ちゃあちゃん さん プロフィール

  •  
ちゃあちゃんさん: おりこうさん
ハンドル名ちゃあちゃん さん
ブログタイトルおりこうさん
ブログURLhttp://syudaisuki.blog.fc2.com/
サイト紹介文ウルフセーブルのポメラニアン秀(シュウ)との幸せ生活。 時々旅行記、時々ピアノ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/07/25 22:10

ちゃあちゃん さんのブログ記事

  • 運動制限
  • 秀の大好きなお散歩。以前の様な心行くまでのお散歩とはいきません。心臓に負担がかからない様に、走るの禁止、ロング散歩禁止。でも、適度な運動は大切なので、ロング散歩になっても半分抱っこしたりして、秀のストレスにならない様にしています。おもちゃの「持って来い」もダメなんだって。引っ張りっこもダメなんだろうなぁ・・・・にほんブログ村 [続きを読む]
  • 10月のシャンプーday♪
  • 10月29日(日曜日)は秀のシャンプーdayでした。6週間ごとにしていたシャンプー、2カ月ごとに伸ばしています。心臓病の子は、シャンプー・トリミング中に具合が悪くなる事が多いので、注意しないといけないそうです。トリマーさんに相談すると、5分間湯船に浸かるマイクロバブルはなしで、ドライイングも軽く手早くして下さったので、迎えに行くと、いつもだと暑そうにハァハァしていた秀が、呼吸が落ち着いて、涼しい表 [続きを読む]
  • 肥満
  • 秀の心臓に負担がかからないように、見直した生活習慣。秀の、と言うより、家族の生活習慣と言うべきかな 実は秀、体重が増加していて、去年3.3kg〜3.7kgの間だったのが、先日病院で4kgになっていました。しばらく量っていなかったので、初の大台にビックリ 体重の増加も心臓病のリスクを高めたかも知れません。おやつ好きの我が家、口が動くたび、秀も目の前に陣取って食べていました。肥満は心臓に負担がかかるので [続きを読む]
  • 秀の症状と原因
  • いつから心臓が悪くなってしまったんだろう・・・・去年の健康診断の時、血液検査は異常なしだったけど、聴診器を当ててもっらったっけ・・・・僧帽弁閉鎖不全症の症状は、咳や疲れやすい、運動をしたがらないなど。初期の段階は無症状で、聴診器での心雑音で発見される。加齢にともなって発症しやすい傾向にあって、早い場合には5〜6歳で症状が現れることもある。原因は、僧帽弁の変形が主で、変形の原因は不明。 遺伝的な要因もある。 [続きを読む]
  • 僧帽弁閉鎖不全症のステージ
  • 僧帽弁閉鎖不全症のステージ分類ステージA  心雑音は無いが、心疾患を生じるリスクの高い犬種。ステージB1 心雑音有り、レントゲンや超音波で、心臓のサイズには変化がない状態。ステージB2 心雑音有り、心臓に負担がかかり、サイズが変化している(心臓肥大)状態。ステージC  心不全の症状が出ている状態。ステージD  末期的な心不全の状態。秀の場合はB1とB2の間になるそうです。左心房が少し大きい様な感じ [続きを読む]
  • セカンドオピニオン
  • 心臓に雑音があると言われて、同じ病院で詳しい検査をお願いしてみようと思ったけど、こちらが要求しないと調べてくれないのはどうかと思い、別の病院でセカンドオピニオンする事に決めました。9月20日の水曜日、今年リニューアルオープンした病院へ。一人では心細かったので、ばぁちゃんに付いて来てもらいました。別の病院で心雑音があると言われた事、聴診器以外の検査はしていない事を伝えました。そして、血液検査、聴診器 [続きを読む]
  • 6歳の健康診断・・・・
  • 毎年9月頃、健康診断として血液検査をしている秀。9月8日(金曜日)2年前からお世話になっている病院へ行ってきました。1年に1回の血液検査をお願いしたのですが、先生はカルテを見ながら、過去2年間血液検査に異常がないからか、血液検査は7歳になってからで充分、と採血をしてくれず、それよりも、病気予防の混合ワクチンとノミダニ予防が大切とプチお説教。優しい先生なんだけど、ちょっと気分屋の変わった先生。混合ワ [続きを読む]
  • 9月のシャンプーday♪
  • ずいぶんUPが遅くなってしまいましたが・・・・9月3日(日曜日)は秀のシャンプーdayでした 首回りの毛がたくさん収穫できたんだって。まだまだこの日も暑くって、トリマーさんのほっぺがピンク色でした 秀ちゃん、暑かったね。お疲れ様 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 鬼ケ島
