caliliro さん プロフィール

  •  
caliliroさん: carnation Lily lily Rose - Only On Mondays
ハンドル名caliliro さん
ブログタイトルcarnation Lily lily Rose - Only On Mondays
ブログURLhttp://cllr.blog.fc2.com/
サイト紹介文「〜してみたい」気持ちを大切に!やって、試して、形にしていくブログです。
自由文2012年に「carnation Lily lily Rose(カーネーション リリー リリー ローズ)」をスタート。自身が小柄なため、153cm前後の女性が着られるS(7号)のハンドメイド服や、冬生まれの赤ちゃんにピッタリな和調木綿産着などを製作・販売しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/07/20 15:02

caliliro さんのブログ記事

  • 【再販】和調木綿産着『疋田菊抜絞文様』
  • 疋田柄で描かれた菊模様が華やかな和調木綿を、ミシンで丁寧にキルティングした「昭和」風のレトロな産着です。産着とは赤ちゃんが生まれて初めて袖を通す着物のことで、御七夜、命名式、初節句など日本の伝統的な行事や、お宮参りなど華やかな祝い着の略式としてお使いいただけます。 しっかりとした生地で仕立てていますので、首のすわっていない赤ちゃんを包み込んだまま、安定して抱っこすることが出来ます。またキルティング [続きを読む]
  • お父さんはお医者さん(2)
  • お父さんはお医者さん(1)に続き、お医者さんの仕事着を仕立ててみました。 まずは紫のスクラブの下に紺色のアンダーシャツを合わせたデザイン。続いては水色のパイピングがポイントのケーシー。こちらは画像検索で見つけた可愛いイラストを参考に作ってみました。 どちらも色を変えれば、また違った印象になりそうです。おつかれ気味のカンガルーさんは、ソファで仮眠中・・・でも何かあればすぐさま臨戦態勢に!3着揃うと、 [続きを読む]
  • お母さんの日常着(2)
  • ちょっとした日常の一場面にぴったりな、お母さんの日常着を仕立てました。胸元にギャザーをよせた、カントリーチックなワンピースです。 スカート部分も二段フリル。全体的にギャザー分量は少なめですが、フリル部分が直線のため、レースを付けたりするなどのアレンジが出来るデザインです。縫製ミスもありますが、形はまぁいいかな?また違う形で再チャレンジしたいです。 [続きを読む]
  • お父さんはお医者さん(1)
  • お医者さんの仕事着を仕立ててみました。青のスクラブと白衣がセットになっているため、後ろのマジックテープで簡単に着せ替えができます。 私が初めてスクラブを知ったのは海外ドラマの『ER緊急救命室』でしたが、今ではリアルな医療現場でもユニフォームとして採用されているようです。カラーバリエーションも豊富で、役割に応じてスクラブの色を変えたり、下にインナーを合わせたり・・・色々なデザインのメディカルウェアを [続きを読む]
  • お母さんの日常着(1)
  • お母さんの日常着を仕立てました。水色の爽やかな小薔薇柄が可愛らしいシンプルなワンピースで、胸元のシャーリングとパフスリーブがポイントです。また袖口にゴムを通しているため、人形に着せやすいデザインに仕上がっています。 着用はうさぎさんの他、しっぽが特徴的なくるみリスさんを基準に、カンガルーさん、ネコさん、体の小さなチワワさん、しっぽのないコアラさんまで可能です。うさぎさんの場合は、サイドから見ると [続きを読む]
  • お父さんの背広
  • お父さんの背広を仕立てました。ジャケットとシャツをくっつけて仕立てることで、細身でカッコよく、スマートにササっと着脱ができるのがポイントです。 着用はうさぎさんの他、しっぽが特徴的なくるみリスさんを基準に、カンガルーさん、ネコさん、体の小さなチワワさん、しっぽのないコアラさんまで可能です。(※ただしうさぎさんと同じしっぽの形でも体の大きなクマさんは着用ができません。)今は背広のことをスーツと言う [続きを読む]
  • タルビタリナ - ミニリュックサック
  • マリメッコのコットンファブリック、Talvitarina(タルビタリナ)を使って、縦25cm幅×横23cm×マチ10cm幅のミニリュックサックを作りました。ポイントは肩ショルダー。作り方は基礎の洋裁本でお馴染みのクライ・ムキさんの動画を参考にしました。ちょっとした一手間で、手作りながらもリュックサックらしくなりました。肩紐のつけ方も一工夫。肩紐と持ち手を3cm幅のテープで本体に縫いとめることで、マチ部分をミシン掛けする際、 [続きを読む]
  • お父さんのエプロン
