資格の紅白 さん プロフィール

  •  
資格の紅白さん: 紅白宅建 独学・資格バツイチ応援!
ハンドル名資格の紅白 さん
ブログタイトル紅白宅建 独学・資格バツイチ応援!
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/free112235-takken/
サイト紹介文過去問解説やテキストを中心に、最近新たなコンテンツとして動画を始めました。現役講師が書く必勝ブログ!
自由文FP・管理業務主任者の対策もやっています。検索[紅白FP][紅白管業]
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2012/07/23 09:06

資格の紅白 さんのブログ記事

  • サイトマップ
  • 資格の紅白は資格バツイチの再チャレンジを応援!今年確実に合格したいならこちら!平成28年宅建試験 総評マスクド宅建 & 資格の紅白(講師 田中幸史郎)が平成28年試験を徹底解剖。平成29年受験者必見です!【資格の紅白&マスクド宅建】平成28年宅建本試験総評 from ... [続きを読む]
  • 資格の紅白 開講講座
  • 資格の紅白 通信講座通信独学講座 オリジナル動画(動画閲覧サイトvimeoにて閲覧可能)、オリジナルテキスト、問題集+記憶定着課題、年度別過去問9回分+解説を送付します。メール等により無料相談は自由にできます。ああ通信フォロー講座通信独学講座の内容にスカイプ等による講師のフォローが入ります。スカイプの時間は1回30分で各科目に目安の回数が設定されていますが、あなたの理解度により使う内容を決められます。 [続きを読む]
  • 年度別過去問 平成28年
  • 権利関係平成28年問01 権利関係 条文規定平成28年問02 権利関係 制限行為能力者平成28年問03 権利関係 意思表示平成28年問04 権利関係 抵当権平成28年問05 権利関係 債権譲渡平成28年問06 権利関係 担保責任平成28年問07 権利関係 賃貸借・使用者責任平成28年問08 権利関係 転貸借平成28年問09 権利関係 判決文 信義則平成28年問10 権利関係 相続平成28年問11 権利関係 借地借家法 借地平成28年問12 権利関係 借地借家法 借家平成2 [続きを読む]
  • お問い合わせ
  • 権利関係平成28年問01 権利関係 条文規定平成28年問02 権利関係 制限行為能力者平成28年問03 権利関係 意思表示平成28年問04 権利関係 抵当権平成28年問05 権利関係 債権譲渡平成28年問06 権利関係 担保責任平成28年問07 権利関係 賃貸借・使用者責任平成28年問08 権利関係 転貸借平成28年問09 権利関係 判決文 信義則平成28年問10 権利関係 相続平成28年問11 権利関係 借地借家法 借地平成28年問12 権利関係 借地借家法 借家平成2 [続きを読む]
  • 平成28年問50 免除科目 建物
  • A【問50】建物に関する知識【問50】建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。 1 鉄骨造は、自重が大きく、靱性が小さいことから、大空間の建築や高層建築にはあまり使用されない。2 鉄筋コンクリート造においては、骨組の形式はラーメン式の構造が一般に用いられる。3 鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋コンクリート造にさらに強度と靱性を高めた構造である。4 ブロック造を耐震的な構造にするため [続きを読む]
  • 平成28年問49 免除科目 土地
  • B【問49】 土地に関する知識【問49】土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。 1 豪雨による深層崩壊は、山体岩盤の深い所に亀裂が生じ、巨大な岩塊が滑落し、山間の集落などに甚大な被害を及ぼす。2 花崗岩が風化してできた、まさ土地帯においては、近年発生した土石流災害によりその危険性が再認識された。3 山麓や火山麓の地形の中で、土石流や土砂崩壊による堆積でできた地形は危険性が低く、住宅地と [続きを読む]
  • 平成28年問48 免除科目 統計
  • A【問48】統計【問48】次の記述のうち、正しいものはどれか。 1 平成28年地価公示(平成28年3月公表)によれば、平成27年1月以降の1年間の地価は、全国平均では、住宅地はわずかに下落しているものの下落幅は縮小しており、全用途平均では昨年までの下落から上昇に転じた。2 平成28年版土地白書(平成28年5月公表)によれば、平成26年の住宅地、工業用地等の宅地は、全国で約193万ヘクタールあり、近年、減少傾向にある。3 建 [続きを読む]
  • 平成28年問47 免除科目 景品表示法
  • A【問47】景品表示法【問47】宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。)の規定によれば、正しいものはどれか。 1 インターネット上に掲載した賃貸物件の広告について、掲載直前に契約済みとなったとしても、消費者からの問合せに対し既に契約済みであり取引できない旨を説明すれば、その時点で消費者の誤認は払拭されるため、不当表示に問 [続きを読む]
  • 平成28年問46 免除科目 住宅金融支援機構
  • B【問46】)住宅金融支援機構【問46】独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1 機構は、子どもを育成する家庭又は高齢者の家庭に適した良好な居住性能及び居住環境を有する賃貸住宅の建設又は改良に必要な資金の貸付けを業務として行っている。2 機構は、証券化支援事業(買取型)において、債務者又は債務者の親族が居住する住宅のみならず、賃 [続きを読む]
  • 平成28年問45 宅建業法 住宅瑕疵担保履行法
  • A【問45】住宅瑕疵担保履行法【問45】宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBに新築住宅を販売する場合における次の記述のうち、特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律の規定によれば、正しいものはどれか。 1 Aは、住宅販売瑕疵担保保証金を供託する場合、当該住宅の床面積が100?以下であるときは、新築住宅の合計戸数の算定に当たって、2戸をもって1戸と数えることになる。2 Aは、当該 [続きを読む]
  • 平成28年問43 宅建業法 8種制限 手付金等
