edu-laboratory さん プロフィール

  •  
edu-laboratoryさん: 外資金融マンが指南:慶應中等部に合格するブログ
ハンドル名edu-laboratory さん
ブログタイトル外資金融マンが指南:慶應中等部に合格するブログ
ブログURLhttp://keiomamechishiki.blog.fc2.com/
サイト紹介文慶應義塾出身の筆者が、慶應義塾中等部独特の入試問題と面接突破のノウハウを公開します。
自由文慶應義塾中等部はくせのある独特の入試問題への個別対応と、面接突破のための慶應義塾の理念への理解が絶対に必要です。このブログでは、慶應義塾出身で資産運用業務と受験指導の二足の草鞋で奮闘中の筆者が、慶應義塾中等部合格のノウハウを余すところなく公開していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/07/26 22:47

edu-laboratory さんのブログ記事

  • 【慶応中等部】国語過去問解説:2018年2月入試を追加!
  • 現時点で最新(2018年2月)の慶應中等部の国語入試解説をリリースいたました。ご興味のある方は、こちら">こちらから是非ご購入いただき、まずは直近の入試問題から過去問対策を是非行ってみてください。2017年は問題が難化した慶應中等部ですが、2018年は文章題も知識問題も例年より易しくなりました。その分、文章題で山勘で問題を解いてしまい、出題者の罠にはまって間違いを重ねてしまった受験生はかなり痛かったと思います。 [続きを読む]
  • 2018年:慶應中等部関連の各種説明会
  • 今年も例年通り慶應中等部に関連する学校説明会が色々と開催されます。一番近いところでは東京私立中学合同相談会が行われます。 ■日時:2018年5月20日(日) 10:00am〜4:00pm(入場は3:30pmまで) ■場所:東京国際フォーラム地下2階ホールE(有楽町) ■入場無料/予約不要詳しい情報はこちらの公式ページ">公式ページより必ずご確認ください。新学期がはじまって間もないこの時期から当ブログをご覧いただいているご両親は [続きを読む]
  • 2018年2月の慶應中等部の国語問題概要
  • 2018年2月に実施された慶應中等部の国語の問題の概要です。全般的な感想としては、平年より少し易しいものだったと思います、合格を確実にするには少なくとも86点以上は取らなくてはならなかったでしょう。以下に、各大問の概要を記します。大問一は物語文で、亡くなった父親が蘇り、息子が有期を持って行動するための一歩を後押しするというものでした。文章の量自体はそこそこありますが、すいすい読めたのではないかと思います [続きを読む]
  • 2018年:希学園の小6プレ慶應義塾中等部入試
  • 2018年の希学園の小6プレ慶應義塾中等部入試が行われます。ただですら過去問対策を行いにくい慶應中等部受験生にとって貴重な模試です。日時など、詳しくは以下の公式ページをご覧ください。 ■希学園の小6プレ慶應義塾中等部入試慶應中等部受験生の皆様は是非申し込むと良いのではないかと思います。慶應中等部の国語の過去問対策に気になった方、ぜひ無料トライアルをお試しください。トライアルにご登録いただいた後、広告メ [続きを読む]
  • 最新の慶應中等部の過去問集が既に発売されています
  • 季節が春に変わり、いよいよ新六年生の受験がスタートします。受験生ご一家の皆様におかれましては、気持ちを新たにし、気合いを入れ直しているところでしょう。この春の段階でやらなくてはならないことは、「行きたい学校」の過去問集を買うということです。今の偏差値で行けそうな学校ではありません。偏差値に関係なく、「行きたい学校」の過去問集を買うのです。中学受験では多くの受験生が過去問対策を夏休みが終わってから始 [続きを読む]
  • 何があっても慌てない心
  • 猛烈な寒波が東京を襲い、今週木曜日、つまり2月1日には再度雪が降るようです。インフルエンザの流行も拡大しています。受験生ご一家の皆様におかれましては、細心の注意を払って試験にのぞんでいただければと思います。こんな時ですから、いざという時のために祖父母の皆様や、年の離れたご兄弟がいる場合は家に来てもらい、家事など分担していただくのも手だと思います。もしもお父さんが風邪を引いてしまった場合は、離れた部 [続きを読む]
  • 慶應中等部の応募者数が近年最高レベル
  • 慶應中等部の応募者数が発表されました。2014年迄は明らかな減少傾向が続いていましたが、ここで底打ちし、2018年は近年過去最高レベルです。芦田愛菜さんの効果もあるのでしょうが、女子よりも男子の応募者数の増加が顕著です。愛菜さんがいるからという理由で、男子の応募者数が増えたとも考えられますが(笑)、推測の域を出ません。数年前は大学付属校(慶應義塾では一貫教育校と言います)の凋落が色々な雑誌で取り上げられて [続きを読む]
  • 願書の作成が進まない方へ
  • 今年も残すところあと2週間と少しになりました。慶應中等部の学校説明会も終わり、2月の受験に向けて皆様再度気合いを入れているところだと思います。しかしその前にあるのが願書の作成です。願書の志望動機と自己紹介については、筆が固まってしまって最初の一文が出てこない方も多いと思います。また、「面接でこんなことを聞かれたらどうしよう」と漠然とした不安を抱えている方もいるかもしれません。有料教材をご購入いただ [続きを読む]
  • 希学園の小6プレ慶應義塾中等部入試
  • 今年の希学園の小6プレ慶應義塾中等部入試も残すところ1回になりました。日時は2018年1月2日(火)です。詳しくは以下の公式ページをご覧ください。 ■希学園の小6プレ慶應義塾中等部入試普通の参考書では中々過去問対策を立てにくい慶應中等部の入試にかなり役に立つのではないかと思います。1月2日とは正月早々大変だと思いますが、正月ぼけを防ぐためにも申し込むと良いのではないかと思います。慶應中等部の国語の過去問対策に [続きを読む]
  • 慶應中等部の展覧会では何を見るべきか?
