MUUSAN さん プロフィール

  •  
MUUSANさん: 読後充実度 84ppm のお話
ハンドル名MUUSAN さん
ブログタイトル読後充実度 84ppm のお話
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/rose_music_etc-old/
サイト紹介文クラシック音楽とバラの話題が中心の雑記。最新記事は「新・読後充実度 84ppm のお話」で日々更新
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/08/07 12:00

MUUSAN さんのブログ記事

  • オリンパスをドナドナし、ぶっといバズーガに♪JSB/BWV.147
  •   拡大して矢印の先を見よ!(ハズキルーペ不要) これが何かおわかりになるだろうか? そう。電気カミソリの網刃(むかしは外刃って言わなかったっけ?)である。 このあいだの土曜日の朝、ひげを剃ろうと思ったら、イタタタタタ! この痛み、経験がある。網刃に異常発生の予感。 そして、案の定、網刃が微細に損傷していた。しかも、1カ所ではなく何カ所かにわたって。 気が付かないうちに劣化が進んでいて、気が付いたこ [続きを読む]
  • 試着泥棒ってやつですかね?ロシア民謡/12人の盗賊
  •   スカートにタグが…… 上のお姉さんは単独犯と思われるが、今日の1曲はロシア民謡の「12人の盗賊(12Thieves)」。 作曲者は不詳だが、1880年ころに出来上がったらしい。 歌詞は詩人のH.A.ネクラーソフの詩からとられているそうで、その内容は12人の盗賊がいてたいそう悪さを働いていたが、あるとき良心にめざめ神父になるというもの。 赤星赤軍合唱団の演奏を。 1992年録音。TELDEC。 ロシア民謡集である。   このCDの [続きを読む]
  • 鉄ちゃんの手による鉄火巻の味は?♪武満徹/グリーン
  •   トントントントン、石落とせ あの文具店のガラス戸の“ナワトビあります”と書かれた貼り紙もいつの間にかはがされて無くなってしまい、なんとなく寂しい思いをしている私だが、みなさん、最近なわとびしてますか? 私は小学生のとき以来、まったくやっていません。 尿管結石で死ぬほど痛い思いをしたときに、これからは毎日なわとびをしようと決意し−跳ぶ振動で石があった場合は落ちてくるという、流石茶いらずとも言える [続きを読む]
  • その名は『昼食家』←直訳♪R.シュトラウス/家庭交響曲
  •   仕事帰りにほか弁。わが人生の初体験 通勤途中に弁当屋が2軒ある。 ひとつはほっかほっか亭。誰もが知っているチェーン店だ。 もうひとつは『ランチハウス』。誰もがは知っていない、でも数店舗展開の店らしい。 この店で、仕事帰りにこれまで2度弁当を買ったことがある。 夕ご飯をほか弁屋で調達するなんて、私はこれまで経験がなかった。  家庭の味を思わせる出来の良さ サンプルはかなり年季が入っているが、本物の弁 [続きを読む]
  • 横綱はひねられた♪チャイコフスキー/くるみ割り人形
  •   北海道なのに江戸 はるみではない。でも北海道の知事ははるみである。 いや、そうじゃなくて、私は知らなかった。 『江戸揚げ』なる、間食はほとんどしない私でも、これには手を伸ばさざるを得ない美味の極致、米菓の王の王が、北海道にしかない食べものだということを。 本当なのか? いまだに信じられない。 だってお江戸を名乗っているのだ。 だが、考えてみれば名古屋のスーパーでも大阪の量販店でも、『江戸揚げ』 [続きを読む]
  • ハズキルーペで細胞を見る、って話ではなく♪PMD/石の連禱
  •   小さい以前にピントずれ 財務省の前事務次官のセクハラ問題。 実際にセクハラがあったかどうかはわからないが−あったと私は思ってる−、テレビ朝日が財務省に対して提出した抗議文について、財務大臣である高慢ちきな麻生氏が「文字が小さい」と難癖を付けていた。本人はユーモアのつもりなんだろう。 でなきゃ、こんな場面で「字が小さい」なんてとんちんかんなことを、大物政治家である『あっそー』氏がいうはずがない。 [続きを読む]
