kinohana さん プロフィール

  •  
kinohanaさん: 樹のはなクリニック開業日記
ハンドル名kinohana さん
ブログタイトル樹のはなクリニック開業日記
ブログURLhttps://kinohanaku.exblog.jp/
サイト紹介文三茶で開業した女医奮闘記
自由文2007年に三軒茶屋で内科のクリニックを開業しました。小さな芽がやがて大きな樹になり、花をさかせますように!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/07/22 01:25

kinohana さんのブログ記事

  • 改正健康増進法と東京都受動喫煙防止条例
  • 世界タバコ枠組み条約を2004年に批准した日本です。この条約では、屋内完全禁煙することで受動喫煙防止となるとあります。改正健康増進法は、分煙レベルとなりました。東京都の方は、大学を除く教育機関を敷地内禁煙となり更に屋外喫煙所設置不可となりました。加熱式タバコは、対象外となりました。先進的な禁煙活動しているイギリスなどとは100年近くの遅れがあります。力を持っている国会議員の喫煙率の問題、JTが財務省管轄で [続きを読む]
  • わかります!
  • 仕事上の打ち合わせをする事が多い。色々なタイプの方がいて愉しみの時間でもある。喋るスピード、相手の呼吸を読み取る、そこはかとなく漂うひとがら。私にゆっくり話す人が好き。言葉の重さが伝わってくるから。そしてタバコ臭がしない事。わかるんだなぁ。タバコアレルギーにとっては、一発診断。微かな息苦しさ、こめかみのひりついた痛み。これが出た時は、契約しないのですわ。 [続きを読む]
  • 設定はいつも大変
  • 新しいPCにすると、前の設定方法など忘れているで一人で悪戦苦闘する羽目になるのです。オフィスもインストール済のを買ったから大丈夫なんて思っていると大間違い。当たり前だけど。そうか!ネット環境にせにゃいかんのだよね、登録するのですからと、ガサゴソとルーターを探し出してまたまた苦戦して何とか登録。その後インターネットエッジというエクスプローラーの後任らしいものに、お気に入りの登録方法を調べたりで。アメブ [続きを読む]
  • 密やかな愉しみ
  • 3回目のジェルネイルまさか、自分がやるとは思わなかったが80代の女性のシャネルの赤!の爪をみて決定。流石に赤にはできないけれど、今日は桜色、ほほほ・・・指先を眺めていると何だか「手入れの行き届いた人」のように思えて嬉しい。そういえば、亡き母はいつも綺麗にマニュキアをしていたっけ。ジェルネイル母にもしてあげたかった。 [続きを読む]
  • NPO法人しっぽのなかま
  • 月1回、兵庫島の河川敷で開催される「いぬ、ねこ里親会」に行きました。スタッフさんたちは笠間からはるばる車で来ているのです。ペットショップで買うまえに、里親という方法もあります。太陽を浴びて、どのねこもウトウトしていました。足の悪い子、片目の子もいました。犬も多数参加していました。ずっとサポートしていくつもりです。 [続きを読む]
  • 頚椎ヘルニア日記
  • 内服についてプレドニン、リリカ、ロキソニンでは厳しい痛みであった。トラムセットでまぁまぁ、となっている。貼るカイロをあちこちに貼ってみる。なんといっても、寝ているのが一番楽な状態である。頭とくちは普通に稼働するので本当にまいる。朝起きて薬が効いてくるまでが、辛いんだなぁ。ヘルニアの方々、本当に辛いですね。痛みと痺れ、そして握力低下。ふと、元どおりになるの?と思います。あと数週たたないと、分からない [続きを読む]
  • 胸郭出口症候群 痛すぎる
  • 22日水曜日ほぼ一日PCに向かっていた。10数年分の、不良姿勢がたたりとうとう左肩甲骨周囲の鉛をグワァンと打ち込まれるような痛み発症。湿布、ロキソニンのんでもダメダメ。月曜日午後二時間ほど休診にしてH先生に診察してもらった。胸郭出口症候群の病名を頂く。健診では、今まで単純デブ以外なーんにもなかったあたし。不自然に左を向いていたツケがとうとうきた訳です。あとは、運動不足。身体中カチカチ。29日本日朝、激痛でH [続きを読む]
  • パメラ16歳
  • 11月17日 午前0時28分16歳の猫のパメラが、旅立っていきました。肺がん、腺癌でした。14日帰宅すると両足が麻痺していました。一体何がおきたの?かかりつけの獣医さんに電話をして深沢にある救急病院を紹介してもらい、22時半頃に到着。大腿動脈に塞栓所見があり。さらに左肺に腫瘍があり、胸水も。後日胸水からは、腺癌だと分かった。15日朝7時に救急病院に行き退院。その足で近所のかかりつけの獣医さんへまた入院。16日カリウ [続きを読む]
  • 足型、オアシスでとる
  • 今日は、足のクリニック表参道に足型を取りに受診した。オアシスみたいな所に、片足ずつずぶずぶと押し入れた。インソールの保険適応の足と診断されたから。ヒールの靴はまず履けず、となるとスニーカー、となるとスーツを着なくなる、となると次第にどーでもよい格好になっていく、となるとデブでもいいかっ!イメルダと家人に言われていたことも、ある。うーーーん、またヒールはきたいもんね。で、ちょっとずつ努力し始めた10 [続きを読む]
  • 傘立て
  • お知らせ傘立てに、折りたたみ用の傘立てをつけました。折りたたみ傘の方、長らく御不自由かけました。商店街の「むねちか」さんに取り付けて貰いました。街の便利屋さんの「むねちか」さん。頼りになります! [続きを読む]