  • A【問43】個数問題 手付金等の保全措置【問43】宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBと建築工事完了前のマンション(代金3,000万円)の売買契約を締結した場合、宅地建物取引業法第41条の規定に基づく手付金等の保全措置(以下この問において「保全措置」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。 ア Aが、Bから手付金600万円を受領する場合において、その手付金の保全措置を講じ [続きを読む]
  • 平成28年問42 宅建業法 37条書面
  • A【問42】37条書面【問42】宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、Aは宅地建物取引業者(消費税課税事業者)である。 1 Aは、宅地建物取引業者Bと宅地建物取引業者Cの間で締結される宅地の売買契約の媒介においては、37条書面に引渡しの時期を記載しなくてもよい。2 Aは、自ら売主 [続きを読む]
  • 年度別過去問 平成27年
  • 権利関係平成27年問02 権利関係 意思表示平成27年問03 権利関係 賃貸借 使用貸借平成27年問04 権利関係 時効平成27年問05 権利関係 占有平成27年問06 権利関係 抵当権平成27年問07 権利関係 抵当権平成27年問08 権利関係 債務不履行 同時履行の抗弁権平成27年問09 権利関係 判決文 賃貸借平成27年問10 権利関係 相続平成27年問11 権利関係 借地借家法 借家平成27年問12 権利関係 借地借家法 借家平成27年問13 権利関係 区分所有法 [続きを読む]
  • 平成27年問50 免除科目 建物
  • 【問50】建物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。1 木造は湿気に強い構造であり、地盤面からの基礎の立上がりをとる必要はない。2 基礎の種類には、直接基礎、杭基礎等がある。3 杭基礎には、木杭、既製コンクリート杭、鋼杭等がある。4 建物は、上部構造と基礎構造からなり、基礎構造は上部構造を支持する役目を負うものである。続きを読む [続きを読む]
  • 平成27年問49 免除科目 土地
  • 【問49】土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。1 我が国の低地は、ここ数千年の間に形成され、湿地や旧河道であった若い軟弱な地盤の地域がほとんどである。2 臨海部の低地は、洪水、高潮、地震による津波などの災害が多く、住宅地として利用するには、十分な防災対策と注意が必要である。3 台地上の池沼を埋め立てた地盤は、液状化に対して安全である。4 都市周辺の丘陵や山麓に広がった住宅地は、土砂災害 [続きを読む]
  • 平成27年問48 免除科目 統計
  • 【問48】次の記述のうち、正しいものはどれか。1 国土交通省が毎月公表する不動産価格指数(住宅)のうち、全国のマンション指数は、リーマンショックが発生した年である2008年以降2015年3月まで一貫して下落基調となっている。2 建築着工統計(平成27年1月公表)によれば、平成26年の新設住宅着工戸数は、消費税率引上げ前の駆け込み需要の影響が大きかった平成25年と比較すると減少したが、平成24年の新設住宅着工戸数を上回っ [続きを読む]
  • 平成27年問47 免除科目 景表法
  • 【問47】宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。)の規定によれば、正しいものはどれか。1 新築分譲マンションを数期に分けて販売する場合に、第1期の販売分に売れ残りがあるにもかかわらず、第2期販売の広告に「第1期完売御礼!いよいよ第2期販売開始!」と表示しても、結果として第2期販売期間中に第1期の売れ残り分を売り切っていれば、 [続きを読む]
  • 平成27年問46 免除科目 住宅金融支援機構
  • 【問46】独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。1 機構は、高齢者が自ら居住する住宅に対して行うバリアフリーエ事又は耐震改修工事に係る貸付けについて、貸付金の償還を高齢者の死亡時に一括して行うという制度を設けている。2 証券化支援事業(買取型)において、機構による譲受けの対象となる貸付債権は、償還方法が毎月払いの元利均等の方法 [続きを読む]
  • 平成27年問45 宅建業法 瑕疵担保履行法
  • 【問45】特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律に基づく住宅販売瑕疵担保保証金の供託又は住宅販売瑕疵担保責任保険契約の締結に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 宅地建物取引業者は、自ら売主として宅地建物取引業者である買主との間で新築住宅の売買契約を締結し、その住宅を引き渡す場合、住宅販売瑕疵担保保証金の供託又は住宅販売瑕疵担保責任保険契約の締結を行う義務を負う。2 自ら売主として新築 [続きを読む]
  • 平成27年問44 宅建業法 案内所
  • 【問44】宅地建物取引業者A(甲県知事免許)が乙県内に所在するマンション(100戸)を分譲する場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この間において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。1 Aが宅地建物取引業者Bに販売の代理を依頼し、Bが乙県内に案内所を設置する場合、Aは、その案内所に、法第50条第1項の規定に基づく標識を掲げなければならない。2 Aが案内所を設置して分譲を行う場合において、 [続きを読む]
  • 平成27年問43 宅建業法 監督処分
  • 【問43】宅地建物取引業法の規定に基づく監督処分等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。1 宅地建物取引業者A(甲県知事免許)は、自ら売主となる乙県内に所在する中古住宅の売買の業務に関し、当該売買の契約においてその目的物の瑕疵を担保すべき責任を負わない旨の特約を付した。この場合、Aは、乙県知事から指示処分を受けることがある。2 甲県に本店、乙県に支店を設置する宅地建物取引業者B(国土交通大臣免許 [続きを読む]
  • 平成27年問42 宅建業法 営業保証金 保証協会
  • 【問42】営業保証金を供託している宅地建物取引業者Aと宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。)の社員である宅地建物取引業者Bに関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。1 新たに事務所を設置する場合、Aは、主たる事務所の最寄りの供託所に供託すべき営業保証金に、Bは、保証協会に納付すべき弁済業務保証金分担金に、それぞれ金銭又は有価証券をもって充てるこ [続きを読む]