こーた さん プロフィール

  •  
こーたさん: おっさんのひみつ 〜週末グンマーの英語学習〜
ハンドル名こーた さん
ブログタイトルおっさんのひみつ 〜週末グンマーの英語学習〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/db8massigra/
サイト紹介文完全マップ準拠、33歳から1年でTOEIC765、3年で845になったおっさん(グンマー)のひみつに迫る!
自由文英語上達完全マップ準拠、33歳から1年/1000時間でTOEICスコア765、3年で845になったおっさん(グンマー)。
そのひみつに迫る、10ヶ月やってみたの劣化コピー版おっさん生存確認用ブログです。
群馬サファリパークの情報が充実しつつあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/07/27 15:48

こーた さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【読書】土方歳三にハマる【新選組】
  • 久しぶりに日本語小説読んだら、読書って楽しい!最近シドニィシェルダンばっかでワンパターンだったからな。 出向先のボスにお勧めされた一冊、司馬遼太郎の「燃えよ剣」。歴史が苦手なおっさん、幕末志士どころか戦国武将すらほぼ知らない。一般教養のつもりで読んでみたらどハマり。 ●燃えよ剣評価:★★★ 土方歳三の生き方、オトコとしての格好良さがたまらない。知略に長けた新選組鬼の副長、バラガキ土方歳三の生涯。多く [続きを読む]
  • 【英語】氷の淑女 読了【多読】
  • 安定した佳作。344ページで8万1千語。 ●The Best Laid Plans評価:★★ シドニィシェルダン作品にはよく有能な女性が登場する。シェルダン自身は男尊主義でアジア人をモンキーだと思っているのがたまに透けて見えるんだけど、(リスペクトしてないわけではない)ウーマンリブ運動とか女性の力が強くなりつつある時代の空気が感じられる。 有能女レスリーの星占いから始まるラブストーリーかと思いきや。野心家オリバーは大統領に [続きを読む]
  • 【英語】時間の砂 読了【多読】
  • 巧みなキャラ立てで感情移入させるシェルダン節さくれつ!やっぱシドニィ・シェルダンはよきかな。364ページで9万9千語。 ●The sands of time評価:★★★ 導入は動と静のコントラスト。スペインの牛追い祭り、民族解放テロリストと政府の対立。俗世間から隔絶された修道院で神に仕える女たち。アコカ大佐率いる政府軍が修道院を襲撃して逃走劇が動き出す。 修道女4人と民族解放野郎の珍道中、何も起きないはずもなく。それぞれの [続きを読む]
  • 【英語】死因 読了【多読】
  • 鉄板だと思っていた検屍官シリーズが驚きの結果に。370ページで9万3千語。 ●CAUSE OF DEATH評価:★ つまんねえ。 パトリシア・コーンウェルの検屍官シリーズ、むかし何冊か読んで面白かった。法医学者ケイ・スカーペッタがモルグから隠れた悪を暴く!アンナチュラルなんて連ドラも、これのドラマ化かと思っていたくらい。 でもな、シリーズ7作目のこれは控えめに言って二次創作の楽屋ネタレベル。完全にファン向けで一見さんお断 [続きを読む]
  • 【英語】速読英単語 入門/必修/上級編【ボキャビル】
  • 速読英単語、これはいいよ!左ページに英文、右ページに対訳で重要単語は赤字で非常に見やすい。題材も興味深く、必修編は多読入門にもおすすめしたい。シャツのボタンが男女で向きが違う理由とか初めて知ったわ。 多読開始当初、語彙力もスルー力も不足していたおっさん。凄まじい頻度で辞書を引いては「右ページに対訳が欲しい」と嘆いていた。あの日の俺に言ってやりたい。「嘆いてないでググれカス」と。 受験対策にも、必修編 [続きを読む]
  • 【英語】センター試験2018【テスト】
