やまさん さん プロフィール

  •  
やまさんさん: ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)
ハンドル名やまさん さん
ブログタイトルホークス-アビスパ.com(応援ブログ)
ブログURLhttp://www.hawks-avispa.com/
サイト紹介文ホークスとアビスパの情報と試合レビュー、ファン投票、記録、戦力分析、応援歌、観客数などの資料を掲載
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供484回 / 365日(平均9.3回/週) - 参加 2012/07/25 13:56

やまさん さんのブログ記事

  • 西武戦3-5 攝津にはハラハラさせられるも最後は泣けた
  • スタジアム全体が、攝津の勝利を願い応援していました!満塁のピンチで自然発生した あの大きな拍手。ヒーローインタビューで涙し、「筑後で頑張れ」という声援に感謝したというセリフには、こちらも感動モノです。自分自身へのふがいなさに、苦しかったかった時期が長かっただろうと思いはかります。ただ、久しぶりの1軍ということで、力んではいました。絶対に打たれまいとして、コースを狙いすぎて、少しずつボールになっていた [続きを読む]
  • いま思い起こす、15日に登板した千賀のこと
  • 最後に千賀が投げた15日の楽天戦。7回被安打6失点1で勝ち投手となり素晴らしい結果だったのですが、ストレートの急速が、142kmなんて時があって、えらく省エネ投球だなと思ってました。といっても、ピンチの場面で中軸を迎えると、ドンと150kmオーバーの超速球を投げることもあって、今思えば、意図的に抑えて投げていたことが理解できます。そして、右前腕部の張りで離脱。倉野コーチから、長期離脱の可能性を公表。。15日の段階 [続きを読む]
  • 6回被安打2 和田に期待をかける
  • 19日のファームの試合この投手結果に、今シーズンを占うような要素が詰まっていると思う。和田とバンデンハークは入れ替えるべきです。無四球というのがいいじゃないですか。さすが和田です。和田を継いだのが、五十嵐と寺原。1軍の試合かいって。。若い投手がなかなか育ってこないので、ベテランに交互に出てもらうしかない。そして、明日の先発は攝津だ。真っ黒に日焼けした攝津がどこまで西武打線に通用するのか。攝津がこけた [続きを読む]
  • 松本戦0-1 固く試合を進めたが
  • しっかり守って、引き分けに持ち込んでもという戦い方だったと思うのですが、コーナーから一発きめられると、攻め手がなかったなぁとため息。ユインスのところはしっかり閉じられていて、ドゥドゥが左サイドで粘っても中央をフィジカルでこじ開けられる人材もなく。スピードで、かわしていきたかったけど、ワンツーのかみ合わせや、単純なパスミスの問題も多くて、なかなかうまくいきませんでした。後半は特に攻め手が無く厳しかっ [続きを読む]
  • ロッテ戦4-8 下位2球団に5敗した衝撃
  • 1番に川島、2番に中村、柳田・デスパイネときて、5番にグラシアル。可能性がある選手の順に打線を形作って、点を取っていこうという気概は感じた。武田翔太を登板させ、必勝を期したこの試合でまさかの大敗。各球団、今年のチーム力が形成されてきたこの時期に、5位6位のチームに、5敗した意味は大きい。武田は、いいカーブを見せていたのが、ストレートが全てベルトの上。インコースにコントロールしたボールも、ロッテの各打者は [続きを読む]
  • ロッテ戦1-8 ひどい敗戦
  • バンデンハークには、調整のためのファーム落ちを勧めたい。コントロールがあいまいなストレートが、ことごとく痛打されているように見えるが、キレがあったときは、これがファールになっていたんだと思う。いや、ナックルカーブを打たれて、タイムリーを食らってたから、今のバンデンハークは、全てが悪いのしょう。千賀を落として、余裕が全くないチーム状態ですが、このままズルズルと、バンデンハークを先発させて、チームの負 [続きを読む]
  • 楽天戦3-4 高田とモイネロ 痛恨のミス
  • ざっくり言うと、この試合もホークスの抑えの弱さが影響したということ。柳田の活躍で、終盤勝負の接戦に持ち込んだ試合。8回はモイネロで問題無いものと思っていたら、まさかの制球難。昨日の今日でこうも変わるか?ちょっと精神的なムラがあるんじゃないか思われます。こんなモイネロをフォローするため、森をイニングまたぎをさせたが、やっぱり難しかった。そして、高田のエラーマジで痛かった。あそこでセカンドを殺せていた [続きを読む]
  • モイネロが史上19人目の記録
