ドングリクンパパ さん プロフィール

  •  
ドングリクンパパさん: ドングリクンパパのブログ
ハンドル名ドングリクンパパ さん
ブログタイトルドングリクンパパのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/dongurikunpapa/
サイト紹介文パパブログです。最近少年サッカーにハマっています!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/07/24 09:59

ドングリクンパパ さんのブログ記事

  • 親子1対1
  • 「ヤバい、そろそろ勝てねえかも、、、」初めてそう思ったのはボウズが4年生の時だった。 1年生の頃からず〜っとやり続けてきた親子での1対1。最初の危機はダブルタッチで乗り切った。実は意外に自分が基本中の基本であるダブルタッチをまともに使えてないことに気が付いてな。出来るつもりでいたが流れの中で上手く使えてなかったんだ。練習すると左のダブルタッチのキレが出て、右のアウトが利いてきたんだな。 5年生にな [続きを読む]
  • 今時珍しいぞ?
  • ほおお、今時珍しいねえ。こういう男になってほしいもんだ。 パパはまだまだサッカーの事を良く知らないからな。ワールドカップで初めて知ったんだよ。2014年にレアルがハリーケイン獲得に動いた際、彼は言ったそうだな。「10年後も今のこのチームでプレイ出来ているとすればとてもハッピーだ」と。 子供の時からトッテナムのファンだった。念願かなってトッテナムの選手になった。そして今は出来る限り長い間トッテナムの [続きを読む]
  • ボウズ、顧問に談判す
  • 恐ろしいことに6月の丸1カ月、試合どころか練習すらほとんどなかったボウズ達部活1年生、月末に期末テストが終わり、ようやく練習再開である。 試験最終日の午後、本当に久しぶりにチームでボールを蹴れる、やったぞ〜、、、と思いきや!なんといきなり校外ランニングコース10周させられて終わりだったそうで。校舎の周りと言ってもね、田舎の学校は校庭がど〜んと二つもあってめっちゃ広いから相当な距離になるらしいんだ。 [続きを読む]
  • 均質化の波
  • 素晴らしい試合だったね。世界の16強に相応しい、見事な熱戦だった。 イタリアやオランダが出場を逃し、ドイツが予選敗退、その大会の16強に何故か日本がいる、、、大会前世界中の誰一人たりとも予測できなかったことなんじゃね?と思うんだが、ベルギーとのあの戦いを見たら誰しもが、日本は残るべくして残ったのだと納得するだろう。 パパも予選全敗は間違いないと思っていたよ。ただ、ワールドカップ直前の記事で日本のチ [続きを読む]
  • ワールドカップを見ないサッカー小僧
  • いや〜、アルゼンチンには感動したね〜、絶対ムリだと思ってたよ。スタンドのマラドーナのはじけっぷりが笑えたね。南米予選から相当苦しんでたしね〜、2点目を決めた時のあの選手たちの雰囲気はそのシーン見るだけで泣けてくる。よくぞ生き残ってくれた。フランスは優勝候補の一角だし今回のアルゼンチンにはかなり厳しい相手だけどこの勢いに乗っていい勝負を見せてほしい。 それと?ウルグアイvsポルトガルか〜、さすがにト [続きを読む]
  • キリン育成プロジェクト?
  • いやはや、世の中って複雑怪奇ですなあ。もう田嶋会長笑いが止まんないっしょ? 忖度だ、年功序列だと叫んでいた人たちも「西野さんごめんなさああい、もういくらでも謝りますう〜」のムード。なにしろセネガル戦は強敵に引き分けただけでなく、世界各国からグループリーグで最も素晴らしい試合のひとつだ!と大絶賛の嵐だ。 もはや田嶋会長の英断が日本を救った?みたいなことになっちまった。まさしく勝てば官軍、ですねえ。日 [続きを読む]
  • 情熱
  • 前回ボウズ達の試合数が極端に少ないという話を書いた。 がしかし!!ここ2〜3週間はそれどころではなかった。なんと練習さえほとんどなかったのである。およそ2週間半でたった3日だけ、そのうち2日は雨で筋トレ1時間のみ。まともな練習はたった1日しかなかったのである。 3年生の最後の大会があり、3年生を最優先にするため1年生は毎日オフ。昨日本当に久しぶりに練習があったのだが、なんと明日から月末までまた試験 [続きを読む]
  • 試合経験不足を補うストリート
  • いやはや驚きである。なるほどこれが部活とクラブチームの差なんだな。 ボウズの中学部活サッカーが始まり2カ月が過ぎたのだが、恐ろしいことにいまだボウズ達のやった試合はなんとたったの1試合である。普段の練習の紅白戦すらないのでとにかくサッカーの試合というものをほとんどやっていないことになる。サッカー部なのにサッカーをやらないのである。さすがにいくらなんでもこれは厳しい。厳しすぎるぞ。 試合がないとは聞 [続きを読む]
  • バロンドーラーの条件
