トコマ さん プロフィール

  •  
トコマさん: 美容@評判化粧品・毎日更新伝説・あれやこれや
ハンドル名トコマ さん
ブログタイトル美容@評判化粧品・毎日更新伝説・あれやこれや
ブログURLhttp://fanblogs.jp/hhhhh4/
サイト紹介文美容関係の事を記事にしたり、 健康に関する情報を毎日発信しています。
自由文美容全般・特にスキンケア関係のこと、

他にはダイエット記事や、メタボ予防、

紫外線対策等の情報を毎日発信しています。

コメントや相互リンクは大歓迎でございます〜♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2012/07/26 19:01

トコマ さんのブログ記事

  • 理由は2つ。目を開け寝てしまうワケ。
  • 万人に共通することではないかもですが、目を開けたまま寝る、爆睡ということもありそうですね。まぶたは開閉自由とはいえ、閉めたほうが良い場合もあります。閉店後の店のシャッターのようなカンジですね。主に寝る時が当てはまります。でっすがこの時、まぶたが完全に開くか、少し開いて寝るということもあるのではないでしょうか。自分では判断できない部分ですが、朝、起きた時に目がやたらと乾燥している場合とか誰かと寝た時 [続きを読む]
  • ため息はいいことどろか良すぎる位
  • ため息というと、あまり良いイメージではないかもです。もちろん重罪ではないですが、いいこと、と思わないのではないでしょうか。疲れた時悩み多き時こういった時に、1つ2つ気づけば5つとポロポロ放ち、またため息ついて・・・と身内の間でなることもあるかもです。また、昔から言われていることにため息つけば幸せが逃げますよ〜、というのがあると思います。しかっし、実際は健康的だったりします。いいことなのです。ため息 [続きを読む]
  • 活性酸素と耳の老け
  • カロリーオフ、カロリー控えめというかんじで、カロリーをムシするのは良くないとされているのではないでしょうか。そんなカロりーですが耳の老け(老化)との関係は、知られざる内容かもしれません。カロリーを多く摂ることで、聞こえがアップするとか福耳になるかと思いきやそうではなく、耳が老ける、難聴の件にかかわってくるといえます。なにゆえ日々のカロリーが耳の聞こえに関係するかというと、活性酸素が多く現れるからです [続きを読む]
  • 犬に柿はダメな食べ物なのか?
  • 柿が話題になる季節かもしれません。ももくり3年かき8年と言いますから、実が現るまではそこそこ時間がかかっていそうですね。そんな柿、ワンちゃんを飼われている場合は、この柿の美味しさを犬にも、ということで、ワンちゃんにも与えたくなるかもしれません。人間が食べてOKで犬が食せばNGというのは意外とあるものです。パッと浮かんだものですと、ワイン等の酒類や玉ねぎ、ニラ、また、カフェインが程よく含むチョコなどがある [続きを読む]
  • お子様のRSウィルス感染症大人より注意をむける
  • RSウィイルスに影響される数がそこそこ増えている様子です。やや流行といえるかもしれません。雰囲気的には風邪のようなカンジで、熱とかゴッホンの咳などで、特別派手なものはなく、短期間でおさまる場合もあります。とはいえ、小さなお子様がRSウィルスの影響を受けると、しんどさが増したりと稀に無呼吸ということになりがちです。インフルの予防のように安心感のあるワクチンなどがRSウィルスにはないので、こういった意 [続きを読む]
  • 読書の秋に明るい本の効果
  • 読書の秋にはどんな本を読めれますでしょうか。浮いたり沈んだりと気分はその日によって違うかもしれません。年中気分が良いという場合ありますが、浮き沈みが激しい方もおられるかもしれません。気分が沈んでいるときは頭の中には、明るい内容はほとんど浮かんでこず、浮かんでくるものというと、沈んだ気分にふさわしいもの、例えば、過去の好ましくない内容などが次々に浮かんでくるかもしれません。こういった場合は、早めに沈 [続きを読む]
  • ココア効果と聴力予防
  • 寝耳に水、というのがありますが、意味は違えど、必要以上に耳に水を入れるのは良くないことと思います。聴力などにも関係してくるからです。また、聴力は耳に水を入れずとも、また耳掃除をサボらなくとも、耳が遠くなることもあります。絶対ではないですが、お年を重ねた時にそのようになることがあるのです。耳が遠くなれば、たいてい、年のせいだからと、言いがちですが、多少の予防というのは可能というのも事実です。そのため [続きを読む]
  • おならは嗅ぐことで健康に?
