片山祐姫 さん プロフィール

  •  
片山祐姫さん: 中小企業診断士 OFFICE AIR 片山祐姫 のブログ
ハンドル名片山祐姫 さん
ブログタイトル中小企業診断士 OFFICE AIR 片山祐姫 のブログ
ブログURLhttp://officeair.blog.fc2.com/
サイト紹介文女性の中小企業診断士/ITストラテジストによる経営、マーケティング、情報戦略についてのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/07/11 08:21

片山祐姫 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 小さな約束を守る
  • お客様に叱られたことはありますか?私は以前、顧客に定期訪問したときに、その会社の社長に「今月の請求書来ていないよ」と言われたことがあります。「叱られた…」というほどの話ではないかもしれませんが、私はその言葉を「あ、叱られたんだな」と受けとめました。きっと私の方には、請求書発行が遅れて困るのは自分の方であって、お客様ではないという自分勝手な理屈や甘えがあったのだと思います。でも、真面目な社長は、期日 [続きを読む]
  • 「1アクション3ゴール」の3つの利点とは
  • 私の所属する日本キャッシュフローコーチ協会では、いくつかの考え方や価値観が共有されています。その一つに「1アクション3ゴール」があります。これが何かというと、何か1つのことをするときに種類の異なる複数のゴール設定をしておくという考え方です。そして、これをすると、何がいいかというと、1つのことをするだけで、複数(たとえば3つなど)のゴールを達成できるということです。さらに実践してみて気づいた利点が2つあり [続きを読む]
  • 経営者保証ガイドラインとは?
  • 経営者のみなさん。借入について個人保証をされていますか?先日「経営者保証ガイドライン」についてのセミナーに参加しました。「経営者保証ガイドライン」とは、会社のお金と社長のお金がきっちり区分されているような場合には、経営者の個人保証を不要にすることなどを取り決めたものです。そのセミナーで聞いて、びっくりしたのが、企業アンケート結果の以下の数字です。「経営者保証ガイドラインが始まった後に個人保証を提供 [続きを読む]
  • 「先端設備等導入計画」は6月上旬施行予定です
  • 先月の27日が締め切り日だった、ものづくり補助金。応募された企業もいらっしゃると思います。今回はものづくり補助金の話題です。今回のものづくり補助金で悩ましかったのが、「先端設備等導入計画」を申請予定にするかどうか?という問題でした。今までのものづくり補助金は、補助率が2/3。今回から補助率1/2に下がってしまっています。ところが「先端設備等導入計画」の申請予定にチェックを入れると、補助率が2/3になり、しか [続きを読む]
  • 成果を上げるチームの共通点とは
  • 毎日のように「働き方改革」や「労働生産性」というキーワードを新聞などで目にします。残業規制も検討されているようです。残業を抑制しながら、どうやって売上を上げていけばいいのか、頭を悩ませている企業も多いことでしょう。検索画面で有名なアメリカのグーグルという会社は、日本よりも早く、2012年に「生産性向上」のテーマに取り組みました。グーグル社では、業務ごとにチームがあり、チームによって業績が異なりました。 [続きを読む]
  • 赤字決算の中小企業でも買い手がつく。中小企業のM&A
  • 昨日は、スモールM&Aアドバイザーの勉強会でした。スモールM&Aというのは、中小企業のM&Aのことです。M&Aというと、なんとなく敵対的なイメージがありますが、中小企業でのM&Aはそんなことはありません。引退を考えているけれど後継者がいない経営者の方が別の方に経営を引き継ぐケースが多いです。廃業せずに済むので、従業員さんもそのまま働けるし、元の経営者の方もお金をもらって引退することができます。勉強会の内容は、 [続きを読む]
  • 片づけ本が前提とするもの
  • 習わし的なコトにあまり重きをおかない性格ですが、それでも年末というとなぜか(?)少しは片づけしなければ…という気持ちになります。片づけの一環で、書類をシュレッダーにかけていて、かける量が多かったらしく、詰まらせてしまいました…。さて、私はモノを捨てるのが苦手です。「断捨離」の出版が2009年。「人生がときめく片づけの魔法」は2010年。その頃からずっと世間では片づけブームが続いています。自分自身もかなり前 [続きを読む]
  • 顧客を絞るべきか?
  • 先日、文房具店二店を経営する経営者の方とお話をする機会がありました。そのうちの一店は、店舗面積、取扱点数ともに、自他ともに認める地域一番店とのことです。顧客層も幅広く、学童用文具、オフィス用文具、趣味で使用する文具など幅広く売れているのだそうです。(特に、経営削減の流れで、事務用品を会社持ちから個人持ちにする傾向にあり、「自分で買うなら少し良いものを」という意識が働き、少し高めの文房具も売れている [続きを読む]
  • 重要だけれど緊急ではない事柄に取り組む時間をどうやって確保するか。
  • 毎日、いろんなことが起こります。メールもたくさん届きます。毎日起きる、さまざまなことに対応していると一日はあっという間です。毎日起きる、いろんなことに対応するのは、いわば対応型の業務遂行です。対応型の業務に追われていては、なかなか、自分がやろうと思う、やるべきだと思う、自発的な仕事に取り組めません。(いわば、緊急ではないけれど、重要な事案です)重要だけれども緊急ではない事柄にどうすれば取り組むこと [続きを読む]
  • 起業家サポートDay!
  • 先日、大阪産業創造館で「起業家サポートDay!」というイベントが開催され、「起業なんでも相談」という相談ブースでご相談対応にあたりました。ご相談内容は、・創業と起業の違いは何か。・いつのタイミングで創業・起業になるのか。・どんなタイミングで法人化すればよいか。・どんなタイミングで税理士と契約すればよいか。・どのタイミングで会社を辞めるのがいいか。・起業に向けて何から取り組めばよいか。・今後どんなことを [続きを読む]
  • 「未来」と「将来」はどのように違うのか?
  • 企業の経営ビジョンや戦略を語る際に、「未来」という言葉を使うことに違和感があるという意見をお聞きしました。「将来」という言葉を使うべきだというご意見です。私がもっているマイナー(?)な資格に、日本語教師(日本語教育能力検定)という資格があります。ここで私が学んだ、いくつかのことの一つに、言葉について何か考えるときは、「用例で判断する」ということがあります。考えてみたら、これは、他の分野では、当たり [続きを読む]
  • パソコンの貸し借りしません
  • たま〜にですが、「パソコンを貸して」という話になることがあります。勉強会で発表者がUSBにデータだけ入れて来られ、発表用のパソコンがない場合などです。私はいつもパソコンを持ち歩いているので、「貸してあげて」となることがありますが、すみません。お断りしています。理由は、データ管理に責任が持てなくなるためです。大企業の場合、データは共有サーバ内に保管されていて、パソコンは単なる端末に過ぎないかもしれま [続きを読む]
  • 「経営力向上計画」のメリットが拡充されます
  • 「経営力向上計画」とは、自社の経営力を向上するための計画です。平成28年7月から開始された制度で、一定の要件を満たすことで、国の認定を受けることができます。これまで、「経営力向上計画」の認定を受けることの第一のメリットは、ものづくり補助金の審査において、加点ポイントが得られることでした。第二のメリットは、固定資産税の軽減措置が受けられることです。「経営力向上計画」の認定によって、「経営力向上計画」の [続きを読む]
  • 過去の記事 …