野梵 さん プロフィール

  •  
野梵さん: 野良爺風伝録
ハンドル名野梵 さん
ブログタイトル野良爺風伝録
ブログURLhttp://zinenfarm.blog.fc2.com/
サイト紹介文鈴鹿山脈の東麓で休耕地を耕し、薬草やハーブを栽培。薬草園を荒らす獣害対策に始めた罠猟に嵌っています。
自由文アシュワガンダやトウキなど色々な薬草を栽培しています。薬草の効能や栽培方法は本編のhp、鈴鹿山麓 自然生村(http://zinen.web.fc2.com/)にありますが、こちらでは栽培の相談などもお気軽に受け付けます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/08/07 08:24

野梵 さんのブログ記事

  • 小物ですが
  •  小型の猪が掛かっていました。某氏の所へ持ち込んで計量したところ腹抜き10キロちょいです。 某氏によると注文は多いけれど肝心の猪が獲れずに困っており、何人かの猟師仲間に声を掛けているけれど、県内ではどこも獲れていないそうです。  来週には大事なお客様が東京から態々取り見えるから何とか間に合わせたいので協力して欲しいとの事。鉄砲で仕留めなければならない時など、いつも助けて貰っているので何とか力になり [続きを読む]
  • 嬉しい獲物
  •  降りそで降らない空模様に出そびれて重い腰を上げたのは10時過ぎ、並みの猟師なら獲物を持ち帰って来る時間です。軽トラに道具を積み込んでいるとジビエを販売している猟師の某氏がやってきた。  前回獲った猪は彼にお買い上げ頂き、東京へ行ったと聞いていたが、そのお客様から追加注文があったので猪が獲れたら連絡して欲しいとの事であった。そう言われるとこちらも嬉しい物で、気分を良くして山へと出発。  先ずは近場 [続きを読む]
  • シャープの雇止め
  • シャープ亀山工場が2800人の日系外国人を雇止めした事で世間を騒がしている。 気の毒であり何とかしてあげたいものだ。  では何故この様になったのか? アップルのアイホーンが売れなくなったからか? いや、もっと根深い所に問題があるらしい。  昨日の日経によると、シャープはアクオスのブランドでスマホを生産すると共に主要デバイスの外販に力を入れており、カメラと顔認証システムがアイホーンに採用されていると [続きを読む]
  • アカメガシワとウコンでどうよ
  • 今日も朝から霧雨が降っており、畑では冬支度が待っているのだが、出かける気が起こらない。ストレスを持たないのが一番の健康法だと割り切って無理はせずにダラダラと過ごす事にした(^_^) と言う事で、昨日に続いて今日も与太を書く。 昨日も漫然とネットサーフィンをしていると携帯電話が鳴った。「癌の治療に良い薬は無いか?」と話される。年に数回はこういう電話が掛かってくるのけれど「うちは薬草苗を売っているだけで薬 [続きを読む]
  • 冬が来ましたセンシンレン
  •  寒くなると風邪が大敵となりますが、近年ガンやエイズそしてバクテリアやウイルスで誘発される病気に対して効果があると注目されているのがセンシンレン(穿心蓮) Andrographis paniculata で、中国やインド、タイなどアジアの各地では風邪や肺炎の治療に多用されているとの事。   アメリカの有名な病院であるメイヨークリニックの代替医学書にも「エゾウコギと組みわせることにより、風邪の症状・期間を改善しうる」とある [続きを読む]
  • やっと猪
  •  やっと生きている猪を獲りました。写真ではカワイイ顔をしていますが50キロ程の中型です。  槍で突こうとすると、2ヶ月も休戦していたから感が鈍ったか、急所を外した槍を咥えられ、引っ張り合いをして振り回されている間に、その場で間に合わせた木の目釘が折れてスポリと穂先が抜けてしまいました。 槍は突くより引くのを早くせよと言われていますが、動物相手でも一緒ですね。  しょうがないので周りに落ちている枯れ [続きを読む]
  • 又しても
  •  ネットで猟師仲間の報告に少しばかり焦りを感じております。 今日も今日とて、鹿が掛かっていたものの前の猪と同じで、自分で自分を木に縛り付けて死んでおりました。木を抱かえる様にワイヤーで両方の前足を絡ませ、横倒しになって起き上がれなくなり死んでしまった様です。 発見時間は昼のサイレンが鳴る少し前で、死後硬直をしている事から、3時間以上前に死んではいるものの、狐や狸など野獣による食痕が見られないので、 [続きを読む]
  • イボツヅラフジ収穫
