こーた さん プロフィール

  •  
こーたさん: おっさんのひみつ 〜週末グンマーの英語学習〜
ハンドル名こーた さん
ブログタイトルおっさんのひみつ 〜週末グンマーの英語学習〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/db8massigra/
サイト紹介文完全マップ準拠、33歳から1年でTOEIC765、3年で845になったおっさん(グンマー)のひみつに迫る!
自由文英語上達完全マップ準拠、33歳から1年/1000時間でTOEICスコア765、3年で845になったおっさん(グンマー)。
そのひみつに迫る、10ヶ月やってみたの劣化コピー版おっさん生存確認用ブログです。
群馬サファリパークの情報が充実しつつあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/07/27 15:48

こーた さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【英語】ダンスダンスダンス 読了【多読】
  • ★カズオイシグロ氏ノーベル文学賞受賞記念★トンデモムラカミ評がはじまるよ!●Dance Dance Dance評価:★★★ 11万9千語、通勤電車で睡眠読書なので時間はもうわからん。もちろんムラカミワールドの名作なので面白いよ、日本語版も何回か読んだし。今回はなんかもう読んでてイライラしてな、おっさん余裕ないのかな。基本はおっさんの好物、喪失もののはずなのにどうしてこうなった。まとめると「全て失ったと見せかけて丸儲け [続きを読む]
  • 【英語】ホビット 読了【多読】
  • 出向でこっそり群馬に戻っている男!ダラダラと読んでしまったホビット。387ページで9万2千語、時間は記録してない。 ●THE HOBBIT 評価:★★指輪物語の前日譚、ビルボの冒険のお話。多読中級者でも読みづらいと思う。ロードオブザリングの知識なしにこれ読んだら挫折まっしぐらコース。(※個人の感想です)図書館で「ホビットの冒険」を読んでおくことをお勧めする。表現がいちいち詩的で回りくどい。「俺は疲れた」と言えばい [続きを読む]
  • 【英語】遺産 読了【多読】
  • 次の本を読みたいばかりに巻きで読み切る男!シドニィ・シェルダン108円古本シリーズもオーラスの6冊目。大富豪の遺産相続という、ド直球テーマの伏線回収型ミステリー。338ページで7万5千語、11時間くらい。 ●Morning, Noon & Night 評価:★★★これまた面白かった。大富豪ハリー・スタンフォードの死と遺産をめぐる陰謀。三兄弟と妾の子(主人公)、弁護士に犯罪者やロシアンマフィア、ドラッグの売人などなど。イノセントな主 [続きを読む]
  • 【英語】明け方の夢 読了【多読】
  • シドニィ・シェルダン108円古本シリーズ5冊目。シェルダン節全開、ハイクラスな登場人物にアメリカン展開の正統派サスペンス。392ページで8万3千語、12時間程度。 ●Memories of Midnight 評価:★★★これは文句なし、面白かった。ただ、Amazonの日本語紹介文はおかしい。『無実のアメリカ青年ラリーは云々〜』序盤の肝となる内容をいきなりネタバレは、まあ許そう。確かに内容を端的に表しているんだけど、ストーリーの本質から [続きを読む]
  • 【英語】陰謀の日 読了【多読】
  • 4月からちょっとだけ偉くなる男!人材不足ですな。 シドニィ・シェルダン100円古本シリーズ4冊目。駄作かと思いきや、ある意味面白かった。433ページで97,635語、10時間程度? ●The Doomsday Conspiracy評価:★★昭和の香り甚だしい、三文SFサスペンス。宇宙人とUFOをめぐる国家レベルの陰謀に、申し訳程度の環境問題批判をトッピング。通常であれば二秒で投げ出すレベルの設定だけど、そこはシドニィシェルダン。秀逸なキャラ立 [続きを読む]
  • 【英語】私は別人 読了【多読】
  • 仕事がゴタゴタすると読書で現実逃避する男! シドニィ・シェルダン108円古本シリーズ3冊目。わかりやすい面白さで先が気になってしまい、久々の一気読み。300ページちょいで83,715語、12時間程度。 ●A Stranger in the Mirror評価:★★★ ゲームの達人より無理のない展開で面白かった。理解の範疇を超えるキ○ガイも出てこないし。(実はヒロインの身近にいたことが最後に明かされるけどな!) 戦前戦後の古き良きアメリカンド [続きを読む]
  • 【英語】ゲームの達人(♀) 読了【多読】
