ふるつかまきこ さん プロフィール

  •  
ふるつかまきこさん: 笑顔がひろがるピアノ教室
ハンドル名ふるつかまきこ さん
ブログタイトル笑顔がひろがるピアノ教室
ブログURLhttps://ameblo.jp/pianopeer/
サイト紹介文練馬区南田中の、ふるつかピアノ教室のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/07/11 13:19

ふるつかまきこ さんのブログ記事

  • オーバーホールに出発しました
  • ピアノが、オーバーホールのために、運び出されていきました。 どんな音になるのか、ドキドキですが、きっと、響きの美しい、綺麗なピアノになって、戻ってきてくれるはずです(^-^)それまでの間、しばらく一緒にいてくれるのは、このピアノ。よろしくね。さっそく、音の違いに気づいた生徒さんもいて、すごいなあと、感心している所です。 ふるつかピアノ教室 ホームページはこちらですhttp://www.furutsukapiano.com/ お電話での [続きを読む]
  • どの子も、その子のままで。その子らしい学び方を大切に。
  • 右手のメロディーが、最後まで弾けるようになったので、 「上手になったね」、と言ったら、 嬉しそうな顔をしました (^∇^) いつも、楽しいことを探している子です。 くるくると高速で回転している、この子の頭と気持ちは、 指使いに気をつけようと思っても、他の色々なことが気になったりして、 なかなか、一つの事にだけ、注意を向けることは難しいみたいです。 だから、なかなか弾けないこともあるのですが、 これが、こ [続きを読む]
  • 一つずつ自分で納得して進んでいく子なので。
  • ソルフェージュのテキストを開いて、 「今日は〇番をやってみようね」、と言ったら、 「〇番は、どこまで?」と、生徒さんがききました。 終止線を指さして、 「ここに、二本線があって、こっちが太くなってるでしょ。 これは、終止線っていって、終わりの印なの。」 と、教えてあげたら、 「そうなんだ」、と納得した様子で、課題をやりました。 この子は、一つずつ自分で納得しながら、進んで行く子です。 理解できれば、きち [続きを読む]
  • 子ども自身に考えさせること
  • 半音階の練習曲を弾いていた、年長さんの生徒さん。 指づかいが正確に出来ていたので、 指を立てて、手の位置を上下させないように、 伝えてみました。 でも、なかなかできません。 難しいですよね。 それで、私が弾いて見せてあげたら、 「先生、速い」、と言いました。 ちょっとびっくりしたみたいで、 お母様の方を向いて、もう一度、「先生、速い」、と。 すると、お母様が、 「どうしてだと思う?」、とおっしゃいまし [続きを読む]
  • 習い事というより、もうちょっと大切な何か。
  • 4月からピアノを始めた、年長さんの男の子は、 ピアノを弾くのが大好きです。 レッスンに来ると、 待ちきれない様子でピアノの所へ行って、 弾き始めるのです。 自分の世界があって、とてもシャイな子ですが、 教えたことは、しっかり吸収していて、 読譜も、リズムも、指の形も、上手になってきました。 言われたことに気を付けると、もっと上手になるのだと、 自分で、納得しているのでしょうね。 この子は、きれいな物への [続きを読む]
  • 色々な時期はあるけれど、うまく乗り越えて。
  • 「やっぱり素敵だなぁ」と、思いました。 ちょっとしたフレーズも、心を込めてきれいに弾く生徒さんが、 クリスマスに向けて、久しぶりに、テキスト以外の曲に取り組んでいるのです。 心に音楽があって、 ピアノを弾くのが、自然なことに感じられる子ですが、 このところ忙しくなって、 夏の発表会には、出られませんでした。 毎日忙しくなると、ピアノの練習もあまり出来なくなって、 そのうち、だんだんフェイドアウトしてし [続きを読む]
  • レッスンのお約束の確認です
  • たまには確認ということで、レッスンのお約束の話です。 この教室のレッスンのお約束は、3つ。 1.毎日練習しましょう。 2.爪を切りましょう。 3.レッスンに来るときは、手をきれいにしてきましょう。 爪が伸びていると、きれいな手の形が作れませんね。 時々、どうしても気になるときは、 レッスンを中断して、爪を切ってもらうこともありますが、 できるだけ、お家で切ってきてくださいね。 汚れた手をピアノを弾く [続きを読む]