  • ちょっと遅くなったけどセンター英語2018やってみたぞ!姪っ子の受験はうまくいったのだろうか。 【結果】174点(200点中)所要時間51分(本番80分) 9割に一歩及ばずの好スコアでひと安心。序盤のアクセント・文法・語彙問題でポロポロ取りこぼすも、後半で稼いで、全体としては見られるものになった。 映画の題材についての問題はけっこう読み込んでも難しかった。料理教室はまんまTOEICっぽいサービス問題。探検野郎・タコ型知 [続きを読む]
  • 【英語】明日があるなら 読了【多読】
  • シドニィ・シェルダンのエンタメ最高傑作(おっさん調べ)。人生の絶頂から堕ちた女性の復讐と、華麗なる女盗賊への転身を描くクライムコメディ。漫画でよくあるネタが詰まっている感じで面白いよ。501ページで12万1千語。 ●If Tomorrow Comes評価:★★★〜〜〜♪アメリカンなBGM♪〜〜〜私はバリバリのキャリアウーマン、トレーシー。仕事は順調、ボンボン彼氏との結婚も間近。家柄の違いなんてキニシナイ、愛があれば大丈夫( [続きを読む]
  • 【英語】FOREST販売終了【文法】
  • 俺の魂の文法書、FORESTが販売終了だそうな。 昨年、一部英語学習者の間で話題になっていたようだ。監修者の石黒先生も数年前にお亡くなりになっているとな。転属やら単身赴任終了で英語学習業界から目を離している隙になんてこった。 → 8版の刊行も楽しみにしていたのに、時代はEverGreenですってよ。あれ内容はほぼ一緒だけど、おっさん的にはイマイチなんだよね。イラスト別人だし、カバーがレアカード風のキラッキラだし。 [続きを読む]
  • 【英語】真夜中は別の顔 読了【多読】
  • 「明け方の夢」の前日譚。こっちを先に読んでおいたほうが明け方の夢を数倍楽しめるぞ!545ページで13万2千語。 ●The Other Side of Midnight評価:★★★明け方の夢と併せて総合的に面白い。法廷シーンのお粗末さとか、トリックがワンパターンとかもうどうでもいい。読んでいるうちに善悪の境界線が危うくなってくる。ラリーが無実の罪で処刑とか、ちゃんちゃらおかしいわ。実にギルティ、女にだらしないモテ男は地獄に落ちろ! [続きを読む]
  • 【英語】ダンスダンスダンス 読了【多読】
  • ★カズオイシグロ氏ノーベル文学賞受賞記念★トンデモムラカミ評がはじまるよ!●Dance Dance Dance評価:★★★ 11万9千語、通勤電車で睡眠読書なので時間はもうわからん。もちろんムラカミワールドの名作なので面白いよ、日本語版も何回か読んだし。今回はなんかもう読んでてイライラしてな、おっさん余裕ないのかな。基本はおっさんの好物、喪失もののはずなのにどうしてこうなった。まとめると「全て失ったと見せかけて丸儲け [続きを読む]
  • 【英語】ホビット 読了【多読】
  • 出向でこっそり群馬に戻っている男!ダラダラと読んでしまったホビット。387ページで9万2千語、時間は記録してない。 ●THE HOBBIT 評価:★★指輪物語の前日譚、ビルボの冒険のお話。多読中級者でも読みづらいと思う。ロードオブザリングの知識なしにこれ読んだら挫折まっしぐらコース。(※個人の感想です)図書館で「ホビットの冒険」を読んでおくことをお勧めする。表現がいちいち詩的で回りくどい。「俺は疲れた」と言えばい [続きを読む]
  • 【英語】遺産 読了【多読】
  • 次の本を読みたいばかりに巻きで読み切る男!シドニィ・シェルダン108円古本シリーズもオーラスの6冊目。大富豪の遺産相続という、ド直球テーマの伏線回収型ミステリー。338ページで7万5千語、11時間くらい。 ●Morning, Noon & Night 評価:★★★これまた面白かった。大富豪ハリー・スタンフォードの死と遺産をめぐる陰謀。三兄弟と妾の子(主人公)、弁護士に犯罪者やロシアンマフィア、ドラッグの売人などなど。イノセントな主 [続きを読む]
  • 【英語】明け方の夢 読了【多読】