  • シドニィ・シェルダンの代表作「ゲームの達人」の後日談。ミストレスって適切な訳が思いつかない。「女主人」なんてフェミニストに怒られそうだし。そんな「ゲームの達女」、作者は違えどオフィシャルな続編扱いらしい。300ページちょいで97300語、11時間程度。 ●Mistress of the Game評価:★★ アマゾンレビューによると賛否両論っぽいけどおっさんは楽しめた。ゲームの達人の後半の昼メロ展開に比べればよほどテンポが良い。前 [続きを読む]
  • 【英語】センター試験2017【テスト】
  • センター試験の英語、去年はサボってしまった。今年のおっさんはひと味違うところを見せてやるぜ!【結果】165点(200点中)所要時間54分(本番80分)2015年版とまったく同じ点数でした。まあ8割取れてるから良しとしよう。飛ばし気味とはいえ、落ち着いてやってもきっと同じ点数。日常的に使ってないから忘れちゃうんだよな、仮定法とか。「猫になったユウジ」は面白かったけど、友情のくっさい話は疲れた。発音とアクセント問題 [続きを読む]
  • 【英語】ゲームの達人 読了【多読】
  • 本年もよろしくお願いします。昨年は新部署デビューで激動かつ中途半端な年だったけど、今年はいろいろはっきりしてくるのではないかな。 やっぱり会話は難しいね。表現したいことを選び出すトレーニング以前に、破るべき壁がある。失敗したくないとか思ってる場合じゃないのはわかっとるのだが。 ●Master of the Game評価:★★ シドニィ・シェルダンの存在は知っていた。おっさんの父親が超訳シリーズ大好きなのと、あとEAの胡 [続きを読む]
  • 【英語】スポーン -SPAWN- 読了【多読】
  • スポーン( д) ゚ ゚おひさしぶりのおっさん、新部署で3キロ痩せました(歓喜)ガンダムUCに続き、エグゼイドがヒット中で楽しい。 ●SPAWN評価:★★ アメコミとフィギュアが日本でも一時ブームになったスポーン。英単語野郎としてはスポーンは「卵」なのだが、「ヒヨッ子」的な意味もあって。この物語では「地獄の使い」として名付けられたそうな。 アクションが多くて楽しいのだが、とにかく暗い。CIA工作員として活躍、恋人ワンダ [続きを読む]
  • 【英語】ソフィーの世界 読了【多読】
  • 20年の時を越え、キャロラインからおっさんに流れ着いた「ソフィーの世界」。394ページ16万6千語を32時間、正直つらかったっす。●Sophie's World: A Novel About the History of Philosophy評価:★(日本語で読みたい)西洋哲学史の入門書として優れているのは確かだと思う。哲学用語と英単語がリンクしないので、日本語で読みたかったな。知見を広げるついでに英語多読、なんて甘かった。学問を第二言語で履修するってのは [続きを読む]
  • 【英語】指輪物語 読了【多読】
  • 面白さのあまりに一気読みしたLotR。本編1008ページ、45万5千語を84時間で読破。●The Lord of the Rings評価:★★★超おすすめ、気になる人はとにかく読んでみて。古語や詩なんかは読み飛ばしてもOK。ラノベファンタジー的な情景を思い浮かべればフィーリングでいける。第2部から第3部前半の盛り上がりは最高!やっと現れたストライダー(馳夫)ことアラゴルン、王の帰還に感慨もひとしお。活躍は地味だけど、やっぱかっこいい。 [続きを読む]
  • 【英語】指輪物語 第2部 二つの塔【多読】
  • グンマー国の一の太刀!部署の異動を命ぜられたおっさん。(窓際から屋上へ)コミュ症のおっさんに務まるのか?乞うご期待!●The Lord of the Rings評価:★★★(第2部まで)久しぶりに本を読んでて時間を忘れた。ここまで楽しめるとは正直思ってなかった。萌え絵や特殊ギミックなしで楽しめるハイファンタジーはそうそうない。多読中級以上のファンタジー野郎は挑戦する価値あり。驚くべきは、60年前の作品に腐女子萌え要素があ [続きを読む]
  • 【英語】指輪物語 第1部 旅の仲間【多読】
  • ロードオブザリング、楽しいです。剣と魔法、エルフやドワーフが活躍するハイファンタジーの元祖。ゲーマーやラノベ好きにおススメ。●The Lord of the Rings評価:★★★(第1部のみ)英語は読みやすいけど、多読初心者にはつらいと思う。▲60年前の作品なので、詩的・古語的な単語が多い▲ファンタジーなので、謎固有名詞が多い固有名詞のカタカナ・日本語表記の確認には中つ国Wikiが非常に役に立つ。そしてこのペーパーバック、 [続きを読む]
