の中は荒れに荒れまくっていた俺でしたが…『大丈夫』とでも言うかのように九代目がにっこりと俺のほうを見て微笑みました。 それはそれはとても穏やかに。 信じません。一切信じません。この人策略で人を落とすのに慣れてると思うから。きっとなにか凄く俺が困っちゃうことをしでかしそうです。そうに違いない。 「リボーン。君の意見はもっともだし、私もそうだと思う。けれど…彼は何も知らない」「そ [続きを読む]
  • 綱吉君が逆行しました7
  • 砂埃があがる。その中に突っ込んでいくのは雲雀紫雲。両腕にトンファーを持ち、それを埃の中に佇む影へとぶちかます。しかし。 「…君って一体どこで素手で僕のトンファー掴む練習してたのか聞きたいな」「まいったな…機嫌直してくださいよ雲雀さん」 砂埃が散って現れるのは、口の端だけ少し擦り切れている、沢田空翔。その両手はしっかりと紫雲のトンファーを掴み放さない。その顔はあちこち浅い擦り傷だったが、本 [続きを読む]
  • 綱吉君が逆行しました6
  • よいこの皆さんCiao!!元気にしているかな?俺こと空翔は……………まぁ、色々とあって今やっとイタリアや、クラスに馴染んできたって所かなぁ。大変だなって思う事と言えばいつの間にか雲雀さんがイタリアに留学しちゃって、しかも修行を週に二回もやらされてるって事かな。 ちょう長い前置きを話されて「察しなよ」って言われちゃったんだけど… 『第六話 フラグ回収しまくりなんだけどどう言う事かなっ!?』← [続きを読む]
  • 綱吉君が逆行しました5
  • 僕と彼が始めて出会ったのは13歳の時。不良5人にからまれて困ったように苦笑いしていた。彼にはそんな気はなかったのだろうけど、不良たちは強顔でせめられているのにヘラヘラ笑って返す彼に馬鹿にされていると声をはった。そんなわけがないのにね。 「何をしているの君達」「ああ?!なんだてめぇ?!」 …………。 『第五話 ポメラニアンとイタリア』← して続きを読もう! [続きを読む]
  • 綱吉君が逆行しました4
  • この子は普通の子供だ。 それが私が日本へ行き、家光の二人のうち一人の子供を見て思ったことだった。沢田空翔くんは、超直感も、炎も受け継いでいなかった。ただただ、自分とは正反対で力を持ってしまった綱吉くんが心配で、とても心優しいお兄ちゃんだった。 弟が異様なのを感だけで感じ取っても、見放したり嫌がったり拒絶したりせず、兄弟仲良く遊んでいる。その光景がとても微笑ましく愛らしかった。 しかし [続きを読む]
  • 綱吉くんが逆行しました3
  • まぁ、なんだかんだ言ってもやっても、俺の周りは騒がしい奴らがいてくれたおかげで心休むことなく日々は過ぎ去っていきました。 いや、楽しかったよ?でも俺の求めていた平凡中学生活はこんなのじゃないような気がする。 とくに雲雀さんの戦闘に付き合わされたりするのが一番きつかった… そうこうしている内に、とうとう留学する日になって、急な話だけどクラスの皆と先生にお別れを言いにいったら… 『第 [続きを読む]
  • 綱吉くんが逆行しました2
  • そんなこんなで留学することになった旧・綱吉こと今の俺、空翔でしたが、急な話だったので準備や手続がすむまでしばらく並盛にいることになりました。 その間母さんの手伝いは出来るだけした。何だかんだいって、あっちでもこっちでも色々苦労かけたと思うし、今から親孝行していくことに決めた。 ………… 『第二話 雨と嵐と雲がいました』← して続きを読もう! [続きを読む]
  • 第一話 どうやら逆行(?)して兄になったようです
  • まぁ、ぶっちゃけ、嫌だ嫌だと言ううちに色々あってネオ・ボンゴレ・プリーモになってしまった俺こと綱吉。もうこなったらと腹をくくってマフィア界を支配し、そしてとうとうボンゴレマフィアを解体、もとの自警団に戻そうとしたがそれをよく思わなかった旧ボンゴレどもの残党と戦うハメに。もちろん味方が勝った。平和な日々が来てヤホー!となるかと思いきや…時たま旧ボンゴレ暗殺部隊とチェデフやらアルコバレーノたち(主に [続きを読む]
  • 二次小説 『綱吉くんが逆行しました』について
  • キャプション: ボンゴレを解体し、ついに自警団へと元あるべき姿へ導くことに成功した綱吉だったが、無理がたたって彼は還らぬ人に。しかしとんでもない出来事が彼の身に起こる。初代『ということでデーチモがもう一人いる世界へお前を逆行させようと思うんだ』ツナ「ちょっと待てー?!」初代たちの茶目っ気ともいえるような無理強いに巻き込まれ逆行…みたいな転生みたいななにかを体験した彼は、目が覚めると病院にいて [続きを読む]
  • お久しぶりです(*´ω`*)
  • みなさまお久しぶりです。元気でしょうか?私はやっと目標を終えて忙しさにひと段落ついたところです。余裕ない時ってなんについてもイラッとくるよね…。無事に文芸大賞に応募できる小説が完成し、投稿してきました。 発表はまだまだ先。たしか七月だとかなんとか。日にちが変わることもあるそうです。ちょっと気になってサイト見て来たら投稿者の数が尋常じゃない数ですた。びっくりしたぁ〜。 落選覚悟でやってみた [続きを読む]
  • 忘却少女(ボウキャクしょうじょ)
  • これは…一人の少女の話。 小さく生まれ何もない ちっぽけな子思い出も少なく誰が気付くことなく それでも大切なもの 集めてた拾って増やして道に種 まいてた 気づかないと芽吹かない花も咲かないまかれただけの 種何の意味があるのだろう? 忘れられる少女のように 種はやがて 花咲かせ寂しい道 華やかにみんな幸せなのに少女のこと忘れていく それでもいつかの少女笑って歌うたって寂しい [続きを読む]
  • 未来へ−Alba(夜明け)
  • 助けて言えず不安増す抱えるもの増えすぎて押しつぶされそう 忙しい日々にうんざり 諦めそうで嫌になる青空見ること 忘れてる 完璧じゃないボクら涙流して叫べばいい今見えない未来は光が導くから 子供のころ自由だった心今も大切 してますか?縛られ 動けない何かを忘れているから 弱虫なボクら逃げたくて 後ろ向いて光は前にあるのに道は希望が照らすよ 完璧じゃないボクら手をつないで行けばい [続きを読む]