癒しの花ガイド さん プロフィール

  •  
癒しの花ガイドさん: フラワーアレンジメントアーティスト
ハンドル名癒しの花ガイド さん
ブログタイトルフラワーアレンジメントアーティスト
ブログURLhttps://ameblo.jp/bless168
サイト紹介文居心地のよい落ち着いたフラワーサロン。ワクワクする感情がよみがえるパリスタイルを楽しみます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2012/07/20 20:00

癒しの花ガイド さんのブログ記事

  • 花魁よりも贅を尽くしたお屋敷
  • パリの花とハーブです。帰り道、中坂(和洋九段女子校通り)を降りて行くと今夜は一段と強く坂の両側の垣根から鈴虫の鳴き声が響き聞こえてきました。虫の鳴き声が聞こえるのはまだ人間が生きられる証拠なのかなと?悲観的なものと楽観的なものが入り交じった気持ちになりました。秋だからでしょうか(笑)さて、先週末ご近所の豪邸(旧山口邸)の門の扉が開いて、沢山の人が並んでいました。何事?中から真っ赤なパネルが見えて、摩訶 [続きを読む]
  • オペラ「薔薇の騎手」を聴く
  • パリの花とハーブです。秋の気配がして来ました。年末のお正月花の事を考えてしまいました。世の中、私のように気の早い人が増えたのかも知れません(笑)さて、最近足を運ぶ銭湯ではオペラが時折流れています。なんとなくミスマッチのようですが格調高くとてもリフレッシュ出来ます。なんといってもテノール歌手の高音で伸ばす演奏を聴くと気持ちがぞくぞくします!オペラ詳しくありませんがよいものを聴くのは心身共に活力を与え [続きを読む]
  • 身に降りかかり気づく
  • パリの花とハーブです。蒸し暑い週末になりました。豪雨、台風、地震と自然災害が人間の想像を遥かに越えている最近です。北海道震度 7??まさかの大地震です。今回、実家が北海道だと知っている友人、知人心配の電話だったりメールだったり本当に心の温かさと優しさに触れる機会でもありました。嬉しいものですね??私は今までそう言う方に何もしてなかったように思いました。当日の停電公園での水汲みと階段の上り下がりだけ [続きを読む]
  • ミケランジェロと理想の身体
  • パリの花とハーブです。9月に入るとなんとなく物悲しくなりますね。早速、芸術の秋に上野国立西洋美術館「ミケランジェロと理想の身体」を観てきました。再三迷いの観賞でした。ミケランジェロの彫刻作品は三点。本物に出会った訳ですから言葉にならない感動でした(笑)初めての金曜日ナイト九時までミニ生演奏つき昼間のざわざわ感がなく暗闇の中で雲がとても壮大で暫く見てしまいました。宇宙を感じるこんなひと時も私たちには [続きを読む]
  • キッズの感性は成長しています。
  • パリの花とハーブです。今月も最後になりました。猛暑、酷暑、本当に地球温暖化の仕業?頼みは樹木されど、公園の樹木も大気汚染が原因でしょうか?太い幹が枯れ落ち伐られて可哀想な状態になっています。自然と共生しないと生きていけない私たち自然に感謝し樹木を大切にしたいものです。「今年最後のひまわり」A花屋の掲示板に書かれていた言葉です??さて、キッズレッスンおもいっきりヒマワリ色を楽しんでみました。お絵かき [続きを読む]
  • 和やかな光景に幸せが隠れている
  • パリの花とハーブです。久しぶりのブログになってしまいました。今年は酷暑の夏休み早いものであと僅かで9月になります。今月の音楽は二胡演奏を聴きます。今月のハーブダンディーライオンを器を変えてお出ししたら喜んで頂きました??お味も。北の丸公園ではトンボの繁殖期になり色とりどりのトンボが池の淵を旋回していました。こんな大都会で昆虫の営みに触れることは心の癒しになります。先日、生徒さん同士で薔薇の香りが [続きを読む]
  • タンポポは原住民も飲んでいた
  • パリの花とハーブです。お盆休み前にグッと気温が下がり秋の気配を感じてしまうほどです。災害が多い年普通の日々に感謝しつつ改めて自然に畏敬の念を持たないと思いました。さて、今月のハーブはタンポポコーヒーでお馴染みのダンディーライオンです。タンポポの根を炒ったものです。アメリカの原住民は肝臓、皮膚病、水腫によく飲んでいたようです。路上に咲くタンポポの根も同じ効果があるかどうか分かりません(笑)さて、随分 [続きを読む]
  • 子供たちは知っている?
