Jun@中小企業診断士 知的資産経営 経営管理 さん プロフィール

  •  
Jun@中小企業診断士 知的資産経営 経営管理さん: Jun@中小企業診断士 知的資産経営 経営管理のブログ
ハンドル名Jun@中小企業診断士 知的資産経営 経営管理 さん
ブログタイトルJun@中小企業診断士 知的資産経営 経営管理のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kamakura-walk/
サイト紹介文経営管理、会社経営面から「知的資産経営」、人生のいろいろな局面で助けになる「いい言葉」のブログ
自由文「真剣に会社を良くしようと考えておられる経営者の方・幹部の方」
「会社経営についての勉強をされている方」
「知的資産経営に興味がある方」などを対象にして、知的資産経営」について具体的に会社をよくするためへの実践型のブログにしていきます。
また、人生のいろいろな局面で助けになる優れた言葉は認識力をたかめてくれたり 物の見方や考え方を教えてくれます。そんな言葉を「いい言葉」でまとめます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2012/07/28 03:21

Jun@中小企業診断士 知的資産経営 経営管理 さんのブログ記事

  • そのときの「出逢い」を大切に
  • 人に逢うからこそ、その人の人生があり、また、人生も変わるんでしょうね。 もし、誰にも逢わずにいたら、何も変わらないでしょう、きっと。 人との出逢いが、人生の中で大きく自分に影響するものだと思います。 今日のそして将来の出逢いを大切に! にほんブログ村ブログランキングへ SK P(^-^)/ ・始まれば 始まる  前へ ・目標があれば 頑張れる  強く想う ・継続は大切、諦めるな [続きを読む]
  • 経営管理 強く思うことは実現できる
  • ジェームス・アレンの「原因と結果の法則」というシンプルな成功哲ついて。 強く思うことは実現できる ジェームス・アレンは、「原因と結果の法則」の中で、よきにつけ悪きにつけ心の中の「思い」が原因となり、環境や健康と病気、成功や失敗、富や貧困、喜びや悲しみといった結果をもたらすとしています。 また、成功するには、気高い夢を見て目標をもち、単に成功したいと思うだけではなく、欲望を犠牲にし「自分はそれを達成で [続きを読む]
  • 経営管理 最強の組織を作るための「学習する組織」
  • 「学習する組織」は、強い組織を作るため、会社を変える力を会社内に備えるための、経営戦略的な組織についての考え方です。 「学習する組織」を会社の中に作ることで、会社は強くなります。何を行うかを具体的にみていきましょう。 会社の従業員が、継続的にその個々人の能力を広げる場づくり会社の方向性や個人の自己実現になることを考えられること新しい戦略・考え方や基本的な考え方を学べる場づくり人々がお互いに学び合った [続きを読む]
  • 経営管理  これが「財務分析」の着眼点
  • 財務分析の着眼点は、次の6点が主なものです。 ・時系列 3期程度から、確認する。数値の変化を時系列(趨勢)的にみて比較する ・業界比較 同業他社との数値の比較する ・計画値との比較 期首に立てた計画値との比較する ・ベンチマーク基準値 ベンチマークとして、基準値と比較する ・重要性 全体の中から「内容や金額など」の要素を見て重要性のあるものから分析する ・特殊性 特殊な取引について分析する 上記事項をベ [続きを読む]
  • 経営管理  情報伝達のポイント「5W2H」
  • 「5W1H」とか「5W2H」は、よく日常ビジネスの中でも使われている言葉だと思います。ビジネスにおいては必ず、これらの要素が必要になってきます。 経営計画、システム開発計画など、計画と名が付くものについても、この情報伝達の「5W2H」の要素を取り入れて行くことが大切になります。 「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)、どのくらい(How much/How many) [続きを読む]
  • 経営管理  事業価値向上のための計画実施のプロセス「PDCA]
  • 計画実施のプロセス「PDCA」について 「PDCA」は、会社のあるべき姿(ビジョン)実現のため、また中長期計画を執行して行く上で、一番の肝のなる重要なプロセスになります。会社の経営でこの「PDCAプロセス」を使っていくことが、事業価値の向上を行っていく上で大きなポイントなります。 「PDCAプロセス」は、次の通りとなっています。 P(Plan)・D(Do)・C(Check)・A(Action)という事業活動の「計画」「実施」「チェック [続きを読む]
  • 経営管理  お客様の視点・体験の「五感」で店舗を考える
  • お客様(顧客)体験の「五感」について 人が受け取る感覚は、次の5種類から構成されているといわれているそうです。「見る、聴く、味わう、嗅ぐ、触れる」これは、「五感」といい、「目・耳・舌・鼻・皮膚」を通して生じる五つの感覚です。 視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚 小売業、飲食店業、居酒屋、温泉旅館などお客様との接点の多い事業者の経営においては、接客や店舗開発などの時にお客様の視点に立ってこの五感を十分に検討 [続きを読む]
  • 経営管理  マーケティング「4つのP」
  • マーケティングの「4つのP」 会社が自社の製品をターゲット市場に出すに当たり、事業者の視点から見た、マーケティング・ミックスのために用いられるマーケティング・ツールです。製品、価格、流通、プロモーションと4つに分けたものです。ターゲト市場から自社が望む反応を引き出すために、事業者はこれらのツールを効果的に組合せ自社のマーケティングに活用する必要があります。 マーケティングの「4つのP」を考える上において [続きを読む]
