byezowism さん プロフィール

  •  
byezowismさん: 梅造イズム
ハンドル名byezowism さん
ブログタイトル梅造イズム
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/byezowism/
サイト紹介文ヤクルトを応援し始め早350年、ヤクルトファンか疑問視されている梅造のブログである。高知FDも応援!
自由文東京ヤクルトスワローズブログを始めて早350年。下品で適当、神経を逆なでする文章が敵を増やすだけの嫌われ者ブロガーが贈る話題の数々。高知FDも応援!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供791回 / 365日(平均15.2回/週) - 参加 2012/07/07 08:51

byezowism さんのブログ記事

  • 岡林洋一と関富美男さん
  • ヤクルト黄金期にヤクルト投手陣を支えてくれた岡林、彼はパラグアイ出身で中学卒業後に両親の実家がある高知に帰る。その後高知商業に入学して活躍し専修大学に入りヤクルトにドラ1で入団。西武との対決で自身の選手人生をも縮める投球をしてくれたのが凄かった。その彼の大友人である関さんとの35年ぶりの対面。マジに泣けた、関さん、岡林くん、高知人としてもかなり嬉しいよ。??燕ファンも選手諸君も軽やかにタップ願う。? [続きを読む]
  • 祝・中村が新主将に決定?
  • ヤクルト4年ぶり主将制度復活 中村就任「意気に感じる」ヤクルトの中村悠平捕手(27)が今季の主将に就任することが14日、わかった。小川淳司監督(60)の意向で、14年の田中浩(現DeNA)以来4年ぶりに主将制度が復活。9日に指揮官から電話で伝えられたことを明かし「意気に感じているし、しっかりしないといけない」と気合を入れ直した。選手会長との兼務。負担の大きさを承知の上で「お前しかいない」と最下位からの浮上を目指す [続きを読む]
  • 梅造がヤクルトファンになった理由②
  • 高校は志望校に楽勝で合格したワタシだったが、とにかく両親と別れることにかなり喜びを感じた。もうワタシを邪魔するカスどもはいないと、喜び勇んで高校に入学したものだ。入学手続きと同時に下宿もすぐに決定し4月7日の初登校になった。初登校から下宿に戻って来ると男子では3人の先輩がおり、偶然にもその一人が野球部所属の2年生で話を聞いてみると野球部に入りたくて入りたくてしょうがなくなった。実際小中と野球部は存 [続きを読む]
  • 川端が一軍キャンプを目指すと言っている
  • 餅つけるほど腰回復!ヤクルト・川端、1軍キャンプイン宣言「もう痛みない」ヤクルト・川端慎吾内野手(30)が12日、愛媛・松山市の坊っちゃんスタジアムの室内練習場で、チームメートらと行う自主トレーニングを公開した。椎間板ヘルニアの手術を受け、昨季出場ゼロに終わった2015年のセ・リーグ首位打者は、2月1日から沖縄・浦添で行われる1軍キャンプでのスタートに強い自信を示し、完全復活に意欲。“グラウンド内外”で全快 [続きを読む]
  • 梅造がヤクルトファンになった理由①
  • 昨日「高知県人とは?」という記事を更新したが想像通りまったく読者からの反応がなく放置状態と化している。ヤクルトファンは関東地方の星人が多いのでまったく受け入れられない記事だったんじゃないかなと。逆に、実際はウケていて後で聞いたら「あれメッチャおもしろかった!」とも言われる。要はよく分からない、ネットでの反応は今でもよめない。ワタシは高知県のクソ田舎で育ちはしたが、生まれた時からたくさんの人に支えら [続きを読む]
  • 「ワタシが日本に住む理由」:広島在住ルメ・パトリックさん
  • フランス人で母国でパン職人、日本人にパン作りを教えてやってくれないかと来日したら日本のパンを見て仰天。自信満々で来日したが、教えられる方が多かったそうだ。広島弁がなかなか良くて頑固だけど面白い人、ストレートで嘘がつけない。とにかく会話が楽しくてしょうがない、日本のお笑い芸人はルメさんを見習った方が良いんじゃないかとも思う。とにかく面白い、何度も何度も笑ってしまった。おもしろいわ〜、最高におもしろい [続きを読む]
  • 特集:高知県人とは?
