ナレイ さん プロフィール

  •  
ナレイさん: ネガティブのままでいい
ハンドル名ナレイ さん
ブログタイトルネガティブのままでいい
ブログURLhttp://slowly48.blog55.fc2.com/
サイト紹介文ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
自由文ころりと横になる
今日が終わっている

尾崎放哉(おざきほうさい)


(無断転載禁止!
Reproduction Prohibited
without permission.)。

猫の画像以外は、
私が撮影したものではありません。
著作権フリーの画像をお借りしています。
ナイスセンスなカメラマンの方たちが
撮影したものであることをご承知おき下さい。



参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供347回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2012/07/15 07:16

ナレイ さんのブログ記事

  • 絹の検査結果
  • 半年に一度の検診で絹は、慢性腎臓病の指標となる重要な検査項目、クレアチニンの数値が1.6・・・・になってしまいました。<クレアチニン値1.6 慢性腎臓病ステージⅠ です。猫の正常値範囲は、0.8〜1.5 になります。このクレアチニンの正常値範囲というのは非常にバラつきがあり、病院によって違うのですが絹の主治医の先生は、IRISという団体の正常値範囲を取り入れています。何でも最新の情報を導入している先生ですから、非 [続きを読む]
  • 不眠の負
  • 眠れぬ あたまは心を 奪う優しい感情穏やかな気持ちそんなものがこそげ落ちるようになくなって人のフリして歩くけど心はもう人じゃなくなっている自分を実感する眠れぬ あたまは心を 奪うけれどたった3時間でも眠れると人の心が戻って来る優しく 穏やかな人間らしい感情が戻って来る私は 常に人でありたいぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 独房人生・その3
  • 朝と夜とを本気で 間違えた白んだ空を夜明けと思ってカーテンを開けたら辺りは日没前の街だった現実は いつも残酷に 正確に時を刻む私は 着いて行かれない日没を夜明けと勘違いするほど私の時計は現実とずれているまだ夜だったのかとショックを受けては進まない時計の針に部屋中を転げ回る独房に 叩き込まれたた囚人は泣こうがわめこうが決して 出してはもらえない今日もまた独房人生生きている刑の執行をひたすら 祈りなが [続きを読む]
  • 責め苦
  • 不安から宙吊りになったまま生きつづける虚ろな 瞳で笑いながらぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 絹と私の宝物
  • 絹を引き取ってからほどなくして、病弱な子だとわかった。引き取って二週間くらい経って、もう慣れたと思ってた。でも、長年シェルター育ちで成猫になった絹は、そんなに簡単に慣れるものじゃなかったんだと、本当に慣れてから、わかった。シェルターでは、子猫はすぐに里親が決まる。シェルターじゃなくても、大抵の人は可愛らしい子猫を欲しがる。でも、成猫の引き取り手は圧倒的に少ない。だから、せめて ひとつのいのち だけ [続きを読む]
  • 私の頭の中
  • 慢性腎不全?慢性腎不全?慢性腎不全?         クレアチニン1.6 クレアチニン1.61.61.61.61.6きぬげんきでいてお願いしますお願いしますお願いしますきぬげんきできぬ げんきできぬ げんきで                 きぬ げんきで                  きぬ げんきで                  きぬ げんきで                        [続きを読む]
  • 日常を忘れて
  • 寝違えた 腕でご飯の支度をする空を見るのも 忘れて日常を 忘れて手だけを動かしている不安の呼気に満ちた部屋でぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 0.1の不安
  • 絹、昨日の採血と尿検査でクレアチニンが1.6になりました・・・・これは、猫の慢性腎不全を知るための重要な項目です。先生は、正常異状ギリギリの数値だから次回はちょっと早めに検査しましょうと言っただけで、慢性腎不全です!と宣告された訳ではありません。でも、私はショックで、立ち直れなくなりました・・・昨日まで見ていた景色が全然違う景色に見えます。雨に濡れても、冷たくも何ともなくて昨日まで降ってた雨とは違う [続きを読む]
  • 蝉の亡骸
  • 蝉の 亡骸お弔い夏空に 一週間のいのちを思うぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 非国民な私
  • 非国民な 私にとって二年後の 大イベントはハタ迷惑なだけそっとしておいてよ見たくもない イベントを無理矢理 私に見せないで非国民な 私にとって今の 「平和」も平和 とは思えなくてお願いだから生きることを強いないで矛盾と不条理だらけのこの世では生きるほうがつらくて「生きることは素晴らしい」なんてそんな勝手に 決めないで非国民な私にとって生きることはまるで虐げられているようで非国民な私は「自由」と言う [続きを読む]
  • 夏の夜に