  • 経営管理 マーケティング「4つのC」
  • マーケティングの「4つのC」 マーケティング・ミックスのために用いられるマーケティング・ツールを大きく4つに分け、企業の立場から考える「4P」に対し、お客様の立場から考えるマーケティングの「4C」があります。 「4つのC」とは、 ● お客様にとっての価値(Customer Value)● お客様の負担(Cost to the Customer)● 入手の容易性(Convenience)● コミュニケーション(Communication) 「4C」は、お客様(購買 [続きを読む]
  • 経営管理  事業環境を把握する3つのC 「3C」
  • 事業環境を把握する「3C」について 経営戦略の立案などを行う際に用いられる、「自社、顧客、競合」の3つの視点で分析を行う企業環境分析フレームワークのことです。 自社(corporation)、顧客(customer)、競合相手(competitor)と最初の英語の頭文字が「C」で始まることで「3C分析」とよばれます。 ◎ 顧客分析ターゲット顧客の購買意思や能力を把握分析具体例: 市場の規模、顧客特性(セグメント)、市場の成長性、各種 [続きを読む]
  • 経営管理  PEST分析
  • 外部環境を把握する「PEST分析」 企業を取り巻くマクロ環境のうち、将来も含め事業活動に影響を及ぼす可能性のある事象を把握し、その影響度や変化を分析する手法。経営戦略、事業計画の策定などにおけるマクロ環境分析の基本ツール。 実務的にも、SWOT分析での外部環境をとらえるときなどによく活用しています。 PEST とは、外部環境を表す代表的な要素の4つの頭文字。 P=Politics(政治面)法律、政策、地方自治、外交、裁判の [続きを読む]
  • 経営管理 「製品・市場のマトリックス」
  • アンゾフの理論、製品と市場を4つの象限によって企業の成長期牡蠣を発見・分析するツールです。 製品と市場の二軸を設定し、それぞれを既存・新規と分けることにより、四つの象限へと分類をした。 ①市場浸透化戦略(製品:既存 市場:既存)他社との競争に勝つことによって、マーケットシェアを高める戦略である。例えば、マーケティングの要素を有効に活用し、市場シェアを拡大を目指す戦略のことである。 ②新市場開拓戦略( [続きを読む]
  • 経営管理 「経営者とし必要な知識」
  • 会社を経営していく上で、どんな知識などが必要なのかをチョット見ていきましょう。 ここでは、MBA(ビジネススクール)でどのようなことを学んでいくかを具体的に確認することで「経営者とし必要な知識」をみていきます。 経営戦略企業や事業の将来のあるべき姿とそこに至るまでの変革のシナリオ マーケティング顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動 経済学有 [続きを読む]
  • 経営管理 「ベンチマーキング」とは
  • 「ベンチマーキング」とは、自社と他社を比べ、自社の方法とギャップを分析、他社の良いところを自社の業務プロセスに適用し変革させる 経営管理手法です。 ==> 他社に優れた手法を学ぶ。他社の事例に学ぶということ 事例、ゼロックスは、在庫量を減らした。他者の倉庫内業務を分析し、その手法を取り入れ、大幅なコストダウンに成功しました。 ベンチマーキングはどんなことがいいのかを見ていきましょう。 1.競争上の [続きを読む]
  • 経営管理 「オープンブック・マネジメント」
  • あまり聞きなれない言葉ですが、「オープンブック・マネジメント」について オープンブックとは、「企業の財務諸表(定量・定性情報)」をオープンにするという意味。 オープンブック・マネジメントとは、自社のあらゆる経営指標をすべての従業員に開示し、財務関連の教育研修し、経営の透明性を高めることによって、従業員の自律性や組織のモラールを最大限に高め、そして権限委譲、成功報酬制度などによって従業員の自律的な行 [続きを読む]
  • 「選択と集中」
  • 会社の生き残りをかけ、差別化によって優位性を発揮するため、得意分野に資源を集める「選択と集中」(Selection and Concentration)ついて、まとめます。 ◆「選択と集中」とは、自社の得意とする事業分野を明確にして、そこに経営資源を集中的に投下する戦略のことです。 GE社(ジャック・ウェルチ氏の戦略)が有名ですね。持っている事業でナンバー1の事業に注力し、それ以外の弱小事業は他企業へ売却ないし廃止等のリスト [続きを読む]
  • 「ゆっくり、しっかり」
  • 君の速さで歩(ゆ)けばいい。明日は アタシの 風が吹く! ゆっくり、しっかり!!自分のペースで着実に! そう思うと、元気でてきますね。 焦ってみてもしょうがない! にほんブログ村ブログランキングへ SK P(^-^)/ ・始まれば 始まる  前へ ・目標があれば 頑張れる  強く想う ・継続は大切、諦めるな。失敗は 自己の成長につながる 今日も皆さまにとってよい一日でありますように [続きを読む]
  • 「あと1%あるやん」  〜 諦めるな!
  • 99%ダメ?あと1%あるやん 〜 辰吉丈一郎 好きな言葉です。成功まであきらめず、継続することが必要です。自分を信じて、全力をつくせば、必ずや求めていることに手がとどくということですね。 諦めるな!  継続! にほんブログ村ブログランキングへ SK P(^-^)/ ・始まれば 始まる  前へ ・目標があれば 頑張れる  強く想う ・継続は大切、諦めるな。失敗は 自己の成長につながる [続きを読む]