  • 学校のオーディションを受けることにしたそうです
  • 小学校でやる合奏の、 ピアノのパートのオーディションを、受けることにした生徒さんが、 楽譜を持ってやってきました。 見ると、 ポジション移動も多いし、リズムも難しそうな曲です。 ピアノを始めて、まだ1年にもならないこの子にとっては、 なかなか大変なチャレンジですね。 でも、 すでに、だいたい弾けるようになっているのは、 きっとおうちで、ものすごく一生懸命に、練習しているのでしょう。 もっと小さい頃から何 [続きを読む]
  • 出来ている所を教えてあげたら、やる気を出して。
  • 左手の指の形が気になったので、 注意しようかな・・・と思って、何気なく右手を見てみたら、 指先が立っていました。 それで、左手の注意をやめて、 「右手のタッチポイント、とっても上手だね」、と言ったら、 ちょっと嬉しそうな顔をしました。 ついでみたいに、 「左手も、右手みたいに弾くと、上手になるんだよ」、と教えてあげると、 左手の指先にも気を付けて、弾きました。 そのあと、私が弾いて見せると、 顔を近づけ [続きを読む]
  • 期待以上に練習してきて、嬉しい悲鳴です。
  • クリスマスのミニ発表会で弾きたい、と言っていた曲が、 そこそこ難しいものだったので、 最初の部分だけ抜粋した楽譜で、練習してもらっていた生徒さん。 それが、すでに、抜粋した楽譜が全部、弾けるようになっていました。 わ、すごい! もちろん、弾けたからOKなのではなくて、 完成度を高めることを、これからやっていくのですが、 それにしても、すごくがんばって練習してきたのが、よくわかります。 それに、こんなに [続きを読む]
  • 習ったことを忘れないように、スマホを持ってやってきました。
  • 低学年の生徒さんが、スマホを持って、レッスンにやってきました。 動画を撮影するためです。 「習い事の中で、ピアノが一番好き」、というこの子は、 レッスンでも、いつも一生懸命に吸収しようとしています。 でも、いざおうちで練習しようとすると、 習ったことを忘れてしまって、練習できないことも、あるのだそうです。 この4月からピアノを始めた子ですから、 まだまだ、分からないことだらけなのは、当たり前ですよね。 [続きを読む]
  • 練習スタイル。小分け練習も良さそうです。
  • 前回一緒に譜読みした部分が、かっこよく弾けています。 リズミカルで楽しい、この曲らしい弾き方に、すでになっているのです。 この子は、いつもしっかり練習してきて、どんどん弾けるようになっている子です。 「すごいねぇ、一日何分位練習してるの?」、と聞いてみると、 ちょっと考えて、 「40分くらいかなぁ・・・」、と。 この子は、一日に何度も、小分けにして練習しているので、 何分位練習しているかは、たぶん考えて [続きを読む]
  • ピアノのオーバーホール
  • 昨日、調律師さんに来ていただきました。 調律のためではなくて、 半年以上迷っていた、ピアノのオーバーホールの相談です。 修理とはいっても、そこそこの値段にはなるので、 それなら、新しいピアノを買った方が良いのかなぁ・・・とか、 いろいろ迷っていたのです。 でも、先日、古いスタインウエイを、ちょっとだけ弾く機会があって、 帰ってきてから、自分のピアノを弾いてみたら、 きれいな、良い音が出ていたのです。 [続きを読む]
  • 練習してきたから、レッスンでも弾きたくて。
  • お母様に抱っこされて、生徒さんがやってきました。 幼稚園から、この教室に来るまでの、自転車で、 眠ってしまったのだそうです。 まだ小さいですから、そういう時も、ありますね。 お母様が、何とか起こそうとして、 声をかけたり、体をゆすったりしてみても、なかなか起きないので、 今日は、レッスンできないかも・・・と思っていたら、 この子が起きて、ピアノの所にやってきました。 連弾の準備をしている気配を、感じ [続きを読む]
  • ソナチネデビューで