  • 来月11月にはいよいよ慶應中等部の学校説明会と展覧会(学園祭)が開催されます。慶應中等部を志望する方は参加必須です。できれば5年生のうちから参加することをお勧めします。もちろん6年生も時間を作って行きましょう。今年の詳細日程は以下の通りです。 ■慶應中等部の学校説明会・展覧会詳細(2017年)またこの時期から慶應中等部の出願対策をされる方が増えています。皆さん一様におっしゃるのは、「一番の難題が志望動機 [続きを読む]
  • 慶應中等部の面接の重要度に関する終わりなき憶測
  • 様々なサイトで慶応中等部の面接の重要度に対して、ご両親から質問が投げかけられているようです。「ペーパーテストの結果が重要なのであり、面接は重要ではない」という意見もあれば、「学校側は慶応中等部に入学したいということを面接で判断している」という意見もあり、議論は循環して終わるところを知りません。ここから想像されるのは、「面接は重要ではない。ペーパーテストの結果が重要なのだ」という結論を聞きたいご両親 [続きを読む]
  • 志望動機に何を書きますか?
  • 夏期講習も終わり9月に突入しました。セミの声はおさまり、秋の虫の音が夜に響くようになります。この9月は受験生一家が非常に不安になる季節でもありますので注意してください。まず、気温がぐっと下がり、日没が早くなります。日没が早まる時間は9月が一年のうちで最大なのです。こうした時期には体調を崩しやすくなりますし、色々なことが不安に思えてきてしまいます。もう一つが公開模試の結果です。夏期講習で大量の知識を詰 [続きを読む]
  • 【志望動機対策】長谷山彰新塾長の日経記事
  • 先日の日経新聞に「慶応どんな大学めざす 個性と世界標準を両立 〜慶応義塾新塾長 長谷山彰氏に聞く」という記事が掲載されていました。皆様の中でもご覧になられたかとも多いと思いますが、志望動機を練る上で必読です。 日経の記事のリンク">日経の記事のリンク日経電子版をご契約の皆様は是非保存して何度も読み返せるようにしておきましょう。電子版にご加入ない方は、近所の図書館に行って、「2017/7/17付 日本経済新聞  [続きを読む]
  • 既得権益を志望動機にする愚
  • 前回紹介したとある大手塾の特集ページには、「銀行や商社を目指すために子供を慶應に入れる人も多い」ということも書かれていました。レベルの低い内容だなと思うと同時に、実際にそういう風に考えている親が多いのも確かなのだろうとも思います。私の周囲を見渡してみても、年齢の上下に関係なく慶應から銀行や商社に就職した人がたくさんいます。しかし、だからと言って彼らが今幸せを謳歌しているかというとそうではありません [続きを読む]
  • 塾では志望動機は教えてくれない
  • ある大手塾が慶應義塾一貫教育校の魅力について語っている特集ページがあったので読んでみたのですが、慶應用語のちょっとした説明や、その塾の卒業生が何と言っているかの感想をまとめた程度の表層的なことばかりで、正直あまり役に立つと思われることはありませんでした。これからいよいよ夏期講習が始まり、中学受験生一家の皆様にとっては「志望校をどこにするのか」という意思決定をしていかなくてはなりません。その際に重要 [続きを読む]
  • 【慶応中等部】国語過去問解説:2017年2月入試を追加!