  • おはよう
  • 福助と散歩に行き、途中でお花たちと嬉しい出会いがありました。帰宅して、お仏壇のお掃除をして御線香を。母が亡くなり9ヶ月。時間が経てば喪失感は薄れると言いますが、時間薬というのでしょうか。私には、まだその妙薬の効力は現れないようです。 [続きを読む]
  • 月夜
  • 金曜日は、満月でした。研修医の時一番仲の良かったY先生のお通夜そして母の告別式の夜は神々しい光に闇が輝いていた。Y先生の墓参りは、未だ行けない。棺の中の顔は、この世にまだ心残りのようにみえた。母の死化粧は私がしたのだが、緑内障の点眼薬のお陰でお人形さんのような睫毛であった。母は、いつもきちんとお化粧をしている人だったから腕をふるって綺麗にしたのです。満月の夜 青白い光が部屋に忍び込むY先生そしてお母 [続きを読む]
  • 近況・・・
  • スマホを使うようになって、すっかりPCを開かなくなってしまった。学生さんたちは、PC使えない人も多いとか。時代はうんと様変わりしている。大学卒業当時は、ポケベルそのご大きな二つ折り携帯その後ガラケー、スマホとなった。長い文章は、やっぱりPCでとなるので今日は久しぶりに自宅でPCを使っている。・・・・・・・・・・・1月12日に母が旅立って、新盆も終わった。母は長らく会えなかった両親や兄たちと日々和やかに暮らし [続きを読む]
  • 月のはなかふぇ 来月で2周年!
  • 6月の月のはなかふぇ、が終わりクリニックでHP上にアップする原稿を書いていた。2年前の春に太子堂あんしんすこやかセンターさんに今年は一緒に何かやりましょうとメールを送ったことから始まったかふぇ。来月で2年になるのねぇ・・・と診察室に一人でいると何だかしんみりする。毎回、終わったあとは清々しい気分になり達成感を感じる。今日も楽しかったぁ。プロカメラマンに「いいですねぇ」なんて声をかけられながら撮影して [続きを読む]
  • 原稿の日 その2
  • 1日缶詰で、とうとう5月分まで完了。はなかふぇの開催記録です・・・「月のはなかふぇ」もスタートして2年か。手探りでやってきたのでいろいろ至らぬこともあったのですみません。財政は大変苦しいけれど、会場は貸して頂いているので本当に感謝、感謝。今後の展開は、ワンコイン食堂、お泊り施設、ふらっと寄れる家宝くじあたれ。あぁぁぁ、いい一日だったな。ずっとつっかえていたことがとれた。明日やれることは今日するな、 [続きを読む]
  • 原稿の日
  • 何か月に1回の何にもない水曜日、だった・・・ね。(もう、ほぼ終わっちゃった)朝のスタート不良で、ノースフェイスのザックをスマホでみたり、本をのぞきにいったりあっという間に昼になり。原稿だよ、原稿と気合を入れて二つ終わり。気が付いたら5時も過ぎていた。家のPCと久しぶりに対面している。スマホで色々事足りてPCを開けなくなった。部屋の片隅に置いていある(ずっとみないようにしていた袋)をしぶしぶあけ、やり残 [続きを読む]
  • 祈ること
  • 1月12日に母が亡くなってから、仕事の時間と一人の時間が分断されている。笑顔の遺影に毎朝挨拶をして家をでる。毎朝、毎晩車中で電話でおしゃべりをしていた母娘。怒った顔はみたことがないし、怒っていても何だか優しげだった。最期の言葉「ありがたい」を何度も思い出す。背中が痛いと言っていたがまさかこんな悪い状態になっていると想像もしていなかった。我慢強い人だったから、言っている以上に辛かったに違いない。悔やま [続きを読む]
  • やれやれ、原稿そして散歩だよ
  • もうとっくに完成しているはずの依頼原稿を、今しがたようやくえい!とメールで送った。だからさぁ、日曜日は早起きしてささっと・・・といっつも思うだけで。9時少し前の佐野 洋子さんのテレビをぼわ〜んとした頭で見てのろのろ朝食をとり、福助の散歩に昼頃いって。あれま、今日は本願寺さんにいくのだ!とあたふた電車にのり。法名をお願いして、帰宅。帰ったら誰もいなくて、福助がのそのそでてきて「おかえり〜」20時の過 [続きを読む]
  • あれから10年
  • 平成19年2月5日 開業しました。あっというまの10年。色々あったなぁ。有難い気持ちでいっぱいです。そして、今日はもう一つの記念日となりました。母の遺骨は、菩提寺とは別にしました。苦労の連続だった母の結婚生活。父とは無縁にしてあげたかった。母の希望でもありました。納骨堂におさめる事にきめました。私達もいずれ一緒にはいることにしました。10周年、母も一緒にお祝いをしてもらいたかったな。私も母のように「あり [続きを読む]
  • 2月
  • カレンダーを2月に変えたくない。1月12日に母親が亡くなった。カレンダーを変えてしまうと、その日が遠くなっていくようで変えたくない。入院して3週間、なすすべもなく痛みを和らげてもらうのが精一杯だった。悪性リンパ腫。意識が朦朧としたなかで「おばあちゃん、とてもいい治療したからね」と声をかけると「ありがたい」と言ってくれた。それが最期の言葉となった。一人になると、身体の芯まで淋しくなっていく。 [続きを読む]
  • 風景
  • 外来が終わり明日の往診の点検をし大田病院に向かう。母はまだ原因不明の痛みと熱が時折あって「何だか歩けなくなったわ」と心細い声になる。いつのまにか耳も遠くなって髪も薄くなった母を前にして、同じくらいの年の親を持つ家族の気持ちが分かるようになった。何だか悲しいな。病院の駐車場にでてみると大粒の雨が地面を濡らしていた。 [続きを読む]