  • 富良野にいたのは黒板蛍♪サン=サーンス/動物の謝肉祭
  •   新入学シーズンににぎわう場所 羊は吉田。 さんまは明石家。 竜は加納。 ライオンは大西。 タカはガダルカナル。 ねずみは先輩。 めだかは池乃。 うさぎは中村。  じゃあ、亀は? お店の名の由来が気になるところだ。 サン=サーンス(Camille Saint-Saens 1835-1921 フランス)の組曲「動物の謝肉祭−動物学的大幻想曲(Les carnaval des animaux - Grande fantaisie zoologique)」(1886)。 作品の詳細について [続きを読む]
  • PooH,PooH,ぷぅ〜…♪グローフェ/ハリウッド組曲
  •   金の玉なら知ってます ネットでこんな記事を見かけた。 実写版「銀魂」などの作品で知られる映画監督の福田雄一氏(46)が2018年3月27日、フィギュアスケートの羽生結弦選手について書いた雑誌コラムで、本人やファンを「悲しい気持ちにさせた」として、ツイッターで謝罪した。 問題となったコラムで福田氏は、羽生選手が個人的に「苦手」だとして、その言動について「恥ずかしい」などの持論を展開。こうした意見に、羽生選 [続きを読む]
  • 素直に受け止められない私♪レスピーギ/風変わりな店
  •   ウソくささ、その1 一国の首相が読売新聞を読めだの、朝日新聞はなっていないだのと、幼稚くさく、不利なことを書く新聞の悪口を言い、提灯記事を載せる新聞を絶賛していたのは少し前の話。だが、今回は朝日が報じた“森友文書書きかえ問題”が真実を報じていたことが判明。朝日新聞はどうしようもない新聞だとは済ませられなくなった。 別に私は朝日新聞が好きなわけでも、読売新聞が嫌いなわけでもなく、北海道新聞とまんま [続きを読む]
  • 小犬のものかどうかは知らないが……♪ショパン/ワルツ第6番
  •   めりこみ 大阪だからってことでは全然ないのだろうが、あるいはたまたま私が住んでいるあたりが特異的なのかもしれないが、歩道にやたらと犬の糞がある。 いや、褐変したモンキーバナナのようなそのままの形状であることは少ないのだが、アスファルトの細かな凹凸の凹の中にめり込んでいたり、たちの悪いことに凸の表面に塗られた状態だったりで、まるで素人が左官工事したような様相なのだ。しかもほどよく乾いているときて [続きを読む]
  • 気づかれたか?コスマ/枯葉
  •   盆踊り→迎春 前回、16日のブログに、マンション1階のエレベーター前にある掲示板にずーーーと貼られたままになっている盆踊りの案内を載せた。 それに管理人が気づいたのだろうか? すぐにそれははずされ、新しいものに替えられたのだ。 いや、まさかな…… 管理人がインターネットをやっているとは思えない。 やっていても、このブログを閲覧している可能性はマイナス100%に近いだろう。 たまたま新しい『貼るに値する [続きを読む]
  • うれしそうにワンダフル!私も思わずつられて笑顔♪なんて甘く素敵な夜
  •   左が弱い私 ふつうなら「今年を振り返って」と、年末にこの1年間の己の善行をとうとうと書き連ねるところだが、毎月1日と16日に更新という原則をがんこじじいのように貫いているので、ここでは去年を振り返ってみたい。 去年の夏はひどく暑かった、ということはともかく、6月にその存在に気づいたガングリオンは、結局消失することなくそのまま相変わらず左手の薬指のつけ根の皮膚の内側に存在したままだ。 消失しないが小さ [続きを読む]
  • ちんちんしてぇ〜♪プロコフィエフの「青春交響曲」
