ぶんた さん プロフィール

  •  
ぶんたさん: わんこのトレーニング&わんにゃんのお宿、さくら
ハンドル名ぶんた さん
ブログタイトルわんこのトレーニング&わんにゃんのお宿、さくら
ブログURLhttps://ameblo.jp/pet-no-oyado-sakura/
サイト紹介文千葉県富津市で開業しています、田舎暮らし満喫中。
自由文日々のトレーニングの四方山話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/07/29 10:22

ぶんた さんのブログ記事

  • 路を極める。
  • 簡単ではない事なんだけれどもね、その道を極めて行くのは!友人の中には世界一にまで上り詰めた人もいる。 私自身?とんでもねえです(笑) 地道に努力していればまあ世界ランキングに入ったかどうか(笑)日本国内でも100人の指に入ったら凄かったんだろうけれど、とんでもねえです。 でもね、目指す心は必要だと私は考える、最初から諦めていたなら何の技術の向上なんて無いのだからね。 犬の訓練の世界にもあるとは思う、Faceb [続きを読む]
  • 神犬
  • 噛む犬の事なのだが、Facebook友人になっているトリマーのかおるさんから拝借している。 実はね、私は神犬とは対峙したくはない、可愛い子ばかり面倒を見たい!そんな欲求が最近大きくなっている(笑)。 神犬から発せられる大きな悲しみと絶望。それは私の心をも傷つける!、悲しみが心をかきむしる。何故私を解ってくれないの?なぜ私は此処に居るの?飼い主にさえ見捨てられて、身の置き場の無い悲しみにくれている神犬達。 本 [続きを読む]
  • 膠着状態(笑)
  • 更新をあまりできない、ぶんたの家(笑)複数のブログを毎日更新する気力は殆ど無い(笑)Facebookばかりかまけているからね(^^;...  膠着状態は、ブログじゃあなくて、北海道犬のさゆりちゃん。  改善の兆しは出ているんだけれど、他の人が見たら全く変わらない様に感じるかも、威嚇は相変わらず、棒状の物には瞬間的に反応してくる。      訓練所から直接引き取ってきて、そこの主人とのやり取りでほぼどんな訓練 [続きを読む]
  • 最強?
  • Facebookには書いているけれど、実は咬傷癖で相談のあった!、北海道犬の女の子を引き取った。 ソフトバンクのCMに出ている、湘南動物プロダクション所属のカイ君、海斗君たちを見て欲しくなってしまったと言う。 実は、こう言うメディアから露出している子達の処遇は多くの人達が知らないのだと思う。 保護団体等を通じて私の元には色々と情報がもたらされる。人の事をとやかく言うのは私の本心じゃあないからこれ [続きを読む]
  • ロングリードとフレキシブルリード。
  • 私の動画に出てくるロングリードは6mの長さがありますが... 実はね、そんな長さは一般向けには要らない。通常は3mもあれば十分なんです。 何故私が6mのロングリード使うか?、通常では要らない長さなのにね(笑)保護当初あるいは放置プレイを卒業したころのワンコの性格を診断するための長さと説明したほうが良いかな?。 ある程度自由になりますから意外と素が出てくるのですよ!。またとっさに危険な状態 [続きを読む]
  • ゼロ訓練
  • 我が家に来る相談で圧倒的に多いのが咬傷犬。  1.飼い主による、間違った飼育方法。  2.訓練士によるある意味虐待訓練。   3.産まれ持ってしまっている、劣性遺伝からくる激怒症の類。  4.複合的に引き起こされているもの。  大別するとこんな所かな?。       1.はね、まあ家族のトレーニングでかなり改善することが出来る。家族との話し合いの中にヒントが隠されているからね。  人のゼロ訓練が必要なだけ! [続きを読む]
  • 嚙み犬と言うレッテル貼り。
  • 私の元に来る多くの問題行動犬。そのほとんどが、飼い主などを噛みついた噛み犬。     犬は噛みつく事は実は最終手段。それが解っている人がどれだけいるか?   噛むことを覚えた犬の取り扱いが厄介なのは、飼い主との信頼関係が壊れてしまっているのに他ならないのだが、それを自覚している飼い主が居ない事。  壊れた噛み犬の心の闇がどれだけ深いか?その飼い主には理解できないのでしょう。  理解しない飼い主 [続きを読む]
  • リードワーク
  • 私の場合、リードワークは訓練じゃあないと思っている(笑)訓練でも使用できるけど、それよりもワンコとのコミュニケーションツールだと思う。 首輪だろうが、ハーネスだろうが、はたまた使いたくないチョークチェーンだろうが(笑)、それに繋ぐリードはコミュニケーションを取るツールだと思っている。 まあチョークチェーン(チェーンチョーク?と言ういい方の方が私は理解しやすいが!)は使い方を間違うと虐待道具に成 [続きを読む]
  • 一瞬のアイコンタクト
  • 強制訓練の中で使うアイコンタクト。まあ私も今でも使うけれど、訓練士たちの物はまた違うだろうね。 だって、わんこの顔はほとんど見ないし、わんこも私に顔の正面は見せない。 良くあるのが、座らせ、見上げさせて、じっと見させる動作。私に言わせればアイコンタクトじゃあない、人間の欲求を特化させたものじゃあないのかな?。 都会で有ればこそなんだろうか?そういう動作をさせるのは?野生のフィールドであ [続きを読む]
  • 不思議な?
