白蓮の香り さん プロフィール

  •  
白蓮の香りさん: 法華経と共に!白蓮堂のブログ
ハンドル名白蓮の香り さん
ブログタイトル法華経と共に!白蓮堂のブログ
ブログURLhttp://magokoro18.blog.fc2.com/
サイト紹介文法華経をとおして仏様の世界を身近に感じていただきたいと思います。
自由文法華経の教えに結ばれるのは3000年に一度花が咲くという優曇華の華に遭うが如しといわれています。
そういう貴重で有難い法華経を学んでみたい。自分の魂を磨きたい、先祖を救いたいと思っていらっしゃる方法華経に触れてみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/07/31 14:10

白蓮の香り さんのブログ記事

  • 法華経に関わる、こぼれ話 その8
  • 巧妙に神仏の姿に化ける、動物霊! 審神(さにわ)力が大切です。※今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう)は、平安時代末期の十二世紀初頭に成立した説話集である。1059話からなる大部の書物であり、インド、中国、日本の三国に分けて説話が記載されている。そのうちの89話に「法華経」霊験譚(れいげんたん)がおさめられている。今回、紹介するのは巻第二十の第十三話です。◎今は昔、京都の愛宕山(あたごやま)に、 [続きを読む]
  • 法華経の守護神 その4(七面天女)
  • 「法華経」を信じる人々を守護する七面大明神。※仏教の経典の中でも「法華経」は最上最勝のものといわれ、仏、菩薩をはじめ天部の神々は、「法華経」を護持(ごじ)する者を必ず守るものであり、また守らなくてはならないという定めがある。というのは、「法華経」が説かれた霊山会(りょうぜんえ)において、十方(じっぽう)、三世(さんぜ)の諸仏、菩薩、諸天が「法華経」の行者を守護する誓いを立てているためです。◎七面天 [続きを読む]
  • 日蓮聖人の教え その4
  • この苦しみは法華経を見失っているために起こっているのです。※法華経の第一人者は、何といっても日蓮聖人です。法華経に生きた日蓮聖人の教えを紹介します。仏法ようやく顛倒(てんどう)しければ世間も又濁乱(またじょくらん)せり。仏法は体のごとし、世間は影のごとし、体曲がれば影ななめなり。(諸経と法華経と難易の事)訳、日本の精神的支柱であるべき仏教が真実を見失ってきたため、社会もまた乱れて濁ってしまいました [続きを読む]
  • 法華経に関わる、こぼれ話 その7
  • 法華経の功徳は計り知れないです!※今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう)は、平安時代末期の十二世紀初頭に成立した説話集である。1059話からなる大部の書物であり、インド、中国、日本の三国に分けて説話が記載されている。そのうちの89話に「法華経」霊験譚(れいげんたん)がおさめられている。今回、紹介するのは巻第十三の第二四話です。◎今は昔、世に一宿(いっしゅく)の上人と呼ばれる僧がいた。名を行空(ぎ [続きを読む]
  • 釈尊の言葉 その4
  • 自分の身体に感謝を込めて。※穏やかな心になれる ................ 釈尊の言葉をエッセイで紹介します。◎みんな自分が大事「今日も一日、おつかれさま」鏡の中の自分に、優しく話しかけよう。「私を支えてくれてありがとう」自分の身体にも、感謝を込めて話しかけよう。あなたという身体、あなたという存在そのもの。まずはそれを深く知りいたわり手入れをしよう。そしてその範囲をだんだんと身近な人へ広げていこう。あなたがあ [続きを読む]
  • 日蓮聖人の教え その3
  • 仏陀釈尊の道に目覚めることこそが ................. 。※法華経の第一人者は、何といっても日蓮聖人です。法華経に生きた日蓮聖人の教えを紹介します。善知識に値(あ)ふ事が第一の難(かた)き事なり。されば、仏は善知識に値(あ)ふ事をば一眼(いちげん)の亀の浮木に入り、梵天(ぼんてん)より糸を下げて大地の針の目に入るにたとへ給わり。(三三蔵祈雨事)訳、人をして仏道に導き、解脱を得させる指導者(善知識)に出 [続きを読む]
  • 法華経に関わる、こぼれ話 その6
  • 法華経により煩悩不浄の体を捨てて、清浄微妙なる身を得ることを喜びという。※今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう)は、平安時代末期の十二世紀初頭に成立した説話集である。1059話からなる大部の書物であり、インド、中国、日本の三国に分けて説話が記載されている。そのうちの89話に「法華経」霊験譚(れいげんたん)がおさめられている。今回、紹介するのは巻第十二の第四〇話です。◎今は昔、奈良県吉野の薊岳(あ [続きを読む]
  • 日蓮聖人の教え その2