  • 夏の夜に慰められて夢の中夢のつづきをまた 見られる悪夢でもかまわない現実は悪夢よりも 怖いからぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 平和の鈴の音
  • ちりちりちりんと鈴の音が響くのは猫のげんきと平和の知らせちりちりちりんと遠くで響くちりちりちりんと近くで響くげんきだねげんきだね大事な大事な宝物のげんきだねぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • あついなつのひに
  • なれいちゃん あ そ ぼとあのこは いったい い よとわたしは いったあのこも わたしもまだ おさなくておにんぎょうさん やらにおいけしごむのコレクション やらそんなもので あそぶのがたのしくてたあいもないことがただ たのしくておとなになってわたしは わすれたおにんぎょうさんのたのしさもにおいけしごむのたのしさもあのこも きえたこんな あついなつのそらにこころもすっかりけがれたねできることならけが [続きを読む]
  • 夜の匂い
  • 猫が夜の匂いを 嗅いでいるしきりに夜を嗅いでいる何も言えないけれど猫は 季節を知っている人の気持ちを 知っている↑念願のキャットタワーを買いました。でも、まだ絹は、キャットタワー=高い所=楽しい所と学習していないようで、上まで昇ってくれません。そのうち覚えるでしょう〜ぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 終わらない旅へ
  • 誰もが 一度必ず出る旅終わらない旅に早く出たくて永遠とか 自由とかそんなもの いらないただ眠りつづけていられるそう思うと一度きりの旅は余りにも魅惑的な甘い誘惑この誘惑に心が 揺れるただ虚ろな 暗い目をして笑顔を作ることに疲れて「平和」な世の中に合わせることに疲れてもしかしたら人間には持って生まれた役回りというのがあるのかも知れない幸せ役の 主人公と苦しみ役の 脇役と残念ながら 私は脇役にまわったよ [続きを読む]
  • 不安の積み木
  • 私は、すぐに不安になる。他人にとってはどんな些末なことでもすぐに不安になるのが私。昨日ふと、絹の後ろ姿を見たら「痩せた?」と思った。それだけで、「何かの病気・・・?」とまるでジェットコースターが急降下するような不安に襲われる。こないだのあの人は何だかいつもと様子が違ってた。私、何か悪いことしたかなあ・・・と、他人の態度がちょっといつもと違うだけでゆらゆら揺れていた風船が一気にしぼむような不安に襲わ [続きを読む]
  • しあわせを捨てました
  • 人は よくしあわせ と言う今 とてもしあわせです とかしあわせな気分です とかそれってどんな感覚なの?経験のないことはわからないしあわせ という言葉の意味がわからないだから 私はしあわせという 言葉は もう捨てましたいつまで経ってもわからない言葉を持っていても仕方ないからしあわせという 言葉は もう捨てましたぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 二日酔い・人酔い
  • こんなに ひとを求めているのにこんなに ひとりが寂しいのに酒に酔いひとに酔ってすっかり疲弊した心はやっぱり病んでいるのだと痛感させられた 一日ヤマアラシジレンマそのものに自分の棘で相手を刺すことを 恐れ相手の棘に刺されることを 恐れるからどこまで近づいていいのかわからなくてただただ 疲弊するこんなに ひとを求めているのにこんなに ひとりが寂しいのに酒に酔いひとに酔った二日酔い人酔いの一日ぽちで救わ [続きを読む]
  • 自己の灯りを消さないで
  • 大事なものをひとつひとつ捨てている気がする一体 何が大事で何が大事じゃないのかさえわからなくなったからただ私の中で 消えかけている自己という灯り だけは消してはいけないとどんなに小さな灯りでも消してはいけないと私は自分に言って聞かせるぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 私は明日を生きられない
  • 明日を生きられない私はコンビニで支払いをする度役所で手続きをする度銀行で振り込みをする度こんなこともう必要ないのにと思う全ての用事は明日に繋がっているからなぜ自分はこんなことをやっているの?と バカバカしくなる明日を生きられないと動けない小さな絶望が耳元で ゴトン・・・と音を立てて崩れた今日が明日に確実につながっているとこれ以上 生きられないと思う小さな絶望がため息と一緒にふう・・・っと 白くこの [続きを読む]
  • 残酷な社会
  • 社会から 一切自分を遮断してカーテンを引いて真っ暗にして眠れないのならせめて妄想に耽っていたいと思ってもそんなときに限って容赦なく鳴る電話通帳の残高とかこれからの予定とかを嫌でも考えねばならない情やなさけで金は 増えない予定?そんなものいらない金?出て行くばかりで残高なんか 見たくない照りつける太陽が私を社会へと引き戻す父よ母よと何も知らずにすがってた幼い日に戻りたい父が母が いなければ何もできず [続きを読む]
  • 臆病者の処世術
  • 私の心に幾つもついている 爪痕痛いけど私は他人を傷つけるより自分を傷つけるほうが楽それは優しさなんかではなくて臆病者が生きて行くための 処世術揉めるのは嫌だからだったらとりあえず自分が傷ついておけばまるく納まる何でもいい自分を傷つけておけば揉めることもない傷つくことには 慣れているひとを傷つけると自分も もっと傷つくだったらお先に自分を傷つけるほうが楽臆病者が生きて行くための 処世術ぽちで救われる [続きを読む]