るい37 さん プロフィール

  •  
るい37さん: 生きて行く意味を探す日々
ハンドル名るい37 さん
ブログタイトル生きて行く意味を探す日々
ブログURLhttp://19990328.blog.fc2.com/
サイト紹介文妻を自死で亡くして、親兄弟にも言えない心の叫びを吐き出しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2012/07/19 12:19

るい37 さんのブログ記事

  • 穏やかに
  • 独りになったあの日から今日で、丸9年となる。昨日、弟がふいに、明日命日だったよなと言って来た。僕以外の人間でも、あの日は特別な日で心に深く刻まれているようだ。弟と、当時の事についていろいろ話をした。以前ならとてもまともに話など出来なかったと思う。多分、弟自身もショックだったと思うし、あの日からの僕の様子を見ていれば、その話を到底出来る状況ではなかっただろう。弟はあの日の影響からか、前日の自分の予定 [続きを読む]
  • 独りにされて
  • さて、傍目にはごく普通に生活してるように見えている今日この頃。あまり使いたくない表現だけど、立ち直ったと思われているのだろうか。以前の自分に戻るなんてのはあり得ないんだけど。配偶者の自死と言う、この世での試練で少なくとも5本の指に入るであろうと思う経験をして、当初①何もかも捨ててこの世を去ってしまいたい②目に映るもの全てが苛立ちの対象③妻を救えなかった自分は何の価値も無い人間だから生きていても仕方 [続きを読む]
  • 相互必要性
  • 人並みにお盆休み消化中の今日この頃。かと言って特にやる事も無く、どこかに出かけるでも無く、ホントに惰性で日々を過ごしている。どちらにしろ、この時期は出かけても人もクルマも多いから、出かけない方が正解。世間一般ではそうもいかなくて、家族や恋人と出かけなければいけない人も多いのだろう。ホントにお疲れ様です。お疲れ様だけど、それは否が応でも充実した日々になっているのだろう。ヘンな事を考えたりする時間も無 [続きを読む]
  • 8年越しの
  • 今日、お寺で納骨をお願いして来た。妻が亡くなって以来、喉仏と頭の骨の一部と婚約指輪と結婚指輪を小さな骨壺に入れて、仏壇に保管していた。いつまでそうしておくのか自分でも分からないでいたけど、先般から、妻が成仏出来ずに困っているのを知らされ、これも妻を苦しめている原因のひとつなのかもしれないと思い始めた。お盆を前にこの機会に納骨しようと思い立った。お寺に連絡して、和尚さん立ち会いの下、お墓から妻の遺骨 [続きを読む]
  • 諦めの良さ
  • 母親が大腸にポリープが見つかったとかで、明日、病院で最終検査して日帰り手術か一泊手術か決まるらしい。母親 「やだなぁ、手術」僕 「・・・・・・・」母親 「冷たい子だねぇ、励ましの言葉とかかけたらどう?」僕 「励まして治るものならいくらでも励ますよ 何しようが何もかも最初から決まってるんだよ」母親 「あんたの本性がよーく分かったよ、それしても諦めが良過ぎない?」僕 「そうしないと生きられなかったから [続きを読む]
  • この世の縁切り
  • 昨日、京都は安井金毘羅宮へ。ここは縁切りと縁結びが有名らしい。先日の、妻が成仏出来ずに苦しんでいるとの事で指導?を受けたので、妻の旅立ちを手助けする為にこの世での縁切りを祈願した。妻との縁が悪縁だなんて思いたく無いけど、こういう結果になっていると言う事は、少なくとも良縁では無かったと言う事か。僕と出会わなければ妻は自死などしなくて済んだのかと思うと、また自責の念が高まって来る。妻にはこの世で僕の傍 [続きを読む]
  • 悲しいけど、めでたい
  • 先日、高速道路でわき見運転のトラックが、渋滞最後尾の軽自動車に追突。クルマ数台を巻き込む事故があった。その事故で軽自動車に乗っていた、90歳と88歳の老夫婦が亡くなった。これを聞いて可哀想と言う感情が湧いて来ない。それより、そんなにも長く連れ添って、しかも最期は一緒に逝けたなんて、羨ましい限りとしか思えない。あると思ってた2人の未来を突然抹消され、未だに希死念慮が消えない僕にとっては今回の報道は不運な [続きを読む]
  • 今回は杞憂に終わった
  • 昨日、小中学校の同級生4人と会って来た。4人の内、1人は数ヶ月の一回くらい会ってる。1人は数年前に一度会ってる。残りの2人は中学卒業以来、会って無い。妻が亡くなった事は、数ヶ月に1回くらい会ってる同級生だけが知ってる。(自死は知らない)なので、家族関連の話題になった時にどうなるのかそればかりが気になってた。実際に会ってみると、やはり家族の話題にはなったけど、死別した事を伝えると、そうか、つらいな、と [続きを読む]