  • シドニィ・シェルダン108円古本シリーズ5冊目。シェルダン節全開、ハイクラスな登場人物にアメリカン展開の正統派サスペンス。392ページで8万3千語、12時間程度。 ●Memories of Midnight 評価:★★★これは文句なし、面白かった。ただ、Amazonの日本語紹介文はおかしい。『無実のアメリカ青年ラリーは云々〜』序盤の肝となる内容をいきなりネタバレは、まあ許そう。確かに内容を端的に表しているんだけど、ストーリーの本質から [続きを読む]
  • 【英語】陰謀の日 読了【多読】
  • 4月からちょっとだけ偉くなる男!人材不足ですな。 シドニィ・シェルダン100円古本シリーズ4冊目。駄作かと思いきや、ある意味面白かった。433ページで97,635語、10時間程度? ●The Doomsday Conspiracy評価:★★昭和の香り甚だしい、三文SFサスペンス。宇宙人とUFOをめぐる国家レベルの陰謀に、申し訳程度の環境問題批判をトッピング。通常であれば二秒で投げ出すレベルの設定だけど、そこはシドニィシェルダン。秀逸なキャラ立 [続きを読む]
  • 【英語】私は別人 読了【多読】
  • 仕事がゴタゴタすると読書で現実逃避する男! シドニィ・シェルダン108円古本シリーズ3冊目。わかりやすい面白さで先が気になってしまい、久々の一気読み。300ページちょいで83,715語、12時間程度。 ●A Stranger in the Mirror評価:★★★ ゲームの達人より無理のない展開で面白かった。理解の範疇を超えるキ○ガイも出てこないし。(実はヒロインの身近にいたことが最後に明かされるけどな!) 戦前戦後の古き良きアメリカンド [続きを読む]
  • 【英語】ゲームの達人(♀) 読了【多読】
  • シドニィ・シェルダンの代表作「ゲームの達人」の後日談。ミストレスって適切な訳が思いつかない。「女主人」なんてフェミニストに怒られそうだし。そんな「ゲームの達女」、作者は違えどオフィシャルな続編扱いらしい。300ページちょいで97300語、11時間程度。 ●Mistress of the Game評価:★★ アマゾンレビューによると賛否両論っぽいけどおっさんは楽しめた。ゲームの達人の後半の昼メロ展開に比べればよほどテンポが良い。前 [続きを読む]
  • 【英語】センター試験2017【テスト】
  • センター試験の英語、去年はサボってしまった。今年のおっさんはひと味違うところを見せてやるぜ!【結果】165点(200点中)所要時間54分(本番80分)2015年版とまったく同じ点数でした。まあ8割取れてるから良しとしよう。飛ばし気味とはいえ、落ち着いてやってもきっと同じ点数。日常的に使ってないから忘れちゃうんだよな、仮定法とか。「猫になったユウジ」は面白かったけど、友情のくっさい話は疲れた。発音とアクセント問題 [続きを読む]
  • 【英語】ゲームの達人 読了【多読】
  • 本年もよろしくお願いします。昨年は新部署デビューで激動かつ中途半端な年だったけど、今年はいろいろはっきりしてくるのではないかな。 やっぱり会話は難しいね。表現したいことを選び出すトレーニング以前に、破るべき壁がある。失敗したくないとか思ってる場合じゃないのはわかっとるのだが。 ●Master of the Game評価:★★ シドニィ・シェルダンの存在は知っていた。おっさんの父親が超訳シリーズ大好きなのと、あとEAの胡 [続きを読む]
  • 【英語】スポーン -SPAWN- 読了【多読】
  • スポーン( д) ゚ ゚おひさしぶりのおっさん、新部署で3キロ痩せました(歓喜)ガンダムUCに続き、エグゼイドがヒット中で楽しい。 ●SPAWN評価:★★ アメコミとフィギュアが日本でも一時ブームになったスポーン。英単語野郎としてはスポーンは「卵」なのだが、「ヒヨッ子」的な意味もあって。この物語では「地獄の使い」として名付けられたそうな。 アクションが多くて楽しいのだが、とにかく暗い。CIA工作員として活躍、恋人ワンダ [続きを読む]
  • 過去の記事 …