  • ★ポジティブ?ジャパン バロンドーラー考察の前に日本代表。 もうさんざん文句は言ったからね。このくらいにしてたまにはポジティブなことも少し書いておくかなと。せっかくの祭典にいつまでもネガティブモードだと自分がつまんないもんな。まあ、か〜なり残念な形のサッカー日本代表だけど、物事はなんでもそうだけど何もかもがダメなわけじゃないさ、もちろんね。 記事を読んでいて西野監督に代わって最も良くなったと思われる [続きを読む]
  • 落選メンバーで選ぶ!サッカー日本(裏)代表
  • お遊びですよ。俺そこまでサッカー詳しいわけじゃないし。でもやってみたら面白いんだよ。だって素人ながらちょっとワクワクするぞ〜、コレ。      中島翔也  小林悠  堂安律    森岡亮太   中村憲剛  久保裕也 車屋紳太郎  森重真人  岩波拓也  小池龍太 433だけど大して意味はないからね。メジャーだからそうしただけ。でもこれ、攻撃陣ワクワク感半端ねえぞ?中島、堂安、森岡、久保、この4人 [続きを読む]
  • ブーイングサッカー
  • 試合後ブーイングが起きたらしいね。 ワールドカップ本番直前、地元日本での代表の試合、本来頑張ってこいよ〜!!的なムードになるところだよね。海外のサポーターに比べればとても大人しく、礼儀正しく、人のゴミまで拾って持って帰って海外のメディアから度々驚かれる優しすぎるサポーターもさすがに我慢の限界だね。 平均年齢29.1歳。出場国最高齢だって。ハリルの頃が27歳、ドイツ代表が25〜6歳らしいね。でも世界 [続きを読む]
  • 中学初球拾い&初試合
  • クラブチーム所属の子からしたら信じられないかもしれない。恐らく春休みからすでにガンガン毎週末試合している子がほとんどだろう。ボウズ達は先週末がなんと初試合であった。 ジュニアの時に最後に試合したのは確か2月末だったろうか?引越の関連もあって3月は確か試合に行ってないのでおよそ3カ月ぶりである。しかも!なんと普段の練習においても紅白戦を一切やったことがないという。1年生はミニゲームしかやらないのであ [続きを読む]
  • 部活が結構キツイらしいのだ
  • めっちゃ疲れた〜、、、部活から帰るとボウズが言った。 部活が本格的に始まって間もなくのことである。ほお、珍しいな、と思った。小学生まで普段の練習で疲れたと言ったことは恐らく一度もなかった。もちろん早朝でかけて1日中試合、みたいな日に疲れた様子を見せていたことはあるが。 へ〜、何がそんなに疲れた?いや、特に珍しいことはやってないんだけど、結構キツかった。部活も真面目にやると結構きついよ。 少し嬉しそう [続きを読む]
  • 練習オフの価値・自主練の意義(3)
  • 例えば50m6秒を切り、もともと運動神経が良く、更に身長180cmあったら?その子は普通にやってても名の知れた強豪高校レベルのレギュラーになれてしまう可能性が高いだろうね。仮に彼をA君としよう。一方B君はサッカーが心から好きで大変な努力もしているが、足が遅く、機敏さもなく、更にとても小柄だ。 B君は自分の弱みを熟知し、それでも上を目指すため考えに考え、自分なりの武器を作ろうと空き時間を見つけては自 [続きを読む]
  • 練習オフの価値・自主練の意義(2)
  • (前回からの続き) ふとN達ボウズの元チームメイトらがどうしてるかと思いネットを覗いてみると丁度GWに行われたU13の小さな大会の結果が載っていた。5チーム総当たり、元所属チーム以外はすべてJのチームだ。結果は3勝1分けの準優勝、そっか、、、 ジュニアからジュニアユースに上がれたのが半分弱、外からもめっちゃツワモノ加入してんだろうな。サンフレッチェに5−0で勝つって、、、すげえレベルでやってんだな、、 [続きを読む]
  • 練習オフの価値・自主練の意義(1)
  • いや〜さすがに驚いたね。中学部活、ゴールデンウイーク全部お休み! 1年生は練習も試合も1日もあ〜りません。100%オフ。今までいろんなブログ読んできてさ、クラブチームに入った子のゴールデンウイークのスケジュールがどんなもんかはなんとなく分かるわけですよ、みんなほっとんど休みなく毎日毎日試合しまくりっしょ? 部活だからもちろん学校始まる前の春休みも100%オフ、その後学校始まって1週間以上経てようや [続きを読む]
  • ハリルホジッチ会見
  • ボウズには会見の全文を読むように勧めた。https://www.footballista.jp/special/45066 記事には記者の思惟がどうしても入る。言葉の切り取り方次第でまったく別の意味に変わってしまったりね。今回の問題は世の中を知る上でとても勉強になる非常に良い機会だと感じていたので、誰かのフィルターを通したぶつ切りの情報ではなく、会見全文をしっかり読むように勧めたのだ。 ボウズの感想は「感動」であった。感動というのは語彙が [続きを読む]
  • 朝練中学編!!