  • 信じるということは、非常に難しい修行です。※法華経の第一人者は、何といっても日蓮聖人です。法華経に生きた日蓮聖人の教えを紹介します。夫(そ)れ仏道に入る根本は信をもって本(もと)とす。(法華題目抄)訳、そもそも、仏の教えを学ぼうと思ったたら、「信じる」 ことが根本となります。◎仏道を信ずる」とは?宗教は例外なく「信」からスタートします。「信じる」ということは難しく、人を信じて裏切られた経験をされた [続きを読む]
  • 法華経の守護神 その3(八大龍王)
  • 絶大なパワーを持つ龍神たち。八大龍王はしっかりと法華経の行者を守護します!※仏教の経典の中でも「法華経」は最上最勝のものといわれ、仏、菩薩をはじめ天部の神々は、「法華経」を護持(ごじ)する者を必ず守るものであり、また守らなくてはならないという定めがある。というのは、「法華経」が説かれた霊山会(りょうぜんえ)において、十方(じっぽう)、三世(さんぜ)の諸仏、菩薩、諸天が「法華経」の行者を守護する誓い [続きを読む]
  • 日蓮聖人の教え その1
  • 幾度の法難(災難)にも法華経の神通力により、難を逃れた 日蓮聖人。※法華経の第一人者は、何といっても日蓮聖人です。法華経に生きた日蓮聖人の教えを紹介します。なによりもうけがたき人身、値(あ)いがたき仏法に値へて候に、五尺の身に一尺の面(かお)あり。その面の中、三寸の眼(まなこ)二つあり。一歳より六十に及んで多くの物を見る中に、悦(よろこ)ばしき事は法華最第一の経文なり。(慈覚大師の事)訳、人に生ま [続きを読む]
  • 釈尊の言葉 その3
  • 食事は感謝をしていただきましょう!※穏やかな心になれる ................ 釈尊の言葉をエッセイで紹介します。◎たくさんの命を頂いている毎日の食卓あなたはちゃんと手を合わせていますか。いただきますとはその食材の命を私の命に代えさせて頂きますということ。あなたの栄養となるために自分の命をあなたに捧げた小さな生き物たちすべてに手を合わせていますか。その小魚にも納豆にも炊きたての白いご飯にすら。途方もない数 [続きを読む]
  • 釈尊の言葉 その2
  • 己に勝ち抜いてこそ!※穏やかな心になれる ................ 釈尊の言葉をエッセイで紹介します。◎運の良さだけでは、栄光をつかめないトップアスリートと呼ばれる人の成功は運の良さだけじゃない。たとえ彼らが「僕は運が良くてね」と言っていてもその言葉の裏には血のにじむような鍛錬(たんれん)がある。みんなが避ける道を、一人黙々と進みみんなが楽しむ時に、一人学び続けた。だからこそ彼らはトップアスリートという栄光 [続きを読む]
  • 釈尊の言葉 その1
  • 因果の法則は宇宙の摂理(せつり)。※穏やかな心になれる ................ 釈尊の言葉をエッセイで紹介します。◎めぐりめぐって、返ってくる自分の歩いてきた道をじっと振り返ってみると相手を傷つけたら自分も傷つけられていた。こっそり人を裏切ったらどこかで自分も裏切られていた。見返りなんて求めずポンと与えたら何かポンと私にも与えられていた。まるで見えない摂理(せつり)があるみたい善いことも悪いこともめぐりめ [続きを読む]
  • 法華経に関わる、こぼれ話 その5
  • 法華経の神通力で目に奇跡が.......※今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう)は、平安時代末期の十二世紀初頭に成立した説話集である。1059話からなる大部の書物であり、インド、中国、日本の三国に分けて説話が記載されている。そのうちの89話に「法華経」霊験譚(れいげんたん)がおさめられている。今回、紹介するのは巻第十三の第廿六話です。◎筑前(ちくぜん)の国に役人がいた。その妻は、目が不自由になってもの [続きを読む]
  • 法華経の守護神 その2(鬼子母神.十羅刹女)
  • 「法華経」の行者を守護する最強の鬼の女神たち!※仏教の経典の中でも「法華経」は最上最勝のものといわれ、仏、菩薩をはじめ天部の神々は、「法華経」を護持(ごじ)する者を必ず守るものであり、また守らなくてはならないという定めがある。というのは、「法華経」が説かれた霊山会(りょうぜんえ)において、十方(じっぽう)、三世(さんぜ)の諸仏、菩薩、諸天が「法華経」の行者を守護する誓いを立てているためです。◎鬼子 [続きを読む]
  • 法華経の守護神 その1(法華三十番神)
  • 八百万(やおよろず)の神々も「法華経」の行者を守護する守護神です!※仏教の経典の中でも「法華経」は最上最勝のものといわれ、仏、菩薩をはじめ天部の神々は、「法華経」を護持(ごじ)する者を必ず守るものであり、また守らなくてはならないという定めがある。というのは、「法華経」が説かれた霊山会(りょうぜんえ)において、十方(じっぽう)、三世(さんぜ)の諸仏、菩薩、諸天が「法華経」の行者を守護する誓いを立てて [続きを読む]
  • 法華経に関わる、こぼれ話 その4