  • お父さんのエプロンを製作しました。見た目の可愛さではなく、長く使えるように遊びを重視しています。そのためごくごく普通のシンプルなエプロンにはなりますが、その分アイデア次第で遊びの幅も広がります。エプロンはマジックテープで簡単につけ外しができます。またテープの止め位置で調節ができるため、シッポで幅をとるくるみリスのお父さんも着用が可能です。肩紐をバイアスどりにした共布で仕立てているのもポイントです。 [続きを読む]
  • 四国別格二十霊場(8)
  • 四国別格二十霊場、第十六番札所、第十七番札所を巡リました。別格十六番札所「萩原寺(はぎわらじ)」は、弘法大師が建立したとされるお寺で、萩の名所でもあることから「萩寺」とも呼ばれています。萩の花が咲く見頃に参拝すると、より一層趣があるんだろうな。別格十七番札所「神野寺(かんのじ)」は弘法大師が修築にたずさわったとされる、日本最大級のため池「満濃池(まんのういけ)」のほとりにあります。本堂手前の石段を [続きを読む]
  • 四国別格二十霊場(7)
  • 四国別格二十霊場、第十五番札所を巡リました。別格十五番札所「箸蔵寺(はしくらじ)」は弘法大師が建立したとされるお寺で、弘法大師がこの地を訪ねた際に,金毘羅大権現(こんぴらだいごんげ)より授かった「箸を挙ぐる者、我誓ってこれを救はん(=全ての人々を救済する)」というお告げが、箸蔵寺の名前の由来となっています。なお金毘羅大権現は、仏教の仏さまが日本の神様として姿を変えて現れた神様。そのため現在でも神仏 [続きを読む]
  • シングルベッド
  • 4月に発売されたシルバニアの新商品のシングルベッドを、カーポートのあるあこがれのお家に合わせて仕立て直しました。新商品のシングルベッドは、人形を寝かせて遊べるようになっているのが今までのベッドと異なります。秘密はマットレスにあり、人形を寝かせた時の姿がより自然になるように、スポンジに穴があいていて、よく考えられているなと感心しました。では早速、マットレスのカバーから。まずは生地を縦12.5cm×横17cmに [続きを読む]
  • 四国別格二十霊場(6)
  • 四国別格二十霊場、第十二番札所、第十三番札所、第十四番札所を巡リました。別格十二番札所の延命寺(えんめいじ)は「いざり松」と呼ばれる、弘法大師お手植えの松が残るお寺です。残念ながら松はすでに枯死してしまっていますが、残された松の幹や枝からも非常に大きな松の木だったように思われます。別格13番札所「仙龍寺(せんりゅうじ)」は、弘法大師が42歳の時に修行をしたお寺です。こちらのお寺は、本堂の中に入っての参拝と [続きを読む]
  • 手作りホームパーティー
  • 今回はコンテストに応募した際、撮影用に製作したお洋服のご紹介です。まずはみるくうさぎのお父さんと赤ちゃん。柔らかい印象の人形のため、色味も淡い感じでまとめました。アクセントで付けたお揃いのバラのお花がポイントです。ハンチング帽をかぶったくるみリスのお父さんは、製作した中で一番気に入っています。なぜか見れば見るほどお父さんの存在が、じわじわきます。耳を痛めないようにかぶれるよう、ハンチング帽のトップ [続きを読む]
  • お父さんのパーティー服
  • エポック社の記念コンテストに作品を投稿しました。テーマはパーティーシーンを演出するお人形の洋服やドレスコンテスト・・・ということで、お母さんや子どもたちから「今日のお父さんいつもよりかっこいい」と言われるような、ちょっぴり洒落たお父さんのパーティー服を考えてみました。こだわりは、V字にカットした後ろ身頃のデザインです。シッポが自慢のくるみリスのお父さんやうさぎのお父さん、シッポのないコアラのお父さ [続きを読む]
  • ソファの貼り直し
  • カーポートのあるあこがれのお家に合わせて、ソファの布を貼り直しました。ソファを解体すると、クッション部分とフレーム部分に分かれます。まずはフレーム部分から。フレーム部分の布はテープで貼り付けてありますので、ゆっくりと丁寧に剥がし、同じものを別布で作り直します。生地はお家の色に合わせやすいように、地色が紺のものを選びました。薄手の生地のため、接着芯を貼ってから使用しています。 裁断した生地は布端が [続きを読む]
  • 芝生ボード
  • コルクボードを使って、「カーポートのある憧れのお家」用の芝生ボードを自作しました。芝生マットは光栄堂のグランドマット大判【秋の緑 黄緑色 イエローグリーン】コルクボードはニトリで販売している60cm×90cmのものを使用。芝生マットのサイズが60cm×98cmの大判のため、コルクボード全面に芝生を貼ることができます。「カーポートのある憧れのお家」もすっぽりとボードの中に収まります。このまま押入れに収納です♪ [続きを読む]