  • タップ君(笑)  良く解らない子だ!。威嚇しながらも、喜んでいるシグナルが(笑)この動画は私の元へ来て二日目だったかな?保護団体のサンタの家ほぼ全員に(2名ほど全くのスルーされた人が居る)威嚇行動、私もガチに威嚇されていた(笑)臆病な部分が特出してしまっているのでしょうね、初めて目の前に来るとやはり怖いのか?どうしてこう言うワンコにしてしまうか私には理解できないが、もしかすると過度の訓練か?嫌悪刺 [続きを読む]
  • 待つ
  • 友人の末っ子君、実はある障害を持っている。人間とのコミュニケーション能力の障害。  が!しかし対動物となると全く違う。数年前母親と共に私たちの元を訪れた、にこにこ笑って居るだけでなんの言葉(人間のね)も発しない子だな?と思っていたが、ボデイシグナルにはすぐに反応(笑) ワンコ達のシグナルをよく読んでいる!(笑)ナチュラルに犬語が解るのだろうね、実は犬語は人間のような文法は無いと思う、脈絡のない [続きを読む]
  • タップ君
  • 久々に、我が家の咬傷犬が入ってきた。噛みや威嚇の酷さから、飼い主が半ばあきらめていたスタンダードプードルの男の子。威嚇の酷さから、通っていた訓練士には断られ、獣医師には繋いでおけと!、途方に暮れながらサンタの家に電話をしてきた。               パセオ河口湖にて飼い主と面談するために、週末は山梨県へ(笑)予定時間よりも早く着いた家族とワンコ。車の中からしきりに威嚇していたが...     [続きを読む]
  • リードワーク
  • リードワーク。手綱さばき(笑) 一言で言えば、糸電話かな?犬をコントロールしようとする意識が強いと、対話が全く出来ないでしょうね。一方的な意思でしか犬に伝わらない。 犬は支配するもの!。訓練と称して強いリードショックを求める訓練士たちが、間違いを起こしてくれるのもこう言う風潮が原因なのかもしれない。 私の捉え方は、全く別次元。 犬は相棒。私と考え方が似ている訓練士の多くはこんな考え [続きを読む]
  • タッチ
  • これは我が家のタッチ君(笑) こいつの話じゃあないよ(笑)ボデイタッチの話。Facebookの友人の中には私の考えに近い(同じという意味じゃあないよ!)人がいる。基本的な考えが近いだけだけどもね。  その中の一人がこんな記事をアップしてくれていた。         狼山舎:≪タッチ感覚!≫犬は。身体へのタッチに敏感!だからタッチには常に心を込める。状況に応じて。いろんなタッチがある。強弱はもちろん [続きを読む]
  • 大型犬が...
  • 私のFacebookより転載。 土曜日の夜、日曜日のイベント準備を終えて寛ごうとしているときに、その電話は鳴った(笑)近所で大型犬を一ヶ月ほど前に保護した人からの電話相談だった。 ある意味暗い(笑)声だったようだ(電話を受けたのはもちろんサンタママ)    その後、われわれの待っているパセオ河口湖に来た保護主。パセオの暗さを倍加させるほど暗く感じた第一印象(笑) でもワンコはめっちゃハイパー(笑)保護主 [続きを読む]
  • 恐怖心のある....