  • 様々な病に対する予防法が注目をあびては忘れ去られるという世の中かもしれませんが、注目をあびることもなくかといって忘れ去られることもない予防法もあるといえそうです。おならのにおいを嗅ぐ、予防法が当てはまります。さすがにこれは嘘だろうと思われがちですが、イギリス国エクスター大学の研究者が発表した内容には、認知症やガン、心臓発作などになる率を抑えられる、なっています。おならといえば、不要物がガスに変化し [続きを読む]
  • ツキヨタケは食べれないキノコ月夜茸
  • きのこの山というお菓子と竹の子の里というお菓子のどっちが人気かの論争は40年近くも前からあるということです。長年論争するほどのことかなとも思いますが、やはり重要なことなのでしょうか。本題ですが、キノコは店で買うも良し、山で調達も良しかと思います。きのこの種類というのは豊富のため、後者、山で見つけてくるのは、少し知識が必要といえそうです。そんな中、毎年、今の時期的に話題になるキノコの内容は、光るきのこ [続きを読む]
  • 蜘蛛が嫌いで苦手ならこの時間を知っておく
  • 雲は好きでも虫の蜘蛛は好きではないということもあるかもです。クモ恐怖症というのもあるとのことで、見かけたら、おろおろするとか眠れないとか場合によっては腰を抜かすなど、色々な行動に出るのかもしれません。そんな蜘蛛は身近にやはりいて、家外・中のどこかにいて、活動しているといえます。サイズの差はあれど、一家に1匹は必ずいるといえそうです。最近のイギリス国の研究では、蜘蛛がよく動き回る、活動する時間帯は夜 [続きを読む]
  • くしゃみの我慢が良くない理由など
  • セキ同様にくしゃみは場所を選ばず放たれると思います。くしゃみを放つと、外の空気中に中のものが放たれますが、けっこうな速さでハクションと音が聞こえた時点で、60キロ以上の速さで前に出ているというなかなかの速さです。馬車より早いのではないでしょうか。そんなくしゃみ、我慢して寸止めにするか、はたまた放つか、場所や日時によっては迷うかもしれません。ハクションと放つと、音が出て、目立つため、がまんしようか迷う [続きを読む]
  • 亜鉛取りすぎで出るモノ
  • 亜鉛というと、牡蠣などに含まれていて、食品からも身近に摂れそうですが、サプリから摂る方もおられるかもしれません。カラダの亜鉛が少なくなると、だるさとか性機能に元気がないとか、また、何を食べても薄味に感じるという味覚の件にもかかわってきます。なので、とても大切なものといえますが、サップリサプリメントから亜鉛を補給する場合は、摂りすぎになる場合もあります。より多く亜鉛を摂ることで、より効果が得られるか [続きを読む]
  • 公衆電話使い方は9月11日に覚える
  • 本日電話の日、具体的には糸電話の日ではなく、公衆電話の日ということですが、使う頻度的にはめったにないのではないでしょうか。ボックスあるタイプは雨宿りもできてなかなか個人的にも好みです。そんな公衆電話、もう用なしとも思えますが、意外と必要性が大きかったりする様子です。というのは、過去のニュースで学生が誘拐された時、その学生が助けを求めたのが公衆電話からだったことから、現在でも公衆電話の大切さは大きく [続きを読む]
  • 採血後の気分の悪さ対処2点
  • すりむた等で血が出ることもあれば、血のり・絵の具を使い、血が出た〜ということもあるのではないでしょうか。他にも、採血などにより血を出すことも場合によってはあると思います。採血は、時間的にはとても早くおわるものの、その後に気分の維持がしにくいこともあると思います。少し気分がすぐれない等があるかもしれません。理由としては2つあって、血を採られる場面赤いのが吸い上げられる場面も見た時と、もう1つは血をと [続きを読む]
  • キライな音とミソフォニア
  • 色んな音が溢れていると思いますが、好みの音きらいな音があると思います。咀嚼(そしゃく)のうるさめの音、不意打ち的な屁の音野良猫の声、せきばらい音鼻すする音、黒板を引っかいた時の音乳児のなき声、これらも一応音の部類に入ると思いますが、さほど気にならない方とこれらの音がきらいでとても反応してしまい気分がすぐれない、という方もいるかもしれません。どちらの場合もさほど問題はないといえますが、少しだけ注意した [続きを読む]
  • スギ花粉対策は舌の下にのせる
  • 花の粉、花粉は軽いため、空気中のあんなとここんなトコ様々な場所に漂います。色んな花粉がありますが、中でも杉の花粉、スギ花粉で影響が出てしまうこともあると思います。そのため、花粉が撒き散らされる時期には薬やマスクが手放せない、片時も手放せない、こともあると思います。もちろん、薬やマスクで対処するのもありですが、もう少し楽に飛散の時期を過ごしたい場合は、舌の下を意識する療法も良い方法といえそうです。免 [続きを読む]
  • 入れ歯安定剤で飲酒運転飲んでいなくても検知