  • 埋まらない溝
  • 夕方のニュースで、栃木県で起きた雪崩事故を報道していた。あれから一ケ月経ったと言う事で、遺族や関係者が慰霊を行う様子を取材。アナウンサーが、「事故から一ケ月経とうとしていますが、未だ遺族の悲しみは消えません」一ケ月で悲しみが消えたら苦労は無い。悲しみ自体は一生消える事も癒える事も無い。一ケ月だったら、むしろこれから悲しみが大きくなっていくのだと思う。こういった突発的に近しい人を亡くした気持ちはやは [続きを読む]
  • 複雑ながらも
  • 今日、少し早めに仕事を切り上げ、洗車。洗車後、物置で探しものをしていると、妻のブーツ様達とご対面。先日の、「僕の時間があまりにも進まないので妻が成仏出来ないでいる」が頭をよぎり、時間を進める手段として、ブーツ様達を物置の外に出してみる。誰も履かないので、埃をかぶり、劣化も進んでいるように思える。現実的には保管していてもいい事は何も無い。かと言って、すぐには処分出来ず、しばしブーツ様達と見つめ合う。 [続きを読む]
  • 巡り合わせと言えばいいのか
  • 今日は18回目の結婚記念日。仕事は休みを取って静かに過ごそうかと思っていたら、朝から母親が一人の女性を連れて来た。その人は霊能者と言うわけでは無いけど、どうしたら人が良い方向に進んで行けるのかを助言する人らしい。何でも、母親がここ最近、喉に違和感があり、声が出にくい事があるとの事。その人に相談したところ、まずは病院で検査するように言われ、検査結果は異常無し。そこで今日は、何か家に悪いものが憑いていな [続きを読む]
  • 薄情なんかじゃない
  • 何とも久しぶりの日記。自死遺族としての後悔、自責の念にさんざん苦しめられ、(今も苦しんでるけど)それから逃避するかのように、他に集中出来る事を目先でも何でもいいから見つけて、この世の地獄を乗り切ろうと歩んで来た。それが友達と出かける事だったり、趣味だったり、とにかくいろいろと試行錯誤して自分を維持出来るように過ごして来た。そうして過ごす間は、心の苦しさはいくらか緩和され、一般的にごく普通の日常にも [続きを読む]
  • それしか見えなかった
  • 先日、半年に一回の歯科検診に行って来た。いつもは何も異常無く終わるけど、今回は一箇所むし歯が見つかり、処置をしてもらい、次回の予約を取る。そう言えば、妻も同じ歯科にかかっていて、亡くなった日に歯科の予約が入っていた。その翌日には大学病院の診察も決まっていた。歯科の予約を取った時は、自死する事はまだ決めてなかったんだろうか。それとも予約取ったものの、最初から診察など受ける気などなかったんだろうか。そ [続きを読む]
  • 違うけど同じ思いはある
  • 今日はクルマのメンテナンスでいつもお世話になっているお店へ。ここの店主は僕と同い年。スタッフは僕より一周りくらい年下。いつものようにクルマの話をしながら作業が進む。ふと、スタッフが家庭の事でストレスを抱えていると言う話に。彼は所謂マスオさんで、奥さん、その両親と全然合わない様子で、仕事してる方が楽しいとか。僕も経験者だから分かる部分はあるけど、彼の二人の子供の内、一人(5,6歳?)が、筋肉や神経の病 [続きを読む]
  • 不満など
  • 先日、職場の仲間達との食事会での事。誰かが、自分の奥さんに対しての愚痴を言い出した。それに釣られるように他の人間も自分の奥さんへの愚痴を次々と話し始める。みんな僕より年下で、結婚生活もまだまだ短い。にも関わらず、そんなに愚痴が出るものかねぇ。みんな幸せだからそんな事が言えるのだろう。僕は妻に対して、誰かに愚痴をこぼした事などない。実際、不満なんかなかったし、自分には勿体無い人だと思ってた。亡くなっ [続きを読む]
  • 新しい事
  • 止まった自分の心などお構いなしに、時間は流れ、新しい年が明けた。TVでは各地の初詣やイベントの様子が映し出され、お正月モード全開。初詣はここ数年、近所の神社のみ。わざわざ遠くまで出かけて初詣する気にはなれない。あの混雑の中、お参りしている人達を見ると、ご苦労様と言う感想しかない。遠くの神様より、地元の氏神様だよね。などと強がりを言ってみたり。新しい年と言う事で、ひとつ新しい事にチャレンジしてみた。そ [続きを読む]
  • 今年も見つけられない
