Saint Vox ☆ さん プロフィール

  •  
Saint Vox ☆さん: THEOCRACY
ハンドル名Saint Vox ☆ さん
ブログタイトルTHEOCRACY
ブログURLhttps://ameblo.jp/saintvox3/
サイト紹介文自由なんていらないの! 完全独裁制こそが一番優れた政治体制なの!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供336回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2012/07/17 21:28

Saint Vox ☆ さんのブログ記事

  • 日本が自殺大国になってしまった理由
  • ※あまり真剣に読まないように! 「日本はラオスよりもずっと豊かなのに、どうして自殺する人が多いんですか?」 これは以前、とあるテレビ番組(番組名を忘れた)でラオスの小学生の女の子が言っていた台詞である。 確か日本はロシアに次ぐ自殺大国だったと記憶しているのであるが、ロシアの場合はスターリン批判によって生じた急性アノミーがその原因だと私は考えている。 [続きを読む]
  • 今の日本は飼い主不在の水槽も同然
  • 私は一介の(社会の底辺層の)労働者であるに過ぎない。 だが家で飼っている魚たちにとって私は天皇陛下も同然であり、例えば私が朝に目を覚まし布団から「蘇る」と、彼らは大喜びする。 で、オトヒメを「配給」すると熱狂的になるわけであるが、実は連中が私無しでも生きていけることを、私は知っている。 多分、よほど飼うのがヘタクソな人でない限り、飼い主が別の人と交代しても大丈夫 [続きを読む]
  • メンバー紹介
  • 以下は現在、私が飼育している魚たちである。 <ミッキー> 種類はミキユー(オオクチ・ユゴイ)。名前をタケオにしようか正直、迷ったのであるが、結局これにした。どうも沖縄で泳いでいたところを「救出」された生体らしい。現在、ヒーター無しで飼育しているのであるが、多分、死なないと思われる。 <アストロ1〜3号> 種類はアストロ・ノータス。ワイルドなのは2号のみ。 <赤バル [続きを読む]
  • ”[49]人間という生き物”
  • この子は弟が子供の頃池で捕まえてきてからずっと人の手で飼われていて、ご飯の心配と身の危険がない代わりに、広い池から離され、自由を制限された生活をしています。せめてストレスにならないようにと色々工夫をしてみるけれど、本来なら自然のままにいさせてあげる事がこの子の幸せなんだよなぁと、思ってしまうこともあります。 めぐみさんの拉致を命じた人間(故・金正日)も、彼女を見ながら、内心では [続きを読む]
  • 自由なんていらないの!
  • 「などて(どうして)すめろぎは(天皇陛下は)人となりたまいし(人となってしまったのか)」 私はこの国、すなわち日本には「すめろぎ」が必要であり、昭和天皇みたいな強力なカリスマが君臨しないことには、いつまで経っても日本は良くならないと思っている。 ところで先日、鈴木トオルがライヴのMCで「ヒロヒト、アキヒト、ヒロノミヤ」といった具合に天皇家の方々を呼び捨てにしていたのである [続きを読む]
  • カリスマの持つ力
  • おとつい、鈴木トオルがMCで言っていたのであるが、彼はガキの頃から自分の声にコンプレックスを持っていたのだそうだ。 私はライヴで本人の話を聞いているうちに、故・田中角栄を思い出したのであるが、それはさておきw 彼の場合は不幸なことに、幼い頃から角栄みたいなしゃがれ声(ダミ声?)であり、当時は歌うのはおろか、人前で喋ることすら出来ない人間だったのだという。 しかし、 [続きを読む]
  • 鈴木トオル@水道筋 in 神戸
  • 昨日、家の近所にある飲食店で鈴木トオルのライヴを観てきた。 ちなみに、その飲食店は「うどん屋」だ。 多分、ライヴハウスでなかったのが良かったのだろう。 食事(なべ焼きうどん)も美味しかったし、素晴らしい夜を過ごすことができた。 ONE DIMEの夢 / LOOK  ↓ [続きを読む]
  • 軍事政権
  • 私は熱帯魚(淡水魚)を飼っているのであるが、名前は生体にではなく水槽に付けることにしている。 <平壌> 容積は120cm×90cm×45cmで、中には魚が六匹いる。 <革命化区域> 容積は90cm×45cm×45cmで、中にはバルブ(コイ・フナの総称)の稚魚が四匹いる。餌は「オトヒメ」という人工飼料を与えているのであるが、そのまま入れると大き過ぎて口に入らないので、粉末にして投入することにしている。中にいる [続きを読む]
  • 愛国行進曲
  • 水曜日にカラオケ喫茶に行ってきた。 チョイスした楽曲は以下の通り、、、 In for a penny, in for a pond (アラベスク) Circle in the sand (ベリンダ・カーライル) 愛国行進曲 (オリジナル) 大きな古時計 (平井堅) 「愛国行進曲」は山口采希のにしたかったんだけど、無かったorz 愛国行進曲  ↓ [続きを読む]