  • パリの花とハーブです。上野国立博物館「縄文」に行って来ました。最近の展示、写真を撮れるエリアが設けられています。では、折角なので土器にグッと接近・・・縄文時代は紀元前15000年から紀元前2300年のあいだ気の遠くなる時間どこでもドアで一足飛び縄文時代の圧巻な技量を見てきました!それにしても国宝になったのも最近の事です!パリから帰った岡本太郎はいち早く土器の芸術性を高く評価流石、天才画家です(笑)??さて、 [続きを読む]
  • キッズレッスンーなぞる編
  • パリの花とハーブです。台風はかろうじて避けてくれました。災害があると心が痛み普通の日常に感謝しかありません。さて、今回は、お絵かきに加えて用紙の下に葉をいれて色鉛筆でなぞってみました(笑)葉脈が見えてきて、楽しかったようで捨てた中から、拾いなぞってみてくれました。あら?不思議?出てくる、出てくる(笑)昔、楽しかった記憶が仄かに残っていたのでやってみました!楽しいは好奇心に繋がる??そろそろ、アレンジ [続きを読む]
  • 再会した観葉植物は可愛い
  • パリの花とハーブです。尋常じゃない気温が続きますね。今朝、なんだか気のせいかもしれませんが肌寒いような感じました(笑)最近、水やりと同時に鉢の中に指をいれてチェック!ある本に書いてあった一説に「貴方は鉢の土に触れてますか?おもやりが育ちます。」さて、この花の名前が「・・・フルーツ」可愛い!と思いましたが。植物がこれ以上増やすのはどうかなとその時は断念しました。あれから1ヶ月ぶりに再会!お日さまがま [続きを読む]
  • アンリ・ルソーの画集を飾る
  • パリの花とハーブです。今月はアンリ・ルソーの小さな画集を飾ってみました!税関職員だった彼が絵画に目覚め、独学で極めた世界です。遠近法もろくに知らない無学なルソー氏は洗練したフランス絵画とほど遠く、人々の嘲笑の的となりました。(画集から抜粋)アンリ・ルソーの言葉自然を観察して見たものを描くほど、私を幸福にするものはない。ただ想像してみるのだ。田舎にでかけ、太陽と緑とすべてのものが花開いてのを見るとき [続きを読む]
  • 浴衣姿は粋で格好良いです♪
  • パリの花とハーブです。連休、猛暑が続きます。今月のハーブはラベンダー!古代ギリシャ時代、既に飲まれたそうです。人間は感情の動物怒り、執着はいつの時代も人を悩ませます(笑)御霊まつり九段下の靖国神社、浴衣姿でいっぱい!拡声器で何か注意を呼び掛けています!千鳥ヶ淵の花見以来です。今回、浴衣姿のカップル男性の浴衣姿、粋で格好良いです!また、子どもたちの浴衣姿も可愛いです!今年は特に下駄のカランコロンが都 [続きを読む]
  • ほんの小さな心使いが
  • パリの花とハーブです。猛暑が続きますね。クーラーは苦手ですが流石に、この暑さは命と引き換えに出来ません(笑)最初の一瞬の冷気は幸せを感じるものです(笑)墨彩画のようなものは、街路樹トウヨウカエデの影。陽射しが強ければ強い程増して色濃くなるんですね(笑)さて、北の丸公園の池おたまじゃくしに変わり沢山のトンボが飛び回っていました(笑)夏本番、蝉の鳴き声も。また、小さな魚メダカも群をなし泳いでいました。大都会 [続きを読む]
  • 手をかけると素晴らしい。
  • パリの花とハーブです。今日は本格的な雨が振りだすようなお天気になりました。アジサイと笑う小鳥たちを集めて飾ってみました。見ていると笑顔は伝染しますね(笑)??さて、優しいピンクの花を咲かせるローズゼラニウム4年ぶりに植え替えをしました。6月もなかば時期ギリギリ。思いきって鉢を外し古い土を少しかきだし観葉培養土を混ぜてみました。今までの土は固く可哀想に栄養分がない色味に変色していましたから。7月にな [続きを読む]
  • フジコさんのおしゃれな自宅
  • 感性を磨くパリの花とハーブです。どんよりした雲行きで雨が振り出しそうなお天気になりました。久しぶりに気になっていた映画を観てきました。結構、いっぱいでした。凄い人気ですね。フジコさんの演奏は勿論ですが、パリの自宅、京都の古民家もとても素敵です‼?パリの自宅のインテリア10年かけてここまでにしたと言っていました。模様替えが好きな私100年物の家具はありませんがこの年数に納得し共感しました。中でもお気にい [続きを読む]
  • ミントの香りで癒し花束レッスン?
