白蓮の香り さん プロフィール

  •  
白蓮の香りさん: 法華経と共に!白蓮堂のブログ
ハンドル名白蓮の香り さん
ブログタイトル法華経と共に!白蓮堂のブログ
ブログURLhttp://magokoro18.blog.fc2.com/
サイト紹介文法華経をとおして仏様の世界を身近に感じていただきたいと思います。
自由文法華経の教えに結ばれるのは3000年に一度花が咲くという優曇華の華に遭うが如しといわれています。
そういう貴重で有難い法華経を学んでみたい。自分の魂を磨きたい、先祖を救いたいと思っていらっしゃる方法華経に触れてみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/07/31 14:10

白蓮の香り さんのブログ記事

  • 観音様のおはなし(一心称名)その2
  • 観音様はいつも一緒にいると思うと......前回、観音さまに動いていただけるのは、「一心称名」 のときだとお話しさせていただきました。観音さまはそのお姿を目に見ることもできないし、さわることもできません。でも私たちが「一心に」 祈ればお力をくださいます。 私たちの生活は三毒(貪り、瞋り=いかり、痴さ=おろかさ)や百八煩悩で心おだやかでないことも多いですよね。このおだやかでない心になった時、「南無観世音菩薩 [続きを読む]
  • 観音様のおはなし(一心称名)
  • 観音さまにすべてをお預けする気持ちで観音経を唱えるといいですね。◎一心称名(いっしんしょうみょう)これまで、観音さまが私たちに応じて姿を変えてお救けくださるとお話しさせていただきました。では、どのような時にお観音さまは私たちの為に動いてくださるのでしょうか?それは、「一心称名」 のときと言われています。「病気を治してください」 「合格しますように」 「宝クジが当たりますように!」本当の信仰はご利益主 [続きを読む]
  • お経の功徳(観音経)
  • 阿弥陀如来の脇侍(きょうじ)で勢至菩薩と共に万民を救う役の観世音菩薩◎観音経とは朝夕毎日お経をお唱えしている方、病気や困りごとなど何かあった時にだけお唱えしている方、お経にはご利益なさそうだから別に何もしていないわ…とおっしゃる方。朝夕の読経はできないけど、合掌してますよ!というかたも多くいらっしゃるでしょう。また、家にお仏壇はあるけれど、どうしたらいいのかわからないので、とりあえず手を合わせてい [続きを読む]
  • お釈迦さまが身近になる読経
  • お経には、お釈迦様の御心が込められています。◎お経はお釈迦様そのもの毎日家でお経をあげている方、気が向いたら…とか時間がある時にあげています…という方もいらっしゃるでしょう。お経は難しくてあげられないけれど、毎日手を合わせて「南無…」ってしていますよ!っていう方も多いでしょう。色々なお経、宗派はありますが、お経を読むというのは、家族の幸せや、仕事の成功などを祈る気持ちとともに、仏様に語りかけたい気 [続きを読む]
  • お経の力!
  • 竜女は、その場でお経の力で即身成仏し、女性でも、子供でも、畜生でも成仏できることを証明したのです。◎2600年前のインドではカースト制度という厳しい身分差別がありました。婆羅門(バラモン)、刹帝利(セイッテイリ)、吠舎(ベイシャ)、首陀羅(シュダラ)という四階級がありました。婆羅門(僧侶)と刹帝利(王族)はほぼ同等の貴い身分とされていましたが、吠舎はそれらに対して婚姻はもちろん、交際や職業も禁じられて [続きを読む]
  • 一心称名(いっしんしょうみょう)
  • 中途半端な、お題目は危険です。これは、ある有名霊能者がお話しされていたのですが、あるところに、ひとりのおじいさんがいたそうです。そのおじいさんは孫のお守りをするのが毎日の役目でした。法華経の熱心な信者だったおじいさん。孫のお守りをしながら、法華経のお題目「南無妙法蓮華経」 に節(ふし)をつけた「遊び」でいつも孫をあやすために歌っていました。ある日、そのおじいさんが脳梗塞になり、言葉を発することがで [続きを読む]
  • 自分が正しいと思う心.....