  • イボツヅラフジ(学名 Tinospora cordifolia)を収穫しました。 東南アジア原産の蔓性植物で、日本では林縁でよくみられる生薬名を防已(ボウイ)と呼ばれるツヅラフジの仲間です。  これの栽培に昨年から取り組んでおり、タイから挿穂を持ち込んで貰って挿し木をしているのですが、昨年は発芽に失敗したものの、今年はその反省を生かして10余本を育てる事ができました。  問題はどう冬越しをさせるかです。石垣島でアーユ [続きを読む]
  • 残念な初獲物
  •  街道祭りで出遅れた今年の狩猟ですが、やっと猪を捕獲、所が残念、死んでおりました。 括り罠で使うワイヤーの長さは3〜4mあるのですが、大きな猪が掛かってそのままで走り回られると槍で突くのは難しいし、何より怖い(^_^) そこで樹木が多くある所に罠を掛け、ワイヤーを木に絡めさせて動ける範囲を狭めて棒で頭を叩いたり槍で突きます。  今回はワイヤーが絡まり過ぎて不自然な体勢で木に縛られて身動きできなくなり、 [続きを読む]
  • 小春日和の畑で
  • 雲一つ無い青空から降り注ぐ晩秋の陽は柔らかく、刈り残されたホーリーバジルが畑に芳香を漂わせます。 3角ホーでニンニクの草を削っていると、背中にうっすらと汗を感じる気持ちの良い農作業日和。 今日も援農に来てくれたAさんは無農薬で、化学肥料も嫌ってヒジキの滓やボカシを使っていますが、Aさん主導の作物は草除けのビニールマルチすら使わせてくれません(^_^)  収穫の秋と言う事で、残っていたフタバムグラを刈り取 [続きを読む]
  • 関の街道祭り
  • 昨日は関の街道祭り。これまでは祭囃子を背中で聞いて畑で鍬振る俺らが秋でしたが、作るばかりも脳が無かろうと、今回は畑の前の家の街道側軒先を借りて販売をしてみました。  人生も残り少なくなったので、今までの薬草栽培を世に問うべく、これからは積極的に外に出ようとの方針からの小さな一歩です。売上は僅かでしたが、我が薬草人生劇場第2幕の始まり始まり。  販売したのはバタフライピーとステビアにホーリーバジルの [続きを読む]
  • 伊勢平氏と白児党
  •  土曜日ですが、隣の鈴鹿市で行われた、郷土史研究会の集いに参加してきました。テーマは「伊勢平氏と白児党」で、歴史を地域おこしの材料にしようと10人程で発足したグループだそうですが、会場には予想外の30人を超える参加者があり、資料も席も足らない状態でした。  発表者から平氏隆興の祖である平正盛が亀山の久我で生まれたとか、清盛が海人族の流れを汲むなど、トンデモ発言(^_^)もありましたが、よく勉強をされて [続きを読む]
  • 食品衛生責任者養成講習会
  •  県の四日市庁舎で行われた食品衛生責任者養成講習会へ行ってきました。 この講習を受けると飲食店営業、菓子製造業、食肉販売業や魚介類販売業などの営業施設又はその部門ごとに置かなければならない「食品衛生責任者」になれます。  そろそろ終活を始めなければならない爺さんが何を又? とお思いでしょうが、この猟期から始まる「みえジビエフードシステム登録制度」において、「みえジビエ解体処理者」の認定を受けるため [続きを読む]
  • シャタバリ乾燥
  • 菊日和の柔らかな陽の下で、先日掘りあげたシャタバリを干しました。 水洗いをした後で皮を剥いて芯を取るのですが、新しい根茎の皮は剥けるもののヒネた物は剥けません。そんな物の半分は丸のまま、残り半分は2,3センチに切って干しています。  シャタバリは援農にきてくれるAさんのたっての願いから栽培を始めた物で、今年で3年が経ち、2枚目の写真の様に大きく育った物のうち1株を苦労して堀り、多くの根茎を採取した [続きを読む]
  • 市議選挙
  •  来年は参議院と地方選挙の年ですが、当地では昨日から市議会議員選挙が始まりました。 畑の地主さんが出られましたが、微力ながらのお手伝いで、選挙ポスター貼りです。 ポスター貼りとバカにしてはいけません(^_^) 大量のポスターを手早く貼るには何人もの支援者が必要で、その候補の選挙体制も見てとれるのです。  今回の市議選は18議席に対して、前職1人と新人5人の23人が立候補し、全国的に地方議会の立候補者が減 [続きを読む]
  • 白花蛇舌草を乾燥
  •  気持ち良い秋空が広がっていますが、陽光を受けて薬草の天日乾しをしています。   近年は生薬名の白花蛇舌草の方が有名になったフタバムグラ。 薬草のネット販売では草分けだった滋養園の谷中さんが盛んに探してみえましたが、その後に癌で亡くなられ、販売目的ではなく自分が使いたかったのだと知り先達の死を惜しんだ物です。もちろんネットでは売られておらず、私も田圃跡などを回って探した物ですが、見つかりませんでし [続きを読む]
  • 茗荷咲く