  • ルームライトとお出かけファミリーカー
  • 「カーポートのあるあこがれのお家」に取り付けられる、ルームライトを購入しました。 取り付けは簡単♪天井にあるリング状の穴にはめこむだけ。側面にスイッチがあり、レバーをスライドさせることで、電気のオンオフが出来ます。4か所全て取り付け完了。お部屋がゴージャスな感じになりました。ルームライトと共に車も購入。一番ベーシックなセダンタイプの「おでかけファミリーカー」を選びました。早速カーポートに止めて♪ [続きを読む]
  • カーポートのあるあこがれのお家
  • シルバニアのオンラインショップで購入した「カーポートのあるあこがれのお家」が届きました。玩具屋さんなどで販売されている赤い屋根のお家とは違うオンラインショップ限定仕様で、ベースがパステルピンク、ラベンダー色の屋根は、ひとつひとつ手作業でに塗装されいるそうです。ラズベリー色の窓枠に施されたシルバーの装飾も素敵です。付属でお家のイメージに合わせてつくられた壁紙が付いているのも嬉しい♪早速壁紙を貼ってい [続きを読む]
  • バースデーカード
  • シルバニアファミリーから可愛らしいバースデーカードが届きました♪タウンシリーズのポップアップカードとちょっとしたお祝いメッセージが添えられていて、いい歳して気持ちがほっこりしました。こちらはシルバニアを購入した際に、お店で頂いたお出かけショコラウサギの赤ちゃん。どうやらキャンペーン中だったからのようですが、知らなかった私にとっては、とっても嬉しいサプライズでした☆大切にしたいです。 [続きを読む]
  • 満開の桜としずか、44歳の春
  • しずかと一緒に、近くの公園に花見に行ってきました。桜は一番の見頃。やっぱり満開の桜は綺麗ですね。公園では、桜をバックに今年一年生になる女の子たちがランドセルを背負って写真撮影をしていて、桜の名所と呼ばれる場所とはまた違う、春らしい雰囲気が楽しめました。今年で7歳になるしずか。人間の年齢に換算すると、44歳。高齢期に入りましたが、まだまだ長生きしてね。 [続きを読む]
  • 和調木綿産着 - minneでの購入方法と注意点
  • この度、tetote(テトテ)サービス終了及びminne(ミンネ)との統合に伴い、テトテで販売しておりました和調木綿産着を、ミンネで販売することにいたしました。販売ページはこちらになります。ミンネギャラリーページへminne(ミンネ)とは?minne(ミンネ)はハンドメイド作品が売買できる日本最大級のWEBマーケットです。ご購入の際、ミンネが決済の仲介をしてくれるので、安心してご利用いただけます。お支払い方法ミンネでは会 [続きを読む]
  • tetoteサービス終了のお知らせ
  • この度、ハンドメイドマーケット「tetote」が「minne」とサービスを統合することとなり、現在「minne」へのお引越しをすすめております。tetoteにてご購入いただいたお客様、気になる作品リストやお気に入りクリエイターに登録して下さった方々、またお誘いくださったtetoteの方には大変感謝しております。今までありがとうございました。今後産着は「minne」にて、婦人服は「オンラインショップ」のみでの販売となります。何卒ご [続きを読む]
  • おませなタウンごっこ
  • 今回はシルバニアファミリーの掲示板「みんなの広場」で募集されている『手作りドレスで街におでかけ!』に投稿した赤ちゃんドレスのご紹介です。ドレスには、ハートやリボン、キラキラレースなど、女の子の好きなものを詰め合わせながらも、コアラの赤ちゃんとショコラウサギの赤ちゃんに似合うデザインを考えました。最後にドレスの色に合わせて、耳飾りやカチューシャなどのアクセサリーを付ければ、赤ちゃんたちにとってそこは [続きを読む]
  • シルバニアの冬くじ
  • シルバニア「森の家」の冬くじで海外版のチワワの赤ちゃんをゲットしてきました。今度買うならチワワと思っていただけにとても嬉しかったです♪ 海外版は、赤ちゃんも英語を話してそう。「Peekaboo!」三兄弟でいないいないばぁ。コロコロして可愛い♪最後に「森の家」で頂いたキラキラシールとポストカード。ポストカードは写真だけで物語が作れそうなくらい素敵な一枚です☆ [続きを読む]
  • 栄枯盛衰を見届けたお城 - 二条城
  • 京都の観光スポットの中でも定番の観光地、二条城へ行ってきました。二条城は、徳川家康が征夷大将軍に任命された時に祝賀の儀が行われた場所であり、徳川幕府が終焉を遂げた「大政奉還」の舞台となった場所でもあります。江戸幕府の始まりと終わり・・・その両方がまさにこの二条城で行われたのだと思うと、この場所の特別さに感慨深い気持ちになります。東大手門から番所の前を通り過ぎ、順路通りに進んでいくと、絢爛豪奢な彫刻 [続きを読む]