  • 自分が正しいと思う心があれば、罵倒の言葉に執着が生まれない。今日はお釈迦さまにまつわるお話をさせていただきます。連日、お釈迦さまを罵倒し続けた男がいました。お釈迦さまに「なぜ、これほど毎日罵倒し続けられているのに、お前は言い返さないのか?」 と尋ねました。お釈迦さまは、「お前が人に贈り物をして、相手が贈り物を受け取らなかったら、その贈り物は誰のものか?」 とお釈迦さまはおっしゃいました。これを聞いた [続きを読む]
  • 白蓮堂スタッフブログ3 (継続は力)
  • 日々の継続(読経)、とても大事です。なぜなら、法華経を読経して頑張る人には天界からしっかりと守っていただけます!私たちとご縁があり、法華経を入手されて、約3年近くになりました。新潟の英さんからの近況をお伝えしたいと思います。日々、早朝4時30分からの読経と夜、食事前の読経をかかかさずに続けられています。私も頭が下がります (*_*;※ こんにちは、私は毎日朝と夕方 スズメに餌をあげてるのですが、あんな小 [続きを読む]
  • 白蓮堂スタッフブログ 2 (言霊)
  • 優しい気持ちで言った言葉には素晴らしい気(言霊)が宿ります。先日、あるブログを紹介してもらいました。そのブログは若いママさんが、娘さんの闘病の様子や家族のことを書かれているのですが、その中で3歳のお姉ちゃんがママさんに「〇〇ちゃん、(入院中の妹さんのこと)だいじょーぶ。だいじょーぶ」って言ってくれたんだそうです。そのママさんはその言葉に励まされたと書いておられました。このお姉ちゃんはまだ3歳。妹さん [続きを読む]
  • 白蓮堂スタッフブログ 1 (如是我聞)
  • 是(かく)の如(ごと)きを我(われ)聞きき。お経の冒頭に「如是我聞…」って始まるお経が多くありますね。ところで、如是我聞ってどういう意味かしら?この写真のお経は訓譯(くんやく=訓読み) なので冒頭の「是の如きを我聞きき」が[如是我聞」という言葉になりますね。意味は「私は(お釈迦さまから)このようにお聞きしました…」という意味です。お経はお釈迦さまの教えを説いたものですが、お釈迦様が直接お書きになっ [続きを読む]
  • 法華経と五綱教判 (序)
  • 中国に渡った「法華経」 は6世紀の天台智顗(てんだいちぎ)によった新たなスポットライトを浴びることになる。智顗は、釈尊の教えを時間的順序、内容、布教方法の観点から分析し、優劣を判定した。時間的順序というのは、釈尊によって経典が示された段階のことである。まず「華厳経」 が説かれ、続いて「阿含経」 「浄土経」 「般若経」 最後に「法華経」 が語られたとした。これを「五時(ごじ)の教判(きょうはん)」 という [続きを読む]
  • 法華経と五綱教判 (国)
  • 中国に渡った「法華経」 は6世紀の天台智顗(てんだいちぎ)によった新たなスポットライトを浴びることになる。智顗は、釈尊の教えを時間的順序、内容、布教方法の観点から分析し、優劣を判定した。時間的順序というのは、釈尊によって経典が示された段階のことである。まず「華厳経」 が説かれ、続いて「阿含経」 「浄土経」 「般若経」 最後に「法華経」 が語られたとした。これを「五時(ごじ)の教判(きょうはん)」 という [続きを読む]
  • 法華経と五綱教判 (時)
  • 中国に渡った「法華経」 は6世紀の天台智顗(てんだいちぎ)によった新たなスポットライトを浴びることになる。智顗は、釈尊の教えを時間的順序、内容、布教方法の観点から分析し、優劣を判定した。時間的順序というのは、釈尊によって経典が示された段階のことである。まず「華厳経」 が説かれ、続いて「阿含経」 「浄土経」 「般若経」 最後に「法華経」 が語られたとした。これを「五時(ごじ)の教判(きょうはん)」 という [続きを読む]
  • 法華経と五綱教判 (機)
  • 中国に渡った「法華経」 は6世紀の天台智顗(てんだいちぎ)によった新たなスポットライトを浴びることになる。智顗は、釈尊の教えを時間的順序、内容、布教方法の観点から分析し、優劣を判定した。時間的順序というのは、釈尊によって経典が示された段階のことである。まず「華厳経」 が説かれ、続いて「阿含経」 「浄土経」 「般若経」 最後に「法華経」 が語られたとした。これを「五時(ごじ)の教判(きょうはん)」 という [続きを読む]
  • 法華経と五綱教判 (教)
  • 中国に渡った「法華経」 は6世紀の天台智顗(てんだいちぎ)によった新たなスポットライトを浴びることになる。智顗は、釈尊の教えを時間的順序、内容、布教方法の観点から分析し、優劣を判定した。時間的順序というのは、釈尊によって経典が示された段階のことである。まず「華厳経」 が説かれ、続いて「阿含経」 「浄土経」 「般若経」 最後に「法華経」 が語られたとした。これを「五時(ごじ)の教判(きょうはん)」 という [続きを読む]
  • 諸経の王「法華経」の世界とは その4 (菩薩行道)
  • 永遠の生命を通じて私たちに呼びかけを続けるお釈迦様 ...... 久遠の仏陀釈尊 ...... の声、それが「法華経」 です。現代においてもこの経典の影響の大きさには計り知れないものがあり、そのあまりにも大きな思想とその存在について、その一端をたどってみたいと思います。「妙法蓮華経」 の弘通、菩薩行道とは。◎法華経の三大思想宇宙の統一的真理 (一乗真実、いちじょうしんじつ)仏の教えの永久性 (久遠実成、くおんじつじ [続きを読む]
