紫水晶 さん プロフィール

  •  
紫水晶さん: ネットの怖い話・都市伝説まとめ局
ハンドル名紫水晶 さん
ブログタイトルネットの怖い話・都市伝説まとめ局
ブログURLhttp://2chkowaihanashi.blog.fc2.com/
サイト紹介文自分の好きな怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供729回 / 365日(平均14.0回/週) - 参加 2012/07/09 09:24

紫水晶 さんのブログ記事

  • ご一緒に
  • 友人は某私鉄の踏み切りの近くの交番で勤務する警官なんだけど ひとり踏み切りで待っていると、隣から汗だくの太った男が腕を掴んできて 「ねえ 一緒に飛び込もうよ!!一緒に飛び込もう!ねっ 飛び込もうよ!」 といってグイグイと踏み切りに引きずり込もうとするそうだ、驚いて腕を振りほどくと 寂しそうな顔をしてフヒー…フヒーっと呼吸を荒げ近づいてくるんだけど電車が 踏み切りを通過した途端に何故か男はミンチ状になっ [続きを読む]
  • 見知らぬ女
  • 私が小学生の時に親戚の家に泊まった時 3泊目の夜に目が覚めトイレに行くとトイレの前で見知らぬ女の人が立ってました 私がトイレに入りたそうな仕草をするとその女の人はどいてくれてあっちに行ってしまいました その時はその女の人はまだ会ってない親戚の人かと思い 次の日の朝食でその人の話題を出そうと「昨日夜中にトイレに行こうとしたら・・・」と言ってる途中で オバが「言っちゃ駄目ぇ!!!」と私がこれから何を言おうとし [続きを読む]
  • インテリア
  • もう15年くらい前の話 当時母親が逃げて父親と暮らしていたんだけど これがどうしようもない男で口ばかりのダメ人間だった その頃親子揃っての居候生活から抜け出そうって事で 坂道の半ばにある木造の古いアパートに下見に行った 思えば何でも自分勝手に決める父親が当時高校生だった俺を 物件の下見に連れて行くなんて変だった気がする その部屋は入った途端に線香臭かった その臭いだけで怪しいと思いながら奥に入ると 部屋のど [続きを読む]
  • どんぶり飯
  • 山の中の山盛りのどんぶり飯の話 大学時代、登山サークルに所属していた。 田舎の大学だったので近場に登れる山がいくつかあり、そこそこの規模のサークルだった。 そのサークルの先輩に尾久(仮名)という、単位を落としまくっても山に登るサークル一の登山馬鹿の男が居た。 尾久は居るだけでうるさいような男だったが、快活な性格からサークル内でも慕うものは多かった。 ある日、尾久に奇妙な一枚の写真を見せられた。 山中、大 [続きを読む]
  • 誤報
  • 去年の今頃にあった話を書いてみる。 そんなに怖い話でもないかもしれんが。 お盆も過ぎるかな、くらいの頃。 夜勤担当なんで、俺はいつも通りフライヤー洗いやら品出しやら色々やってたんだ。 ちなみにウチのコンビニは夜勤は一人体制。 で、バックヤードのPCで発注してたらやたらと誤報が鳴るんだよ。 お客さんが来たときの「ピンポーン」って音。 最初はいちいち店内まで出て 「いらっしゃいませ」って言ってたんだけど客はい [続きを読む]
  • 嫌な音
  • 子供の時に友達の家でかくれんぼをして、古い倉みたいな物置に隠れたんだよ。そしたら・・・ 「ブチッ…ブチブチ…」 と、音がするのでそっちを見ると物置の隅で赤ん坊を抱いた女が座っていて自分の髪の毛を 引き抜いているんだよ。その抜いた髪の毛を抱いている赤ん坊の口に詰めていてさ。 悲鳴をあげて物置を出て友達を呼んで戻ると、女は消えていて物置の部屋の隅に 古くなって色が抜けた髪の毛が散乱していてマジで今でもトラウマ [続きを読む]