  • 感性を磨くパリの花とハーブです。7月に入り、真夏日が続きますが梅雨明けありました?天気予報に無関心かもしれません。登山でもあれば別ですが(笑)昨年はホルダーを使ったブーケレッスンでした。最終日は、ミント系の花を使い癒しの花束です。「花束、苦手なのです」と何度聞いたことでしょうか。回しながらいれていく一定方向いれてのが分かっていても違う方向にしまう事があります(笑)でも大丈夫!花束作りは、本来楽しいも [続きを読む]
  • 人も花も変化をもたらす
  • パリの花とハーブです。久しぶりのブログになってしまいました。今日は強い突風が吹く真夏日になりましたね。サッカー熱が高まる中普段から興味が薄かったのに今回のワールドカップは違うようです(笑)??時として、人の心というものは変わりやすいという事でしょうか。薔薇(ジュリア)を使ってバスケットアレンジメントです。濃いグリーン色のつぼみポピーホワイトが一輪だけ先に咲いた花色がオレンジがかっていました。花も同じ [続きを読む]
  • バランスに気を配りながら
  • パリの花とハーブです。世の中、サッカーの話しで持ちきりになっております(笑)!さて、キッズも花束レッスンをやってみました。手早くまとめて(どこに入れようか考えながら)ラッピングもしっかりやってくれました!凄い!です(笑)さて、アレンジメントは脳障害を持つ人の心を癒す効果があるとかその根拠は「バランスを気を配りながら花を挿す事で活性化させることらしいです(笑)」花が手に触れことの刺激と赤や黄色の鮮やかな花 [続きを読む]
  • フェンネルを使い花束レッスン
  • 感性を磨くパリの花とハーブです。「徹子の部屋」を録画フジコさんのドビュッシー「月の光」良かったですね〜???今まで聴いた中で一番でした!自分流にアレンジするファッションも素敵です!絵も素敵です!60代から世にでたフジコさん。才能とセンスはいろいろな所で、発揮されています(笑)さて、今月はフェンネルを入れて花束レッスンです(笑)薔薇の向きが?薔薇の動きを生かすのがなかなか難しいようです(笑)いつも有難うご [続きを読む]
  • 違いがあっても仲良くなる
  • 感性を磨くパリの花とハーブです。梅雨入りのはず良いお天気が続きましたね。さて、金魚が一匹になり半年近くになります。最近、特に大好きな水草(カモンバ)も残し、元気がありません。(固まって動かない)金魚屋さんに聞いてみると一匹でも、寂しくありませんし小さな金魚を入れるといじめるという返事がかえってきました。一匹のままで死を迎えさせるのは可哀想という思いに至りました。思いきって、雨の中赤ちゃん金魚(福ダルマ [続きを読む]
  • チャーチルはノーベル文学賞受賞
  • 感性を磨くパリの花とハーブです。来週は父の日。早めの花束のギフトになりました。同じ輪数でも、この花は大きく、箱が小さく感じるほどでした(笑)さて、運転中にラジオからこんな名言が流されました。英国の政治家ウィンストン-チャーチルの言葉。つい最近映画にもなりましたね。「金を失うのは小さく名誉を失うのは大きいしかし 、勇気を失うことはすべてを失う。」チャーチルは成績が悪く、大学に進学せず陸軍士官学校へいっ [続きを読む]
  • 短期3回の初回レッスンです。
  • 感性を磨くパリの花とハーブです。今日は、梅雨入りから梅雨明けを思わせる暑さでした。どうした事でしょうか。今日は短期3回の初回レッスンです!アジサイと二ゲラを使いアレンジメントレッスンでした。暑いだけにヒメアジサイのスカイブルーに涼しさを感じました。紫陽花は江戸時代以前から栽培されて前後してヨーロッパに持ち込まれ西洋アジサイの園芸品種の親になりました。今では、母の日のカーネーションに取って変わる程の [続きを読む]
  • かなり移動で雰囲気が変わる
  • 感性を磨くパリの花とハーブです。梅雨入りしましたね。所々で、紫陽花がぐったりとしてとても可哀想と思っていだけに喜ばしい雨です(笑)園芸品種のアナベル、大きい!なんとも、ゴージャスです。アナベルは緑から薄緑から白い花へと変えるらしいのです。素敵な事です。緑色のアナベルを見逃したのは残念ですがこちらの白い花が感激度は高いかなと思いました(笑)さて、サロンの額縁を少し移動のつもりでした・・・なんだかんだ全 [続きを読む]
  • 今月のBGMは森を感じる
  • 感性を磨くパリの花とハーブです。今日は、真夏日でしたね。日射しがいつもより強く、静かな休日雀が遊びに来てくれました(笑)さて、今月のBGMは、癒し系?「muse」フォレストハーモニーSHINJI CHIURA森の中へモーニング・ウィンド森の鼓動木の記憶森の神話、等個人的にかなり気にいってます!一曲目から「森の中へ」森に誘われているような感じです(笑)いつも有難うございます? [続きを読む]
  • 自然の一部になりました。
  • 感性を磨くパリの花とハーブです。軽井沢でみつけたウラシマソウ。浦島太郎とどう関係するのでしょう?サトイモ科の仏炎苞は先端は細いが、それよりもさらに花序の先が長くのびさらに内部の付属体は長く時に60センチにもなるらしいです。珍しく可愛いです‼?一緒に行った若かった母も、あっという間に高齢者!同時進行ですが(笑)?良いことも、悪いことも見せていただきました(笑)逆転して彼女の親みたいになったりと不思議な [続きを読む]