  • 諸経の王「法華経」の世界とは その3 (久遠実成)
  • 永遠の生命を通じて私たちに呼びかけを続けるお釈迦様 ....... 久遠の仏陀釈尊 ...... の声、それが「法華経」 です。現代においてもこの経典の影響の大きさには計り知れないものがあり、そのあまりにも大きな思想とその存在について、その一端をたどってみたいと思います。仏の教えの永遠性、久遠実成とは。◎法華経の三大思想宇宙の統一的真理 (一乗真実、いちじょうしんじつ)仏の教えの永久性 (久遠実成、くおんじつじょう [続きを読む]
  • 諸経の王「法華経」の世界とは その2 (一乗真実)
  • 永遠の生命を通じて私たちに呼びかけを続けるお釈迦様 ......... 久遠の仏陀釈尊 ....... の声、それが「法華経」 です。現代においてもこの経典の影響の大きさには計り知れないものがあり、そのあまりにも大きな思想とその存在について、その一端をたどってみたいと思います。宇宙の統一的真理、一乗真実とは。◎法華経の三大思想宇宙の統一的真理 (一乗真実、いちじょうしんじつ)仏の教えの永久性 (久遠実成、くおんじつじょ [続きを読む]
  • 諸経の王「法華経」の世界とは その1
  • 永遠の生命を通じて私たちに呼びかけを続けるお釈迦様 ............... 久遠の仏陀釈尊 ............ の声、それが「法華経」 です。現代においてもこの経典の影響の大きさには計り知れないものがあり、そのあまりにも大きな思想とその存在について、その一端をたどってみたいと思います。法華経によれば、この霊鷲山に8万人もの悟りを求める人々が集まり、釈尊の説法を聞いたそうです◎法華経は、霊鷲山(りょうじゅせん)で説か [続きを読む]
  • 釈尊と十大弟子、その11 羅睺羅(らごら)
  • 釈尊の一人息子ラーフラ(羅睺羅)は...。◎ 釈尊の十大弟子........ 釈尊の率いる仏教教団には、聖者の最高の境地である阿羅漢果(あらかんが)の悟りを開いた弟子が500人いた。その弟子を中心に、多くの信者が集まり、仏教教団を構成委していったのである。「十大弟子」 と 呼ばれる人々は、その中核となって教団を支えた弟子たちのことを指す☆密行(みつぎょう)第一、 ラーフラ、別名を羅睺羅(らごら)※父、釈迦の定め [続きを読む]
  • 釈尊と十大弟子、その11(優波離,うばり)
  • 身分が低いウパーリ(優波離)だったが、釈尊に認められて持律第一と賞賛されるまでなった。◎ 釈尊の十大弟子........ 釈尊の率いる仏教教団には、聖者の最高の境地である阿羅漢果(あらかんが)の悟りを開いた弟子が500人いた。その弟子を中心に、多くの信者が集まり、仏教教団を構成委していったのである。「十大弟子」 と 呼ばれる人々は、その中核となって教団を支えた弟子たちのことを指す☆持律(じりつ)第一 ウパー [続きを読む]
  • 釈尊と十大弟子、その10(迦旃延.かせんねん)
  • 教えをわかりやすく説くことに長(た)けていた迦旃延(かせんねん)....。◎ 釈尊の十大弟子........ 釈尊の率いる仏教教団には、聖者の最高の境地である阿羅漢果(あらかんが)の悟りを開いた弟子が500人いた。その弟子を中心に、多くの信者が集まり、仏教教団を構成委していったのである。「十大弟子」 と 呼ばれる人々は、その中核となって教団を支えた弟子たちのことを指す☆広説(こうせつ)第一、論議第一 カーティヤ [続きを読む]
  • 釈尊と十大弟子、その9(大迦葉)
  • 実質的な釈尊の後継者として活躍した大迦葉....。◎ 釈尊の十大弟子........ 釈尊の率いる仏教教団には、聖者の最高の境地である阿羅漢果(あらかんが)の悟りを開いた弟子が500人いた。その弟子を中心に、多くの信者が集まり、仏教教団を構成委していったのである。「十大弟子」 と 呼ばれる人々は、その中核となって教団を支えた弟子たちのことを指す☆頭陀(ずだ)第一 マハーカーシャパ、別名を大迦葉(だいかしょう)、摩 [続きを読む]
  • 釈尊と十大弟子、その8(須菩提)
  • 須菩提(しゅぼだい)解空(げくう)第一、無諍(むそう)第一、.被供養(ひくよう)第一といわれた、....。◎ 釈尊の十大弟子........ 釈尊の率いる仏教教団には、聖者の最高の境地である阿羅漢果(あらかんが)の悟りを開いた弟子が500人いた。その弟子を中心に、多くの信者が集まり、仏教教団を構成委していったのである。「十大弟子」 と 呼ばれる人々は、その中核となって教団を支えた弟子たちのことを指す☆解空(げくう [続きを読む]
  • 釈尊と十大弟子、その7(阿那律)
  • 眼の見えない弟子の衣を縫(ぬ)う釈尊。釈尊を中心とする仏教教団の一つの微笑ましい姿が........◎ 釈尊の十大弟子........ 釈尊の率いる仏教教団には、聖者の最高の境地である阿羅漢果(あらかんが)の悟りを開いた弟子が500人いた。その弟子を中心に、多くの信者が集まり、仏教教団を構成委していったのである。「十大弟子」 と 呼ばれる人々は、その中核となって教団を支えた弟子たちのことを指す☆天眼第一 アニルッダ [続きを読む]