  • 恐怖心。それは、得体のしれない物! 普通に飼育されているのであればそういう感情は湧き上がっては来ないと思うけれど、私達保護活動家は意外と恐怖心に触れあっているのかも。 犬に(あるいは猫に)噛まれたり、引っ搔かれたりすることは、ある意味すごい恐怖心があるのは紛れもない事実。私自身も自分の不注意から噛まれ大怪我を負った記憶は生々しい(笑)。未だと笑って居ることも出来るが、噛まれた時には恐怖心と [続きを読む]
  • 激変(笑)
  • 私の想像以上に変化中の!太郎君。ちょっと古い画像です(笑)未だ金目鯛のように(笑)   この後、保護ママさんにトリミングしてもらいました!。保護ママさんはプロのグルーマーさんです。 写真でもわかる通り、最初の頃の金目鯛(笑)から進化ちゅう!。トラウマはまだまだ抜けたと言う状態ではなく、心の奥底に残った状態でいる。ちょっとした事で、彼の脳裏に具現化してしまう様だが、簡単な落ち着か [続きを読む]
  • お礼。
  • 家付き犬7月のある日の朝、彼女は炎天下になる海浜公園の駐車場に犬小屋&家財道具と共に置き去りにされていた。その後、現地スタッフによって地元警察と動物愛護センターに通報後センターに収容。ほぼ半月後、諸手続き完了後我が家に引き取った。 センター及び我が家での生活で威嚇行動が有ったのですが、落ち着かせるトレーニング&ワンコ達の教導によって見違えるほどの子に。9月に入り、里親さん募集開始。 何軒か [続きを読む]
  • 太郎君
  • 数年前と言うか5年以上前になるか?友人が、千葉県動物愛護センターから引き出した!、チワワの太郎君。里親さんの下に行ったが、里親さんに痴呆が始まり、友人の下に帰ってきた。センター引き出し当初はそれ程問題が有った訳では無さそうなのに、里親さんの下での生活なのか?元々持っていたものが具現化してしまったのか?威嚇と噛み。それでも友人には攻撃性が無かったのだが、家族への執拗な威嚇(笑)里子に出すことを選択し [続きを読む]
  • リードワークって
  • 取扱業の更新に合わせ、新規まき直しで屋号変更のためブログタイトルも変更しました。二フテイブログぶんたの家!、は更新が止まっておりますし、Yahooブログ(八犬伝の四方山話)に至ってはもはや更新さえされていない(笑)そう言えばヤマユリ山荘日記も更新してないや(笑)現在はFacebook(永塚裕大で出てくるはず、もちろんアカウントは必要だと思う!)中心になってしまったな〜〜このブログを続けるのも(笑) [続きを読む]
  • 家付き捨て犬(笑)
  • 今月初めと言うか7月4日の早朝私の携帯電話に友人からの電話。朝早くランニングするのでそんな時間に電話を掛けて来るのは珍しい。何事かと思えば、犬が捨てられているけれどどうしたら良いか?電話を受けた瞬間に見えたイメージが家を背負って家財道具を小脇に抱えた茶色いわんこ(笑)。こちらが問う前に友人から発せられた経緯、どうしたら良いのか?と言う!真面目な問いに笑いをこらえるのがやっとだった。が、遺棄は遺棄! [続きを読む]
  • ココア
  • チョコラブのココア。超高齢の飼い主の婦人が亡くなり高齢の息子さんから引き取った!股関節形成不全が持病のココア。まだ寒い時期だった3月やっと歩ける程度だがこうやって寝ている方が多かった。これは室外だけどもね(笑)彼の布団を敷くとどこでも寝る(笑)体重を減らす前、それでもふらふらしながらも歩く。 落とし始めた頃かな?意外としっかり立ってる。  あれから4か月ほど、今月初めごろの散歩。すでに暑い時期に入っ [続きを読む]
  • りょう君
  • 諒君改めりょう君。サンタの家から里親さんの下へ行く事が決定。お見合いの日の朝の散歩。幸せになる予感。思えば長かった(笑)初期段階に半年もかかってしまうなんて思いもしなかったしね!。少しずつ少しずつ心を解きほぐす生活。出口の見えないトンネルを歩く感覚かな?。この子にとって最良だと思っていながら、疑心暗鬼な毎日を過ごす日々。    強制訓練のような劇的な変化は起こらないが、後戻りすることはほとんど無い [続きを読む]
  • 恐怖心?
  • 私自身、噛み犬(笑)トレーニングの初期は実は怖い!。実際問題、何をするか解らないからね!。でもね、恐怖心が自分自身の中にある間、その子に触れないで我慢して行く事が重要。無理な強制訓練は、症状を悪化させるだけ!。恐怖心が有れば対象の子には解る事!。何度も言っているけれど、関連学習に長けた犬と言う動物、その観察力が凄いのです。多くの人々が犬と言う動物の観察力を知らないのか?、初期のうちにとんでもない強 [続きを読む]
  • 疑心!
  • 色々な事をしていると信じて居た事が、全く違って居たり、間違いや通説だったりすることがあるし、色々な意味で惑わされていることが多いような気がする。私は元々天邪鬼に育ってしまっているのか?人の言う事を元々信じない方の人間だが(笑)中には何十年も信じ込んでいた事柄や、通説(笑)だから、色々なものに疑問と言う物を必ずぶつけるし、当時は事実として伝えられたことが、実は反対の現象だったり(笑)  たまたまFace [続きを読む]