☆blossom☆ さん プロフィール

  •  
☆blossom☆さん: 出会いのアプローチ
ハンドル名☆blossom☆ さん
ブログタイトル出会いのアプローチ
ブログURLhttps://ameblo.jp/cherry-blossom-color/
サイト紹介文出会いのきっかけアプローチのノウハウ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/08/17 18:31

☆blossom☆ さんのブログ記事

  • 理想ではなく価値観
  • 友達が多い人の中には、異性の友達もたくさんいる人もいるはずです。自分で「この人は友達だ」と思っていると、その相手を恋愛対象として見ることはないでしょうが、意外とそんな中にあなたにピッタリの相手がいる可能性があるのです。 恋愛をしたいと思った時、人は理想の相手を思い描くものです。「見た目はこんなタイプで、このくらいの身長、こんな仕事をしている人が良い」というように、個人差はあれど大なり小なり理想を抱 [続きを読む]
  • 友達を恋人候補に
  • 恋愛に失敗してきた人の中には、「自分に合う人がいない」と落ち込んでいる人もいるでしょう。「もう傷つきたくないから恋しない」と思っている人もいるのではないでしょうか。そんな人は、近くにいる異性の友達を改めて観察してみると良いでしょう。友達として出会い、友達として付き合ってきた相手は、今のところは自分にとって「信頼出来る友達」という存在でしかなく、恋愛対象として見たこともないのではないでしょうか。しか [続きを読む]
  • 友達から告白されたら
  • 友達と思っていた異性から告白された場合、今更相手を恋愛対象として見ることが出来ないと悩んでしまうかもしれません。友達としての付き合いが長く、異性として意識したことのない相手となれば、突然の告白には嬉しさなどよりも戸惑ってしまう人の方が多いのではないでしょうか。出会いを経てから、長い間ただの友達として付き合っていた相手であればお互いに色々なことを知っているでしょうから、気を使うことなく気楽に付き合っ [続きを読む]
  • 片思いの相手
  • タイプの人と出会い、ずっと思いを寄せている人の中には相手と友達関係で仲良くなっている人もいるでしょう。そうして少しずつ距離を縮めている人は、相手の行動や言葉に一喜一憂するものです。そんな状況で、相手から「あなたと一緒にいると気楽」と言われてショックを受けた経験のある人はいないでしょうか。恋愛感情を持っている異性と距離を縮める際には、「友達ではなく、恋愛対象として見て欲しい」と思うものです。そのため [続きを読む]
  • 信頼関係があるからこその気楽さ
  • 恋愛にドキドキ感を求める人は少なくありません。好みの人と出会い、恋人として一緒に過ごせる時間はドキドキして楽しいものです。しかし、このドキドキ感が薄れてくると気持ちが冷めてしまったのだと感じて別れを考えてしまう人もいるのではないでしょうか。交際がスタートしたばかりの恋人と過ごす時間は誰でも新鮮で楽しいものです。しかし交際期間が長くなれば、一緒にいることも相手の存在も当たり前の感覚になり、ドキドキす [続きを読む]
  • 寂しさを紛らわすために
  • いつもの楽しいデートでは、カフェなどでとりとめのない会話をするだけでも幸せを感じるものでしょう。それが出会いから始まって付き合っていく過程のカップルにはとても幸せな時間となるのです。そのような楽しいデートの時間もやがて終わりが訪れます。次も会えるのですから、それほど寂しがらなくてもいいと思うのですが、いつも一緒にいたいと思うカップルにはその日のデートの別れだけでもとても悲しくなってくるものなのです [続きを読む]
  • 次のデートを楽しみにするために
  • デートというと、仕事や学校が終わってから待ち合わせをするなど、それぞれの都合に合わせなくてはいけません。それがまた楽しい瞬間ではありますが、「待ち合わせたものの今日は何をするの」、と予定を全く立てていないデートも良いでしょう。一方で、あらかじめ映画を見るとかボーリングをするとか楽しい行事を決めているデートならば、それまでの心の準備も整えているはずですから、さらに楽しいものになるのではないでしょうか [続きを読む]
  • 一度きりだけど次がある
  • 楽しいデートもいつまでも続きません。その日の夜になると楽しいデートも終わりとなります。そうすると帰りはどちらともなく二人が一緒に過ごせるぎりぎりの場所まで行くことになります。たとえば駅で二人が別方向に帰らなくてはいけないということになれば、その駅までは一緒に行くでしょう。男性でしたら、女性を家まで送り届けたいと考えます。女性でしたら、家まで送ってもらうのは悪いなと思いながらもその気持ちが嬉しく甘え [続きを読む]
