にしなか歯科クリニック さん プロフィール

  •  
にしなか歯科クリニックさん: にしなか歯科クリニック Blog
ハンドル名にしなか歯科クリニック さん
ブログタイトルにしなか歯科クリニック Blog
ブログURLhttps://ameblo.jp/nishinaka-d/
サイト紹介文広島市中区にある歯科クリニックのブログです。予防歯科を軸とした歯周病,インプラント,矯正歯科治療
自由文安全・安心の医療をおもてなしの心で伝えたいをモットーにしています。
予防歯科を軸に,歯周病,インプラント,審美,矯正歯科治療を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2012/07/09 15:24

にしなか歯科クリニック さんのブログ記事

  • 積み上げるor積み重ねる
  • 私が働いている「にしなか歯科クリニック」の院長の机の上には 常に 書籍やら、チラシやら、郵便物やら、何やらで出来上がっているであろうと思われる、ちょっとした建造物が堆く聳え立っています。これがまた絶妙なバランスを保っていて崩れそうで崩れない。都心の超高層ビルみたいにゆらゆら揺らいでいても、崩れてくることはありません。この山を横目に見ながらいつも思うのは私自身の長所と短所。「積み上げる」と「積み重ねる [続きを読む]
  • 真夏の夜の「顔」 その2
  • 小さな子供の頃から 動物や人の形をした食べ物が苦手でした。「苦手」という言い方には語弊があるかもしれませんが、可愛くて大好きだけど可愛いから食べられない、食べたくない、という複雑な心境。 男性には理解不能かもしれませんが女子なら賛同してくださる方も多いはず。食べ物だけじゃなくあまりにもお気に入りの文房具を使えないまま、大人になってもまだ引き出しの奥の方にしまったままになってたりとか・・・私が物心つ [続きを読む]
  • 真夏の夜の『顔』
  • 8月中旬、市内のとあるカフェでの出来事。 ヨーロッパ調、どことなくゴシックな雰囲気で奇抜な装飾が施された店内が話題の店。 照明をやや落とし、間接照明を所々に配置した薄暗い店内には、お盆のためか客の数は少ない。 蒸し暑い夜だったので、連れとともに冷製スイーツを注文。各々大きなソフトクリームが付いたロールケーキとパフェ。 アクセントにかわいらしい雪だるまの顔(たぶん、そう思う)がデコレートされている。 [続きを読む]
  • 広島 マリホ水族館のクラゲに癒やされる
  • 先日、今年6月末に『広島マリーナホップ』内に開園した、市内唯一の水族館「マリホ水族館」に出かけました。 こぢんまりとした外観ながら、館内には、「波の向こうへ」、「あふれる瀬戸内の命」「たゆたうクラゲのホール」「ゆらめく緑の惑星」「うねる渓流の森」「輝くサンゴの海」の6つのゾーンが用意され、瀬戸内海の魚類を中心に150種5千匹が展示されています。 都市型、大人の癒やし空間がコンセプトらしく、ちょうど [続きを読む]
  • 歯科衛生士の業務と歴史
  • 先日の記事『英国歯科スタッフ事情 歯科衛生士』の最後の部分で触れた歯科衛生士不足の話を続けてみたい。 今日は、意外と知られていない日本における歯科衛生士業務の確立、法整備の歴史からまず見てみることにする。 昭和22年、保健所法が改正され、保健所の業務に歯や口の中の予防処置を執り行う「歯科衛生」が導入された。翌23年には、現在の医療提供の基本となる法律、すなわち医療法、医師法、歯科医師法、保健師助産師看護 [続きを読む]
  • 手足口病が大流行しています
  • 2週間ほど前、帰宅すると9度近くまで体温が上がりガタガタ体が震えはじめる。 同時に強烈な喉の痛みで、水を飲むのも一苦労。 風邪はあまり引かず、薬も素直に反応するタチであるが、このたびのそれは医薬品の解熱鎮痛剤でも微熱におさまる程度で薬効が効れれるとすぐ体温が上がる。梅雨明けから一気に気温が上がり熱帯夜となったが、悪寒がひどく厚着をして 掛け布団にくるまるものの熱にうなされる始末。 数日こんな状態がつづ [続きを読む]
  • 虫歯予防の救世主現る⁉?