  •  ミョウガの花が咲きました。 主に薬味として使われますが、血液をサラサラにしたりホルモンバランスを整える効果があるそうです。  お隣の奈良県が大和の伝統野菜にしていますので、うちでも栽培してみようかと思いますが、これは山で採ってきたものなので栽培には向いてないかな?  この花を取り巻く様に這っているのがテイカカズラです。 百人一首の選者として知られている藤原定家が思いを寄せていた式子内親王(しょくし [続きを読む]
  • みえジビエ新制度説明&講習会
  •  三重県伊賀庁舎へ行ってきました。 三重県農林水産部フードイノベーション課が行った「みえジビエ関係制度改定説明会・新登録制度講習会」への参加です。   ハンターやジビエ事業に関心を持つ人達を対象としたもので、順次県下各地で行われますが、先ず最初の催しです。 会場には伊賀地区やその近隣から90名程が集まり、写真の通りほぼ満席でした。  伊賀地区の猟師さんは2百数十人だと聞きますが、半分近くが集まった [続きを読む]
  • 明村役場
  •  やっと秋らしい日が続き、農作業に精をだしています。 今日は関の畑へ行く折に少し遠回りをして耐震改装なった旧明村役場を見てきました。 3流私大文系卒ですが、40数年前に夜間の職業訓練所に通い、2級建築士を取っています。管理設計士として(1人しかいない)小さなプレハブ住宅ですが、中部圏に数十棟を建てており、亀山市でも1棟だけですが、確認申請をして工事管理もしています。 しかし、私は字がとても下手で、 [続きを読む]
  • 倒木整理
  •  今回の台風では、庭にある太さ20センチ樹高4m程のヤマモモの木が倒れました。カミキリ虫に食われ一部がスカスカになっていたところを強風に煽られて耐えきれずに根元からバキッ。 垣根沿いにあったのですが、幸い道路ではなく内側にある草茫々のポット苗の上に倒れ込んだので事なきを得たものです。  そこで今日は何年か振りにチェンソーを引っ張り出し、倒木を玉切したあと斧で割って薪にしました。 随分と久し振りに薪 [続きを読む]
  • 駆除期掉尾に猪尾をゲット
  •  一週間の休猟も26日で終わり、9月末までと残り僅かとなった有害獣駆除を再開しています。 今日も早朝より束の間の青空の下、昨日設置した罠を見回ると、オウ!早速のお客様がお待ちだ、デカイ! まさか昨日の今日で大物が掛かるとは思わなかったので止め射しの準備は無く助っ人を頼む  それでも槍の穂先は持っていたので待つ間に細めの雑木を切り、それに穂先を紐で結わえて槍を作った まもなく助っ人到着となって戦闘開 [続きを読む]
  • 秋畑薬草
  •  秋の彼岸も済んだのにまるで梅雨の様な天候が続きますね。20日から26日は動物愛護週間とやらで狩猟にも行けず、放ったらかしにしている畑に注力しようと考えていましたが、この空模様ではそれもままなりません。  それでも連休の23、24日は天気も良かったので久し振りに畑作業に精を出しておりました。  暫く見ない間の畑の状況としては、シャタバリが大きく育ち、実も付けているものの赤い実が無い、鳥が食べるのか [続きを読む]
  • 猪無惨
  • 見上げる空が青い。雨が続いた後だけに山も空も澄みわたり、その境界が際立ってみえる。  山の中に入ると木々は未だ緑の衣を纏って秋を感じる事はないが、足元は乾ききっていない落葉の上で色とりどりの花が咲くかのように名を知らぬ茸が生え茂る風景はやはり秋のものだろう。  その落ち葉を踏みしめて、ゆっくりと緩い斜面を登っていくと、前方で派手に山を削って地肌を露出させている。猪だ! 慎重に近づくと、土木工事に疲 [続きを読む]
  • 雨のち狩猟
  • 前日の夕方、罠回りの折に中型の猪が掛かっているのを見つけたが、その前に掛かっていた鹿に手間を取ったので既に山は薄闇に包まれていたのと、離れた場所にある車まで始末の道具を取に戻るのも面倒だったので放置してきた。  明けると外は雨だったので晴猟雨読を決め込むが、午後も半ばを過ぎた頃に雨も上がったので山へと向かう。 ザックに道具一式を背負い、槍を杖に濡れた斜面を登るが、辺りには夕暮れの気配が迫り、こんな [続きを読む]
  • テストコース界隈
  •  猟友会の班長さんより、豊田自動織機亀山試験場の工事をしている清水建設が、引き渡しが迫っているのに場内に植栽した草木を鹿が食べて困っていると聞いたので、狩猟ついでに少し足を延ばして見てきました。  山側に回るとフエンスの向こうに鹿のフンやイノシシの足跡があちこちあります。これはフエンスを乗り越えて入ったのではなく動物を押し出さないまま囲ってしまったのでしょう。 敷地面積66ヘクタール、開発面積がそ [続きを読む]