  • 上行していくフレーズで、少しテンポを揺らしながら音量も上げて、 一番高い音になった時に、ふっと力を抜いた生徒さん。 聴きながら、 「なるほどねぇ・・・」と、感心してしまいました。 この子は、音楽を感じる力のある子で、 細かい所にも色彩を感じて、表現しようとするのです。 素敵ですよね (^∇^) ただ、 この曲は、この子が初めて挑戦するソナチネだったので、 古典派の曲では、あまり感情に走らずに、 正確に [続きを読む]
  • 意欲と意志を感じさせる目力
  • 「このテンポで大丈夫?」と言って、音源を流すと、 私の目をしっかりと見て頷く、年長さんの生徒さん。 まだ小さいのに、 意志の力を感じさせる、まっすぐな視線です。 この子は、ピアノの好きな子で、 教えたことに気を付けて、よく練習してくるのです。 きっと、練習してきた自分に、自信があるのでしょう。 テキストに指定されたテンポで、 もちろん、指使いやアーティキュレーションも正確に、 「弾こう」、という意欲と [続きを読む]
  • まわりと比べないで、自分に自信をもって。
  • まわりが気になり始める時期って、ありますよね。 自分のペースでのんびりやっていた子が、 先のテキストに進んでいる友達を見て、慌てたりし始めます。 できるだけ、そういう思いをしなくてすむように、 練習の回数を決めたりして、先に進むための工夫はするのですが、 お家での練習が苦手な子も、いるのですよね。 でも、そういう子も、 ピアノが嫌いなわけではないのです。 あまり練習は出来なくても、ちゃんとレッスンに [続きを読む]
  • 一緒にカウンセリングを学んだ友達とランチでした
  • カウンセリングを学んだ学校で一緒だった友達に、会ってきました。 だいたい年に一回位のペースで、会っていますが、 この友達とおしゃべりしていると、 自分の今の状況を、少し客観視できるような気がして、 嬉しいのです。 カウンセリングを学んだ仲間だけあって、 話を引き出してくれるし、受け止めてくれるし、 お互いに、自分を開いて話せるし。 本当に、私の一番の才能は、 才能のある友達に恵まれていることだなと、思い [続きを読む]
  • やっぱりピアノの先生にも、お休みは大事ですね。
  • 昨日から金曜日まで、レッスンはお休みです。 年間44回のレッスンにしているので、 時々、お休みがあるのです。 生徒さんたちとレッスンしている時間が、ものすごく好きなので、 お休みなんて、なくてもいいかも・・・と、思わなくもないのですが、 ゆっくりと過ぎていく時間の中でしか、感じられないものも、ありますね。 今日は、半年以上、ずっと迷っていたことを、 やっと、決めることが出来ました。 やっぱり、たまには、 [続きを読む]
  • ピアノって生き物だなぁ・・・と。
  • こんなピアノを見てきました。 作られてから90年位たつという、スタインウェイです。 どんな音がするんだろう・・・と思っていたら、 「音だししても大丈夫です」、ということで、 そっと触ってみたら、 ポロンポロンと、子どもの頃に聞いたような、ピアノの音が、響いてきました。 2回位オーバーホールしてあるそうですが、 古いピアノの、暖かみのある音がしています。 メンテナンスしているスタッフさんたちが、 大切に育 [続きを読む]
  • 発表会の写真ができました
  • 8月の発表会の写真が、出来てきたので、 少しだけ、ご紹介します。 生徒さんたちの入場は、「まねっこリズム」↓ 一人ずつ、カスタネットをつけて、 私が叩いたリズムのまねっこをしてから、並びます。 この時、スクリーンに生徒さんのスナップ写真を映し出しています。 大きいお姉さんたちのお手伝いも、心強いですね。 全員並んだら、1年生による、「はじめのことば」です↓ 司会は、3年生以上で分担してやってもらいました [続きを読む]
  • 感じ方や表現の仕方を、聴き取れるようになりました。
  • テキストの、次のページを開いて、 今度練習してくる曲を、音源に合わせて弾いてあげたら、 「ここ、静かに弾いてた」、と生徒さんが言いました。 テキストには、リタルダンドの指示はないのですが、 音源では、曲の最後が、少しゆっくりになっているので、 私も、それに合わせて弾いたのです。 ほんのちょっとのニュアンスですが、 よく聴いていたなぁと、感心してしまいました。 この子は、ピアノの大好きな、1年生の女の子 [続きを読む]