  • 以前 に書いたブログ 「虫歯予防のおさらい」というタイトルの記事の中で キシリトールやリカルデントなど 歯に良いとされている成分は何種類かありますが その中で歯を強くすることで 虫歯予防ができるのは 「フッ素」だけとご紹介しました。 フッ素は私たち歯科衛生士の強い味方、切っても切れない大切なパートナーと言えます。 日本で市販されている歯磨き剤の90%以上にフッ素が配合されていて 家庭でも手軽に使っていただけ [続きを読む]
  • 英国歯科スタッフ事情 歯科衛生士
  • 前回に続いて英国の歯科スタッフ事情について、日本の場合との比較をしながらみてみよう。今日は、歯科従事者(歯科保健職:Dental Care Professionals(DCPs) )の中でも、”歯科衛生士”に焦点をあててみる。英国の歯科衛生士は、歯学科が併設された専門学校において24〜27 か月の間、基礎医学、歯科における専門的な知識、衛生士業務に関連する技術を履修後(日本の履修期間は3年以上(平成22年4月より))、Diploma(学位)を [続きを読む]
  • たけのこを食べると 口内炎ができる⁉?
  • にしなか歯科クリニック 歯科衛生士の長田です。 桜の季節も終わり 次の楽しみはGW??何かと ワクワクの多いこの季節、にしなか歯科クリニックのスタッフの中で唯一 花粉症とは無縁の私にとって冬から春へと変わるこの季節は一年の中でも1番過ごしやすく、大好きな季節です。 この季節の楽しみの一つに 「筍」があります。子供の頃は 嫌いな食べ物の一つでしたがタケノコ掘りが楽しくてこの時期の良い思い出となっています。 [続きを読む]
  • 英国の歯科スタッフ事情
  • 前回、英国の歯科診療について少し触れたが、今日は同国の歯科スタッフ事情について記したい。 日本の一般的な歯科診療所において、治療に携わるスタッフには、職種を兼務する場合もあるものの、歯科医師、受付、歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士があげられる。 英国では、NHS(National Health Service)下における歯科従事者(歯科保健職:Dental Care Professionals(DCPs) )には、下記のような職種がある。 ・Dental Hygien [続きを読む]
  • 歯を失ったら…、英国の歯科事情とインプラント
  • 今日は、前記事(「歯を失ったら…、インプラントが第一選択?」)の補足、欧州の例として英国をとりあげてみる。 英国の歯科診療は、あくまでも制度として見た場合であるが、日本のそれと似ているところがある。それは診療費の一部を公費負担できる点である(ただし、歯科医院へのアクセス、制限等、実情はかなり違う)。まずはこのあたりから簡単に説明を。 英国では、1948 年より包括的な保健医療サービスを提供する National [続きを読む]
  • 歯を失ったら…、インプラントが第一選択?
  • 二つ前のブログで『歯を失ってしまったら・・・』という記事を上げた。今日はこれにまつわる話を取り上げたい。 先日、インプラント治療のセカンドオピニオンを求めて来院された患者さんのケース。 右下アゴの第二小臼歯がたびたび腫れるために、最近近所に開院した歯科医院を受診された。X線写真を撮ったところ、病変が大きく保存することは難しいので抜歯を提案されたという。 続けて、抜いた後の治療の説明として『抜歯と同時 [続きを読む]
  • キングペンギンの写メに心が和む
  • 当地、広島では数日前に桜の開花宣言がなされ、今日はポカポカ陽気、いよいよ春本番といった1日です。クリニックのある紙屋町通りも、春休み真っ只中ということもあって普段の3割増し程度学生さんの歩く姿増えて見えます。 クリニックに通う広大ドイツ人講師のHさんも、この春休みを大いに謳歌した一人。なんと、ペンギンを見に、日本の裏側、南半球に位置する南米チリまで行かれました。 場所は、チリのパタゴニア。ここには、 [続きを読む]
  • 渡瀬恒彦さん逝く