  • 芸能人の方は飲酒運転はしないと思っていましたが、必ずしもそうではないのかもしれません。飲酒をした場合は、4輪はもちろんオート三輪も乗らないことが大切ですが、ポリス側でのアルコール検知はお酒を飲まずとも検知、反応することがあります。飲んでいないのに飲んでいるでしょう、となると、ひじょうに笑えませんが実際にこういったコトがあるのです。これは特定の入れ歯安定剤、アルコール入りのタイプを愛用されている高齢 [続きを読む]
  • 水分補給と脱水と腎臓のこと
  • 9月に入ってちょっと涼しくなったのではないでしょうか。脱水というと洗濯作業などでも必須の行いですが、人はあまり脱水をしないほうが良いといえます。脱水により、汗が出たことで、意識がふらふらになるとか、めまい、頭痛他、色々なサインが現れがちですが、意外と知られざる点もあります。腎臓(じんぞう)との関係が当てはまります。不要物とか老廃物、とりすぎた塩分などを外に出す作業を無料でする所です。一見、脱水とは関 [続きを読む]
  • 台風の不安にはコーヒーで対処
  • 台風の力がなかなかのものかと思います。小枝、ちょんまげのかつら、鍋蓋他、色々なものが風に乗り飛んできますのでお気をつけ下さい。そんな台風時は、気圧などの関係で、不安などが発生したりしてリラックスできないこともあると思います。こういった時はコーヒーが良いといえます。コーヒーを飲んでも台風はおさまりませんが、心の中はやや晴れ間が広がることがあります。また、コーヒーを飲むことで集中力も増しますので、台風 [続きを読む]
  • 鼻血増える理由に血圧の高さ
  • 鼻血が増えた理由と血圧の高さは切ってもきれない関係といえます。鼻血といえば鼻から出るものですが、頻度的には、子供よりも大人の方が出にくいかと思います。滅多に鼻血は出ない、なのでテッシュも一向に減らない、というのが普通かもですが、大人、特に年配の方で鼻血が増えた時はこれは何かある、と思うことも大切と思いました。鼻をほじるとか物理的なコトをした場合はのぞき、何もしてないのによく鼻血が出るという場合です [続きを読む]
  • ホクロ毛は抜かずに優しくカットカット
  • つけぼくろではなく、書きほくろでもなく、本物のホクロの話ですが、毛が生えてくることがあると思います。ホクロの部分に毛が生えるのです。しかし、実際はその逆で毛の生える部分にホクロが現れる、というカンジですね。ホクロ毛ということですが、濃くなった場合は1本でも気になることもあるかもしれません。2本ならなおさらです。そんな時、基本的にはホクロはあまり触り過ぎないほうが良いといえそうです。触るとか爪でひっか [続きを読む]
  • 整腸効果・しその隠れた効能
  • 整腸薬なき場合は「しそ」の活用も有効です。腸の元気が良くない時、整腸薬に手を伸ばすこともあると思います。色々種類もありにぎやかです。とはいえ、お薬箱のフタを勢いよく開けた時、整腸薬が「からっぽ」の場合は、あるもので腸を元気にするのも良いかもです。腸の元気が優れない時は、ちょうつながりということで、町内会会長に渇を入れてもらうも良いと思います。それも良いですが、身近な「しそ」も効果的といえます。香り [続きを読む]
  • 自殺と暑の関係
  • 自殺というと、自らの人生を早めに切り上げることかもしれませんが、一般的にはあまりというか絶対良くない行いではないでしょうか。そんな自殺の理由に、夏の気温が関係していることはあまり知られてないかも知れません。具体的には暑さと自○の関係です。というのは、米国やメキシコ等の自殺の率に関する調べでは、これまでの数十年の間では気温がとても上昇した年に、自殺の行いも上昇しているという調査の結果となっています。 [続きを読む]
  • スイカで二日酔い防止は白い所も残さずに☆
  • 夏とスイカは切ってもきれない関係ですが、ジャンル的には野菜と果物のどちらにも当てはまるという意見もあるかと思います。野菜だとしたらとても食べやすい野菜ですね。そんなスイカ、栄養などはあまり・・・というイメージもあるかもですが、意外と健康的なメリットもあったりします。二日酔い防止といえば、しじみであったりカレーの黄色の正体、ウコン等も良いといえます。また、夏はスイカでも二日酔い防止に有効といえそうで [続きを読む]
  • お年寄りの歩きすぎ運動しすぎのコト
  • 運動などはしないよりしたほうが良いかと思います。高齢になられるほど、健康のためのカラダを動かさねば、という考えがでてきて、歩きに、竹刀の素振りとか相撲のシコ踏みなど色々な行いをされるのではないでしょうか。こういった運動は、習慣にしていると、慣れまして普段の量では楽に感じ、今よりもっと量を増やしてもイケそうと思えてくるかもしれません。ひじょうにプラスで良いことと思いますが、意外と量を増やしたことで、 [続きを読む]