  • 今日は高知県と高知県人を紹介する。かなりの日数をかけて制作した超大作だ、寝る時間を惜しみ、風雪に耐え、食事も摂らず、鼻くそをねぶり、極限状態になりながらも、ようやく完成に至ったわけである。長いぞ、とは言っても10分もかからないと思うが、では始めよう。高知県は本州、特に関東地方の人は場所さえも分からない目立たない県。高校を卒業して上京して関東の人に高知県の場所はと聞いても99%の人が理解していない。九州 [続きを読む]
  • 「ワタシが日本に住む理由」:大阪在住のSKYペレイラさん
  • 今までは過去に放送されたものを紹介してきたが昨日の放送があまりにも笑いあり、涙ありの放送だったので紹介する。ここに登場する皆さんは以前にも何度かその地方で取材を受けたりテレビに放送されているそれなりの有名人。このペレイラさんも調べてみれば、あちこちに紹介、掲載されていた。彼も元々日本には興味を抱いてはいなかったがテレビで放送されたウルトラマンが怪獣を「投げ飛ばす」のを観て心を奪われ、柔道を始める。 [続きを読む]
  • 「ワタシが日本に住む理由」:大阪在住の山崎エレナさん
  • 当時のユーゴスラビア社会主義連邦共和国が内戦状態で彼女には、かなり苦労した過去がある。街が攻撃されシェルターに逃げている時に偶然日本の「茶道」のポスターを発見、それからワタシの生きていく道は日本だと目が覚めた。ただ日本に来てもかなりの苦労をしたものの、現在は家庭を築いて幸せな日々を過ごしているようだ。見た目は美人ではあるが脳内はかなりの大阪のおばちゃん、関西人特有の東京嫌いでコテコテの関西弁を操り [続きを読む]
  • エヴァ、のりこさんに会う
  • 1956年に、スウェーデンの女性写真家、アンナ・リヴキン=ブリック(Anna Riwkin-Brick)が出版した子供向けのお話付きの写真集シリーズのうち、9冊のテキストを、その出版社の編集者であったリンドグレーンが担当した。このシリーズの最初が日本で撮影された『Eva möter Noriko-san』という一冊であり、スウェーデンのエヴァという少女がノリコという日本の少女を訪ねる設定で日本の文化を紹介した。内容自体は、戦後ながら着物姿 [続きを読む]
  • 野村さんの大きな一言
  • 野村さんの「惜しい、俺より先に逝くなんてとんでもない!」の言葉と表情、こんな野村さんの鬼気迫るような表情は初めて見た。そして、この言葉に色々と考えさせられた。野球は真剣勝負であり、入団するのは東大よりも狭き門。(ある意味では東大よりも通常の学校よりも楽に入れはする時もあるが)なので、ここに入っただけで満足している選手が腐る程いる。それに野村さんは、「やっぱり今の選手は『おぼっちゃま』ばっかりだから、 [続きを読む]
  • 「ワタシが日本に住む理由」:千葉県在住の栗原リージアさん
  • 千葉県の千倉に住んでいる栗原リージアさん、最初この動画を観た時はとてもじゃないが受け入れられないと。光り物が好き、日本人は面倒臭い、どうせナンパだろ?ただ食いだから会うだけ会おう、日本人はしつこい、でも指輪だけはもらおう、結婚する気もないのに両親と会いに来日、結婚する気もないのに2週間も千葉に滞在、せっかく日本に来たのだから楽しんで帰ろうと。そんな彼女に驚くべきことが起きて人生は急展開、結婚どころ [続きを読む]
  • 2003年阪神優勝時の星野さんの言葉を思い出す
  • 「あ〜しんどかった……」自信はなかったんですけどね、言ってみるもんですね。ええ、選手のみんなはファンの夢を叶えてくれました、ありがとう。やはり、この縦縞で、この甲子園で、みんなの前で胴上げされたかった。終わってみればブッチギリなんですけどね、もたもたもたもたしまして、でも私の計算通り甲子園のファンの前で約束を果たせました。「皆さん、良かったね。」もう10年以上前のことだが野村さんが阪神の監督に就任して [続きを読む]
  • 「ワタシが日本に住む理由」:ビョーク・セバスチャン
  • 「ワタシが日本に住む理由」というテレビ番組がある、ほとんど知られていない番組だと思う。そのせいかこれだけの番組なのにWikipediaにも登録されていない。放送開始は2016年4月11日から、放送局はBSジャパンで月曜午後9時〜9時55分の放送。MCは高橋克典(53)、アシスタントはTV東京の局アナである繁田美貴(33)。撮影は神奈川県にある築150年近くの文化庁の登録有形文化財にも指定されている古民家。高橋克典氏はこの古民家に [続きを読む]
  • 星野仙一氏 死因はすい臓がん