  • 中学入学式当日、何やらボウズが緊張していた。 まあそりゃそうだ、東京から引っ越してきて誰も知らない土地で初めての中学だもんな、他のみんなは近所の2〜3校の小学校から上がってくるわけだし、スーパーアウェイだもんな、うんうん緊張して当然、、、と思いきや違った。 ボウズが緊張しているのは靴のせい。は?靴?はい、もう意味分かりません。パパ、中学校は白い靴限定だなんて知らなかったんだよな。で、前日気が付いた [続きを読む]
  • 中学サッカー部活体験2日目!
  • なんつ〜か、、、あの、ごめんなさいねえ(笑)。とりあえず謝っておこうかと。 もうとにかく超絶高い壁がそびえて、親子で武者ぶるいしてしていたわけだ。部活って、ほんとおっそろしい環境なんだなって。でも絶対やってやるぜ、と。ところが2日目の体験にボウズが行ったら、外部指導者さんというのがいらしてくれたそうで、、、それを聞いて思い出した、、、 そう、実は今回のここの賃貸物件を見た際、まず学校にいくつか問い [続きを読む]
  • 絶句、、、ボウズの初部活体験
  • ボウズの中学で部活体験が始まった。帰宅するなり言った。超つまんなかった〜、、、 驚いたね。基本、ボウズってつまんないって言葉を発することが非常に稀なんだよな。何やっても「面白かった〜」と言うのがボウズの良いところなのだ。ましてサッカーの練習に関して「つまらなかった」と聞いたのは間違いなく初めてだった。 「なにがそんなにつまんなかったの?」「いや、だって練習がパス練だけだよ?1時間ず〜っと。しかもお [続きを読む]
  • 必殺ゴミトレ・ゴミドリブル!
  • 通りすがり、ボウズの行く中学校のサッカー部が練習をしていたので見てみた。とても驚いた。想像をかなり超えていた。 近所なので自転車で買い出しの折に2度見る機会があった。1度目は顧問がいない日。超絶、超絶、、、緩かった。少年団でも見ないレベルであった。紅白戦は歩いてプレーしていた。2度目は新2年生と新3年生が紅白戦をやってるらしかった。緩くはなかったがコーチが怒鳴り散らしてて最悪ムードだった。 しかも [続きを読む]
  • 新しい日々
  • ボウズが「じゃあな」と言うとSも「じゃあな」と言った。 ボウズは車を降りた。自分達ですべて運んだ引越の最後の便。ずっと手伝ってくれて最後に引っ越し先まで付いてきてくれたSは東京に戻り、ボウズは残る。ボウズの東京での生活がこれで終わるのだ。 ボウズがもう一度車の外から「じゃあね」と言うとSも「じゃあね」と言った。次の瞬間ボウズはもう一度車に乗り込み、じゃあねと言い合いながら二人は手のひらをタッチさせ [続きを読む]
  • 最弱世代の未来
  • ボウズのチームはもしかすると史上最弱世代なのではないか、、、というくらい結果を残せなかった。 小さなミニ大会を含め、一度もタイトルを取れていなかった。公式戦以外はカップ戦などでも基本均等に出してくれるので、ボウズが出て足を引っ張っているのかも、、、(汗)。ともかく最後になった市の大会、コーチから「最後にタイトルを取ろう!」とはっぱをかけられて子供たちは燃えていたそうだ。正直それまで戦ってきた相手と [続きを読む]
  • さあ、始まるぜ
  • 「今日体育でバトミントンやったよ。俺やっぱ天才だわ」「は?何言っちゃってんの?」「ははは、まあほんとは単にやったことがあるってだけだけど」「案外やったことがない子多いだろ?一度もやったことがない子と、多少やったことある子だとだいぶ差があるからなあ」「でもみんな俺がやったことあるって知らないから、やっぱあいつは何やってもできるって思われてる」「あはは。詐欺じゃん」「だね〜」「でも実際初めてやるのに [続きを読む]
  • 自信を失ったボウズに
  • 「もうジュニアユース行ったらな、練習量も違う、みんなのやる気も小学生時代とは全然違う、今のお前程度のドリブルなんてあっという間に追い越されるぜ。特にお前みたいにドリブルで勝負って考えている奴はいわゆるドリブル系チームに行ったりする子も多い。もうそういうチームの奴らのボール扱いの上手さは半端ねえよ。U13でも全員お前と同じかそれ以上。この間見てたU15の子なんてマジで超絶上手かったよ」 「うん」「しか [続きを読む]