maezono-law さん プロフィール

  •  
maezono-lawさん: 前園法律事務所のブログ
ハンドル名maezono-law さん
ブログタイトル前園法律事務所のブログ
ブログURLhttp://www.maezono-law.com/blog
サイト紹介文埼玉県さいたま市の駆け出し弁護士が,さいたま市のお店,読んだ本などを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/07/30 15:27

maezono-law さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • DVから逃れるために家を出るときの注意点
  • はじめにDV加害者である配偶者,元配偶者,同棲相手から逃げる場合,転居先の新しい住所がわかってしまうと,連れ戻されて,再びDVの被害に遭うことが十分に考えられます。そして,加害者はあなたの逃走を警戒するため,再度の家出は以前より困難になります。そこで,DVから逃れるために家出をするときの注意点を説明したいと思います。捜索願の不受理DV加害者は,あなたが家出をしたとして警察に捜索願を出すことがあります。あな [続きを読む]
  • iPhoneでインターネットのページを証拠化にする方法
  • 最近は,インターネットへのアクセスは,パソコンよりモバイル(スマホやタブレット)の方が多くなっています。そこで,iPhoneやiPadだけで,インターネット上のページを証拠化する方法を紹介します。図1図1(タップすると大きく表示されます)のように,証拠としたいページをSafariで表示させます。ここでは,例として安倍晋三首相のFacebookの投稿を表示させています。画面の一番下にメニューバーを表示させると,真ん中にある共 [続きを読む]
  • 川口市立県陽高等学校でデートDVの講演
  • はじめに2017年6月22日,川口市立県陽高等学校(定時制)で,デートDV についての講演をしてきました。県陽高校とは縁もゆかりもありません。そのような高校に講演に行くことになった理由は,私が所属する埼玉弁護士会の公益活動の一つである,県内の学校を対象として無料で弁護士を講師派遣する事業にあります。講演内容デートDVの講演は,午後6時30分から1時間,県陽高校の体育館で行われました。全校生徒約200人の多くが参加し [続きを読む]
  • 川口老夫婦強盗殺人事件の元少年に対する支援
  • 誰もボクを見ていない2014(平成26)年3月26日,埼玉県川口市で,アパート暮らしの祖父母を当時未成年であった孫(「元少年」と呼びます)が殺害するという強盗殺人事件が起きました。この事件についての丹念に取材した記者によるノンフィクション「誰もボクを見ていない なぜ17歳の少年は,祖父母を殺害したのか」(ポプラ社)が,2017年(平成29)年6月下旬に発売されます。この本にも書いてあると思いますが,私は,この事件に [続きを読む]
  • Facebookの投稿を証拠として残す方法
  • 裁判は証拠があるかないかで結果が大きく変わります。証拠がなければ、本当にあったことでも裁判ではなかったことになることもあります。ですので、裁判を有利に進めるためには証拠がとても大切になります。インターネットが広く普及した現在において、インターネット上の情報も証拠になることがあります。例えば、メールやLINEのやりとりが不倫の証拠とはなったり、TwitterやFacebookなどの投稿が名誉棄損やプライバシー侵害の証 [続きを読む]
  • 同性パートナーを受取人にできる生命保険会社一覧
  • かつてというか、つい数年前までは同性パートナーを生命保険の受取人にすることは、ごく一部の例外を除いて、困難でした。しかし、昨今のLGBTに対する認知や関心が広まったことにより、同性パートナーを生命保険金の受取人に指定できる生命保険会社が増えました。私が調べたところによると、今日現在で20社が同性パートナーの生命保険金の受取人に指定できることを公表しています。日本国内の生命保険会社は、外国の生命保険会社も [続きを読む]
  • 2016年03月読書記録(12作品)
  • 2016年03月 (12作品)毒になる親スーザン・フォワード読了日:03月03日脳科学の教科書 こころ編 (岩波ジュニア新書)?読了日:03月04日離婚家庭の子どもの気持ち―面接交渉実態調査 アンケートとインタビュー太田垣章子読了日:03月06日こころの科学186号 「死にたい」に現場で向き合う青木省三読了日:03月06日離婚調停・離婚訴訟 (リーガル・プログレッシブ・シリーズ)秋武憲一読了日:03月08日いやされない傷―児童虐待と傷つい [続きを読む]
  • 離婚家庭の子どもの気持ち―面接交渉実態調査 アンケートとインタビュー―
  • 「離婚家庭の子どもの気持ち」(日本加除出版,第2版)を読みましたので,その概要と感想を紹介します。「離婚家庭の子どもの気持ち」の概要本書は,「子どもの健全育成と大人世代の責任の全う」を理念とするNPO法人Winkが編者となり,下は11歳から上は36歳までの離婚家庭の子どもたち20人のインタビュー集です。本書は,3章からなり,第1章と第3章は学者や弁護士などの専門家の論考が収録されていますが,全体で占める割合として [続きを読む]
  • 2016年02月読書記録(13作品)
  • 2016年02月 (13作品)図表で学ぶアルコール依存症長尾博読了日:02月02日季刊刑事弁護 no.85(spring 2016―特集:司法と福祉の連携)読了日:02月02日日本語練習帳 (岩波新書)大野晋読了日:02月04日キャロルパトリシア・ハイスミス読了日:02月05日行動経済学〜経済は「感情」で動いている〜 (光文社新書)友野典男読了日:02月06日人はなぜ依存症になるのか 自己治療としてのアディクションエドワード・J・カンツィアン読了日:02月1 [続きを読む]
  • 過去の記事 …