  • モイネロのストレートが唸りを上げていた!3者連続3球三振とか、マンガの世界。チェンジアップがあるとバッターに意識付けさせといて、あの伸びのあるストレートは打てない。高めの球なのに、クルクル空振りしてしまう。彼もシーズン前半は調子が悪かったのにここまで上げてきたこともすごい。チームの調子とともに絶好調で、試合が締まりました。そして西武と、2.5差ですか。・ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホー [続きを読む]
  • 川島、福田、高田 サブメンバーの活躍をこれからも期待
  • 左投手対策として1番手に出場機会がある川島。スタメン全体の傾向として、左投手の技巧派に弱いスタメンですので、彼の存在はとても大きいものです。右に打つのか引っ張るのか、時々の判断もすばらしい。なにより、打った後のあのガッツポーズは、チームが盛り上がる。そして、昨日 一発を放った福田。彼は、他球団ならレギュラーだと思う。足も速いしパンチ力もある。もうちょっと確実性が欲しい所だが、力のある選手であることは [続きを読む]
  • 日ハム戦8-0 左を崩した川島の右打ち
  • 前の回、武田が見事な牽制で俊足ランナーを殺して気持ちが乗った次の回。刺激療法のために1番へ配置した松田が粘ってチャンスメーク。そして、加藤対策のために、2番に置いた川島が右打ちでつないでくれたことが大きかった。あとは、柳田と内川にまかせておけばよい。柳田の内野ゴロが、ビデオ判定でセーフになったのも、ある種の盛りあがりポイントに。そして、内川の満塁走者一掃の打撃は、彼らしい職人芸。ようやく爽快な試合展 [続きを読む]
  • ライジング 今日勝てばB1昇格
  • 今日14:05にTIP OFF予定の、福岡市民体育館で行われる、B2優勝決定プレーオフ準決勝第2戦に勝てば、B1昇格が決定!最短2年での昇格を果たせば、それはミラクル。こちらも応援しないといけません。試合は、25時からTNCで録画放送。DAZNでは、もちろん生配信です。・ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。・アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。・この記事を読んでい [続きを読む]
  • 千賀と石川が西武を狂わせたか
  • あれほどの快進撃を続けていた西武の勢いがパタッと止まっている。5/8 西0-5ソ5/9 西0-3ソ5/11西3-12ロ5/12西2-11ロホークス戦ではしっかり抑えられ、ロッテ戦では、先発が炎上。一時は、9番打者以外が3割超という恐ろしい状態でしたが、4番山川の調子が下降気味で、全体の調子も以前ほどではない。そして、多和田の連勝が止まり、エースの菊池も一時離脱。投打のかみ合いも悪くなっているようだ。ただ、中村剛也の復帰もまぢかと [続きを読む]
  • (無題)
  • 初回に、バンデンハークが3者凡退に抑えて、その裏に2発のホームラン。特に柳田の一発はすごかった。フルスイングで、レフトスタンドへ弾丸ライナー。この最高の立ち上がりと球場の雰囲気でも乗り切れないバンデンハークと下位打線には正直幻滅だ。満塁弾を打たれたバンデンハークのインコースのボール。うまく体の回転を使って打たれたと思うが、非力のバッターにあそこまで運ばれるとは・・バンデンハークの球威の低下は、シャレ [続きを読む]
  • 愛媛戦2-0 エウレー右に回ってカットイン
  • 今日は、ユインスが左に回って、右にエウレーを配置。エウレーの使いどころが増えて活用度が増しているのがまず良い。そして、そのエウレーが縦の動きを生み出して前線が活性化。中央へのカットインで、石津との細かいボール交換でチャンスを多く演出。見事に先制点にも絡めてくれました。2点を取ってからは、しっかり守る意識を共有。前半は、愛媛にシュートすら打たせず、試合全体としても、完勝だったと思います。デメロがすご [続きを読む]
  • 日ハム戦4-5 内川は変わった。松田は変わらない
  • 7回に4人をつぎ込んだ采配を批判する方も多いようだが、この恥も外聞もない起用手段こそ今シーズンのホークスの戦い方。7回をとにかく乗り切り、8回をモイネロ・9回を森で抑えている間に、1点取って勝ち越せればラッキーという戦略だった。しかしながら、10回の満塁機に外野フライも打てない松田には、がっくり。内川の影に隠れていたが、デスパイネと松田の低迷が、チームの足を引っ張っている。いつになったら2割そこそこの打率 [続きを読む]
  • 西武戦3-0 よく投げてくれた。千賀と石川