  • 最新(2017年2月)の慶應中等部の国語入試解説をリリースいたました。ご興味のある方は、こちら">こちらから是非ご購入いただき、まずは直近の入試問題から過去問対策を是非行ってみてください。2016年は問題が大幅に易しくなった慶應中等部ですが、2017年は文章題も知識問題もかなり難しくなりました。知識問題は慶應中等部向けの入試対策をしていない受験生には大変厳しかったと思います。過去問対策は受験直前に行うものではあ [続きを読む]
  • 子どもの将来と学校研究について
  • 慶應中等部のホームページにもすでに発表されている通り、今月から各種学校説明会が始まります。 慶應中等部向け各種イベント日程お父様・お母さまは様々な説明会にご参加されると思いますが、その際に必要なのは前もっての準備です。ただ単に学校説明会に参加し、言われるがままにパンフレットをもらって話を聞いているだけではあまり意味がありません。一番重要なのは、その学校がお子さんの才能を開花してくれるのか、この一点 [続きを読む]
  • 希学園の小6プレ慶應義塾中等部入試
  • 今年も希学園が慶應中等部向けの公開模試と解説授業を行います。第1回は2017年5月4日(木・祝) なので、みなさん忘れずに申し込みましょう。申し込み方法や日程は、こちらの公式ページから必ずご確認ください。 小6プレ慶應義塾中等部入試および解説講義">小6プレ慶應義塾中等部入試および解説講義既に過去問を買ったご家庭ならお分かりの通り、慶應中等部の入試は非常に独特で、塾の普通の授業ではなかなか対策が立てられません。 [続きを読む]
  • 闇練で慶應中等部に合格するということ
  • 女優の芦田愛菜さんが女子学院と慶應中等部に合格したニュースで、早稲田アカデミーのNN志望校別コースというものに通っていたということがクローズアップされています。先日のブログで述べた通り、このNN志望校別コースというものは実に理にかなっていると思います。中学受験は志望校に合格することが大事であり、そのためには各校特有の傾向に合わせた対策が必要です。いたずらに塾の公開模試の偏差値を上げることが重要なのでは [続きを読む]
  • 慶應中等部の過去問が既に発売されています
  • 今年の2月に行われた慶應中等部の入試問題が収録された過去問が既に声の教育社から発売されています。 慶應中等部を志望している受験生親子の皆様は即刻買いましょう。繰り返しになりますが、この時期から過去問を解くか解かないかで合否に大きな差が出ます。たいていの受験生は、「力試し」という名のもとに、秋になってからのろのろ過去問を解きはじめます。そこで初めて志望校の問題の傾向を知るのです。「どうしよう。こん [続きを読む]
  • 東大合格者ランキングと志望校について
  • 2017年の東大合格者ランキングを見ました。 東大合格者ランキング歴代のランキング校を見ると色々と面白いですね。私の母校、海城高校は49名の9位と健闘しています。私が卒業した年は確か60名くらい合格していたはずですから、この20年近く安定して上位にとどまっているということでしょうか。目を見張るのは、渋谷幕張が麻布と並んで3位という点です。私の時代では考えられないことです。私が中学受験生だった約30年前は、都内の [続きを読む]
  • 春から志望校の過去問を解くということ
  • 女優の芦田愛菜さんが女子学院と慶應中等部に合格したニュースで、中学受験業界が沸いています。本格的な勉強を始めたのが小学校6年生の後半かららしく、本当に凄い能力の持ち主であると感心してしまいます。どちらに進学するかはまだ発表がないようですが、できれば慶應中等部に入学してもらいたいですね。それと同時に、彼女が早稲田アカデミーのNN志望校別コースというものに通っていたということがクローズアップされています [続きを読む]
  • 慶應中等部の問題と教養との関係について
  • 慶應中等部の国語の試験では、他校では絶対出ないような問題が出題されます。例えば俳句の問題や歌舞伎の問題などがそうです。年によっては文学史の問題がたくさん出ることがあります、一体これはどういうことなのでしょうか?最近私が感じるのは、ビジネスの最前線で働いている人でも、教養を持ち合わせている人がどんどん減っているということです。仕事はモーレツにやるけれども、話に深みがない。人間味に欠けていて、周囲から [続きを読む]
  • 2017年:中学入試お疲れ様でした
  • 2017年の中学入試が終わり1週間が経ちました。皆様本当にお疲れ様でした。私のところにも皆さんからご報告のメールが来ており、中には慶應3校にすべて合格した結果、慶應中等部への入学を決めたという方もいました。例年申し上げていることですが、入試を終えた今、是非まず周りの人に感謝をすることからはじめましょう。受験を見守ってくれた家族、最後まで勉強を見てくれた塾の先生、合格を祈念してくれた祖父母の方々、受験をサ [続きを読む]
  • 2017年:中学受験生親子の皆様へ
  • 残すところあと1日で2017年の中学受験がスタートします。いよいよこの時がやってきました。当ブログの読者の皆様におかれましては、是非、お子様が自然体で実力を最大限に発揮できるような経験をさせてあげてください。そして、試験が終わる最後の一秒まであきらめない。これが一番重要なことです。自然体で実力を最大限に発揮させるにはどうしたらいいでしょうか?それは、合否を気にしないということです。「合格するか、不合格 [続きを読む]