ふるつかまきこ さん プロフィール

  •  
ふるつかまきこさん: 笑顔がひろがるピアノ教室
ハンドル名ふるつかまきこ さん
ブログタイトル笑顔がひろがるピアノ教室
ブログURLhttps://ameblo.jp/pianopeer/
サイト紹介文練馬区南田中の、ふるつかピアノ教室のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2012/07/11 13:19

ふるつかまきこ さんのブログ記事

  • クリスマスのミニ発表会が終わりました。
  • ミニ発表会が終わりました。みんな素敵な演奏をしていて、 すごいなあと感動しながら、聴いていました。小さい生徒さんの可愛い演奏も、少し大きくなった生徒さんの美しい演奏も、本当に素晴らしかったです。発表会が終わると、この楽しさをまた味わいたくて、次の発表会には何をしようかと、考えてしまいます。来年の夏には、また一回り成長した生徒さんたちの、素敵な演奏が聴けますね。今からワクワクしています。 ふるつかピ [続きを読む]
  • 明日は、クリスマスのミニ発表会です。
  • いよいよ明日は、クリスマスのミニ発表会です。目に見える目標を前にすると、どの子も、いつも以上によく練習しますね。この数ヶ月で、またぐんと成長した生徒さんたちの、素敵な演奏が楽しみです。少し大きい生徒さんたちは、それぞれの感じている音楽を通して、聴く人たちを楽しませてくれそうですね。音楽愛好家として、まずは自分が音楽を楽しんで、そんな姿をみんなで応援出来る場に、なったらいいなと思います。もちろん私も [続きを読む]
  • やればできる自分に、自信をもってくれたらいいな、と。
  • 前回のレッスンでは、まだおぼつかなかった左手の16分音符が、 弾けるようになっています。 音は小さいけれど、 だいぶ安定感のある弾き方になりました。 左手だけの練習を、たくさんしてきたのだそうです。 片手だけで、リズム練習をしてきてねと伝えてあったのを、 ちゃんとやってきたのですね。 弾きにくいところは、片手の練習をするとか、 ゆっくり練習するとか、リズム練習をするとか、 当たり前すぎて、ついいい加減 [続きを読む]
  • 習い始めて1か月。ピアノを続けたい気持ちでいっぱいの生徒さんです。
  • 帰り際の玄関で、「〇〇が心配していることがあるのです」 と、お母様がおっしゃいました。 ピアノを始めて1カ月の、年長さんのこの子は、 4月になって1年生になったら、 今の時間に来られなくなって、ピアノが続けられなくなるかもしれないと、 心配しているというのです。 なんてかわいいのでしょうね (^.^) 「大丈夫、大丈夫。 4月になる前に、みんなのスケジュールの調整をして、 みんなちゃんと通えるようにするから [続きを読む]
  • 大好きなピアノが苦しくならないように、適度に気持ちゆるめながら。
  • 時々ちらっと、壁の時計に目をやる生徒さん。 はやく終わりになってほしいのではなくて、 時間までに合格できるかどうかが、心配なのです。 この子はまだ1年生ですが、 ものすごく意欲があって、 1週間で、テキストの曲を弾けるようにしてきます。 もう3巻の後半ですから、 少し大きい生徒さんでも、苦戦することも多いのですが、 よく弾いてくるなぁと感心してしまいます。 「毎日どのくらい練習しているのですか?」と、 [続きを読む]
  • 7カ月ぶりの再会。太陽みたいな子です。
  • 7カ月ぶりの再会です。 突然の病気で休会している生徒さんが、 リハビリの病院から、週末の外泊許可が出るようになったということで、 会いにきてくれました。 ふわふわのほっぺたと、ちょっと照れたような笑顔が、相変わらずの可愛さです (^.^) きっと大変な思いをしているはずなのに、 ちょこちょこふざけるし、面白いことも言うし。 強い子だなと、思います。 小さいころから見ていて、 無垢で純真な、きれいな心の子だ [続きを読む]
  • みかん。生徒さんからの嬉しいプレゼントです。
  • レッスンの途中で、1年生の生徒さんが、 「これ、あげる」と、くれました。 みかんです。 たまたまカバンに入っていたのか、 わざわざお家から持ってきてくれたのかは、分かりませんが、 喜ばせようとしてくれる気持ちが、 嬉しいです。 子どもって、 こちらが大切に思っていると、 大切な気持ちを返してくれる、 素敵な人たちですよね。 ピアノを通して、子どもたちと触れ合っていられる毎日が、 幸せだなと、思います。 [続きを読む]
  • 音楽は人を幸せにするものですものね。
  • 「ここは、左手がこの音で、右手はこの音で、 こっちは、似てるけど右手の音が違うね」 と、間違えやすい部分を言葉にしてあげたら、 次に弾いたときには、間違えずに弾きました。 集中して取り組んでいるのだなと、ちょっと感動してしまいます。 この子は、いつも頭の中がくるくると回転していて、 色々なことを考えたり、感じたりしている子です。 たぶん、入ってくる情報量も多いので、 色々なことが気になっているだろうと [続きを読む]