  • 帰りに次のデートを話し合う
  • この人といるとデートはいつも楽しい、そういった関係が理想のカップルと言えるでしょう。それでもデートが楽しければ楽しいほど、デートが終わった後の寂しさは増してくるのではないでしょうか。次にまた会えるから、と自分を慰めて別れなくてはいけません。それでも寂しさが募るときはどうしたらいいのでしょうか。もちろんデートが終わってもそれで終わりではなく、次のデートを心待ちにしておけばいいのですが、その次のデート [続きを読む]
  • 次のデートの約束をする
  • いつものようにデートでコーヒーを飲みながら、今日はこんなことがあった、あんなことがあった、というような他愛もない話をして過ごすのが至極の楽しみであったりします。それは愛しい人と一緒にいられること、そして、なんでもない時間を共有できていることに幸せを感じる瞬間だからでしょう。出会いから様々なことがあって、いま一緒にいられる幸せを噛み締めることができる、そういう瞬間だということです。もちろんカフェで会 [続きを読む]
  • 行動あるのみ
  • 素敵な人に出会い、「この人に好かれたい」と考えている人は多いでしょう。どうすれば相手の気持ちを振り向かせることが出来るだろうかと悩みながら、様々な努力をしているのではないでしょうか。そんな時は、愛嬌を身に付けると良いでしょう。愛嬌といっても努力で身に付けることが出来るものなのだろうかと疑問がわくかもしれません。愛嬌は生まれ持った性格だから、今さら変えるのは無理だろうと思われる人も多いと思いますが、 [続きを読む]
  • 愛嬌で殻を破る
  • 「自分はモテない」と感じている人は、人との接し方に悩んでいることも多いはずです。友人の中でも職場の中でも、どのように人と接したら良いのか分からないと頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。人付き合いが苦手な人であれば、自分には恋愛などもってのほかだと思い込んでいることも多いでしょう。「人見知りで自分を出せるようになるまで時間がかかる」という人もいれば、「本当の自分を出せる相手はあまりいない」と [続きを読む]
  • 愛嬌でチャンスを掴む
  • 恋人が出来ないと落ち込んでいる人の中には、自分には何が足りないのだろうと悩んでいる人もいるでしょう。それなりに努力しているにも関わらず、なかなか恋人が出来ないとなると、何が原因なんだろうかと考える人も多いのではないでしょうか。「出会いがない」と嘆いている人の中には出会いがあるにも関わらず、自分でチャンスを逃してしまっている人もいます。自分に自信がある人の多くはプライドが高く、誰と接する際にもツンと [続きを読む]
  • 愛嬌を身に付ける
  • 職場や友人の中に、いつもこの人の周りには人が集まっているという人はいませんか。そんな人をいつも「羨ましい」と思っている人もいるのではないでしょうか。人を惹きつける人というのは異性だけからではなく、同姓からも好かれる人が多いですから、「自分もあんなふうになれたら」と思っている人も少なくないでしょう。周囲に人が集まってくる人というのは、何よりも一緒にいて楽しい人です。みんなで話している際にも上手に盛り [続きを読む]
  • モテるためには
  • いつもモテる友人を見て羨ましいと考えたことはありませんか。そんな人の中には、どうしてこの友人はモテるのだろうと思った人もいるのではないでしょうか。「見た目は自分の方が良いはずなのに」「自分とそれほど変わらないのに」と不思議に思っている人もいるでしょう。みなさんは、モテる人というのは美人やハンサムといった見た目が良い人をイメージしているのではないでしょうか。確かに見た目が良い人というのはモテる人が多 [続きを読む]
  • その時のために内面を磨いておく
  • 自分に自信がないという人も多いことでしょう。しかし、そういう人たちは歳をとっていくほどに、要は大人になっていくほどにだんだんと美男あるいは美女という評価を得ることが多いのです。それは幼少の頃はパッとしなくてもそれはそのときの印象であって、そこからどんどん印象が良くなっていくことが多いからです。ですから自分に自信がなくても周囲からの評価は思っている以上に高い場合が多いですから、決して自信を喪失しない [続きを読む]
  • 若さを保つことが大事