  • 今朝、渡瀬恒彦さんの訃報を聞く。昭和の映画界を彩った俳優さんがまた・・・との思い。好きな俳優さんだったので寂しさしきり。 若いときの、ギラつき銀幕から飛び出してくるようなエネルギッシュな役どころもいいが、自然体で抑えた演技をこなす渡瀬さんが好きだった。今日は、そんな演技を堪能できる『時代屋の女房(1983)』を診療室のモニタに映している。同名小説の映画化、昭和の下町を舞台にした骨董屋の主人とそこに突 [続きを読む]
  • 春、花粉症、そして”味”
  • 今日は先日までの春の到来を思わせる陽気とは打って変り、息も白く凍る寒い朝を迎えました。一足先に衣替えをと準備されていた方には、足下すくわれた気分でしょう。 春へ向かう装いと言えば、卒業を迎える羽織袴、そして、少々語弊があるかもしれませんが、今ではマスクもその一つになりました。これから花粉アレルギーをお持ちの方には本当につらい時期になります。 この花粉症、鼻やくしゃみ、目などの不快症状に加え、私た [続きを読む]
  • もうすぐバレンタイン その2
  • 2月14日はバレンタインデー?? 日本では女性から男性へチョコレートを送る日として、すっかり定着したバレンタインデーですが、世界の国々では少し事情が違うようです。贈られるのはチョコレートとは限らず、花束だったり、ジュエリーだったり。また男性から女性へも、それから家族へ感謝の気持ちを込めたプレゼントも贈られるようです。ただし、「義理」で贈り合う習慣は日本特有のようですね?? 「義理」ならば今年のおすすめ [続きを読む]
  • もうすぐバレンタイン
  • 2月14日はバレンタインデー??広島市内の各デパートでもチョコレートの売り場が設けられ連日大盛況の様子。 日本人にとって、チョコレートとバレンタインは切っても切れないものとなっていますが、日本人のチョコレート年間消費量は2kg程度だそうで、意外にも国別ランキングでは圏外でした。それもそのはず、日本でチョコレートが作られるようなったのは明治に入ってからだそうですが、中央アメリカでは紀元前2000年頃か [続きを読む]
  • 歯を失ってしまったら・・・
  • こんにちは にしなか歯科クリニック歯科衛生士 長田 です。 日本人の平均寿命は世界でもトップクラスですが、歯の寿命では長寿国とは言えないのが現状です。とは言え、日本人が自分の歯を保っている割合は年々高まっていてことに中高年以降の年齢層でその傾向が顕著です。「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めて、80歳になっても20本以上自分の歯を保とうと始められた「8020運動」は、1989年 [続きを読む]
  • 「力をぬく」って難しい⁈
  • にしなか歯科クリニック歯科衛生士の 長田 です。みなさんは「力」の存在を感じたことがありますか? 私たち歯科衛生士が治療中の患者さんに「力を抜いてくださいね。」と、声をお掛けすることは珍しくありません。口を大きく開けようと思うあまり、顎に力が入り過ぎ逆に開きにくくなってしまったり、舌に力が入ることでタービン(歯を削る器具)に接触しそうになるので、安全確保のためにバキューム(お口に溜まる水や唾 [続きを読む]
  • 虫歯予防のおさらい
  • にしなか歯科クリニック 歯科衛生士の長田です今年も どうぞよろしくお願いします 昨年の夏 久しぶりに会った歯科衛生士の友人が「ネットですごい歯磨き粉が話題になってるんだけど 知ってる?」と持ち出してきたのが BLIS M18 という乳酸菌を使った「ブリアン」のパンフレット無添加で小さな子供でも安心して使えるし、歯垢を取り除いてくれるばかりか虫歯菌も減少するという子供の歯を虫歯から守りたいけど、つい [続きを読む]
  • ディズニーの魔法の秘密
  • 「”ディズニーの創造する世界”と聞いて何を連想する?」と言われれば、「魔法」、「夢」、「ファンタジー」なんて言葉を浮かべる人は多いはず。 ただ、運営元であるウォルト・ディズニーカンパニーに、この魔法、夢の世界観を日々革新、アップデートしている一部門、”デイズニー・リサーチ”が存在することはあまり知られていない。 **Disney Research WEB サイトより この研究部門は、2006年にピクサー・アニメ [続きを読む]