  • 吉備津神社をあとにして向かった先はこちら鬼ノ城 ( きのじょう )桃太郎伝説に出てくる鬼ケ島 ( おにがしま )では?と言われてるお城標高は397mここから見る景色は最高四国の讃岐富士も見えます復元された鬼ノ城の城門朝鮮や中国の趣きがある造り出土遺物は7世紀後半から8世紀初頭のものがほとんどかなり昔のお城ですいつ誰が何のために建てたのか、まだまだ謎の多いお城だそうやっぱり鬼が居たのかな?桃太郎ゆかりの旅は [続きを読む]
  • 桃太郎ゆかりの神社♪
  • 先月の事になりますが、お盆休みの初日の8月13日、ちゃあちゃんは岡山県へおでかけしました吉備津神社(きびつじんじゃ)です総延長400mの回廊が見事な、桃太郎ゆかりの神社です 主祭神は桃太郎のモデルと言われている吉備津彦命(きびつひこのみこと)回廊の途中にある御竈殿(おかまでん)の内部にあるかまどの下に吉備津彦命が退治した鬼の首が埋められているんですその鬼の首は今もうなり続けています残念ながらかまどの撮 [続きを読む]
  • 串本の岩、岩
  • ちゃあちゃんのおでかけ記の続きです和歌山県太地町をあとにして串本で一泊翌日訪れた先は、巨岩が橋のように並ぶ景勝地橋杭岩 (はしぐいいわ)大小40以上もの岩が約850mに渡って橋脚の様にまっすぐ並ぶ奇観で国の名勝・天然記念物長い年月に渡る地殻変動と波の浸食によるものです自然の力は凄いですね次に向かった先は紀伊大島にあるトルコ記念館1890年(明治23年)9月、日本への親善使節団を乗せたトルコの軍艦エ [続きを読む]
  • はっぴぃ ばぁすでい ♪
  • 2017年8月9日 水曜日今日は秀の6回目の誕生日です 先日『 ラルわんな日々 』の家来さんから秀に素敵なプレゼントが届きました 秀の大好きなおもちゃに、大好きなオヤツ、そして美味しそうなハンバーグ&ウインナー いつもちゃあちゃんにまでお土産をありがとうございます家来さん地方限定品、いつも美味しいです 秀は早速ウサギちゃんにダイブ しばらくウサギちゃんを可愛がっておりました あっという間に6年経ったんです [続きを読む]
  • 太地町でワクワク♪
  • 那智山をあとにして、向かった先は太地町くじら博物館へやって来ましたここではイルカやクジラとふれあい体験ができますちゃあちゃんはエサやり体験をしましたまるで鯉の様に大きな口を開けて、魚をくれるのを待ってるんです可愛かった 惜しくもイルカショーには間に合わなかったけどクジラショーを見る事ができましたショーの後のサービスタイムクジラちゃん達はとってもおりこうさんで飼育員さんが説明中、お口の中を見せてくれ [続きを読む]
  • 日本一の滝♪
  • 7月1日土曜日 和歌山入りまずは腹ごしらえから  しらす丼しらす多過ぎでしょ   結構なボリュームでしたよ車を走らせて到着した所は那智山世界遺産の那智の滝高さ133mの断崖から流れ落ちる滝は一段の滝として日本一の落差を誇るまさに日本一の滝那智の滝をご神体に祀る熊野那智大社創建1700年の節目を迎えます平重盛お手植えと伝わる樹齢850年以上の楠の御神木那智山の三重塔と那智の滝今まで色んな滝を見たけれ [続きを読む]
  • 三連休の我ら♪
  • 7月の三連休、初日は映画 『 忍びの国 』 を観てきました殺人シーンが苦手なちゃあちゃんにはイマイチだったかなぁ忍者のイメージが少し崩れちゃったかも 二日目と三日目は家まわりの草刈り先月からエンジン草刈り機の使い方を教わって今回チャレンジ2回目猛暑の中全身汗だく、筋肉痛 思ったより体力が無かったちゃあちゃんとうとう夏バテしちゃいました秀ちゃんの三連休は、クーラーの効いた涼しいお部屋で仕方なくお昼寝三昧で [続きを読む]
  • 6月のシャンプーday♪
  • 2カ月ぶりの更新だなかなか気分が乗らなくてね・・・・・6月の秀は、肉球の調子が良くなかったんだけど今は綺麗に治っていますそんな中でのシャンプーday結構ごっそり毛が抜けましたべろりんちょ おでこの定位置には可愛いおリボン 肉球の一箇所が赤く腫れちゃって・・・・・多分トゲか草の実が刺さったのかな治るのに3週間程掛かりました飲み薬と塗り薬を処方してもらったけどイマイチで・・・・・結局一番効いた(と思う)のが、ビクタス [続きを読む]
  • 今日は白いお花と♪
  • 秀のおうちのお庭には、すずらんが咲いています 甘い香りが漂っていますこの可愛い形が大好き可憐な見た目に似合わず、意外と生命力強し秀も強く、たくましく生きよう にほんブログ村 [続きを読む]
  • 岡山県真庭市へ♪
  • 4月29日の土曜日ちゃあちゃんは、岡山県真庭市におでかけしてきました 真庭市の勝山町並み保存地区勝山は城下町で、出雲街道の宿場町映画『男はつらいよ』シリーズ最終作のロケ地にもなったんだって家々の軒先を飾る草木染ののれんは町おこしの一つひとつひとつ絵柄が違って、とてもおしゃれ 勝山は静かな町で、穴場スポットでしたお昼は中国勝山駅の構内にあるうどん屋さんでお腹がいっぱいになった後向かった先は猿と滝で有名 [続きを読む]