  • 何気なく弾いたおかずの部分まで真似ようとする生徒さん。
  • お父さまのオカリナの伴奏をしている生徒さんは、 まだ4年生ですが、コードを見て弾くのが上手です。 クリスマスのミニ発表会で演奏する曲をレッスンしていて、 「ここは、こんな伴奏にしたらどうかな」、と弾いてみせたら、 リズムはもちろん、何気なく入れたおかずの部分まで、 しっかり聴いて真似しようとしていて、びっくり。 こういう耳、素敵ですね。 フレーズの切れ目にちょっと音を入れることを、 ポピュラーではやり [続きを読む]
  • 楽譜に、「きれいな音でひく」と書いた生徒さん。
  • 楽譜の上の方に、「きれいな音でひく」、と書いてあります。 3年生の生徒さんが、自分で書いたのです。 「きれいな音」って、素敵なことを書きますね。 この曲は、優しくてきれいで、 ふわっと夢が広がりそうな曲。 きれいな音で弾こうとしているこの子の感覚を、 いいな、と思います。 1か所だけ、音を間違えて弾いているところがあったので、 教えてあげたら、 自分から練習を始めて、間違えずに弾けるようになりました。 [続きを読む]
  • お母さまの素朴な疑問。お子さんとのあたたかい毎日を感じさせます。
  • 「基本的なことだと思うのですが、伺ってもよいでしょうか」 と前置きしてから、お母様が質問をなさいました。 「8分音符は、4分音符の半分の長さなのに、 どうして4の倍の、8分音符という名前になるのでしょう?」 なんて良いことをお聞きになるのでしょうね。 それで、 全音符を半分にした長さが、2つに分けた「2分音符」で、 4つに分けると「4分音符」で、 と、図を書いて説明したら、「なるほど」と納得してくださいまし [続きを読む]
  • 素敵な曲の憧れ貯金
  • 来年夏の発表会で弾きたい、と1年生の生徒さんが言った曲は、 軽やかなリズムの楽しい、明るい曲です。 いつもににこと楽しそうなこの子に、ぴったり。 でも、 まだちょっと難しそうかも・・・。 せっかく見つけた曲を、まだ難しいと言うのは、 ちょっとかわいそうな気もするのですが、 そこは教えてあげないと、 子どもには、難しいかどうかなんて、わかりませんものね。 それで、そう伝えてから、楽譜を取り出して見せてあ [続きを読む]
  • 出来ないことへの免疫がない子の、難しい曲への挑戦
  • ほんの2週間前まで、 最初の数小節しか、両手では弾けていなかったのに、 いつの間にか最後まで、弾けるようになっていました。 この子がどれだけがんばったのか、 努力の毎日が見えるような気がします。 この子は、割となんでもできるタイプの子。 それだけに、たぶんこれまで、 「出来ない」という体験を、あまりして来なかったのだろうと思います。 でも、ピアノはそうはいきません。 最初の頃の、すぐに出来てしまう時期 [続きを読む]
  • 自分の感受性に素直な生徒さん。注意を守ろうとする素直さも素敵です。
  • 「ちょっと待ってね」と言って、鉛筆を取りに行った生徒さん。 戻ってくると、 教えたことを、楽譜に書き込み始めました。 「ここから、ここまでだっけ」、と確認をしながら、 「上の音を出す」とか、「音をつなげて弾く」とか、「ペダルがにごらない」とか、 自分で書いているのです。 なんて素直なのだろうと、感心してしまいました。 この子は、自分の思ったように弾きたい子です。 時には楽譜を無視しても、 「ここはこ [続きを読む]
  • 色々な曲を聞いて音楽の世界を広げるのは、素敵なこと。
  • 「夏の発表会の曲を探したいと言っているのですが、 どんな曲を聞かせてあげたら良いでしょうか」 と、お母様がおききになりました。 いつも丁寧に練習してくる、熱心な子です。 まだ1年生ですが、素直に吸収する力があって、 着実に伸びている様子に、安心感を感じさせる子でもあります。 きっとお母さまも、音楽がお好きなのでしょう。 おうちでも、よくCDをかけて聞いていらっしゃるようです。 素敵なピアノ曲はたくさ [続きを読む]
  • 習い始めた妹さんの、意識の変化を感じさせるお辞儀。
  • 帰りの玄関で、「さようなら」とあいさつする様子が、 とても素敵です。 背筋を伸ばして私を見てから、きちんとお辞儀をする姿に、 すごいなぁと、関心してしまいました。 この子は、この日から、お姉ちゃんの時間をシェアする形で、 レッスンを始めたのです。 少し前から、ピアノをやりたいと言っていたのですが、 レッスン枠はいっぱいだし、 お姉ちゃんの時間を削るわけにはいかないしで、 なかなか始められずにいました。 [続きを読む]
  • 子どもたちが描くお話組曲の絵も、集まり始めています。
  • クリスマスのミニ発表会は、入れ替え制で3部にわけて行うのですが、 今回は、1部と2部では、お話組曲を行う予定です。 1部は、幼稚園保育園から1年生まで、 2部は、2年生と3年生の生徒さんたちなので、 かわいいお話組曲になりそうですね (^.^) いつもは、大人の方にお願いして、絵を描いていただいているのですが、 なんと今回の絵は、 子どもたちが自分で描くのです。 お話を読んで、自分が演奏する場面にふさわしい [続きを読む]