  • 星野仙一氏死去 死因はすい臓がん楽天が発表「最期は昼寝でもしているような安らかな表情」楽天が6日、星野仙一球団副会長が4日に亡くなったことを発表した。70歳、死因はすい臓がんだった。現役時代は中日のエースとして活躍し、引退後は中日、阪神、楽天の監督を歴任。計4度のリーグ優勝を飾り、楽天時代の13年には自身初の日本一に輝いた。14年にユニホームを脱いだ後も、15年に楽天の球団副会長に就任。ONとともに球界 [続きを読む]
  • 闘将星野仙一氏死去
  • 星野仙一さん死去、70歳「燃える男」「闘将」楽天で日本一達成プロ野球中日のエースとして「燃える男」、監督就任後は「闘将」と呼ばれ、2013年に楽天を率いて球団創設9年目で初の日本一に導いた星野仙一(ほしの・せんいち)氏が死去したことが6日、球界関係者の話で分かった。70歳。岡山県出身。岡山・倉敷商高から明治大を経て、1969年にドラフト1位で中日に投手として入団。82年まで中日一筋でプレーした。気迫を前面に出す投球 [続きを読む]
  • 「笑ってはいけない…」に思うこと
  • 最近、すごく好きな女性がいる。太ってはいるが才能豊かで非常に優秀な人である。鋭い目線で物を見ていてあらゆる細かいところに彼女の苦心が見られて観ている側としては「ありがとうございます」と言いたい女性である。その彼女を観てからくだらない言葉が走り始めた。浜田の顔が黒すぎて人種差別?ベッキーへのタイキックが失礼すぎる?マジにくだらない、その記事も腹立たしく、「誰かが言っていた」という内容である。あること [続きを読む]
  • 正岡子規とプロ野球の密接な関係
  • ほとんどの人が学校で正岡子規のことをチラリと聞いて知っていると思う。彼は1867年10月14日に私の隣県の愛媛県出身、残念ながら私は四国出身だが愛媛県人は大嫌いである。彼は俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面に亘り創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治時代を代表する文学者の一人であった。結局彼はわずか34歳に亡くなる事になり、死を迎えるまでの約7年間は結核を患っていた。彼の作品 [続きを読む]
  • 宮本君、ヤクルトの夜明けぜよ!
  • 宮本君、明けましておめでとう。新年を迎えてからは良い天気ばかりが続いていて気持ちの良い毎日だな。もう今頃は東京の自宅に戻ってきているのだろうか?今はゆっくり家族との時間を楽しんでほしい。ところで10月に電撃的にコーチ職に就くことが発表された時は胸が弾んだ。あれからもう2ヶ月ほどが経過したが落ち着いたか?宮本がいなくなってからと言うものチームの状態はガラリと変化しプロとは言えない集団と化し落ちぶれると [続きを読む]
  • 川端は懲りてないのか?
  • 「お兄、頑張ってほしい(^^)この餅まきの前、柔軟で背中押してあげたけど、相変わらず体かたーい笑でも必死に柔らかくなろうとしてました?」#川端慎吾 #背中大きい #兄妹揃って課題は柔軟性 #ケガなく頑張れますようにヤクルト川端 完全復活へ「一」から 昨季手術し初の1軍出場なし(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00000021-spnannex-base @YahooNewsTopics(川端友紀Tw [続きを読む]
  • 教祖様 Episode 2:新たなる旅立ち
  • 前ヤクルト・飯原がBCリーグ・栃木にコーチ兼任で入団「地元のチーム。栃木県民に喜んでもらえるようなプレーを」昨季限りでヤクルトを退団した飯原誉士外野手(34)がBCリーグ・栃木にコーチ兼任で入団することが1日、分かった。飯原は栃木県出身で、今季は生まれ故郷でプレーする。飯原は栃木・小山高から白鴎大を経て2006年、大学生・社会人ドラフト5巡目でヤクルト入り。今季まで在籍し、通算901試合で打率.258、49本塁打、 [続きを読む]
  • 明けましておめでとうである
  • 新年明けました、2018年で平成30年である。昨年の苦い思い出は去年に捨てた、もう二度とあのような不愉快なシーズンは過ごしたくない。全てはこれからの練習と1ヶ月後に迫ったキャンプで決まる、おっと野球のことはとりあえず置いとこう。今年は2月9日から約2週間に渡って韓国の平昌で冬季五輪、6月4日から約1ヶ月間に渡ってサッカーのW杯がロシアで開かれることになっている。冬季五輪に関してはスピードスケートとフィギ [続きを読む]