  • 【英語】めくらやなぎと眠る女 読了【多読】
  • 村上春樹の短編集「めくらやなぎと眠る女」読み終わった。384ページ/語数情報無し、約20時間。●Blind Willow, Sleeping Woman評価:★★短編24話収録、村上春樹を読んでみたい初心者におすすめ。教科書に収録された作品とかもあるから、とっつきやすいのでは。(おっさんは本作の日本語版読んだことないので、味わいきれてないと思う)ノルウェイの森エピソードの下敷き「螢」なんか、むしろ長編よりいいかも。登場人物が絞られて [続きを読む]
  • 【英語】中古はやめられん【多読ネタ】
  • ハマのグンマーことおっさん、横浜ビブレのブックオフを散策。ステキすぎるペーパーバックを見つけたのだ!「ソフィーの世界」って子供向けの哲学入門書的な、ひと昔前に流行ったよね。目次にもエデンの園やら神話やら、面白そうな単語が並んでいる。なにがステキって、装丁も価格(108)も素敵なのだけど。表紙の裏に、何やらメッセージが。この本、20年前サラがキャロラインに誕生日プレゼントとして贈ったものなのだ!どうやっ [続きを読む]
  • 【DEATH】おっさん新生【REBIRTH】
  • あけましておめでとうございます。ブログ投稿も閲覧もすっかりご無沙汰のおっさん@絶賛単身赴任中です。安心してください、息子はインフルエンザです。娘もヤバそうだけど、週末は群馬にウィルスもらいに帰ります。姉弟共有だけど、ニンテンドー3DSを導入しました。運用ルールは家族会議で決定、ニンジン効果はばつぐんだ! 父(元ときメモ廃人)のようにはならないように。ちょうど3年でノートPCがぶっこわれたので、しぶしぶ刷 [続きを読む]
  • 【英語】海辺のカフカ 読了【多読】
  • 「海辺のカフカ」読み終わった。615ページ/約15万語を27時間くらい。日本語で読んだときよりも強力に引き込まれ、後半は一気読み。●Kafka On The Shore 評価:★★★運命に導かれたラブファンタジーとデコボコ逃避行、収束していく二つの物語。例に漏れず読者を選ぶけど、おすすめ。村上ワールドに乗れなけりゃ容赦なく置いてけぼりだけどな!まず、立ち上がりから感情移入が困難。これは訓練されたハルキストのおっさんでも [続きを読む]
  • 【スーパー】なんか当たった【女児アニタイム】
  • ぐんまの暮らしのパートナー、ベイシア商品券が当たったぞ!あとモニプラ案件、群馬が誇るマンナンライフのララクラッシュ。ソフトクリームのニッセイ、クッションに続いてまたニックンセイチャン。しばらく前だけど、Amazonキャンペーンのザ・モルツも。ありがてえ。【悲報】おっさん、5話にして仮面ライダーを惰性視聴ゴーストは脚本と現場がチグハグな印象、主に脚本要因?キャラが安定しない主人公に、重みのないセリフがつら [続きを読む]
  • 【英語】カピバラ英作文【9月〜10月】
  • 東京モーターショーの英語版パンフをもらったぞ!先輩ありがとう。業務に貢献しない英語野郎ですいません(笑)9月と10月は20hずつくらい、ボチボチやっとります。気まぐれ英作文やってると、己の語彙センスのなさにビビる。適切なワードを取り出せずに、ショボい文になる。ある程度文法が完成したら、インプットよりも引き出しの油差しが重要ですぞ!英会話できる人も、しばらくやってないとサビつくっていうし。そういう意味では [続きを読む]
  • 【横浜】野毛山動物園【関内二郎】
  • 群馬サファリパークのカピバラ赤ちゃん(かわいい)誕生記念!野毛山動物園に行ってきたぞ! ※ワニカメ画像注意開園待ちをする家族連れにカップル少々、そして場違いなおっさん一名。小動物から猛獣まで取りそろえて入園無料!ダンスをするコンドルとかタナゴとか暗室のコノハズクとか、見どころいっぱい。本日のメイン、は虫類館へ到着。小石をかじるホウシャリクガメとかラブリーすぎる。ゴジラや、ゴジラがおる!ハリーポッタ [続きを読む]
  • 【英語】ねじまき鳥クロニクル 読了【多読】
  • ねじまき鳥、やっと終わった。607ページ、約25万語という大ボリュームで40時間以上かかったかな。もとは3巻に分かれているのをよく一冊に詰め込んだものだ。●The Wind-Up Bird Chronicle評価:★★★猫と妻の失踪から始まる、謎のスケール感を持つ作品。深遠なテーマなんざ知ったこっちゃないけど、暴力に彩られたエピソード群が魅力。最後には悪との対決もあったり、読み応えがある。モテモテ主人公に、読後の結局なんだったんだ [続きを読む]
  • 過去の記事 …