  •   お化け屋敷には帰りたくないんです これは『すすきの何とか情報』とか『錦三夜遊びマップ』ではない。 ある専門紙に載っていた広告である。 あなたはこういうのお好きだろうか? もちろん私はこの顔見せ写真にありがちなこの女性のことについてあなたに質問しているわけだが、あなたの答えがどうであれ、私には気味の悪さしかない。 “妻も喜び”ってことは、これは妻をイメージしているのか?(そういう設定でないとご家 [続きを読む]
  • ふつうの感覚じゃない♂と♀たち♪ワーグナー/前奏曲と愛の死
  •   西川センセイに1票 “サンデー・ジャポン”で西川史子さんが、山尾志桜里議員のことを「バカなんじゃないかな」と言った。 一方で、テリー伊藤は「良い仕事をしてくれればいい」と発言した。 個人的なこと−不倫疑惑−で叩かれながらも、見事に選挙で当選。 それは、このテリー伊藤の発言と同じように、「不倫は良くないことだが個人的なことであり、彼女の政治資質・能力は国のために必要」、という有権者の判断があったか [続きを読む]
  • 図鑑だって致命的ミスをすることもある♪Schobert/Sonata Op.3
  •   自分たちが排除されちまった 選挙は、希望の党が大失速で、やっぱりねぇという結果になった。 選挙後、自民党のみなさんは「謙虚に」「謙虚に」「謙虚に」と言っているが、その一方で、相変わらずアッそう氏はヘンテコなことを口にし、その後の取材では高慢ちきな態度。この人、三角関数のグラフ−ただしタンジェントは除く−みたいに周期的に「おやっ?」てことを口に出すのは、まさかおバカさんじゃないわけだから、やっぱ [続きを読む]
  • 間違える気持ちはちょいとわかる♪ラヴェル/序奏とアレグロ
  •   たぬきは怖い?きつねはウソつき? 前回、この元祖というか旧というか、まっとにかくこのブログでは、砂糖に群がるアリのように野党が大結集して、ヒアリのごとく強烈な毒をもって戦いに挑むかと思いきや、やっぱりあの人たちはまとまりきらない。 hope勢は国民のことではなく、女王様にひれ伏している。その女王様が何をしたいんだかよく伝わってこないし、今回の排除発言はかなり彼女の印象を悪くした。女王さま、こわ〜〜 [続きを読む]
  • クープランは彼女の勝負カラーを知っていた?花も開く?
  •   一方的に自分の言いたいことを 9月25日衆院解散発表の夜、安倍首相は1人,、各局のニュース番組にリレー出演していた。 あいかわらずの高めのトーンの早口で、しばしば聞き取りづらい。 いつものように、自分の言いたいことをまくし立て、キャスターや解説者からの質問にはあまりまともに答えない。 応じたとしても微妙に自分の言いたいことへとすり替えていく。 自分に都合の悪いことを取り合わない姿勢はここでも健在だ。 [続きを読む]
  • はめてないのにはめられた女と、チャック全開で立ちはだかる男の話
  •   一戦交えて……ないの? しっかし、不倫リーク合戦ですね。世の中。 自民党が今井なら、民進党は山尾。 芸能界では、あほんだら女としか思えない−ファンの方すいません−斉藤由貴。 一度ならず二度までも。二度あることは三度あるのこちらの話はばかばかしいったらありゃしない。 山尾議員の場合は“やり手”を消せとばかり、はめられた感が強い。 やっていることは全然褒められたことではないけど、“サイゾー”に書い [続きを読む]
  • 私にここでDancerになれと?♪ファリャ/恋は魔術師
  •   ここが舞台? 先月、旭川に出張した時のこと。 小道によって歩道がいったん切れていたが、その先の向かいの縁石に貼られていた鉄看板がこれ。 踊り子? いや、こんなところでアタシ、踊れません。  踊りの百貨店 ファリャ(Manuel de Falla 1876-1946 スペイン)のバレエ「恋は魔術師(El amor brujo)」G.44/68(1914-15/改訂'15-16)。 ソプラノ(またはアルト独唱)を伴う1幕2場のバレエのための音楽で、詞はG.M.シ [続きを読む]