  • 私とHR/HM
  • 『悪夢の北朝鮮』という本を読んだのがきっかけで北朝鮮に関心を持つようになった私。 以後、北朝鮮に関する本を片っ端から読みあさるようになり、それと同時並行する形でメタルも聞き出した次第である。 私は北朝鮮本で感じた悲しみを怒りに変え、その怒りをパンテラやメタリカのようなヘヴィな音楽に代弁してもらっていたわけであるが、最近は山口采希やモランボン楽団にも興味を持つようになった [続きを読む]
  • ビール vs 日本酒
  • 私は最近、日本酒を飲むようになった。 正直、飲んでいてもあまり美味しいわけではないのだが、ビールと併用して飲むとなぜか美味しくなるのでそうしている。 同様にクラッシック音楽とヘヴィメタルを交互に聴くと耳に心地よいのであるが、、、 今のところ実行しているのは少数派らしい。 モランボン楽団 軽音楽「私の生が花開くところ 」  ↓ [続きを読む]
  • 音楽は政治的でなければならない 3
  • 私は熱帯魚を飼っているのであるが、その中にはWCも多い。 WC、すなわちワイルド・コートとは現地で捕獲された生体の事であり、わかり易くいうと「拉致被害者」の事である。 私としては別に全員、自由にしてあげてもいいと思っているのであるが、ただウチは安全と水が無料の快適空間なので、おそらく魚たちもそれを望んではいないのではないだろうか。 他方、北朝鮮は社会主義国であり、「収容所国家 [続きを読む]
  • 音楽は政治的でなければならない 2
  • ※この記事には一部、嘘が含まれております 「おとめありー」は主に大阪を拠点に活動しているシンガー・ソングライターである。 なんでも彼女は山口采希(やまぐち・あやき)のような愛国的で勢いのある音楽をしたいらしく、オリジナル曲に「日本人よ絆を取り戻せ!」の思いで溢れている歌詞のやつが多い。 「自分が山口采希のyoutube動画を観てインスパイアされたように、私も次世代アヤー [続きを読む]
  • 大東亜共産圏の実現に向けて
  • 私は趣味で熱帯魚(淡水魚)を飼っているのであるが、名前は生体にではなく水槽に付けている。 <平壌> 容積は120cm×90cm×45cmで、中にはオオクチユゴイという沖縄に生息している(噂によるとオーストラリアの北部にもいるらしい)魚が一匹ほど大切に保護されている。 <革命化区域> 容積は90cm×45cm×45cmで、中には元「平壌」市民がたくさん泳いでいる。「最高司令官同志(チェーゴ・サリョン [続きを読む]
  • 音楽は政治的でなければならない
  • ※この記事にはいくつかウソが含まれております。 レジーナ・キスは大阪で結成された、「レズビアン女子への差別を無くそう」のスローガンを掲げるHR/HMバンドである。 ジャンルはグラインド・コアであり、初心者の方には極めて聴きづらい音楽だと思われる。 だが、クラッシック音楽と交互に聴くとそこそこ楽しめるので、興味のある方は是非チャレンジしてみてほしい。 (尚、一説に [続きを読む]
  • 大東亜共産圏
  • 多分、誰も知らないと思うのであるが、当ブログは大東亜共産圏、すなわちソビエト日本の実現のために始めたものである。 尚、大東亜共産圏の「共産」は共産趣味者による全国支配の事であり、共産主義者によるそれとは違うので、お間違えのないように(笑) ソヴィエト社会主義共和国国歌(ソ連国歌)  ↓ [続きを読む]
  • DEICIDE - End the Wrath of God
  • 私は最近、日本酒を飲むようになった。 正直、飲んでいてもあまり美味しいわけではないのだが、ビールと併用して飲むとなぜか美味しくなるのでそうしている。 同様にクラッシック音楽とヘヴィメタルを交互に聴くといいのであるが、、、 今のところ実行しているのは少数派らしい。 私は最近、日本酒を飲むようになった。 正直、飲んでいてもあまり美味しいわけではないのだが、ビール [続きを読む]
  • OVERKILL - Until I Die
  • 御存知の方もおられるかもしれないが、ビールは日本酒と併用して飲むと美味しい。 ところで日本酒は大まかに言って二種類に分けられる。 一つは工場で大量生産されたもの、もう一つは職人が造ったものであり、当たり前の話、後者のほうが美味しい。 当ブログではHR/HMのyoutube動画を貼っている記事が多いわけであるが、その楽曲自体はいずれも厳選されたものであり、「職人の造った日本酒」であるの [続きを読む]
  • 交響曲第5番ニ短調「革命」第4楽章
  • ショスタコービッチの交響曲第五番「革命」であるが、あれは実は「革命」ではないらしい。 なんでもショスタコービッチ本人の話によると、あれは「革命」ではなく、本当は「強制された歓喜」なのだとか。 日本も近い将来、社会主義国みたいになって、政府も日本を「奈落の底」から救うためとか称して国民に「歓喜」を強要したりするようになるんやろなぁ、きっと。 交響曲第5番ニ短調「革命 [続きを読む]