  • 濡れ女
  • 仕事の帰り道に高架下を通るんだけど、そこは梅雨の時期に幽霊が出る噂があるんだよ。 雨の日の夜に高架下で女が立っていて、そこを通ると・・・ 「入れてくださる?」 といってヌッと傘に入ってくるらしい、目元は濡れた髪でみえないが薄ら笑いした口から 黄ばんだ歯をギチギチギチ・・・と歯軋りしながら寄ってくるとか【おわり】 <感想>梅雨の時期が命日で、人恋しくなるのかな? [続きを読む]
  • マガガミさん
  • うちの母方の婆ちゃん家がある村での話。 申し訳ないが俺自身にも真相?的なものはわからないから、すっきりしないし、オチみたいなもんはない。 本題に入るけど、婆ちゃん家の村には山があるんだけど、その山の中に凄いキレイな緑色の池がある。限りなく青に近い緑色ってゆうか、透明気味なパステルカラーつうか、とにかくめちゃくちゃキレイなんだけど、そこには近づくなって村の子どもは言われてた。 なんでか聞いても、答えは [続きを読む]
  • 毛束
  • 俺が去年に体験した話。 当時はすごく怖かったんだけど、今考えてみると何か不思議な体験だった。 美容師になって4年目、新人の技術指導で休日出勤してた日だった。 その日は本来休みじゃなかったんだけど、店長が里帰りするっていうので 1日だけ臨時休業になった日だった。 技術を競い合う様々な競技のコンテストが間近に迫ってて、 俺の勤めてる店は新人もベテランも皆強制参加しなければならない。 そこで良い成績を取れれば [続きを読む]
  • 頬にキス
  • 俺の友人から聞いた話 福井県から石川県行く間に北潟湖という湖があって、その傍には道路があるんだが そこが外灯とか全く無くて暗いの何のって とにかく夜に通るとスゲー不気味なんだ で、友人がある夜に石川から福井の実家へと帰る時に車でその道路を走った訳だが その時に突然髪の長い女が飛び出してきて轢いてしまったらしい。 友人は「あ〜!やっちまった!」と直ぐ様車を止めて女の安否を確認しに轢いた所を見に行ったらしい [続きを読む]
  • 検査
  • 実話なんであまり怖くない。つか、それじゃスレチか。怖い話というか、相談? 俺は霊感というものが全くない。霊そのものは存在しても不思議じゃないという考えだが、自分がそれを見たことは一度もなかったし そういうものを見る力が自分には無いんだと思っていた。 俺は病院勤務で、とある科の検査を担当している。いくつか病院を掛け持ちしているんだが、そのうちの一つでだけはどうにも感じるんだな。 名前を聞けば日本中誰もが [続きを読む]
  • 犬小屋
  • 知恵袋の話 投稿者が小さい頃、祖父母の家に連れられて帰省した最後の日 早朝に投稿者が兄と遊んでいたら、男の子が二人遊ぼうと声を掛けてきたのでいいよと言って 男の子の後をついていったら、ちょうど男の子が入れる位の犬小屋があって そこを男の子が二人、入っていってしまったらしい。投稿者も後にならって犬小屋に入ろうとしたら、そこには子犬二匹しかいなかったそうな 子犬が人間の姿になって何とかして自分達を飼って欲 [続きを読む]
  • 同じ体験
  • 俺が高校生くらいの時の話。 よくある金縛り体験で、実害も無かったから洒落怖ってほどじゃないかもしれんが。 自室で、北側に足を向けて眠っていたんだが、夜中に急にはっきりと目が覚めた。 なぜだか分からないが、部屋の北東の隅、天井と壁の境目あたりが妙に気になって、 そこを凝視していたら、室内なのに、やけに遠くの方に女性が立っているのが見えた。 女性はこちらに背を向けていて、腰まである黒髪に、赤いワンピースを [続きを読む]