  • 自分を変えるということであれば、外見をガラリと変えることが近道の場合があります。メイクやファッションでいかに自分を良く見せていくのかということです。これは一見若さを保つ方法としても有効ですが、出会いから好意を寄せている人に良く見られたい、見て欲しいということからまずはルックスを重要視することが大切なのです。もちろん内面の美しさで勝負したいところですが、第一印象はどうしても見た目に頼らざるを得ないか [続きを読む]
  • 昔は良かったというのは禁句
  • 昔は美男美女だったのに、時が経って劣化していった、というよりは期間限定の付加価値といったものが外れて本来の素材通りの外見になったということが言えるかもしれません。もっとも、「昔はあんなにもてはやされていた」という過去の栄光のイメージが強すぎるばかりに必要以上に現在の凋落感が漂ってしまうのです。過去を知らない人からすれば、現在でも十分に「いけている」として通るのかもしれませんが、過去の栄光があるだけ [続きを読む]
  • 維持していくのは難しい
  • 10代や20代のときなど、比較的若い頃に「美人、ハンサム」ともてはやされていた人が、そのときに記録していた高い偏差値を維持していくのはとても難しいものです。これはテレビなどで「なつかしのアイドルは今」といった形で登場する人を見てもわかるのですが、とても苦労しているのがわかります。特に昔は美人と言うよりは愛くるしいアイドルタイプの顔立ちの人は特に大変なのです。もともと「若い」「元気はつらつ」「あどけない [続きを読む]
  • 美男美女に栄枯盛衰はつきもの
  • どんなに美男美女であっても、 栄枯盛衰はつきものなのです。 それを痛感させられるのは 数年あるいは数十年ぶりに行われる 同窓会のようなシチュエーションにおいて ではないでしょうか。 学生時代には他の追随を許さないような ダントツの美男美女偏差値を誇っていたような人が 久しぶりに会ってみたら、 当時の輝きはどこへ行ったのか、 ごく普通のおじさんや おばさんになっていたということがよくあるのです。 これはいったい [続きを読む]
  • 青春時代
  • 子供の頃に抱いた恋心を、相手に伝えなかったことはどれだけあるでしょうか。クラスで一番駆け足の速い男の子に、憧れた女の子は多いはずです。勉強ができて先生からいつも褒められている可愛い女の子を、友達同士でじゃれ合う傍らこっそり見つめた男の子もいるのではないでしょうか。小さな頃の出会いは甘酸っぱい思い出となり、中学や高校に進学しても似たような経験は続くはずです。周りの友達に彼氏彼女ができる中、焦りと共に [続きを読む]
  • 恋とは頭ではなく心でするもの
  • 思わせぶりな女性達の行動はどれを信じたらよいのか分からないと、恋に悩む多くの男性達は日々頭を抱えています。バイト先の可愛らしい女の子を夜遅くに家まで送ってあげて、親切にしたことに素直な感謝の気持ちを伝えられれば男性としてはもちろん嬉しいはずです。職場で仕事に疲れている女性の同僚や後輩を飲みに誘い、他の人には打ち明けない悩みやストレスを自分に対してだけ隠さず明らかにしてくれれば、頼られている事を誇ら [続きを読む]
  • 年上の好きな人
  • おそらく嫌われてはいないだろうという推測はできるものの、自分の事をなかなか恋愛対象としては扱ってくれない手ごわい相手に恋をしたことはあるでしょうか。人との出会いは同年代の間だけで起こるものでは勿論ありません。年下の人と出会う事もあれば、年上の人と出会う事もあります。そして恋をしてしまった相手が自分よりもだいぶ大人として落ち着いた年齢にある場合、可愛がってもらってはいても恋愛対象としては傍に置いてく [続きを読む]
  • 両片想いの二人
  • 誰の目から見ても仲の良い恋人同士でしかないのに、実際の所はただの友達という関係に留まっている男女は少なからずいるものです。周りからしてみればそれは非常にやきもきする距離感でしょう。友人だと断言するには明らかに親密の度合いが激しく、かといって当人達の口からは決して付き合っているとは返ってこない場合、どうして付き合わないのかという疑問がほぼ間違いなく沸いてきます。古くからの付き合いである友人に、そのよ [続きを読む]
  • 友達以上恋人未満
  • 人との出会いにはいろいろな形がありますが、出会った人との関係の築き方もまた様々な形があります。ビジネスとしての社会人同士の関係を持つ事もあれば、良好な友情を交わして相談をし合える関係もあるでしょう。友人と言ってもどちらかと言えば上辺だけの仲である相手もいれば、お互い腹のうちを見せ合うような深い間柄の場合もあります。こういった深い友情で結ばれた相手が、同性であるか異性であるかによってもまた関係の在り [続きを読む]