  • 死んだらだれもが、閻魔法廷で裁かれますが、法華経の行者には、閻魔大王様は別格扱いです!※今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう)は、平安時代末期の十二世紀初頭に成立した説話集である。1059話からなる大部の書物であり、インド、中国、日本の三国に分けて説話が記載されている。そのうちの89話に「法華経」霊験譚(れいげんたん)がおさめられている。今回、紹介するのは巻第十三の第六話です。◎摂津(せっつ)の [続きを読む]
  • 法華経に関わる、こぼれ話 その3
  • 法華経の威力、第二弾。観音さまも法華経を弘めることに必死です!※今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう)は、平安時代末期の十二世紀初頭に成立した説話集である。1059話からなる大部の書物であり、インド、中国、日本の三国に分けて説話が記載されている。そのうちの89話に「法華経」霊験譚(れいげんたん)がおさめられている。今回、紹介するのは巻第十二の第廿八話です。◎肥後(ひご)の国に一人の書記官がいた。 [続きを読む]
  • 法華経に関わる、こぼれ話 その2
  • 法華経は過去から未来永劫、変わりなく私たちに救いの手を差し伸べてくれます。※今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう)は、平安時代末期の十二世紀初頭に成立した説話集である。1059話からなる大部の書物であり、インド、中国、日本の三国に分けて説話が記載されている。そのうちの89話に「法華経」霊験譚(れいげんたん)がおさめられている。今回、紹介するのは巻第十三の第二話です。◎今は昔、葛川(かつらがわ)と [続きを読む]
  • 法華経に関わる、こぼれ話 その1
  • 法華経の中に絶対性を見い出すことができたら、奇跡を起こすことも可能になります。◎法華経霊力の秘密 ........... 法華経にはなぜ、あれほどの霊力が込められているのか。法華経の第一人者と言えば、日蓮聖人です。日蓮聖人にまつわるお話はいろいろありますが、霊力ということに関しましては、真言律宗のお坊さんと霊力比べをした話が有名です。「日蓮、お前は大層な通力の持ち主だそうだが、わしと通力の競争をしよう」 「よし [続きを読む]
  • 観普賢菩薩行法経
  • 普賢菩薩様の懺悔の法で許されたならば..........(何か法華経って凄いなぁ〜)「法華経」に「無量義経」(むりょうぎきょう)と「観普賢菩薩行法経」(かんふげんぼさつぎょうほうきょう)を加えたものを法華三部経という。もともとは別の経典であったが、この三部をセットにする考え方は天台智顗(てんだいちぎ)の伝記に出てくる。そして平安時代には「無量義経」を「法華経」の開経(かいきょう)プロローグ、「観普賢菩薩行法 [続きを読む]
  • 第28章 「普賢菩薩勧発品」その5
  • 「法華経」は、現実を力強く生きる経典です。普賢菩薩の決心を聴かれた釈迦仏は、それは善いことであると普賢菩薩をおほめになられた。さらに、普賢菩薩が前世から菩提心を発(おこ)してこのお経を守護してくれた努力に対しても、おほめの言葉を述べられた。さらに仏は、普賢菩薩の御名(みな)を受持(じゅじ)する者を守護しようとまで言われた。普賢菩薩の御名(みな)を受持する者とは絶対の真理に生きる者である。そのような [続きを読む]
  • 第28章 「普賢菩薩勧発品」その4
  • 命終したとき、たくさんの仏に導かれて兜率天上の弥勒菩薩のところに行くことができる法華経の最後の章です。◎陀羅尼呪(だらにじゅ)を唱える三七日(21日間)のあいだ、一心に精進することが終わると、普賢菩薩が六牙(ろくげ)の白象に乗ってたくさんの菩薩に取り囲まれて姿を現し、一切の人々が喜ぶような華麗な姿を目の前に現して、教えを説いて示教利喜(じきょうりき)してくださるというのである。示教利喜ということは [続きを読む]
  • 第28章 「普賢菩薩勧発品」その3
  • 法華経を学ぶことにより、普見菩薩のお姿を見ることができます。法華経の最後の章です。「法華経」のことを一生懸命に考えている人がいれば、普賢菩薩は白象に乗ってその人の前に姿を現すと説く。これは大切なことです。どんなに「法華経」の教えを考え、実行しようとしていても、時には魔がさすことがある。そんなときに普賢菩薩は白象に乗って姿を現すのである。「法華経」の経文の一句でも一偈(いちげ)でも忘れていたならば、 [続きを読む]
  • 第28章 「普賢菩薩勧発品」その2
  • 「法華経」の教えを体得できれば、必ず仏に成ることができる。法華経の最後の章です。◎四つの条件仏が普賢菩薩に言うには、如来の滅後に「法華経」を弘めようとするならば、四つのことをしっかり守る必要がある。  一、諸仏に護念(ごねん)されること。  二、諸(もろもろ)の徳本(とくほん)を殖(う)えること。  三、正定聚(しょうじょうじゅ)に入ること。  四、一切衆生を救う心を発(お)こすこと。第一の、諸仏 [続きを読む]