  • 西武にとってもまさかという思いでしょう。いつでも大量点が取れるような勢いで臨んだ2連戦を、まさかの2試合連続完封。それにしても千賀と石川はよく投げてくれたと思う。石川は西武に対して続けての登板だったので、カーブに慣れられるかという心配があったのですが、ストレートとのコンビネーションが抜群で、タイミングを見事に外していました。ハイライトは、石川が完全にばててしまっていた7回。栗山に強い当たりを打たれる [続きを読む]
  • 最高の右打者 内川聖一 2000本安打達成
  • 内川が、ついに2000本安打を達成。シーズン序盤、調子が悪い時に膝にデッドボールを当てられ、タメが作れてない打席が続いていたのですが、それが癒えると大きな当たりを連発。今はまた調子を落としてますが、やっぱり持ってる技術が違いすぎる。特に、詰まらせて内野手の上を超す打ち方をするのが天才的だと思います。4000打数以上の右打者の打撃ランキングはこう。 1ブーマー.317(4451打数1413安打)2落合博満.311(7627打数237 [続きを読む]
  • 西武戦5-0 ヘロヘロの千賀を酷使
  • 今日も千賀はよく投げてくれた。絶絶好調の西武打線を、フォークでキリキリにして0行進。そんな千賀に全幅の信頼をおいているのか、5回に先頭打者の松田が塁に出ても、高田・甲斐に強攻策。2回に、セットになったカスティーヨが少し苦労していたので、送るべきだと思ったんですが。結局7回までこのカスティーヨを打てないホークス打線。ひどすぎる。それでいて、千賀を替える勇気も無い。6回・7回の西武を抑えられたのは、相当ギリ [続きを読む]
  • 西武のシーズン958点ペースに対抗する緊急ローテ
  • 西武は、この30試合までで201得点をマーク。このままだと、1950年の松竹 シーズン908得点をも超えそうな勢い。まあそのうちの投手も調子も落ちてくるだろうし、大丈夫っしょするという余裕はどこからも聞かれなくなった。去年の楽天の強さとは違う爆発力がある。菊池を下に落としたみたいだが、余裕からなせる策。6.5ゲーム差ついたホークスには余裕がない。そのため、明日は中5日で石川を登板させることに。型にはまった起用では [続きを読む]
  • オリックス戦2-4 中田はいくら調子が良くても負けるピッチャー
  • フォークで何度も三振を取るなど調子は確かに良かった。だけど、ソロで4被弾。コントロールでなく、球威で勝負するピッチャーなので、こういうのは折り込み済みでなければならないのかもしれないが、これじゃあ勝てない。本人もチームも。中田にこれ以上のピッチングをしろといっても無理そう。もうちょっと打線がなんとかしないといけないと思うのですが、こちらも重傷なので。デスパイネの調子は上がってきたようだけど、今宮・ [続きを読む]
  • オリックス戦3-0 毎度の柳田のおかげ
  • この男本当にすごい。詰まったように見えるのに、左中間にぶち込むって、化け物だと思う。山岡の調子も良さそうなのに、柳田だけが打ち崩してくれた。本当に頼もしい。柳田不在だと負け試合になってた展開でしたでしょ。今日は、今宮とつながって2ランとなったが、前後がもうちょっと打ってくれないと、柳田との勝負を逃げられてしまう。この試合、もう一つ驚きだったのが、武田の好投。(失礼)低めにカーブが決まり、内野ゴロを量 [続きを読む]
  • オリックス戦4-5 サファテ不在
  • サファテがなくなり、森が覚醒したなどと巷で盛り上がってはいたものの、ついにサファテ不在の影響が勝敗に直結してしまった。森は、タフだとはいえ連投が過ぎているようだ。先週とは違い、今日の試合では西をとららえて、試合を優位に進めていただけに、この敗戦は痛すぎる。メモリアル安打が近づいている内川に、あまり言いたくないが、完全に4番がブレーキ。得点している3番と5番の間のエアポケットのようで、試合を決めきれる [続きを読む]
  • イチローに用意された妙な地位
  • まず言っておくべきことは、イチローの選手としての偉業は、とてつもないということ。通算4367安打。ため息すらでるほどの数字だ。ですが、この会長付けのアドバイザーってなんだ?イチローが所属することで、商業的なメリットがあるの仕方ないとしても、ユニフォームを着せて、グランドに出すことはどうかと思う。イチローによる現役への執着心と、球団が得る金銭的メリットが生み出しているウルトラCのこの制度に違和感がはんぱ [続きを読む]
  • ロッテ戦5-3 絶好調の柳田が試合を作る
  • 今の柳田は手がつけられない。いきなり、バックスクリーンにぶち込んで先制点。もう少し、1,2番打者が機能するとチームの得点力が上がるとつくづく思うんだが。今日のマリンスタジアムは、風がひどすぎた。デスパイネが打ち上げたショートフライは、ショートがセカンドに譲って、セカンドがファーストに譲って落球・・試合にならんって。石川は、調子良さそうだったんですけど、風の影響で投球ミスがあった。石川に、もっといい環 [続きを読む]