  • 昨日は、通勤車のタイヤ交換と洗車。今日は、朝イチでホームセンターに行き、日用品の買い物の後、親のクルマの洗車やら点検やらを済ませて、年賀状も出して来た。例年通り、あまり年末と言う感覚も無いまま、また年を越すのだろう。結局、今年も、生きる意味は明確には見つけられそうにないようだ。来年もそのまた先も見つけられないのかな。いやいや、そんな先の事を考えるのは止そう。TVも特番ばかりでいつも以上に見たい番組が [続きを読む]
  • 油断と言うわけでは無いけれど
  • 昨日から、喉が痛くて熱っぽい感じ。今日、仕事中も症状は悪くなる一方で、寒気までして来た。もう座っているのもつらくて、早々に帰宅。ここ数年こんな感じはなかったなぁ。手洗い、うがいは欠かさずに、人混みも行かずに出来る限り規則正しい生活をしてたつもりなのに、体調を崩す時はこんなもんか。自分は大丈夫なんて油断があったのかも。こんな時、パートナーがいないと心細いし、治りも遅いような気がする。とりあえず食欲は [続きを読む]
  • 街は色づき、心は色褪せる
  • 一昨日は仕事で、昨日は映画を観に、名古屋駅周辺へ行って来た。久しぶりに名駅(名古屋駅の事)周辺を歩いたけど、街はイルミネーションだらけで、クリスマス年末ムード一色。ミッドランドスクウェアビルの灯りが、トナカイ模様になってたり、それはもう普通なら否がおうでも気分が高揚する雰囲気。そんな世間の浮かれ様をよそに、僕はと言うとやっぱり切ない気分にしかならない。純粋にその風景を綺麗だとか、何だか購買意欲が湧 [続きを読む]
  • 思わぬ地雷
  • 少し前にi-phoneのOSをアップデートしたら、写真メニューの中に「ピープル」とか言うものが追加されていた。そこには人の顔が表示されていた。当然、妻の顔もあって、顔をタップすると、妻の写真がずらっと表示された。その中に、再生ボタンのようなものがあり、それを押してみた。すると、妻の写真がスライドショーになり、次々と表示されていき、しかも何だか妙に切ない(自分にはそう思えた)音楽も流れ始めた。何だこの機能、 [続きを読む]
  • 変えられるものなら
  • TVのニュースで、独り暮らしの老人に近づき、身の回りの世話をしながら、老人のキャッシュカードで預金を勝手に引き出したり、亡くなった老人の遺体を廃屋に遺棄した男女が逮捕された事件を見てたら、母親「どうやったらてああいう事する人間になるんだろうね、育った環境なのかね」僕「彼らが生まれた時からもう決まってたんだよ」母親「そんな事言ったら身も蓋も無いんじゃない?自分で運命は変えられると思わないと    駄目 [続きを読む]
  • 浅い眠り
  • 昨日は妻の誕生日。一人で迎えるようになってから、8回目。いつもの花屋さんに連絡すると、「いつもありがとうございます。ではお作りしておきますね。」名前も連絡先も聞いて来ない。半年に1回しか利用しないのに、僕の連絡先とか名前とか控えてあるんだろうか。それともアレンジメントを依頼する男性客がよほど珍しいので、記憶しているのか、こちらとしては手間が省けていいけどね。花を受け取り、ケーキも買って一人誕生日会。 [続きを読む]
  • 口に出来ない
  • ここのところの天気は、カラッとした秋晴れとはほど遠い、曇りや雨ばかりで、自分の心の状態みたいだなと思う今日この頃。天気も心も晴れないそんな今日、総務部から聞こえて来た会話。「〇〇さん、今日、来る予定なのに、来てないよ。」「連絡もつかないみたい。」どうやら、ある部署で心の病にかかって、医師の診断書を提出しに来る人の事らしい。「自殺したりしてないよねー。」「自宅に確認に行かないといけないな。」「なんか [続きを読む]
  • 改善案
  • 先日の産業医との面談結果。担当医師は、悪い人では無い感じだったので、全て正直に話した。医師によると、僕の抱えている問題は3つ。①妻が亡くなった事②自身の身体の病気③職場環境医師に、気晴らし目的で何かしてますかと聞かれ、クルマ弄り、ドライブ、趣味友達と会う事等を挙げた。その状況に異性はいますかと聞かれ、基本的に全て同性ですと答えると、恋愛とか結婚目的では無く、仕事を離れて会う事が出来る異性がいると、 [続きを読む]
  • 産業医
  • 2ヶ月ほど前に行ったストレスチェックの結果、高ストレスと判断され、産業医との面談が組まれた。ストレスチェックはあてはまるものばかりだったから、予想していた通りの結果。心身ともにボロボロだから、何ともならない。仕事を続けていられるのが不思議なくらい。面談でいったい何を話せばいいのだろう。何を聞かれるのだろう。仕事の事だけを話すのか、プライベートな事まで話すのか、ストレスの原因となっているのは根本的に [続きを読む]